トヨトミストーブ・レインボーの芯を交換してみる

トヨトミストーブ・レインボーの芯を交換してみる

我が家のトヨトミストーブ・レインボー(RB-25)。使用を始めて10年ほどが経過して、流石にお疲れ気味。

そこで、今年も石油ストーブに御厄介になるシーズンが到来したところで、これまでやってみたかった事に挑戦してみます。

トヨトミストーブ・レインボーの替え芯23種トヨトミ純正の石油ストーブ用替え芯。型番は「トヨ耐熱しん23種」です。

トヨトミの公式ネット販売ページ、HOYOTOMI home+や某巨大ネット通販サイトでも購入できます。

では、取り替える前にまずは事前準備。

交換に絶対必要なもの。

・プラスのドライバー

・マイナスのドライバー(大きすぎないもの)

・取り外した芯を収納するビニール袋ないしはビニールのシート(必須です)

・購入した替え芯

WP_20151212_10_54_59_Pro替え芯に封入してある説明書を読めばおよそ全て判ると思いますが、この先は写真付きでご紹介します。

<始める前の注意事項>

・必ず空焚きして、タンクの中に残っている灯油を出来るだけ空にしておきましょう(空焚き後はちゃんと冷めてからの作業開始で)

・着火用電池は必ず抜いておきましょう(着火レバーに触れてしまうと、不用意に点火して事故に繋がります)

 

1.まず初めに、本体の周囲にある3か所のネジを外します(外したネジはなくさないように)

レインボーの外枠ネジ11か所目は給油ゲージの上

レインボーの外枠ネジ22か所目は本体裏側(購入年が判りますね)

レインボーの外枠ネジ33か所目は給油口の上です。外す順番に決まりはありません。

 

2.本体の取っ手をまっすぐに持ち上げて、外筒部を取り外します

外筒部を外したレインボーストーブここで、外筒部と機構部の掃除もしておきましょう。

レインボーストーブの着火部着火する度に焦げが出てくる着火部分はこんな感じで汚れてしまいます。

点火ヒーターも併せて交換される方は、こちらが交換部品になります(汎用部品ですので、トヨトミ製以外にも代替品はホームセンター等で売っています)。

また、埃だらけの状態で使用していると、燃焼が悪くなります(使っているうちに炎が偏ってきたり、燃焼力がダウンしてしまった方へ、芯を交換する前にまずは外炎筒つまみ(燃焼調整ダイヤルの上側の蓋を開けると、つまみがあります)を左右に振って炎の位置バランスを確認、それでもだめなら、外筒部を外して、これら機械部分に溜まった埃を掃除してみましょう。殆どの場合、掃除するだけで元の燃焼に戻ると思いますよ。

 

3.内炎筒を取り外します

レインボーストーブの内炎筒酷使したためでしょうか、真っ赤に焼けています。

レインボーストーブの燃焼部燃焼部がこのように汚れが出てしまっているようであれば、序に掃除しておきましょう。

 

4.芯調整器を取り付けている蝶ネジを外します(固くなっている場合は、マイナスドライバーを用いて廻します)

ここで要注意、取り外したネジの場所と蝶ネジの組み合わせを忘れないようにしましょう。後でネジを締めるときに別の組み合わせだと、上手くネジが締まらない場合があります。

レインボーストーブの芯調整器ネジ1蝶ネジの場所その1、しん調節つまみの横

レインボーストーブの芯調整器ネジ2蝶ネジの場所その2、裏側(ネジを触るときに配線を傷つけないように注意)

レインボーストーブの芯調整器ネジ3蝶ネジの場所その3、電池ボックスの横(ここは外しにくいので、マイナスドライバーを使いましょう)

 

5.これで芯を取り外す準備が出来ました。ストーブの横にビニール袋を用意して、その中に取り外したしん調整器を入れてしまいます

取り外したレインボーストーブのしん調整器このような形で、灯油を吸い込むしんごと抜き取る事が出来ますが、残った灯油が滴れ落ちますので、ビニール袋は必須です。

 

6.3か所のピンで取り付けられているしんを抜き取ります

レインボーストーブの芯取り外し1レインボーストーブの芯取り外し2レインボーストーブの芯取り外し3WP_20151212_09_55_14_Pro取り外した芯と新しい交換芯の比較。

使っていた芯の方が赤く焼けた錆が乗っているのが判るでしょうか。

しん調整器を取り外したレインボーストーブの本体燃焼筒だけになったレインボーストーブ。

この状態ですと掃除も楽ですので、燃焼筒や黒いパッキンの部分を掃除しておきましょう。

 

