緑の日々に(2018.5.11~12)

緑の日々に(2018.5.11~12)

例年になく春の訪れが早かった今年ですが、ここにきて少し足踏み。

水曜日から木曜日に掛けては、山では積もるほどに雪が降り、麓に住む我々でもストーブのお世話になるほど冷え込みました。

気温が3℃まで下がった、降雪翌日の朝。

田植えを待つ穏やかな圃場の水面に、南アルプスの山並みが映り込みます。

新緑と雪渓のコントラストが眩しい朝の甲斐駒。

標高950mとかなり標高が高いこの圃場。暫くの間水を張った後、水が温むのを待っての田植えとなります(2018.5.11)。

翌日、空は一面に雲で覆われてきました。

まだ日差しの残る昼下がりの野辺山。緑に染まる牧草地の向こうに、先日の降雪で再び雪化粧を施した八ヶ岳の稜線が伸びていきます。

標高1300mの高原地帯。海ノ口別荘地も新緑に染まりはじめました。秋の紅葉シーズンと並んで華やかに彩られるエントランス。

八ヶ岳の東側に廻り込むと、青空が見え始めました。

強い風に煽られる雲が流れていく、八千穂レイク。

標高1600mのこの場所も、周囲は緑に覆われてきました。

軽やかな新緑に包まれる森の中へ。

午後の陽射しを受けて輝き出す、八千穂高原の白樺林。

眩しい新緑に染まる白樺の木々。

新緑の軽やかな緑に包まれる森の中を辿る遊歩道を歩いていきます。

2年前の氷雪害によって一部がなぎ倒されて閑居地となってしまった白樺林。それでも、残ったミズナラの木の周りに白樺の新緑が見え始めています。

若々しい色に染まる落葉松の幼樹たち。

白樺林の中で、周囲の白樺を圧倒して枝を伸ばす一本の木。ミズナラのブナ子と名付けられています。

まだ芽吹き始めたばかりですが、遊歩道の中に置かれたベンチに座って、その姿に暫し見惚れてしまいます。

白樺の木々に包まれて花を咲かせる。トウゴクミツバツツジ。

この一本だけがいち早く花をいっぱいに咲かせていました。

午後の陽射しを浴びて咲き始めたトウゴクミツバツツジ。開花をしているのは園地の中でもほんの僅か。見頃はまだこれからです。

白樺林を抜けて、落葉松の新緑が続く小路を往きます。

日差しが戻って青空の下に伸びる、落葉松の新緑。

緑の光が差し込む落葉松の林内。

軽やかで陽射しを一杯に通し込む落葉松の若葉。

眩しい緑が森の中に溢れています。

傾き始めた午後の陽射しを一杯に受ける落葉松の新緑。

清々しい高原の風と溢れる新緑を満喫する午後。

麦草峠を越えて、八ヶ岳の西側に下って来ると、再び空は雲に覆われ始めました。

日差しが降り注ぐと少し暑いくらいの、例年より気温が高い今年。標高1000mを越える圃場でも一足先に田植えを始めた場所がありました。秋空のようなうろこ雲に包まれた夕暮れ。明日は天気が崩れそうです。

 

新緑の八千穂高原と咲き始めたトウゴクミツバツツジ(2017.5.21)

晴天に恵まれた週末。

少し暑すぎるんじゃないのとのお話もありますが、恵みの日射しをたっぷり受けて、山は新緑に包まれます。

午後の陽射しを浴びる牧草地の向こうに裾野を広げる八ヶ岳。

今年は雪をたっぷりと残しています。昼を迎えて、気温25度と季節が一つ先に進んでしまったかのような夏日になった野辺山。八ヶ岳の上空にはうっすらと雲が湧き始めています。

海ノ口別荘地のエントランスも初夏の装い。落葉松もすっかり緑が濃くなってきました。

東にぐるっと廻り込んで、八千穂高原へ。八千穂レイクの周囲も新緑に包まれています。

駐車場の周りでは、トウゴクミツバツツジが早くも花を開き始めています。

まだ咲き始めのトウゴクミツバツツジ。周囲の木々も漸く花芽が付き始めた状態で、例の「高原の女王」はまだ蕾も硬いまま。月末頃には花を開き始めるはずです。

 

白樺も新緑の葉を広げつつあります。

足元にはゼンマイでしょうか。高原はまだまだ春を過ぎた辺り。

足元にはもうひとつ、可愛らしい落葉松の幼木。雪にも、冬の寒さにも負けず、少しずつ背を伸ばしていきます。

東の空には沸き立つ入道雲。風は初夏の心地です。

午後の陽射しをいっぱいに浴びる白樺林。八千穂高原の大好きなシーン。

緑の小路が林の中を縦横に抜ける八千穂高原。気に入った小路を見つけては、ゆっくりを歩んでいきます。

白樺の林に繋がる落葉松林の新緑に暫し浸りながら歩く、午後。

大きく育った入道雲が迫る空。この後、麦草峠を越えると暫しの通り雨となりました。

雨の上がった奥蓼科、御射鹿池。

新緑の若葉に包まれた夕暮れに、水鏡が浮かび上がります。少し先走り気味の空模様を追うように、季節は新緑から梅雨へと進んでいきます。

 

新緑の八千穂高原とトウゴクミツバツツジ(2016.5.21)

お天気の良い週末。

穏やかな朝の陽射しに、これはきれいな水田の水面が撮れそうだと、いそいそと家の片づけを進めているうちに、徐々に山からの吹き下ろしの風がきつくなり、こりゃあかんと。

そんな訳で、ちょっとシーズンより早いのですが、緑溢れる場所に足を延ばしてみます。

八千穂高原の新緑8緑溢れる木漏れ日に包まれる、白樺林。

東洋一を謳う、八千穂高原の白樺自生林の小路です。

八千穂高原の新緑6

八千穂高原の新緑9

八千穂高原の新緑4残念ながら、名物のレンゲツツジはまだ蕾。

それでも白樺の新緑から零れる、薄い緑色に囲まれるのは、とても気持ちの良いひと時。

八千穂高原の新緑2

八千穂高原の新緑5

八千穂高原の新緑3

八千穂高原の新緑1標高1600mに位置する農業用の大きな溜池でもある八千穂レイクの周りは白樺だけでなく、多くの木々の新緑に囲まれています。

少し眩しい陽射しを遮ってくれる周囲の林に囲まれた遊歩道をのんびりと散歩するには丁度いい気温18℃。

静かな黄葉の秋とは違って、新緑のこのシーズンはまだ生まれたばかりのエゾハルゼミの心地よい(ちょっとにぎやかででしょうか)鳴き声に囲まれます。

八千穂高原の新緑10やっぱりレンゲツツジには早すぎたか…と残念がっていると、白樺林の遠くに紫色の花が見えてきます。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ7淡い紫色の花を付ける、トウゴクミツバツツジ。レンゲツツジより少し早く見ごろを迎えていたようです。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ4

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ6

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ1朱に染まるレンゲツツジは少し色がきつくて苦手という方も、トウゴクミツバツツジの少し柔らかな紫色には惹かれるのではないでしょうか。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ5

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ3

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ2レンゲツツジのシーズンは、ちょうど梅雨に当たるのでなかなか良い天気での撮影が難しいですし、その時期になると周囲の白樺を始め木々の緑も色濃くなってくるため、このような軽やかな色合いの躑躅の写真を撮るのはちょっと難しいかもしれません。今だけのお楽しみ。

八千穂高原の新緑7陽射したっぷりの新緑を堪能した、梅雨の前のちょっとしたぜいたくな午後です。