秋色の八ヶ岳西麓から御射鹿池へ(2018.10.21)

10月も半ばになって、漸く秋らしい空模様がやって来た八ヶ岳山麓。

八ヶ岳山麓に広がる圃場の稲刈りもほぼ終わりに。

漸くの晴れ間、圃場に並ぶ稲穂のはざ掛けにとっても嬉しい日射し(2018.10.17)。

それでも天気が安定しない今年の秋。

夏の午後のような激しい夕立が過ぎた後、急激に冷え込んだ日曜日。

久方ぶりの雲一つない青空が広がりました。

最後の稲刈りが進む八ヶ岳西麓。

立沢大橋の向こうに望む八ヶ岳の西麓、西岳の裾野は中腹まで落葉松色に染まりはじめました。

八ヶ岳の懐深くにある、原村の八ヶ岳自然文化園、まるやち湖。

園内の紅葉も進んでいますが、落葉松の黄葉はまだ始まっていません。

午後の陽射しを浴びる奥蓼科、御射鹿池。

大変多くの観光客の方がいらっしゃっており、湖畔の遊歩道は大混雑。

少しずつ移動しながら。

午後3時、すっかり短くなった秋の日射し。湖面には既に影が落ち込んでいます。

青空と紅葉が映り込む湖面。

湖畔の白樺の黄葉は終わりかけ、広葉樹たちの紅葉はピークを迎えています。

周囲の山々に立ち並ぶ落葉松の黄葉はまだまばら。

今年は特に黄葉が遅い落葉松。湖畔が一面の黄金色に染まるまでには今暫く時間が必要なようです。

余りの人の多さに驚きながら、渓谷沿いの静かな森の中へ。

西日を浴びて輝き出す、秋色に足を止めます。

秋色に染まるモミジの紅葉。八ヶ岳の山中は紅葉真っ盛りです。

西日を浴びる八ヶ岳西麓。

雲一つない青空が夕方まで続きます。

夕暮れを迎え始めた八ヶ岳西麓。

西岳の裾野を彩る落葉松が輝き出す頃。

もう暫くすると、八ヶ岳西麓は裾野の街並みまで落葉松色に染め上げられます。

桃色に染まる八ヶ岳の空の向こうに十三夜の月が昇る夕暮れ。

日没を迎えるとぐっと冷え込んできた山麓。明日の朝は今朝よりさらに冷え込んで5℃を割り込む予報が出ています。

深まる秋、どうか暖かくしてお過ごしください。

広告

嵐の去った後、GWの中日に

大荒れの予報だったGW中盤。

夜半にやってきた強い雨と風は急速に通り過ぎて、昼前にはすっかり青空を取り戻した八ヶ岳南麓。

急遽予定を変更して、再び観音平に上がってみます。

GWの観音平遠望1富士山を正面に眺める、観音平の少し下にある富士見平。

GWのこの時期、これだけクリアーな空が望めるチャンスは決して多くありません。

GWの観音平遠望3甲斐駒と南アルプスの峰々もご覧の通り、クリアーに望めます。それにしても今年は雪が少ない!

GWの観音平遠望2皆様お好きなようなので、富士山のアップも(ハイコンで)。足元に大泉、長坂の街並みを遠望します。

観音平の新緑観音平の周囲は新緑真っ盛り、赤松と落葉松、そして白樺の緑のコントラストが青空の下に広がります。

GWの観音平遠望4麓に下る途中にて。落葉松林から甲斐駒を遠望。

GWのまるやち湖鉢巻道路を西に移動して、原村の八ヶ岳自然文化園にある、まるやち湖へ。西側にも拘わらず、八ヶ岳に雪が全くありません(驚!!)。

湿度が高いせいでしょうか、一度はきれいに流れ去った後、再びぷかぷかと雲が浮かび始めた午後のひと時。街中の賑やかなお祭りが嘘のように、周囲には静かな時間が流れていきます。