7.新しい芯を取り付けます。しん調整器の内側に彫り込まれた3本のガイドの中に開いている穴に、新しい芯のピンを押し込みます

レインボーストーブしん調整器ガイド溝しん調整器の中の溝をアップで。

レインボーストーブのしんとガイドピン新しい芯とガイドピン(3か所あります)。

レインボーストーブしん調整器ガイド溝の穴ガイド溝のアップ、手前の黒い穴にピンを入れます。入れにくい場合は、しん調整つまみを少し廻してみましょう。

レインボーストーブのしん交換後綺麗に芯がはめ込めると、円筒の筒に沿って丸く広げる事が出来るようになります。上手く広がらない場合は、しん調整つまみを廻して、ガイド溝の穴がちゃんと見える場所で、もう一度ピンを入れてみてください。

 

8.燃焼筒沿いに芯が絡まないように、しん調整器を元に戻します

9.しん調整器を止めていた、蝶ネジで再び調整器を固定します。

ここで要注意、蝶ネジの締め具合が最終的な炎のバランスを決めるカギになります。芯調整器側のガイドの縁と燃焼筒側のガイドの縁が同じ高さになるように、そして、上から見た場合に、燃焼筒と芯調整器の左右位置バランスが取れるようにネジを締めていきます。ネジを締めこむと炎が上がる方に調整されますので、組みつけた後に炎のバランスが悪い様であれば、このステップまで戻って、取り付け調整を再度行います。

10.しん調整つまみを廻してみて、芯の高さと水平を確認します。芯の高さ調整は不要です(毛羽を均す為に少し鋏を入れるのはOKですが、燃焼に影響が出るので切り揃えてはいけないと書かれています)。

芯を交換した後のレインボーストーブの燃焼部写真は芯を上げた状態です。

11.内炎筒を取り付けた後、取り外した際のネジを使って再び外筒部を取り付けます。

12.灯油を給油した後、必ず20分以上待って、芯が充分に灯油を吸うのを待って燃焼テストを行ってみましょう。

WP_20151212_15_32_31_Proどうでしょうか、上手くできたでしょうか。

ちょっと面倒かもしれませんが、シーズン前のメンテナンスとセットで小一時間程度とそんなに手間ではないかと思います。

 

広告
寒い夜の心強い味方(トヨトミストーブ・レインボー)

寒い夜の心強い味方(トヨトミストーブ・レインボー)

New!(2019.9.4):9月に入って例年通りの更新です。今年はトヨトミ70周年記念と言う事で、廃品種となっていたガラス炎筒がすりガラスになっていて、ほのかにストーブの全周を照らし出すムーンライターが復活。シックなブラウンカラーとなって70周年記念エンブレムが付き、24金メッキガードに繊細なステッチ入りガラス炎筒というプレミアムな仕様で300台限定のモデルML-P250(TBR)と、通常販売モデルのML-P250(T)が登場。またレインボーには手回し点火機能を組み込んだ電池レス点火可能な防災対応型モデルRB-G250(W)がラインナップに追加されました。更に屋外での利用は余り推奨してこなかったトヨトミですが、ブームに抗しきれずといったところでしょうか、アウトドアを強く意識したオリーブ色塗装のストーブGEAR MISSIONシリーズをリリースしています(コンセプト紹介でも決して屋外で使用する例は掲載しませんね)。

New!(2018.9.2):例年少しずつ製品改良を加えているレインボーのシリーズ。今年のモデルは外観上は判りにくいのですが、実は大きな変更が加えられています。これまで乾電池による熱線ヒーター着火方式であった対流形ストーブにも、反射形ストーブや準業務用の上位モデルで採用されていた電子着火(ライターと同じ火花を飛ばす)方式が採用されました。またこれに伴って、緊急消火レバーの形状も本体表面からの突起を抑えたスマートなデザインに変更になりました。これで熱線ヒーター切れやヒーター部分の変形による着火不良の懸念が大幅に減少する一方、着火に使用する電池の本数がこれまでの単二乾電池2本から4本へと増えています(これまで通り、マッチや着火ライターによる点火も可能)。改良されたモデルは、これまでのシリーズに対してモデル番号がx10(例えば、スタンダードなモデルでは、RB-25系列からRB-250系列、RL-F250はRL-F2500)となっています。ご購入の際は高い値段で前年の在庫放出品を掴まされない様、よく確かめて購入された方が宜しいかと思います。

