身近な彩を探して(2016.10.16)

好天が続いたこの週末。

せっかくのお天気、家の片づけをする前に少し外に出て、彩を探してみます。

観音平から秋の富士山自宅から10分ほど車を走らせて、標高1600mの観音平へ。

山を覆う落葉松の黄葉は、この標高まで上がっても緑がまだまだ交る、緑茶色。

ちょっと拍子抜けしながら、雲海の向こうに浮かぶ富士山を眺めます。

ツタウルシ1そうはいっても、既に十月も中旬。色付きを深めるツタウルシが、彩の秋に入っている事を教えてくれます。

ツタウルシ2まだ緑を残す落葉松に絡み込みながら、鮮やかな彩を魅せる、ツタウルシの紅葉。

ツタウルシ3朝日を受けるツタウルシ。光が透き通って、まるでステンドクラスのようです。

秋色浅い東沢大橋少し東に移動して、清里の東沢大橋へ。

少しずつですが、彩を見せはじめています。

八ヶ岳横断道路はクラッシックカーの走行会(例の有名なやつです)に参加する車が、西の富士見高原に向けてひっきりなしに通っていきます。

野辺山の紅葉2少し脇道に入って、野辺山の某所へ。

既に落葉が始まっているのですが、色付きはあまりよくありません。

野辺山の紅葉1昼下がりの陽射しが差し込む林の中に入ると、漸く秋らしい彩に巡り合う事が出来ました。赤蕎麦と八ヶ岳うっすらと雲が掛かり、穏やかな日差しの朝から、昼過ぎになると急に風が強くなり、空の様子は一転。眩しい日差しが降り注ぐ、雲一つない青空が広がりました。

八ヶ岳を遠望する赤蕎麦の畑では、遅咲きの蕎麦の花が一面に広がります。

昼下がりの牧草地より八ヶ岳遠望秋とはちょっと思えないほどに光あふれる昼下がりになった日曜日。

それでも、刈り取られた牧草地の色合いからは、秋の深まりを感じさせます。

午後になると急速に天気が悪化してきた八ヶ岳の南麓。今夜は雨になりそうです。

 

広告

秋晴れの空の下、秋の彩を先取りするツタウルシの紅葉を(2014/9/28)

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

雲ひとつない青空が広がった日曜日。

澄み切った青空を眺めながら、しばしドライブを楽しみます。

【各画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】

コスモスと秋の八ヶ岳朝の八ヶ岳とコスモスの花(諏訪郡富士見町、先達)。

先週までは緑がかっていた山頂部も、少し黄色を帯びてきています。八ヶ岳の秋を彩る、落葉松の黄葉が始まったようです。

杖突峠から秋の南八ヶ岳杖突峠から眺める、南八ヶ岳の山並み。

八ヶ岳の裾野には、豊かに黄金色に輝く田圃が広がります。

千代田湖のツタウルシ紅葉杖突峠のすぐ裏手。千代田湖に向かいます。

湖畔の落葉松はすっかり色が濃くなってきていますが、黄葉まではまだ暫く時間がかかりそうです。

落葉松林の中に赤い色が見えています。

千代田湖のツタウルシ紅葉1湖の反対側に廻ると、落葉松の木に絡みつきながら、赤く紅葉をしているツタウルシの群落が出来ています。

千代田湖のツタウルシ紅葉6千代田湖のツタウルシ紅葉2千代田湖のツタウルシ紅葉4千代田湖のツタウルシ紅葉5千代田湖のツタウルシ紅葉3華やかなツタウルシの紅葉が始まると、山は秋本番。ひと月ほどをかけて、モミジから白樺、落葉松へと色付きが移ろっていきます。

紅葉前のもみじ湖千代田湖から西に向かって、少し標高の低い箕輪ダムへ。

ここは別名「もみじ湖」とも呼ばれるほど、周囲のモミジが鮮やかなのですが、湖畔の所々でモミジの紅葉が始まったようです。

普段ですと、10月中旬に始まって、ぐっと寒くなる文化の日の前後にピークを迎えるのですが、今年はかなり早めに紅葉が始まっているようです。

黄金色の八ヶ岳2再び八ヶ岳の麓に戻ってきて、黄金色の圃場から遠望します(茅野市湖東)。

黄金色の八ヶ岳1実りの秋。しっかりと熟してきた稲穂の群れ越しに、同じく色づき始めた八ヶ岳を重ねて。

黄金色の八ヶ岳3南八ヶ岳の山並みをアップで(茅野市北山)。

まだ緑の残る山麓と、枯れて黄色くなり始めた山頂部との対比が観られます。

色づき始める蓼科山と横岳こちらは北八ヶ岳。横岳と蓼科山をアップで。こちらも山頂部が大分色付いてきました。

紅葉の始まった御射鹿池20140928蓼科の懐。御射鹿池まで登ってみました。

こちらもツタウルシでしょうか、落葉松越しに赤く色づく木々が見え始めています。

本格的な紅葉シーズンの到来を告げるツタウルシの紅葉。10月を迎えて八ヶ岳周辺も秋本番を迎えたようです。