新緑と桜3周囲の松林には、所々に満開の山桜を見る事が出来ます。

新緑と桜1落葉松の新緑の先に咲く、桜の花。気持ちの良い風が林の中を抜けていきます。

新緑と桜2新緑と桜が同じタイミングで揃う、高原らしい景色を満喫しながら。

夜半になっても時折強い風が吹き続けるGW中日の夜。お休みの浮かれ気分からそろそろ普段の生活に向けてギヤチェンジするタイミングでしょうか。

 

秋色の八ヶ岳西麓(2015.10.25)

八ヶ岳を徐々に下っていく紅葉前線。

里から望む八ヶ岳も彩を深めていきます。

P1060026西日を浴びる八ヶ岳の峰々。

裾野が落葉松の黄葉でオレンジ色に染まります。

P1060011集落の少し上にある、八ヶ岳自然文化園、まるやち湖。

窪地にある溜池の水面は穏やか。八ヶ岳と周囲の白樺林を映し込んでいきます。

P1060006八ヶ岳自然文化園の白樺黄葉はもうピークを過ぎています。

白樺の向こうに臨む落葉松林は色付き始めています。

P1060017山裾一杯に落葉松林が広がる、八ヶ岳西麓。

このシーズンになると、落葉松の黄葉が裾野を埋め尽くします。

P1050980黄葉が始まっている落葉松林。

もう少しすると、黄金色の葉に囲まれるようになる筈です。

P1060015標高を更に上げて、鉢巻道路沿いまで進むと、落葉松の黄葉が目前に広がります。

P1050993

P1050995八ヶ岳の標高1200mから1500mの山腹を往く、鉢巻道路。

落葉松の黄葉がピークを迎えつつあります。

P1050987八ヶ岳の懐を昇る谷筋沿いに広がる落葉松の黄葉。

山は黄金色に染まっていきます。

P1060029夕暮れ、八ヶ岳の向こうから月が昇っていきます。

東京の方では木枯らしと呼ばれる風が強く吹く、天気の良かった日曜日。

急激に冷え込む日没直前は既に9℃。今晩は冷え込みそうな八ヶ岳西麓です。

落葉松の黄葉を山裾に染める、秋空の八ヶ岳山麓を(2014/10/25)

気持ちの良い秋晴れとなった週末の土曜日。

空は青く晴れ渡り、紅葉もいよいよ里に下りてきました。

青空が広がる午後、足繁く通っている八ヶ岳西麓をのんびりとお散歩します。

【各画像をクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます】

黄葉する八ヶ岳の裾1青空の下、落葉松の黄葉が八ヶ岳の裾を染めています(茅野市泉野)。

山の高い場所は、すっかり紅葉が終わって冬の装いに移りつつあります。

まるやち湖から八ヶ岳連峰を1原村にある、八ヶ岳自然文化園の、まるやち湖から眺める八ヶ岳の山並み。

水面に移る紅葉と八ヶ岳を楽しみたかったのですが…、何と工事中で水が抜かれてしまっていました。

残念そうにお帰りになる観光客の方、多数。

まるやち湖から八ヶ岳連峰を2白樺林越しに望む八ヶ岳。白樺は既に落葉して、山並がはっきり見えるようになっています。

黄葉する八ヶ岳の裾2八ヶ岳の懐近くまで寄ってみると、落葉松の黄葉が目の前まで下ってきています。

観音平の黄葉する山並み

観音平の落葉松2では、落葉松の黄葉を追って山の中へ。

標高1600mを越えてくると、落葉松の黄葉はピークを迎えています。

観音平の落葉松1青空の下に広がる、落葉松の黄葉。

落葉松の木立に輝く紅葉落葉松林の中で輝く紅葉する木を。

秋の観音平から富士山南八ヶ岳の登山口、観音平に到着です。

青空の向こうに、既に雪をかぶる富士山が遠望できます。

秋の観音平から南アルプスこちらは南アルプスを遠望。

うっすらと雲海がたなびいています。周囲は落葉松の黄葉と緑を湛える針葉樹たちに囲まれます。

もう秋も終盤戦です。

赤く燃える夕焼け麓に下った夕暮れ。赤銅色に雲を染める夕日が西の空を焦がします。

明日から天気は下り坂。一雨ごとに落葉松の黄葉は色を濃くしていきます。