緑の日々に(2018.5.11~12)

緑の日々に(2018.5.11~12)

例年になく春の訪れが早かった今年ですが、ここにきて少し足踏み。

水曜日から木曜日に掛けては、山では積もるほどに雪が降り、麓に住む我々でもストーブのお世話になるほど冷え込みました。

気温が3℃まで下がった、降雪翌日の朝。

田植えを待つ穏やかな圃場の水面に、南アルプスの山並みが映り込みます。

新緑と雪渓のコントラストが眩しい朝の甲斐駒。

標高950mとかなり標高が高いこの圃場。暫くの間水を張った後、水が温むのを待っての田植えとなります(2018.5.11)。

翌日、空は一面に雲で覆われてきました。

まだ日差しの残る昼下がりの野辺山。緑に染まる牧草地の向こうに、先日の降雪で再び雪化粧を施した八ヶ岳の稜線が伸びていきます。

標高1300mの高原地帯。海ノ口別荘地も新緑に染まりはじめました。秋の紅葉シーズンと並んで華やかに彩られるエントランス。

八ヶ岳の東側に廻り込むと、青空が見え始めました。

強い風に煽られる雲が流れていく、八千穂レイク。

標高1600mのこの場所も、周囲は緑に覆われてきました。

軽やかな新緑に包まれる森の中へ。

午後の陽射しを受けて輝き出す、八千穂高原の白樺林。

眩しい新緑に染まる白樺の木々。

新緑の軽やかな緑に包まれる森の中を辿る遊歩道を歩いていきます。

2年前の氷雪害によって一部がなぎ倒されて閑居地となってしまった白樺林。それでも、残ったミズナラの木の周りに白樺の新緑が見え始めています。

若々しい色に染まる落葉松の幼樹たち。

白樺林の中で、周囲の白樺を圧倒して枝を伸ばす一本の木。ミズナラのブナ子と名付けられています。

まだ芽吹き始めたばかりですが、遊歩道の中に置かれたベンチに座って、その姿に暫し見惚れてしまいます。

白樺の木々に包まれて花を咲かせる。トウゴクミツバツツジ。

この一本だけがいち早く花をいっぱいに咲かせていました。

午後の陽射しを浴びて咲き始めたトウゴクミツバツツジ。開花をしているのは園地の中でもほんの僅か。見頃はまだこれからです。

白樺林を抜けて、落葉松の新緑が続く小路を往きます。

日差しが戻って青空の下に伸びる、落葉松の新緑。

緑の光が差し込む落葉松の林内。

軽やかで陽射しを一杯に通し込む落葉松の若葉。

眩しい緑が森の中に溢れています。

傾き始めた午後の陽射しを一杯に受ける落葉松の新緑。

清々しい高原の風と溢れる新緑を満喫する午後。

麦草峠を越えて、八ヶ岳の西側に下って来ると、再び空は雲に覆われ始めました。

日差しが降り注ぐと少し暑いくらいの、例年より気温が高い今年。標高1000mを越える圃場でも一足先に田植えを始めた場所がありました。秋空のようなうろこ雲に包まれた夕暮れ。明日は天気が崩れそうです。

 

広告
少し早い新緑(2018.4.22~29)

少し早い新緑(2018.4.22~29)

猛烈な速さで移り変わる季節の変化に心が追い付けない春の日々。

それでもカレンダーはGWシーズンに突入となると、そろそろ新緑の季節がやってきます。

牧草地も緑が目立つようになってきた野辺山から望む八ヶ岳。

先週の日曜日には、まだ雪渓を多く望む事が出来ました。

高原の落葉松は芽吹きの真っ盛り。森の中は柔らかな萌木色に染まります。

標高2000mを越えて、まだ森の中には雪が残る麦草峠。

それでも路上には雪は全く無く、例年よりかなり少なめな積雪です。

22日は茅野で初めてのラリーが開催。トヨタ主催のビギナークラスが主体のローカル大会ですが、社長も自ら「モリゾウ」でエントリーするという力の入れよう。NHKが取材に入り、closed でしたが八ヶ岳山中で3kmのグラベルSSを2本も設定するという、トヨタの最短2019年WRC開催への国内プロモーション本気度が窺える大会だったようです(2018.4.22)。

