『カヤネズミの「害獣」は濡れ衣だった!』Web記事とカヤネズミ研究者、畠佐代子さんからの映像素材引用への疑問について(2018.3.3)

『カヤネズミの「害獣」は濡れ衣だった!』Web記事とカヤネズミ研究者、畠佐代子さんからの映像素材引用への疑問について(2018.3.3)

2016年7月に産経新聞の西日本発記事のWebページに掲載された、京都在住のカヤネズミ研究者、畠佐代子さん(滋賀県立大環境科学部非常勤講師、全国カヤネズミ・ネットワーク代表)の研究成果。これまで稲を食い荒らす農家にとって害獣だと思われていたカヤネズミが、糞のDNA分析の結果、実は田圃に生えてくる雑草を主に食しており、稲そのものを主食とする訳ではなかったという研究成果が掲載されました。

また、同年10月にNHKの人気動物番組、「ダーウィンが来た!」においても、この研究成果が放送され、大きな反響となりました。

このニュース、とても大きな反響があったために、今でも繰り返し引用される事がありますが、一方で少々困った事も出てきているようです。

2018年2月の末頃より、再び冒頭の記事の引用が拡散したようですが、その中で、上記の例に見るような、あからさまに演出されて撮影された映像が一緒に引用されていたようです。

海外の動物関連の映像ではおなじみのシーンかもしれませんが、これは撮影上の演出を越えた「フェイク」。映像表現としては否定しませんが、研究者の立場から言えば、野生動物本来の生息する姿を故意に歪める事に繋がる、肯定しがたい映像として捉えられるようです。

また、前述の記事の内容についても既に論文掲載となっていますが、時間の経過とともに、内容が若干食い違って理解される様な状況が生まれてきているようです。

以下に、今回の件について、畠佐代子さんご本人が綴られたTLを記載しておきます。

本来、このようなリンクの列挙はtogetterで行うべきでしょうが、個人的な記録の為にも、稀にご訪問頂く書評をご覧になられる皆様の為にも、一連のコメントのTLを本ページでも掲載しておきます。

1.

2.

3.

4.

また、カヤネズミにご興味のある方は、上記の滋賀県立大学のホームページで公開されているPDFパンフレット『知ってる?田んぼのカヤネズミのくらし』、又は本ページでも概要を掲載させて頂いておりますが、著書『カヤネズミの本-カヤネズミ博士のフィールドワーク報告』(世界思想社) をご覧頂ければと思います。豊富に掲載されている写真から、「カヤネズミ」の名称通り、人の生活に寄り添うように暮らす、彼らの本当の姿に触れて頂ければと思います。

すぐ身近に生息する野生生物への視線とその姿は、キャッチーなコンテンツとしての映像と大きな違いがある事をまずはご理解頂ければと。

書評を通じて相互フォローをして頂いている事もあり、通常とは異なるフォーマットではありますが、今回の経緯の記録として掲載しておきます。

広告
今月の読本「カヤネズミの本」(畠佐代子 世界思想社)小さな隣人を通じたフィールドワーク研究者の物語

今月の読本「カヤネズミの本」(畠佐代子 世界思想社)小さな隣人を通じたフィールドワーク研究者の物語

2週連続の大雪対応で、あらゆる事が中途半端になりかけている2月。

漸く落ち着きを取り戻してきた週末にかけて、まずは少しずつ読みかけの本をこなしていきます。

今回は何時ものように、週末の本屋さん巡りの最中に偶然見つけてしまった1冊のご紹介です。

カヤネズミの本八ヶ岳南麓、清里の観光スポットである清泉寮のすぐ近くに、同施設と同じキープ協会が運営する「やまねミュージアム」という、小さな小さな博物館があります。天然記念物でもあるヤマネの冬眠シーンが観察できることでも有名なこちらの施設による積極的な広報活動により、厳冬期の寒さを和ませる格好なテーマとして頻繁にマスコミに登場、ヤマネもすっかり有名となりました。

