旅のお供はSIMフリースマホとプリペイドSIMで(HOTLINKのちょっとメモ)

旅のお供はSIMフリースマホとプリペイドSIMで(HOTLINKのちょっとメモ)

何時もは八ヶ岳の南麓に籠って色々とお仕事をしていますが、別のベースが某国にもあったりする私の仕事。

珍しくそちらから呼び出されたこの冬、厳冬の南麓から気温差40度のかの地へ飛びました。

WP_20160124_18_14_44_Pro滞在中のホテルから望む、南国の海と夕暮れの空。

氷点下10度アンダーの世界から一気に30度を超える気温差は少々厳しいため、車以外で外を出歩くのはもっぱら夕暮れ以降になってしまいます。

そんな南国で旅をする際でも欲しくなるのが通信手段。ローミングでも構わないのですが、その費用が自分のお財布を直撃すると判れば、思い切って使う事も難しくなります。そこで便利に使いたいのがSIMフリー端末とプリペイドSIM。滞在した国はどちらも便利に使える事で有名ですが、使いこなしにちょっとしたアドバイスを。

IMG_20160207_094419購入したのは、MAXISのプリペイドプラン用ブランドであるHOTLINK。かの地ではポストペイドとプリペイドで別のブランドを使い分けるようです。こちらのプランは現在の主力である4G Fastより前の少し安いプランで、RM10で購入できますが、初期価格ではほとんど使えません(5日間、5RM分)ので、その場でチャージ(Top upと呼びます)も一緒に行ってしまった方が楽です。他にもポストペイドと同じブランド名を使うDiGi等、合計4社あります。

IMG_20160207_094458パッケージの中身です。

現地に入ってから買ったので、説明文は全て現地語…、正直焦ります(しかも後でコールセンターから、アクティベート確認のため弾丸スピードの英語で電話が入ってきて痺れました)。何処で買っても価格は同じですから、無理をせずに空港で買いましょう。

要注意:たとえ街中であっても、外国人が購入する際には必ずパスポートが必要になります。登録作業はお店の方がやってくれますので、素直に従いましょう(その場に電話機がなくても大丈夫)。気になる方は、街中そこらじゅうにある通信会社のショップ、ブースで買われた方が良いと思います。

IMG_20160207_094525SIMの形状です。マイクロSIMまではそのまま使えますが、iPhone6などのナノSIMの場合は専用のSIMが用意される訳ではなく、SIMカッターが登場します。

ご自分のスマホに直接設定してもらう場合は、言語設定を英語にしておくことを忘れずに。

IMG_20160124_002409こんな具合で、ホテルに帰れば、LTEをちゃんと掴まえています。前述のように、HOTLINKはブランド名なので、親会社の名義で表示されます。Luima1020が遂に本領を発揮するの図です(ショップのお兄ちゃんに思いっきり羨ましがられましたよ。かの地のスマホ事情も別にご紹介してみたいなぁ)。

放っておくと、毎日数通ずつSMSでプロモーションメッセージが飛んでくるのが少々煩いのですが、これでパケ死、ローミング電話料金地獄に陥らなくて済むと思えば、全然問題ありません。

なお、APNは自動で設定されますので、基本的に何も操作する必要はありません。使われる方は少ないかもしれませんが、海外向けの発信(IDDと称します)も利用可能ですし、より電話料金を抑える事が出来るコールバックナンバーが用意されていて、更なる低廉な費用で通話可能です。

・通話の場合:132-00-国番号-0を除いた市外局番以降の電話番号

・SMSの場合:00-国番号-0を除いた市外局番以降の電話番号

通話料金を比較すると、その便利さは際立ちます

・滞在国内

D社のWorld wing : 75円/分、プリペイド : 7.32円/分(同じキャリアの指定10回線(Active10)は更に半額)

地元の知人に高い国際電話料金を要求する訳にはいかないですよね。

・日本からの着信の場合

D社のWorld wing : 80円/分、プリペイド : 0円(当然です)

・日本への発信の場合

D社のWorld wing : 175円/分、プリペイド : 73.2円/分、プリペイド132 : 5.49(携帯は15.25)円/分

何と国内通話より安いし、日本で使う国内電話より安いかも!