春の暖かな雨を受けて、しっとりとした緑を徐々に濃くしていく朝の雑木林(2018.4.25)。

嵐が去った後、鮮やかに晴れ上がった朝の空の下、裾野を緑に包まれ始めた甲斐駒。

日々少しずつ痩せていく雪渓と山裾を駆け上げる新緑が青空の下で交差していきます(2018.4.26)。

週末、まだ少し早いのですが、落葉松に包まれる千代田湖へやってきました。

湖畔の落葉松もまだ柔らかな萌木色です。

昼下がりの眩しい陽射しに照らされる明るい落葉松林。

山桜と落葉松のアーチをくぐりながら、湖畔を歩いていきます。

幹から直接芽を伸ばす、可愛らしい落葉松の若葉。

湖岸を廻り込んで、落葉松林の中を散策します。

まだ若々しい緑に彩られる落葉松林。

午後の陽射しを受ける新緑。

若葉たちの萌木色が浅いコントラストを描いていきます。

落葉松と白樺のコラボレーション。華やかな新緑の午後。

千代田湖から流れ出る河畔の水音を聴きながら、軽やかな緑に染まる小路。

千代田湖の一つ山向こう。日影入の山々は一面の落葉松の植林地に覆われています。

午後の眩しい陽射しをいっぱいに受ける落葉松の若葉。

瑞々しい落葉松の若葉を望めるのはほんの僅かな期間だけ。

針葉樹にして落葉樹。落葉松だけが彩る、透き通るような鮮やかな新緑です。

ダムの建設によって集団離村した林道沿いの廃村跡で今も咲き続ける山桜。周囲の山林は今も時々手が入れられているようです。

GWになると山里の圃場には水が張られて、田植えの準備が進んでいきます。

地上よりも少し遅いですが、夏も短い山里。暖かだった春から一気に初夏へと、季節も人々も歩みを進めていくようです。

驚くほど早く満開を迎えた山高神代桜(2018.3.31)

驚くほど早く満開を迎えた山高神代桜(2018.3.31)

冬3月も今日で最後。カレンダーの次のページには、春の訪れを告げる4月が待ち構えています。

5年ぶりの諏訪湖の御神渡が拝観できるほどに冷え込む日があった一方で、風が強い日も多く、底冷えと言う感が薄かったこの冬。気候の変化を肌で感じるほどに駆け足でやって来た暖かな3月末の日々に木々も敏感に反応したようです。

何時もより2週間ほど早い桜の開花が告げられた後に、あっという間に満開の宣言が出された、日本三代桜と呼ばれる、武川の実相寺にある山高神代桜。普段は付近の桜の開花とタイミングが被るので見に行くことは無いのですが(観光客が凄く多くて、地元でもおいそれと行けないという罠)、3月中の満開という余りの早さに驚きつつも訪れてみました。

朝から多くの観光客方が訪れていた、実相寺。満開の神代桜が迎えてくれました。

朝7時の気温が2℃と、少し冷え込んで澄んだ青空に恵まれた3月最後の朝、周囲に植えられた桜の木々と共に、朝の桜、暫しお楽しみを。

痛々しい程に傷つきながらも、猶もまだ春の訪れと共に花を咲かせる神代桜。

エドヒガンの生命力の強さと、厳しくもたおやかな、その地に根付く幸運に恵まれた岩のように佇む一本の老木は、多くの人を惹きつけて止みません。

少し早すぎる満開に拍子抜けしつつも、今年も山里に春の訪れ。

標高400m程の甲斐駒の懐に位置する武川から、釜無川を渡り標高900~1000m以上に達する八ヶ岳の南麓へ、七里岩を桜前線が駆け上るにはあともう暫くかかりそうです。