そんな小さな動物たちの中でも極めて地味ながら、ネットを使った生息域調査などを通じて、一部の方々には極めて有名な存在となっているのが「カヤネズミ」と呼ばれる、小さな小さなネズミです。本書は、この活動の創始者であり、活動団体「全国カヤネズミ・ネットワーク」の代表も務める畠佐代子さんの最新著作である「カヤネズミの本 カヤネズミ博士のフィールドワーク報告」(畠佐代子 世界思想社)です。

まず、この手の本の宿命(マイナーなテーマ+オールカラーx研究者の著作=発行部数が少ない=>お値段に跳ね返る)として、極めて安価な設定ではありますが、100ページほどの本としては決して気軽に買える価格でもありません。また、フィールドワークの際に撮影された貴重な写真の数々が紙面を飾りますが、ヤマネやその他著名な動植物で見られるプロの写真家の方が出される写真集のような華麗さがある訳でもありません。更に言えば、最近頻繁に見られるようになった「柔らか系」の動植物を扱った本が得意とするノリの良さや、凝ったグラフィックも見かけません。装丁も、フォントも、用紙も、図表構成も、どちらかというと、昔、学校の図書館にあった「動物百科」のページをめくっているような、ちょっと古風な佇まいを見せています。

そんな少し大人しい体裁を取る本書は、あくまでも「フィールドワーク」に生きてきた著者が、その研究テーマとしてずっと追い続けている小さな隣人たちをどう理解して、どう知ってもらい、どう一緒に生きてい行けるのかを、優しい文章に包みながら綴る、カヤネズミの研究レポートの形を借りた、ある研究者の物語としての一冊です。

そのような研究者としての、フィールドワークを通じて書かれた一冊でもあるため、本書の過半のページはフィールドで最も見つけられやすかったであろう、カヤネズミの巣のお話で占められています。特徴的な巣の利用法、季節による巣材の変化、巣のお引越しと、豊富な写真と事例を交えて説明が続きます。この部分に関しては研究者の著作らしく、しっかりグラフなども掲載されていきます(近著で類似性の高い、岩波書店の「スズメ」では編集者の方との格闘の末、バッサリ切られたことが著者のあとがきで述べられています)。

巣の説明が終わると、今度は巣の主たちであるカヤネズミの生活のお話に移っていきますが、ここから著者とカヤネズミの付き合いの物語が徐々に語られていきます。フィールドワークを進めていく途上で頻繁に向き合う事になる、カヤネズミの生活環境が如何に人と深い関わりを持っているのかという事を。それは、もっとも身近な存在にも拘らず、生態があまり理解されていないスズメにも通じるところがあります。

その結果、著者とカヤネズミとの物語は、単に小哺乳類の研究としてではなく、人間生活、特に農耕や環境開発との関わり合いに踏み込んで行くことになります。そこには、現在注目を浴びている「環境科学」「環境生物学」といった、我々人間と環境(自然とは限りません)との関わり合いという、普遍的なテーマが横断する領域。単に生物学的に生態を研究するのではなく、社会学の一分野として人間生活そのものに関わっていく研究。著者は、この広大な研究領域をカバーする為に必須となる、幅広い情報を集める手法として、当時としては画期的なネットによる情報提供を呼び掛けるという活動に着手、現在の全国カヤネズミ・ネットワークの活動に繋がっていきます。

カヤネズミという小さな小さな隣人を通して、我々人間と環境との接点を見出していく遠大な研究活動のほんの一ページを見せてくれる本書は、著者が、そのその途上で感じた想いそのままに、可愛いらしいカヤネズミの写真の背景に広がる人々の生活と環境に、もっと、もっと目を向けてみませんかと、問いかけているのかもしれません。

<おまけ>

本ページで扱っている、同じような話題と、生き物関係の書籍のご紹介