New!(2017.9.4):秋を迎えて今年もストーブが恋しくなるシーズンが到来。毎年少しずつラインナップを変えていくレインボーのシリーズですが、今年は新たなコンセプトの商品群、Favor classのラインナップの一つとして新モデルが追加されるようです。落ち着いたダークグレーのボディカラーに黒い笠色、墨色を注したガラス炎筒も実にシックなRL-F250の登場です。詳しくはホームページをご確認ください。

New!(2015.12.12):10年使ったレインボーの芯を交換してみました。交換風景はこちらより。

レインボーストーブの芯取り外し2

New!(2015.10.27):2015年の限定モデルとして、対流型ダブルクリーンモデルKR-47Aが登場しました。反射型モデルの燃焼ユニットと同じ遠赤外線効果が得られる火筒も付いた2段燃焼型ヒーター部。レインボーだと明らかに力不足の暖房能力も大幅にパワーアップした17畳対応の高出力モデルです(レインボーの2.5kWに対して4.7kW)。一般家庭用としては珍しい、大きな対流型ストーブ。虹色の炎はありませんが、広いリビングやちょっとした作業場にピッタリのモデルになりそうです。今なら抽選で専用収納バッグのプレゼントもあるようです。スペシャルサイトはこちらより

New!(2014.11.27):レインボーの素敵な(純正?)カスタムモデルのご紹介を追加しました。

New!(2014.10.8):2014年の新モデル「クラッシックスタイル」と、オンラインショッピングサイトでの補修部品販売開始について追記しました。

八ヶ岳おろしの強風が吹く寒い夜。

室温すら氷点下まで下がり、お風呂や時にはトイレまで凍り付くこの寒冷地において、厳冬期の就寝時にはストーブが欠かせません。

標高が1000mを超える別荘地帯に居住している皆さんですと、据え付け式の石油ストーブ(FF式)に屋外の石油タンクが常識です。

<ひとくちメモ(2013.9.14追記)>

FF式は外部排気なのでまだよいのですが、一般のお店で売っている石油ファンヒーターを別荘地など標高の高い場所で使用する場合、必ず使用可能標高と燃焼調整の方法を確認しましょう。平地のお店ですと、店員の方も結構ご存じないようですが、石油ファンヒーターは、大量の空気をファンで吸い込んで燃焼させるので空気密度が低い場所で使用すると燃焼不良となり、最悪の場合一酸化炭素中毒に繋がるときもあります。各メーカー、モデルで適用標高範囲が決まっていますので、お買い求めの際は必ず確認してください。一部の機種では高地調整モードが用意されていますので、調整モードのある機種を選びましょう(別荘地に近い電気店やホームセンターであれば、各商品と一緒に適用標高範囲の掲示が出ています)

    • トヨトミ : 500m~800m/800m~1300m(2段階切り替え)と800m~1300mの2種類の高地指定があります。800m以上切り替えモデルの場合、八ヶ岳周辺の場合、長坂町より北側全域、諏訪湖畔より山側全域でモードの切り替えが必要です
    • コロナ :  500m~1000m/1000m~1500m(2段階切り替え)の高地指定があります。八ヶ岳周辺の場合、北杜市全域および以北、長野県側は全域でモードの切り替えが必要です(メーカーの記載例:500~1000m:松本、岡谷、飯田、諏訪、小諸、伊那、佐久、大町、茅野、塩尻、駒ケ根など…、要は中南信は何処でも。1000~1500m:木曽町、川上村、原村、南牧村など)
    • ダイニチ : 高地切替モードがありません。メーカーの指定使用範囲は標高1000m以下ですが、2016年以降に販売されているモデルは標高1300m以上では使用しない事とされています(標高1000m以下での使用を推奨、標高1300m以上での使用は禁止と捉えるべきです)。2015年以前のモデルの場合、小淵沢ICと高根方面を結ぶレインボーラインより北側、小淵沢ICから諏訪南ICにかけての中央道より八ヶ岳側、諏訪南ICからビーナスラインの旧芹ヶ沢ICを結ぶ県道より八ヶ岳側では使用不可です。購入の際は十分ご注意を(2019.1.14:メーカー記載内容を補記しますが、かなり紛らわしい表現でかつ、含みを持たせて高地では換気を充分に行う様に求めています。切り替え機能が無い事もあり、燃焼構造上、上記2社のモデルと明らかな違いがあると思われます)
    • サンポッド(FF式) : 400m~1200mが高地指定。施工工事が必要なFF式のため、設定の切り替えは工事施工者が行う前提になっています
    • 高地での利用はコロナが最も適用範囲が広いですが、それでも1500mが上限です。富士見高原別荘地の一部、三井の森最奥部、蓼科高原、白樺湖周辺、白樺高原、八千穂高原、海ノ口別荘地の奥側、清里高原の美しの森では、原則として石油ファンヒーターは使用なさらない方が良い事になります(追記:FF式は強制換気のため一酸化炭素中毒にはなりにくいですが、空気不足による不完全燃焼は発生しますので使用範囲(コロナのFF式寒冷地モデルのごく一部で最高2000mもありますが)は変わりません)
    • なお対流式のレインボーでも取扱説明書には「高地(標高1300m以上の場所)では使用しない事」と記載されています。ご注意ください