 

ちょっと寄り道(小諸市動物園のフンボルトペンギンたち)2018.3.3

ちょっと寄り道(小諸市動物園のフンボルトペンギンたち)2018.3.3

寒さが緩んだ週末。

八ヶ岳ブルーの野辺山(SIGMA 30mm F2.8 DN Art)

午後からお天気がちょっと不安定になりましたが、春を思わせる暖かさに釣られて、所用の序にいつもとちょっと違う場所で寄り道を。

小諸の懐古園です。

扁額を見てちょっと驚いたのが、徳川家達(徳川慶喜の隠居後に御三卿の田安家から徳川宗家を継いだ)の筆によるもの。本丸にはあの勝海舟の揮毫による懐古園開園の経緯を綴った石碑も建っており、譜代大名である牧野家、そして上田合戦の故地として、徳川家と深い関係があった事を偲ばせます。

今も残る天守台の石垣(登る事は出来なくなっています)。天守に代わるように伸びる、枝振りの良い松が印象的です(ここだけ15mm)。

天守台を廻り込むと、その特徴的な穴城とも呼ばれる天然の要害となっている断崖(の下には、ヤクシカが飼われているのですが…)を渡る吊り橋の向こうに小さな動物園が見えてきます。

籾蔵の跡を整備して作られたと云われる、長野県で最古の動物園、小諸市動物園です。

如何にも地方の小さな公立動物園と言った風情が漂う園内ですが、それでも暖かな週末の午後、ぽつりぽつりと入園者の方が見受けられました。

来園者の少ない冬の動物園、ちょっと撮影の練習をさせて頂きました。

大きなパプラスチックパッドの中に窮屈そうに体を丸めて、でも気持ち良さそうに眠っていたヤギ。午後の陽射しを受けて、暖かそうです。

小さなプールを棲家としているマゼランペンギン。

いずれの檻も金網のメッシュが細かいので(ペンギンの檻はそれでも一番荒いくらいです)余り上手く撮影できないのですが、金網越しに鋭い目つきを見せてくれました。

マットの上で気持ち良さそうにお昼寝中。普段は立っているシーンが多いので、ちょっと珍しいかもしれません(トリミング済み)。

丁度、午後のペンギンパレードど、もぐもぐタイムと称する、餌やりショーが始まりました。この時間だけは檻の中から出されたペンギンたちが、飼育員さんの誘導で園内を何回か往復します。

パレード中にこちらにカメラ目線をくれたフンボルトペンギン。

何往復目かで、綺麗に並びで歩いてくれました(トリミング済み)。

プールの前に戻ると、飼育員さんとリクエストをした来園者の方が直接餌を与え始めます。餌のキャッチの仕方や食べ方などを飼育員さんが丁寧に説明していきます。

一羽だけ離れてキャッチする、ちゃっかり者。

プールに戻ると、今度は距離を取って餌を投げ込みます。

空中でキャッチした後、奪い合いとなってしまった2羽。

相手に奪われてしまって、次のチャンスを待つ。奥のもう一羽もスタンバイ状態に。後ろの1羽はもうお腹いっぱいなのでしょうか、興味が無いようです。

餌を与えている最中も巣箱から動こうとしない雌。

今は繁殖シーズンに入っているとの事で、自分の巣を守ろうと、なかなか動こうとしないようです。

タイミングばっちりで、3羽同時にキャッチ(この後、小競り合いに)。

決して恵まれた飼育環境とは言えないかもしれませんが、丁寧な解説に務める飼育員さんと、アットホームな雰囲気に溢れる来園者さんとの距離感が素敵な小さな動物園。

餌で釣っていると揶揄されるかもしれませんが、このシーンを撮影している時に感じた、その餌を目の前にしても、なんと一羽毎に豊かな個性があるのだろうと感じながら。

なお、もう一方の人気者、正面入り口前の特等席に陣取る川上犬の「さくら」ちゃんは、頂いた資料にあるように、飼育員さん以外にはまったく興味を示さないようで、振り向いてももらえず仕舞い…。

