今月の読本「キリスト教は役に立つか」(来住英俊 新潮選書)貴方に出逢う気付きを願って

今月の読本「キリスト教は役に立つか」(来住英俊 新潮選書)貴方に出逢う気付きを願って

何時もとはかなり毛色の違った一冊。

所謂、葬式檀家と言われる一群に属する私ですが、子供の頃から彼岸には両親の実家に当たる墓参を欠かさなかった母親に付き添い、その一方、やはり母親の影響で地元にあった小さな長老改革派教会の日曜学校にも僅かな年数ですが通い、(既に頭の片隅にしか残っていませんが)聖書も一通り読んでいたという、今時の日本人としてはマイナーな子供時代を過ごしていたせいでしょうか、神社仏閣や教会、自身は無くても信仰する宗教を持つという事に違和感を全く持たずに大人になったような気がします。

それでも、新井白石が好きな私にとって、キリスト教と信仰する方々はやはり彼岸の存在。歴史としての旧約聖書や新約聖書から繋がるローマ時代の歴史、絶大な影響力と特異な国家としての位置づけを今に至るまで保持するバチカン/ローマ法王(教皇)には強い興味があっても、その信仰に振り返ることは無かったと思います。

そんな中で手にした今回の一冊。この選書シリーズ特有の表題や帯の仰々しさはさておいて、ちょっと気になる「孤独」とキリスト教というテーマに惹かれて読んでみる事にしました。

今月の読本、「キリスト教は役に立つのか」(来住英俊 新潮選書)です。

前述のテーマにあるように、本書は神学書でもなければ、キリスト教の教義を綴った本でもありません。著者はローマカトリックの修道司祭(即ち独身です)ですが、社会人になった後に洗礼を受けて司祭への道を歩んでおり、その起点に於いては家族との大きな葛藤があった事も冒頭に述べられています。そのような葛藤を抱えながらキリスト者(この単語を全文で貫いていらっしゃいますので、それに従います)としての歩みを経る道程を振り返りながら綴られる本書は、著者の信仰への道をそのまま投影しているかのようです。社会的、文化的、歴史的にもキリスト教世界とはかけ離れた位置である日本に於いて、どのようにその道筋を綴れば良いのか。著者はその想いを二つのキーワードに込めて語りかけます、孤独と、それに寄り添う想いとしての神の存在。二つの間を繋ぐキリストという存在。信仰的に描くと強固な拒絶反応を示されるでしょうし、教義のお話や聖書の章句をいきなり並べるにも受容される環境が無い中で、精いっぱいのアプローチ方法として選んだ設定。全部で50の説話として綴られたその内容には、まるで中骨を抜いてしまったような印象を受けるかもしれませんが、要所にはしっかりとその想いが込められているようです。

冒頭から始まる、神の存在とそれに向き合うことの意味合い。願う事、悩みを告げる事、感じ、折り合う事。旧約聖書からの引用を用いて、そんな想いに意外なほどのユーモアを以て、人間臭く(すみません)応えて来たのかを示していきます。ただ、流石に三位一体については、これ以上はと述べて議論を避ける点について、日本人を相手にした場合にはどうにも解釈が苦しくなるのは、江戸時代も現在もあまり変わらないようです。その上で、プロテスタントとローマカトリックとの違いなのでしょうか、何に付けてもまずは肯定してみようという想い、あくまでも前向きに、大らかに包み込んでいく感覚を前面に示していきます(カルヴァンの予定説については微妙な表現を付与して本文で言及されますが、このおおらかなポジティブシンキングは少女パレアナにも繋がるような気がするので、プロテスタントだからその逆という考えは正しくないかもしれません)。その一方で、あくまでも修道司祭の方が書かれた物であり、そのおおらかさの揚げ足を取るような視点に対しては、突如として厳しい筆致で臨んでいる点も否定できません(第22節)。