湯沸かし器もプロパンガスが非常に高価なため、地上に住んでいると余り見かけない灯油を燃料とするタイプを多く見かけます。

この時期になると燃料となる灯油を調達するため、週末のホームセンターやガソリンスタンドには荷台に大量の灯油ポリタンクを載せた軽トラが群れを為して押し寄せるのが風物詩だったりします。

私が住んでいる場所はそこまでの必要はありませんが、やはり毎週のように石油ストーブのために灯油を買いに行くこと自体は変わりありません。

ところで、石油ストーブには色々なタイプがありますが、ファンヒーターの騒音が苦手なため、昔ながらの対流式ストーブを愛用しています。

トヨトミrainbow

昔ながらといっても現在でも購入できる「トヨトミ・レインボーRB-25」です。

このストーブ、最大の特徴は「七色に輝く炎」でしょうか。

実際には七色とはいかないのですが、火筒のガラスに特殊なコーティング(マイラらしい)を施すことによって虹のような火炎を映し出すちょっとおしゃれなストーブで、一度廃品になったそうですが、余りの人気のため再販されたという逸話がある一品です。

rainbow flaim

実際の「虹色の火炎」大分使い込んで芯のバランスが崩れているので火炎もちょっと傾いています。

このトヨトミ・レインボー、実はストーブとしての機能は通常の石油ストーブよりかなり劣っています

  • ガラス炎筒のため、所謂「遠赤外線」効果が全く得られず、ストーブ側面は冷え冷えしています
  • デザイン優先のため天板が小さく、鍋や薬缶などを載せるにはバランスが悪いです
  • 対流式ストーブは反射式と比べると圧倒的に暖房効率が悪く、ひたすら「天井を暖める」ためいつまでたっても足下は暖かくなりません(致命的)

<向いている使用環境について(追記:2014.1.7)>

ご質問がありましたので、あくまでも個人的な見解として述べさせて頂きます。

単独の暖房器具としては最低気温が氷点下に届くか届かないか程度までの地域で、比較的狭い部屋(メーカーの推奨は~10畳です)、なおかつ上昇熱による暖房効果の得やすい、椅子もしくはソファーを利用されているお部屋全体を暖める暖房に向いています。同じ対流式でもデロンギなどのオイルクーラーに比べれば直接熱が得られますので随分暖かいと思いますが、反射式ストーブのように側面方向には熱が伝わらないので、座布団にコタツ暮らしの方には不適です(後から反射板を買っても余り…)。また暖まるまで時間がかかりますので、即温性を求められる方はカーボンヒーターのストーブと併用すると良いかと思います(私は極寒地なので常時併用ですが、平地であれば30分から1時間程度カーボンヒータで凌げばバトンタッチできるかと)。

それでも冬の長くて寒い夜、この美しい炎を眺めながら暖を取ることは心安まる時間でもあります。

直接暖まらないという対流式の欠点も、終日暖房が欠かせない寒冷地では逆に火照ってこないため、快適に過ごせるというメリットもあります(薬缶を載せれば加湿器にも)

そして、最大のポイントは「電気いらずで色々なことに使える」事です。

石油ファンヒーターの場合、灯油のほかに着火やファンを駆動する為に電源が必要ですが、対流式や反射式ストーブではその必要はありません(電池着火の場合でもマッチやライターがあれば着火可能です)。

