彩、移り変わる山里の春(2019.4.26~29)

ここ数年来の早く訪れる春から、時折降雪も伴う複雑な空模様が続く今年の春。

この地に居を置き始めた頃の春の歩みを少し思い出しながら、日々の空を眺める4月末の週末。

暖かい春の雨が降る朝。霧に沈む鼎談桜。

堅い蕾を少しずつ開き始める鼎談桜。こんなに遅いの?と少し驚かれるかもしれませんが、これで普通な位です。

昼には上がった雨が再び降り始めた夜の原村、深叢寺。

標高1000mを遥かに超える集落の中にある桜並木、今年も満開を迎えました。

たっぷりとした花を付けた深叢寺の夜桜。夜になって少し冷え込んできました(2019.4.26)。

冷たい雨が降り、再びストーブに火を入れるGWが始まった週末。

雨が上がった日曜日の昼前、上空を眺めると空にプリズム色の虹が掛かっていました(ここだけスマホです)。

前日に降った雪で雪渓が浮かび上がる南アルプス、甲斐駒の上空に掛かる虹。この時期としては珍しい、冷え込んだ寒気が連れてきた空に残る氷が太陽の日射しを受けて輝く、環水平アークと呼ばれる虹が昼過ぎの空で輝いていました。

夕暮れ、西の空が染まり始めると空に光の柱が立ち上がってきました。

本来であれば、厳冬期の極めて限られた条件でしか見る事が出来ないサンピラー。水が張られた圃場の先で、光の柱が立ち上がりはじめました。

空と山里の渚を貫く光の柱。

赤々とした光の柱が夕暮れの空に浮かび上がります。

ピークを過ぎて、ゆっくりと暗くなるサンピラー。

紅色に染まった夕暮れもゆっくりと夜の帳へと沈んでいきます。

山里とはいえ、滅多に見る事は出来ないサンピラー。しかも4月の末という本来であれば見る事が叶わないタイミングで偶然に訪れた空の彩。

再び訪れた夜の深叢寺。

ライトアップされた光に散り始めた花びらが浮かびます。

少しずつ葉桜となってきた深叢の桜。

花びらを落として少し寂しくなってきた夜桜。寒気が残る中、日が暮れてぐっと冷え込んできた高原の夜。寒の戻りですが、一度進み始めた季節の歯車は足早に次のシーズンへと進んでいくようです(2019.4.28)。

空から雨が落ち始めてきた連休三日目の夕暮れ。界隈では最も遅く開花を迎える信濃境、田端森新田の鼎談桜。様子を見に行くと、左の桜は花を咲かせ始めているようです。足元に広がる圃場にも水が張られました。

南アルプスをバックに咲き始めた鼎談桜。

薄暗い空の下で可憐な白い花を開く鼎談桜。今夜から本格的な降雨が続くようですが、雨が上がる頃には満開の花を咲かせるでしょうか。

移ろう空が様々な彩を伝えてくれるこの春。長いお休みがまだまだ続く方も多いかと思いますが、どうか良い連休をお過ごしください。

広告