品質も立ち上がりは不安定ですが、30秒ほどすれば安定した通話が可能になります。

もちろん、通信料も最近はWorld wingが2980円/日で上限設定されているとはいえ、こちらなら更にお安く使えますし、プリペイドなので足らなくなったらTop upすればOK。使用感は日本のプリペイドSIMより優秀で、料金が超過した場合でも低速通信は維持されるため、メッセージやメールを取り損なう事はありません。

wp_ss_20160124_0005料金プラン表です。深夜はメインの契約と同じだけの容量が別途に使えるという、大盤振る舞い。ちなみに、現行のFast 4Gはもう少しお高いプランになっている代わりに、RM33で1年間電話番号を維持できるHOTLINK365というプレミアムサービスが選択可能です(通常は有効期限or最後のTop upから60日後に無効になります)。

これらのサービスを受けるのに面倒な手続きが再び必要になるように思いますが、そんな心配は要りません。AndroidやiPhone向けに専用アプリも用意されていますが、説明リーフレットに記載されているように、これらのプリペイドSIMには機種を問わず使用できるサービスメニューが用意されています。

サービスメニューコール*100#です。

wp_ss_20160123_0001wp_ss_20160123_0002

私のように現地でSIMを購入した場合、不幸にして現地語表示のメニューになっている場合がありますが、そんな時は慌てず騒がず言語設定を変更しましょう。まずは01(Seterusnya)を押して次のページに進みます。

wp_ss_20160123_0003wp_ss_20160123_0005

次のメニューに切り替わったら、6(Bahasa)を選ぶと、言語選択画面が表示されますので英語を選ぶと、30分待てというメッセージが表示されます。素直に30分待ってからもう一度、サービスメニューを開くと、ちゃんと英語表示に切り替わっている筈です。

ご注意 : このメニュー構成はSIMによって異なりますので、ご使用のSIMで表示されるメニューNoに読み替えて下さい。

さあ、これで心置きなく、スマホ持って街歩きを楽しんでください(私は此処で苦戦して2時間ほど格闘してしまいました(笑))。

WP_20160202_07_20_36_Proこのサービスメニュー、非常に優れていて、色々な設定やチャージがこのメニューからほぼ全て行うことができます。

ちょっとメニューの内容を観てみましょう。

wp_ss_20160123_0005メインで使うことになるのは、2番のInternet Passes、3番のTop Up、そして4番のBalance Enquiry、次のページにある5番のMy Account Informationでしょうか。

wp_ss_20160202_0005wp_ss_20160202_0006wp_ss_20160202_0007

ここで1番のInternet Passes Statusを選ぶと、現在の利用状態を観ることができます。

FacebookやBlackberry等という、惹かれるメニュー(BISね)もありますが、此処はとりあえずスルーで。

wp_ss_20160202_0009wp_ss_20160202_0010wp_ss_20160202_0011

2番のMobile Internetを選択すると、プランの選択画面が表示されます。プランを変更したい場合はこちらで変更が可能です。

wp_ss_20160202_0013wp_ss_20160202_0014

こちらがTop upメニュー。一旦チャージした金額を貯めておいて、各サービスに振り分ける形態です。チャージの方法は街中でTop upチケット(バウチャーカード)を購入して、記載されているNoを入力するか、ネットからチャージすることも可能です(もちろん、お店で携帯を渡してTop up please!)と言えば金額を聞かれるので、必要な金額を言ってチャージしてもらう事も可能です。あ、渡す前にはくれぐれもスマホは英語表記、メニューは現地語にしてあげると喜ぶかと)。

wp_ss_20160124_0001ホームページのトップからTop upへジャンプできます(要注意!:海外で登録されたクレジットカードではチャージできません(実験済)。Top upに充分な残金を持たずに電話番号を維持されたい方はFastプランの方を選ばれた方が良いと思います)。