石油ストーブの有り難みを骨身に感じたのは東日本大震災の夜でした。

首都圏の多くの地域では大震災の夜も電力が供給されていたと思いますが、東京電力の供給エリアでは最末端に位置するこちらでは明朝6時頃まで停電が続きました。

その日の夕方、出先から戻ってみたら、電気は止まり、付近のコンビニは既に品物が欠乏、ガソリンスタンドも閉店といった状況でした。

咄嗟に県内で何らかの買い物をするのは困難と判断、残燃料の乏しい車を駆って慌てて県境を越えて、食料、ガソリンと灯油、乾電池を買い込んで自宅に戻りました。

降雪直後で冷え込んできたあの晩を支えてくれたのは、灯油さえあれば動いてくれたレインボーでした。

ノイズまみれのAMラジオにかじりつく自分の橫で、暖房として、照明(結構明るい)として、そして湯沸かし(鍋物くらいなら簡単にこなせます)として一晩中活躍してくれました。

普段はちょっと頼りないけれどほっとする時間を演出してくれて、いざというときには心強い味方になってくれる、大切な冬のパートナーです。

<おまけのはなし(2013.9.14追記)>

東日本大震災以降、着火にも燃焼にも電源が必要ない石油ストーブは静かなブームを迎えたようです。

例年、こつこつと仕様変更を行っているトヨトミの石油ストーブですが、この冬シーズンは過去に例がないほどラインナップを充実させています。

  • 2010年モデルを最後にカタログ落ちしていた「レインボー」の姉妹機で、ガラス炎筒の部分がすりガラスとなって遠赤外線を発するように処理された「ムーンライター」ことML-25がカラーもシックにマルーンに模様替えしたMR-25Dにバージョンアップ。ステンレス製の保護ガードも併せて黒色となり、アンティークな調度にもお似合いのカラーとなりました。すりガラスの炎筒部分にも火炎が覗けるように抜きが入れられ、揺らめく炎が楽しめるようになりました(中が覗けることは、着火確認が非常に楽になるのです)
  • 「レインボー」RB-25Dにも驚きの新カラー「ピンク」が登場、他のトヨトミ暖房器具も含めた限定カラーとして展開するようです。部屋のコーディネイトには到底不釣り合わなくらいの「ちょっと恥ずかしい」ピンク色ですが、お気に召す方には是非
  • そして、待望久しかった天板に調理器具がちゃんと乗せられるように考慮された改良版「RL-25C」が新たに登場、ちょっとした湯沸しや鍋物、煮物に丁度いい具合にステンレスグリルが天板に追加されています。そしてランタン調反射板と呼んでいますが、煮こぼし時のガラスへの飛沫を防ぐ効果が得られる帽子も天板にかぶせられました。これで安心して調理にも使えますし、(推奨はされていませんが)屋外利用における照明器具としての「レインボー」の魅力もupです。カラーはアウトドア用途に合わせたダークグリーン。デザインのシンプルさは失われてしまいますが、実用性は大幅に向上、災害への備えとしても心強い1台ですね
  • New!(2014.10.8):レインボーはガラス炎筒のために側面に対して遠赤外線効果が得られないという暖房機としての大きな弱点がありましたが(そのために、以前はムーンライターというすりガラス炎筒に遠赤外線効果を与えたモデルがありましたが、こちらは虹色の炎が楽しめないという歯がゆさがありました)、その両立を図った新たなモデルCL-25E(スペシャルサイトはこちら)が登場。クラッシックスタイルという名称と、濃紺の塗装に黄色の文字色。ステンドグラスをモチーフにした天板と唐草模様からヒントを得たという非常に凝ったガードデザインを備えた、室内用レインボーとしては決定版的モデルになりました(天板の縁にエッジが付いて、薬缶や鍋を載せた時にがたつかないように改良されている点は、地味ながらも重要な改良点です。こういう地道な改良を怠らないメーカーの姿勢はとても好感が持てますね)。メーカーは和室にも似合うと書いていますが、どちらかというとアンティークの似合う洋間向けですね。
  • New!(2014.10.8):9/1からトヨトミのオンラインショッピングサイト「TOYOTOMI home+」がオープンしました。替え芯や補修部品など、一般のお店では入手が難しい部品も取り扱っていますが、何といっても注目は「炎筒」が買える事です(驚!)。RB-2x系は外径148mm、高さ180mmですので、同一サイズであれば、お好みの「炎筒」に取り替えるといったカスタマイズも可能ですよ!
  • WP_20131012_22_34_13_Proホームセンターの店頭で入手したレインボーのニューモデル2機種のカタログより
  • New!(2014.11.27)twitterで相互フォローして頂いている薪ストーブの代理店「ファイヤーサイド」さんのツイートで、素敵なカスタムレインボーが紹介されていましたので転載させて頂きます。トヨトミの関連会社であるトヨセットで業務用家具をお買いになると入手できるかも??