お年賀の一品(八ヶ岳のカレンダー)

年末年始に整理をしていた写真を使って、今年もフジフイルムのマイカレンダーで八ヶ岳の四季を題材にしたカレンダーを製作。今年の表紙は初冬の美ヶ原から仰ぎ見る蒼天です。

2013年のカレンダー

昨年、初めて製作してお付き合いのある皆様にお渡ししたところ、予想外に喜んで頂けたので調子に乗って今年も製作。

昨年製作した分の最後の1冊は、お取引先重役の来訪記念粗品として引き取られてしまい、手元に残っていないのがちょっと残念なのですが、せっかく撮影した写真ですから、手に取れる形で残すこともちょっといいかな?と思っています。

デジカメの場合、どうしても画面で眺める事が多いのですが、光沢印画紙出力の美しい光沢感やマット紙からくる複雑な光の反射を通して写真を楽しめるのは紙ベースならではですね(サービス版やL版でも充分楽しいですよ)。

こちらのカレンダーの場合、コンパクトながが落ち着いた光沢の印画紙出力で美しい仕上がりが得られます。ネックは価格で、タオルや手帳のように大量に配るわけにちょっといきません。

気の合う友人や、大切な方へ近況を伝える手段としての、ほんのちょっと奮発した「お年賀」だったりします(年始早々金欠です)。

広告