wp_ss_20160219_0001

と、いう訳で現地の知人に協力してもらい、Top upチケットを入手後にNoを入力すると、このように国外からでもチャージを行う事が出来ます。有効期間が伸びているのが判りますでしょうか(注意:日本国内でのローミング先がDocomoである事が必要です)。チャージはTop upチケットは10RM単位で買える筈なので、電話番号を維持するだけであれば、年間に最低でも60RMチャージしてあればよい事になります(この方法だと、使わないチャージが溜まり続ける事にはなります)。

wp_ss_20160202_0012wp_ss_20160202_0015

次にBalance EnquiryとMy Account Informationです自分の回線状況や電話番号を確認できます。

wp_ss_20160202_0016 wp_ss_20160123_0008

こちらから、1番のメニューを選ぶ(もしくは直接ダイアルで*122#をキーイン)で現在の開通状況を確認できます。SIMを自力でアクティベーションしたいという猛者の方には必要な確認ページです。あ、Phone Settingというページもあるのですが、英語メニューが用意されていませんので…。

ここまでわかれば、ほぼ困る事はないと思いますが、もう少しお楽しみを。

WP_20160203_10_37_04_Pro

頻繁に行き交う事になる、お隣の国に行った時も格安プランが用意されているのがこのSIMの嬉しい点。トランジットなら空港内Wifiを当てに出来ますが、街中ではそうはいきません。

wp_ss_20160203_0002wp_ss_20160203_0003

ローミングを開始すると、すぐにこんなプロモーションSMSが飛んできます。RM38で1G/月使えるプランが用意されている事が判ります。国内とは別料金をチャージされてしまいますが、ローミング時の法外な価格ではなく、少し高い支払い程度でネット環境が使えるのは心強いところです。

wp_ss_20160203_0005

国外に出てもサービスメニューはちゃんと使えるどころか、国ごとにカスタマイズされたメニューに自動的に切り替わる親切仕様。もちろんTop Upも可能です。であれば…。

WP_20160204_10_59_57_Pro告知:以下の使用方法は、総務省のガイドラインに則った使い方ですが、推奨するものではありませんし、使用に際して発生する費用面並びに通信関連で生じた障害について一切の責任は問いかねます。

wp_ss_20160204_0002wp_ss_20160204_0005

Welcome Japan!という訳で、日本でローミングしてもしっかりメニューが使えてしまうのです。しかもデータプランは、D社の海外1dayパケとほぼ同じ、38RM/day。この辺りはMAXISとD社がローミング提携しているから出来るのでしょう(D社側のローミングサービスでも、MAXISの場合はデータプランが0.2円/パケットの固定制ではなく、上限まで料金スライド制のプランが提供されています。ちなみに2GHz帯のエリアの広さからB社のネットワークで日本国内でローミングしてしまうと、メニューが出せません)。

プリペイドSIMなのに、日本のポストペイドSIM以上に柔軟に使えてしまう事にちょっと驚きながら。

IMG_20160204_234219まあ、こんな使い方は全く以てお遊びですが、正しいSIMフリー、そしてLumia1020の使い方の一例として。

SIMフリースマホの実力が一番発揮されるというシチュエーション例としてのご紹介です。

 

Windowsphone8.1ユーザーから見たWindows10 mobileは(Insider preview on Lumia1020)

Windowsphone8.1ユーザーから見たWindows10 mobileは(Insider preview on Lumia1020)

漸く国内モデルの発売も開始されたWindows10 mobile端末。

未だレアなモデルなため情報も少ないですし、それ以上に国内正式リリースがWindows10 mobile登場の直前となってしまったWindowsphone8.1との違いについて述べているサイトは更に少ない状況のようです。