ここまでは、あくまでもイメージに入る前の更に前段階。第2章からは具体的に信仰を身に着けるというイメージを考えていきます。第1章でイメージが湧かなかった方、感じるところが無かった方には苦しい内容になるでしょうし、イメージが湧いた方でもその位置づけ、考え方は容易に納得できるものではないかもしれません。特に自己との相対性を論じる部分は、相当の心根を持たなければ辿り着く事は出来ない領域に入っていると思います(著者自身も、ボーン・アゲインではなく、特に日本人にとってはゆっくりと、少しずつと述べています)。そんな中で一際目を惹いたのが第33節の部分。本書の核心と言える部分ではないでしょうか。本来であれば交わる事のない二人が暫し他愛もない事を語り合う。その他愛もない会話が生まれる事自体が、きっと始まりに繋がると強く暗示しているように思えます。何も自分の主義主張を振りかざす必要もなく、ひたすら聞き役に徹する必要もない。飲み屋の会話ではないですが、そんな些細な関わり合いの積み重ねがきっときっかけになると思えてならないのです。もしかしたら著者はそのような交わりのきっかけとなる場所としての、自身の教会を位置づけることを望んでいらっしゃるかもしれません(アメリカのメガチャーチには、説教以外の部分でそのような側面を強く感じます)。

その上で、3章に綴られた内容を読んでいくと、なるほどと理解に至る事が出来ます。著者が暗示するように、それを以てキリスト者に至る事は(特に日本では)叶わないかもしれません。しかしながら、人との関わり合いのスタートとして、そのきっかけとして、更にその先に見えてくる、紙の上に書かれた事、頭の中で考えを巡らせた事ではなく、確かな手応えとしての「共に生きること」へのアプローチとして、キリスト者である著者が語りかけてくる内容はきっと何かの気付きを与えてくれるはずです。

その上で、著者が伝えたいと願う気づきの先は、帯に付されたように、これらの想いと交わる事が無い、孤独の中に生き、自らの内にひたすら埋没していく人々への想いへと繋がっていくように思えます。やるせない想いを一人抱え込んでいる人が求める渇望感と、その空虚さの間にも神の存在と、それを繋ぐであろうキリストという存在があるという事と伝えたいという著者の想い。もしかしたら、そのような想いを抱き続けている方は本書を手に取る方々と対極に位置しているのかもしれませんが、その想いを届ける事は出来るでしょうか。

本書を読んでいて思い出した一冊『ひきこもりはなぜ「治る」のか?』(斎藤環 ちくま文庫)。本書の終章で語られる、最も親密な関係としての人生のパートナーの大切さを語る部分以外において、驚くほどの相似性を見出す事が出来ます。すなわち、自分にとって安心できる状態を得る事が自己の確立にとって極めて大切だという事をどちらも指摘しようとしています(自我の確立と相対化)。その上で、本書に於いては無限大の相対化である神を相手として、その間を取り持つイエスと共に歩むという形を一つの解決策として示しているように思えますし、両書共にその先に人と交わり続ける事の困難さを克服する為に必要な道筋を述べているように思えます(ぼっちの私には、どちらも耳の痛い話が満載、なおかつ正論なので苦痛の極みではあるのですが)。

広告
今月の読本「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)カトリック視点で読むアメリカ政治の原動力

今月の読本「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)カトリック視点で読むアメリカ政治の原動力

これほど不思議な展開を見せるとは誰も予想していなかったかもしれない、ここ最近の国際政治状況。

特に、あまりに極端な候補者が両党から擁立される事が確定的になった今回のアメリカ大統領選挙の行方は、外の人間から見ると余りに不可思議に思えてきてしまいます。

この状況を誰も読み切れなかった中で執筆の準備がなされ、続々と本屋さんの店先に送り込まれる関連書籍の中で、それを何とか補正するためでしょうか、更に異色なキャッチコピーの帯を巻いて並べられた本書は、内容もアプローチも、これまでの「アメリカ本」とは一線を画す内容を持っています。

熱狂する「神の国」アメリカ今月の読本、「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)のご紹介です。