ちょっとした寄り道がてらのワンシーンとして。

 

 

 

 

しっとりと秋色(2017.11.4)

好天だった昨日に対して、朝からどんよりと雲が垂れ込める八ヶ岳山麓。

朝から低い雲が垂れ込める立沢大橋の下から望む八ヶ岳。

見事に落葉松色に染まる山裾もくすんだ色をしています。

陽射しを求めて南へと下って杖突峠の程近くにある、千代田湖。

僅かに差し込んできた日射しを受けて輝き出す、落葉松林。

もうシーズンも最終盤、色付きもぐっと濃くなっています。

千代田湖から高遠の方向に下っていくと最初に見えてくる谷筋の小さな集落、松倉。

集落を囲う山裾いっぱいに落葉松の木が立ち並びます。

色付く山裾と一体となった、谷筋の集落。

乏しい日差しの中でも、落葉松の黄葉は鮮やかに谷筋を染め上げています。

日射しが途絶えて、雨が降り出し、暗く沈む落葉松林。

寒冷前線が通過する中、雨と共に強い風が吹き出してきました。風に揺られて葉を落とす木々を眺めながら。

少し荒れた天気になった連休二日目。夕方、八ヶ岳の麓まで戻ってくると、山の頂上部は再び冠雪、彩を深めながら、山はいよいよ冬へと移っていきます。

 

実りの彩(2017.9.8~16)

秋9月に入って天候も比較的安定してくる中、西から徐々に寄せてくる台風に戦々恐々する3連休。

観光関係の方には大打撃ですし、もう間もなく収穫を迎える農作物を前に、気が気でない状況を迎えています。そんな心配事一杯の週末ですが、圃場では遅れていた実りも天候の回復と併せて漸く本番を迎えています。

雨上がりの朝。甲斐駒を望む朝の圃場を埋める真っ白な蕎麦の花。

8月の終わりから始まった蕎麦の花のシーズンもピークを迎えています(9/8)。

蕎麦の花で埋め尽くされる八ヶ岳を望む圃場。

お天気の良い午前中には、八ヶ岳の周囲に点々としている開けた圃場で美しいコラボレーションが楽しめます(9/9)。

少し雲が多めながら晴れてきた空。お祭りの音に誘われて路地の中に迷い込むと、提灯が吊り下げられている路地に行き当たりました。伊那や南信の古い街並みに見かける、路地を跨ぐワイヤーの付いたこのような鉄の門構え。使っている様子を見るのは初めてです(塩尻、平出)。

秋の眩しい陽射しが雲間から零れる午後。そろそろカメラのスタンバイ。

陽射しを一杯に受けて、実をいっぱいに付ける垣根仕立ての葡萄畑。美しく整備された葡萄の木々が開けた台地の上に並びます。

振り返ると、棚仕立ての葡萄畑。眩しい日差しが差し込む木漏れ日の中に、笠を掛けられた葡萄が甘い香りを漂わせています。名物のナイアガラ収穫はもう暫く後との事で、後ろ髪引かれながら撤退です(9/10)。

台風の到来が伝えられた今週。既に標高の低い武川の辺りでは先週末から稲刈りが始まったと伝えられていましたが、2倍ほど標高が高い甲斐駒を望む圃場にもコンバインが乗り入れ、早生の刈り入れが始まったようです。慌ただしい秋の収穫シーズンが始まります(9/13)。

圃場の脇に降り立って稲穂の群れを眺める朝、甲斐駒の上空から雲が昇っていきます。稲穂たちは静かに熟す時を待ち続けます。

綺麗に晴れ上がった空の下、実りの彩に包まれる圃場。

遠望する八ヶ岳も少し色褪せて、秋の装いの準備に入ったようです(9/14)。

週末に向けて天候が崩れ始める朝。うっすらと雲を吹き上げる八ヶ岳も少ししっとりした表情を見せはじめます(9/15)。

昼過ぎから台風の余波で雨の降りだした週末。圃場を埋める稲穂たちも、雨を受けて重たく頭を垂れています。

標高1000mを越える圃場に広がる蕎麦畑。目の前に重く垂れこめた雲の下を稜線沿いに足早に雲が流れていきます。

日没を迎えて雨脚が強まってきた連休の夜。どうか無事に通過してくれますように。

 