既に旧モデルとなって久しい、私のLumia1020。一応アップデートモデルの一覧には掲載されているようですが、実際のリリースは来年に入ってから。そこまで待てばよいのですが、メイン端末がBlackBerry Passportになったおかげでデジカメ化しているLumia1020を遊ばせておくのも気の毒ですので、Insider previewで一気にWindows10 mobileの雰囲気を先取りしてみたいと思います。

wp_ss_20151218_0001

ご注意and警告:あくまでもInsider previewですので、インストールにあたって生じた障害について、一切の補償、弁済は受けられません(文鎮化も有り得ます、私の場合も実際に数回固まった)。また、端末保障も受けられなくなる可能性が極めて高いですから、全て自己責任で行ってくださいね。

wp_ss_20151219_0002wp_ss_20151226_0002

インストールには数時間を要しますし、いきなり多数のアプリケーションのアップデートが出て来ますが、何時もの事ですので、慌てず騒がず、一つずつこなしていきましょう。

再起動後、まず初めに気が付くのは、ロックスクリーンのテンキー表示がフローティングになった事でしょうか。何となく新しいバージョンになった感じをひしひしと感じながら、メイン画面に移ってみましょう。

wp_ss_20151226_0005awp_ss_20151226_0006wp_ss_20151226_0003

既にデザインを弄った後の画面ですが、これまではタイルの中に切り抜かれる形で置く事が出来た背景画像が、メインスクリーンの背景、そしてメニュースクリーンの背景一杯に置けるようになりました。これでタイルの透過機能と併せて、お好みの画像を背景に映し込む事が可能になったのですが…、かなりのアプリケーションが未だ対応していない事もあり(画面例でお見せしますように、AccuWatherは未対応)、ちょっとばらばら感も拭えません。

また、前回のアップデートから着々と改善が進められている通知画面ですが、こんな形で多くの機能がプルダウンから操作できるようになりました(2段アクションで1行表示と全表示の切り替え)。1行表示の際のアイコン選択は以前のように通知とアクションのメニューから変更できます。

フォントは全面的に見直されたため、最初に観るとぎょっとしてしまうかもしれませんが、これは慣れという事で。もの凄く毛嫌いされる方もいる中華フォント(私、好きなのです)も、フォントテーブルが見直された影響でしょうか、ほぼすべてのアプリケーションで表示されることは無くなりました。

wp_ss_20160111_0001

windowsボタンがある機種では、長押しすることで、こんな具合で左指操作モードという、画面上半分を無効にするモードに切り替わります(文字入力画面に移行すると自動的に全画面に戻ります)。

ちょっと嬉しい点は、貧弱の極みだったミュージックがGrooveミュージックとして大幅に機能アップ、ストア連携はもちろん、正式対応ではありませんが(ファイルをcopyしようとすると、検索できない場合がありますと警告される)FLACの音楽ファイルも再生できるようになりました!(あ、AACもです…)。端末側のmicro-SD対応と併せて(Lumia1020はダメですが)、これで心置きなく大容量のメディアファイルを送り込んで楽しむ事が出来ます。国内だとどうしてもビジネス用としてWindows10 mobileを推しているようですが、豊富なX-Boxのゲームタイトルと併せて、安価なゲーム機として売り込めばよいのにと、常々思ってしまいます(注記:シャッフル再生すると曲が終了する前にフェードアウトしてしまう時がありましたが、アップデートで改善したようです)。

wp_ss_20160111_0002

Lumia1020を使うにあたって最も気になるのが、カメラの機能ですが、Lumia Camera自体には変更はありません。但し…。

こちらがアルバムの画面ですが、既に各所で報告されていますように、更新された画像の表示が極めて遅いというやっかいな問題もありますが、それでも使えない訳ではありません。Lumiaユーザーにとっての最大の問題は…撮影時の画像と画像処理前の元画像(Lumiaでは41Mpixelという超高解像度の元データから5MpixelのSNS用画像を自動的に作り出す機能があります。デジタルズーム等も同じ処理で画像が造られます)が一緒に表示されてしまう点。等倍だとどちらがSNS用だか分らなくなってしまい非常に困ります(正解は常に2枚目に表示される方がSNS用)。あと、後述する縮小表示機能を使うと、画像の表示座標とタップの座業がずれてしまい、正しく画像をタップできないという、insider previewらしい、致命的なバグがあります。

wp_ss_20160111_0003wp_ss_20160111_0004

Lumia Camera自体に変更はありませんが、標準機能の画像処理は若干の変更があります。

画像編集がクロップ、回転、自動補正というメニューに置き換えられて、それぞれの操作ボタンが用意されていますが、自動補正を用いた際に、画面輝度だけではなく勝手に水平補正が行われるというちょっと過剰な機能となってしまいました(山の裾野の引きが勝手に補正されてしまう)。