本ページでは著者の前著「バチカン近現代史」(中公新書)もご紹介していますが、本書はその続編として捉えて良い一冊。題名だけ見ると、類書にあるようなプロテスタントの国としてのアメリカ政治における福音派の政治的影響力が描かれるように思われますが、実際にはプロテスタントの動向を描くより遥かに多くのページをアメリカにおけるカトリックとその政治的な影響力の変化を描くために費やしていきます。

前著で触れられたバチカンとアメリカの外交関係を持つ前から現在まで続く水面下での関係や、バチカンの影響力の行使と共に、プロテスタント国におけるマイノリティとしてのカトリックの社会的地位の推移とそれに伴う政治的な影響力の変化を、ケネディの就任をピークとしてアイリッシュカトリックから現在の中南米の移民(サンベルト)への流れとして描いていきます。プロテスタント視点で描かれる本が圧倒的なアメリカのキリスト教関係の書籍で極めて珍しいカトリック視点(著者は前著のあとがきでクリスチャンではないと明言していますが、カトリック系の学校で教育を受けています)で描かれる本書は、やや傾倒気味ながら、それだけでも興味深く読む事が出来ると思います。

カトリック視点でのアメリカキリスト教史が描かれる一方、もちろん主要なプロテスタント宗派の動向とその政治的な影響力、特に各大統領の信仰する宗派から見た影響勢力の変遷についてもきっちりと述べられていきます。更には前著に続いて、新書という限られたページ数にも拘らず要所を抑えた判りやすい記述には特に感心させられます。

交わるところが無いように見えるカトリックとプロテスタントの政治的影響力が、ニクソンからカーターへというアメリカ政治の失望期に、プロライフを代表とした宗教的保守の思想の元で、レーガンを支えていく重要な勢力として纏め上げられ、結果的に共闘する形が採られていくという点を、歴代大統領の通例である記念博物館、公文書館の史料から見出していくのが本書最大の白眉。前著を読まれた方であれば、この共闘の先に冷戦終結の道筋が開き始めたと読み解く事が出来る筈です。また、キリスト教シオニストに言及して一章を起こし、戦前に遡って英国との関係に言及する点は、アメリカが何故イスラエルをこれほどまでに擁護する事への疑問に対する一つの回答として、ヨーロッパ史の研究を主軸に置く著者の面目躍如といえる著述かと思います。

コンパクトに纏められたカトリック視点でのアメリカのキリスト教と政治の切り離せない関わり合いを述べる本書。ブッシュ・ジュニアを支えた福音派とネオコンの台頭と、その後の潜伏状態までで本書の著述は終わっており、オバマ時代の宗教的な動きや帯にあるようにトランプ云々はほんの付け足し程度に述べられるに過ぎません。その代りに最終章で描かれる内容が本書のもう一つのハイライト。アメリカのカトリック礼拝に訪れるだけでなく、福音派の結集力の源泉でもあるメガチャーチで実際に礼拝に参加した体験が述べられていきます。万を超える聴衆を集める集客?力、それを支える魅力的な説教と、広大な土地に散在して生活するバイブルベルトの生活環境における、普段は希薄な対人関係を繋ぎ合わせるコミュニティとしての存在感の大きさに打たれる著者の想いが切々と伝わってきます。

その上で、現法王(著者はやはり教皇と表現しますが)フランシスコと穏健な福音派との相互理解の先に社会的な問題点の解決策を見出そうとする著者の視点は、何処までもカトリック的である所には、やむを得ないとはいえちょっと片手落ちな気もしながら、著者が述べているように、日本では余りにも希薄な宗教を視点から決して逸らしてはいけない事を改めて見つめ直させる一冊です。

熱狂する「神の国」アメリカと類書<おまけ>

本ページより関連する書籍をご紹介。

 

 