乏しい夏空(2017.7.20~8.19)

梅雨入り前は少雨が伝えられ、農作業に支障をきたすほどの空梅雨模様と言われた一方、梅雨明けが伝えられてからは連日の曇り空に、夕暮れになると激しい雨。

既にお盆が明けると、夜には秋の虫声が響き渡るここ、八ヶ岳南麓の高原地帯は秋の雰囲気が濃厚に漂っています。

乏しかった夏の日射し、十数年前のあの夏を思い起こす方もちらほらと聞こえてきますが、農作物の為にももう少し持ち直して欲しいと思いながら。

まだ夏も始まったばかりの7/20。水田の苗はまだ伸び盛りの時期です。

既に曇りがちになり始めた7月の後半。足元には雲海が浮かぶ夕立が過ぎ去った後の夕暮れの空(7/22)。

強い雨が過ぎ去った8月最初の朝。圃場に広がる早生の間からすくっと立ちあがった稲の花が開き始めます。

花弁を下ろす稲の花。実を結ぶ瞬間です(8/1)。

時折晴れ間も見せる夏の空。

南アルプスの上空に低く垂れ込めた雲と、上空の高い空の雲の間にコントラストが出来上がります(8/4)。

台風一過の翌日。夏とは思えない抜けるような青空が八ヶ岳の上空に広がりました(レンズにゴミが…)。

少し黄味を帯び始めた圃場を埋める稲穂には既にびっしりとお米の粒になる実がつくようになっています。

すっかり夏の装いとなった八ヶ岳。夏場はなかなか難しいのですが、雲が取れると、山頂付近まで緑に染まる姿を見る事が出来ます。台風が残していってくれた景色です(8/9)。

お盆を過ぎると、高原の空は高く伸びる雲が混ざる秋の模様を見せはじめます。徐々に実が入り、頭を垂れ始めた稲穂に実りの期待と不安が交る空模様が続きます(8/17)。

高原野菜の畑の上で夏と秋が交じり合う昼下がりの野辺山。陽射しは眩しくとも、涼やかな風が吹き抜けます。

どうしても夏空が恋しくなって長駆すること約4時間。標高2000mオーバーの灌木が広がる山際、雲が目の前を通り抜けていきます。午後4時前には涼しい気温19℃。

漸くの青空に恵まれた、草津白根山の山頂を西側から。6月の初めに入山規制が緩和されたため、漸く山頂近くまで廻り込む事が出来ました(自宅からゲート閉鎖時刻までに辿り着く自信が無い)。

今は通行できない山頂側の登山道前に設けられた解説板。殺生河原以外でも途中、所々で火山ガス臭が漂っており、例え噴煙が上がっていなくても、生きている火山である事を実感させます。

灌木の先に望む草津白根山の山頂付近。森林限界と火山ガスの影響か、山頂付近は荒れたままです。

高い山の空は劇的に変化していきます。西の山際からは雲が沸き立ってきました。

中央分水嶺の一つ、草津白根山の肩に位置する山田峠に設けられた石碑。国道のピークとなる渋峠の少し手前に位置しています。辺りは霧に包まれ始めました。

霧の合間から望む、草津白根山の山頂。緑に覆われた灌木たちも、標高の高いこの場所では、あと1ヶ月も経たずに、秋の色に彩られるようになります(8/19)。

夏空に恵まれなかった今年に名残の一枚(8/10)。

既に秋の足音が夜になると響き渡る八ヶ岳南麓。陽射しが乏しくとも暑かった日々もあと僅かです。