wp_ss_20160111_0005

クロップの機能も変更されて、元の画像自体も画面内で移動できるようになったのは良いのですが、クロップのマトリックス自体も動かすことができるので、どちらかを軸にトリミングを調整するのがかなりやっかいになってしまいました。カメラ機能を標準でも大幅に強化したいというMSの意向が強く感じられる変更ですが、それ以前に基本機能(画像の閲覧)をまずは元の水準まで改善しなければ、余りの動作の遅さにそっぽ向かれそうですね。

なお、最近のMicrosoftが猛烈にプッシュしているCortanaとMicrosoft Edgeですが、これらはWindows10 mobile特有の機能ではないので説明は省略で。

wp_ss_20150314_0027bwp_ss_20151226_0027a

まずは、こういうのを気にされる方が多いようですので、お約束通り、バージョン情報を上げておきます。

Insider buildとはいえ、もちろんOSのバージョンは10.0に切り替わっています。

wp_ss_20150314_0003wp_ss_20151226_0089

Lumia機能情報も、DenimからWindows10に模様替えとなりました。ご覧頂きますように、一部の表記やメニューは依然として英語版のままです。

wp_ss_20150314_0020wp_ss_20151226_0007wp_ss_20151226_0008

それでは、各機能を観ていきたいと思います。一番変わったのが、これまでのUIのルールを破って、アイコンが付させた設定画面でしょうか。決してアイコンの直観性が高い訳ではありませんが、文字がずらずらと並ぶ、従来の設定メニューに比べると、多少は判りやすくなったかと思います。

これは、8.1の最後のアップデートで一部の端末ではサポートされたマウス操作に対応させる(マウスカーソルでアイコンをクリックするという作法は絶対的)意図があるかと思われます。そのため、画面一番上の行にメニュー名称とアイコンが表示されるようになりました(押すと、一段上のメニューに戻れる)。

wp_ss_20151226_0009

また、こんな具合でExtrasの部分は英語のままです(日本語の部分は8.1のメニューをそのまま横流し)。また、一部のファンクションは機能しません。

wp_ss_20151226_0043wp_ss_20151226_0044wp_ss_20151226_0045

スタート画面の調整メニューです。先ほどご紹介したように、背景全面に画像を張る事が出来るようになりました。アクセントカラーもかなり増えて、Windows8スタートから着々と機能と操作性を高めてきたメトロUIは、ますます充実しているようです。

wp_ss_20151226_0010wp_ss_20151226_0007wp_ss_20151226_0098

そして、これだけ高解像度モデルが増えてきた中、待望であった表示サイズを縮小する機能が追加されました。効果のほどは設定メニューのアイコンサイズと表示されている列数でご確認いただければと思います。

アプリケーション側には反映されない場合が多いようですが、MS謹製のアプリケーションやOutlookなどの通知画面、メール確認には適用されますので、これで高解像度モデルの優位性を存分に発揮できますし、解像度の低いモデルでも、無理をすれば表示エリアを上位機種に近い形で画面に押し込める効果が得られるはずです。

wp_ss_20151226_0015wp_ss_20151226_0020wp_ss_20151226_0021

次に、ポイントとなるのは電話機能と通話アプリの連携。ビデオ通話という名称でSkype等のアプリケーションと連携が標準で取れるようになりました。通信系の部分にはこれ以外にも強化ポイントがあるのですが…事情により省略という事で。