今月の読本「バチカン近現代史」(松本佐保 中公新書)最小国家の外交力

今月の読本「バチカン近現代史」(松本佐保 中公新書)最小国家の外交力

久しぶりに買ってすぐに読み切ってしまった一冊です。

日本人には余りにも遠い、でも世界的に見れば10億人以上の信者を抱えるカトリックの総本山にして、宗教界唯一の独立国家の体裁を有するバチカンを扱った一冊。このようなタイミングでなければ刊行されなかったかもしれません。『バチカン近現代史』(松本佐保 中公新書)です。

バチカンン近現代史まずはじめに、バチカンと言えばどんなイメージを持たれるでしょうか。ちょっと年齢の高い方であれば短波(BCL)のバチカン放送なんてのをご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり「世界最小の独立国」であったり、カトリックの総本山といったイメージが主でしょうか。

実際の国土面積は僅かに44ヘクタールほど、皇居の1/3程度とも言われています。国民に該当する人口は1000人足らず、それもバチカンで出生しても国民になる事は出来ず、殆どがバチカンに勤務する聖職者で占められています(所謂二重国籍)。一応、裁判所や省庁、行政、財政機関といった国家として有する組織はありますが、国会のような立法機関はなく、各行政機関についても、あくまでも教皇庁の傘下であり教皇に絶対的権限がある「絶対君主制」政体でもあります。

そんな現代の国家と比べると余りにもフォーマットが違い過ぎるバチカン市国ですが、本書のスタートに当たるフランス革命以前であれば、イタリア半島の1/3近くに相当する教皇領を有し、絶対的な道徳的価値観の体現者として、更には西ヨーロッパ各国の世俗君主を戴冠する権利を有する世俗権威を併せ持つ一大政治勢力でもあったわけです。

それから200年、バチカンも、その主たる教皇も流転の歴史を辿る事になります。当時、ヨーロッパはまだ国民国家といった国家体制は確立されておらず、小国や帝国の陪臣が群居する状況で、現在でもヨーロッパにはサンマリノやモナコ、リヒテンシュタイン、アンドラといった当時の名残を残す小国が立派に存在していますが、多くの小国、公国は国民国家へと統合されていきます(比較として一番良い例は、国土と実体的主権を失いながら、現在でも国連にオブザーバーを送り、世界の約半数の国と外交を有する「マルタ騎士団」ですね)。

そのような中でバチカンも、余りに保守的な体制が祟った為、一度は「国土と実体的主権」を失いながらも、強力な道徳的権威と、巨大な信者網、そして卓越した外交能力を駆使することで第二次大戦前のファシスト政権期に「バチカン市国」として微々たる面積ではあれ、国土と主権を取り戻し、聖俗を兼ね備える国家としての地位を取り返していきます。

本書はフランス革命からのバチカンの変遷を叙述していますが、前述のようにバチカンの外交、特に国務長官の活動から描き出そうという意欲的な内容となっています。

ご存知かと思いますが、バチカンの外交官は世俗の外交官としての法的な地位(免責特権)を有しながら、一方では枢機卿や大司教といった宗教的にも卓越した権威も備えた極めて特異な地位にあり、特にカトリック信者の多い国においては、教皇の代理人でもある各国の大司教と連携することで聖俗共に非常に強力な影響力を行使できることになります。

本書は歴代の教皇の事績を辿るのと同じくらいのボリュームで外交官たちの指揮官たる国務長官の活躍を描いていきます。特に、第二次大戦期のマリヨーネ枢機卿、その下で活躍し後に教皇パウロ6世となるモンティーニ枢機卿、パウロ6世からヨハネ・パウロ2世までの冷戦期の特異な外交を指揮したカザローニ枢機卿の動向には多くのページを割いており、バチカン外交の奥深さを垣間見せてくれます。

このような強力な外交の原動力はもちろん第一には伝道と布教である事には違いありませんが(ヨハネ・パウロ2世選出後、カトリックの信者は全世界でそれまでの2倍に膨らんでいます)、同時に国家故に行使可能な外交による世界中に広がるカトリック信者の保護と、その平和共存体制への模索、無神論への強烈な危機感から生じた共産主義への嫌悪感があるようです。