クラウド対応の強化もまたポイントの一つ。アプリケーション毎にストレージの保存先がデバイス以外にも選択できるようになりました(私の端末では未対応でした)。

wp_ss_20151226_0022wp_ss_20151226_0085

デバイスの暗号化にも対応した点は重要な改善。ワンタッチで設定可能です。この機能と、電話を探す機能に位置検索をOFFにしている場合でも位置情報を定期的にバックアップするという機能が追加されたため、かなりの確率で安全に端末を運用、回収できるようになった筈です。

wp_ss_20151226_0068wp_ss_20151226_0077

同じようにプライバシー保護の強化も大きなポイント。アプリケーション毎にプライバシーにかかわる機能を制約するのではなく、機能側からアプリケーションを締め出す事が出来るのがWindowsphoneの大きな美点。Windows10 mobileにも引き継がれたこの機能を使う事で、アクセス不要と思われるアプリケーションが該当する機能を使っているようであれば積極的にoffにすることで、無駄な通信の削減やバッテリーの持ちにも好影響を与えそうです。

wp_ss_20151226_0024wp_ss_20151226_0025

激弱のマップ機能。漸くゼンリンとの提携で国内マップも相応のクオリティで表示されるようになりましたが、更に機能強化としてこちらも漸くなのですが、オフラインマップ機能が追加されました。標準のマップはナビ機能としては貧弱すぎるので使えませんが、とりあえず機能強化が続けられている証拠として。

wp_ss_20151226_0057wp_ss_20151226_0058

物凄く力を入れているのが判るのが、やはり音声認識、合成の部分。

wp_ss_20151226_0059wp_ss_20151226_0060wp_ss_20151226_0061

ナレーターと併せて、これだけ豊富なファンクションを用意してきている点からも、力の入れ方が判ります。

wp_ss_20151226_0064wp_ss_20151226_0065

どうでもいいのですが、力が入っているのが字幕の機能。サイズから背景から事細かく調整できるようになっています。現時点でも宙ぶらりん状態が続くストアへの変な力の入れ具合が、こんな形でOS側にまではみ出してきているようです。

最後にWindowsPhone8.1で最後に追加され、Windows10 mobileから正式サポートとなった周辺デバイス。

マウスと、キーボードです。

wp_ss_20151226_0028awp_ss_20151226_0029wp_ss_20151226_0032

デバイスのメニューには既にマウスの選択が用意されています。こちらは主にボタンクリックの優先を左右どちらに振り分けるかだけで、それほど意味がある訳ではありません。そして、BTにも音声認識を前面に推す機能拡張が…。

既にキーボードを認識している状態ですと、画面一番上のステータスアイコンの部分にIMEの動作状態を示すインジケーターが表示されるようになります。

wp_ss_20151226_0054wp_ss_20151226_0055

まずは、キーボードに日本語を追加しておきましょう。この際、「その他のキーボード設定」から「言語切り替えキーを表示する」にチェックを入れておくと、言語切り替えがワンタッチで行えます(教えて下さった香港在住のLumiaファンMasaさん、感謝です!)

wp_ss_20151226_0100

キーボードのレイアウトは、一見変化がありませんが、左下に青い丸が追加されています。これがカーソルキーの役割を果たすポインターで、ポインターをドラッグした状態で指を上下左右に動かすと、その方向にマウスカーソルが動くようになっています。

TBキーボードとマウスを併用するWindows10 mobile on Lumia1020

こんな具合で、マウスとキーボードを繋いで、Wordの文章などをサクサクと編集する事が出来るようになりました。

画面サイズが絶対的に小さいですし、マウスカーソルの動きを充分にこなせるだけのハードウェアパワーが無ければ、スクロールはカクカク、ポインターはよろよろとあちこちに飛び回ってしまうので、実用性は低いのですが、キーボードから入力は快適そのもの(悪評の高いMS-IMEの流れを汲むかな漢字変換ですが、海外端末でツラいかな漢字変換の数々を使いこなしてきた身にとっては、予測変換の効率性と併せて、まるで天国のよう)。携帯端末で初めて外付けキーボードが有用に感じたこの組み合わせにピッタリな、MS御謹製のキーボードと端末用のスタンドが欲しくなってしまいました。

着実な進化を続けるWindows PhoneからWindows10 mobileへの道筋。これまで散々回り道をしてきたMSのモバイルOS戦略が、漸く地に足の着いた歩みを見せ始めた事をひしひしと感じながら(何処かに書いておきましたが、CASIOPEAとiPAQからのお付き合いですから…古っ!)、更なるブラッシュアップを期待しつつ、正式版の発表を首を長くして待ちたいと思います。