2度の大戦期、冷戦期におけるヨーロッパ、そしてカトリック信者を有する世界中の国家体制へのバチカンの外交的働きかけの凄味はポーランドにおけるヨハネ・パウロ2世の物語を引き出すまでもありませんが、その反面ものすごく意外な事にプロテスタント諸国(イギリス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)と正式な外交関係を結んだのは何と1982年、アメリカに至っては実に1984年になって漸く大使の交換が行われたという事実です。水面下では非常に緊密な連絡を取り合っていた(歴代大統領も実務レベルの外交ルートやCIAを経由して連携してたと云われていますが)にも関わらず、国家のアイデンティティが宗教そのもの故のジレンマだったりもしますが、その辺がバチカンの歴史の面白さであったりもします。

著者はそんなバチカンを畏敬を持ってこう表現しています(下線付きは本文中でも唯一ここだけです)。

—引用ここから—

冷戦期の緊張緩和の時代、バチカンは主導的な役割を果たしていた。当時の西側諸国の中では、宗教国家という特殊な立ち位置ゆえに、最先端の考え方をしていた国家なのである。

—引用ここまで—

そして、キリスト教徒ではないがと前置きした上で(カトリック系の大学を卒業されていますが)、イラク戦争を評してこの様に述べています(非常に重要かと思いますのでちょっと長めに引用します)。

—引用ここから—

キリスト教対イスラム教という図式は、ブッシュ米大統領をはじめ米国の政治家や知識人たちによって作り上げられたものである。その根底には、米国の多数派であるプロテスタント宗派の一部の教派による原理主義的な見方がある。プロテスタント、中でもピューリタンは、純粋なキリスト教を追求するあまり、異質なものを排斥する傾向にあり、カトリックとは大いに異なるものである。

—引用ここまで—

あえて、現在におけるバチカン、そしてカトリックの平和主義を相対化する為にこのような論調を書かれた心情は理解できますが、ここまでローマ教皇、そしてカトリック総本山としてのバチカンの挫折と復興の物語を語ってきた流れからは明らかに外れてしまっているような気もします(もしくは既に価値観の超越を果たしたと理解すべきでしょうか)。

果たして、世界中のカトリック信者を束ねるローマ教皇と国務長官が二人三脚で築き上げてきたバチカンの外交力とは今後どのように変わっていくのでしょうか。新教皇の手腕とその片腕となる国務長官の活躍を遥か遠い日本から眺めながら考えたいと思います。

<おまけ>

前回のベネディクト16世選出以降に刊行された、比較的新しいバチカン関係の新書をご紹介。

  • 実際にヨハネ・パウロ2世の逝去と、ついこの間退位したベネディクト16世の選出を取材した朝日新聞ローマ支局長がバチカニスタとして見たバチカンの今を描く『バチカン-ローマ法王庁は、いま』(郷富佐子 岩波新書)非常にバランスの良い著述で、ヨハネ・パウロ2世からベネディクト16世までのバチカンの概況を理解するのには最適な一冊です
  • そしてもう一冊、こちらは読売新聞の特派員が描く、歴史からバチカンの仕組み、そしてイタリアの一部として現在のバチカンの姿を捉えた『バチカン ミステリアスな「神に仕える国」』(秦野るり子 中公新書ラクレ)。こちらは気楽に読める一冊です
  • それにしても今回ご紹介した本を含めて何故か3冊の著者がいずれも女性なのは不思議な事ですが、著者たちの共通認識として、日本政府そして日本人が、バチカンの国際的な影響力に対して余りにも無関心である点を嘆いている事です。これは国民の1%以下しかカトリック信者が存在しないため、国内では教皇の動向など殆ど報道がなされないため致し方ない事ですが、少しでも海外ニュースに触れられる事がある方であれば、著者たちと同じような印象を持たれる事かと思います。そのような意味で、取材/執筆に対してバチカンが著者たちにかなりの便宜を図ったであろうことは読んでいただければひしひしと感じるかと思いますし、貴重な一般向け書籍であると思います

バチカン新書2冊