縄文の街で映画「縄文にハマる人々」を(私だけの自分を映し出す1万年のドキュメント)2018.11.25

縄文の街で映画「縄文にハマる人々」を(私だけの自分を映し出す1万年のドキュメント)2018.11.25

New!(2018.11.26) : 今週末30日からの岡谷での上映が決定したようです。縄文を熱く語り続ける人々の言葉を是非スクリーンで。

今年は国宝土偶や各地の土器を一挙に集めて国立博物館で開催された縄文展に多数の来場者が押し掛け、マスメディアや書籍などでも多くの縄文に関するテーマが扱われた年でした。

主に美術やサブカルチャーサイドで大いに盛り上がった「縄文ブーム」とも呼べるムーブメント。その一方で苦言を呈される論調も出てくるのは、このテーマがより普遍的に扱われるようになってきた証拠。そんな中で登場したこの作品、パンフレットのデザインやPR内容からは正に今回のブームの落とし子のような感触を受けますが、果たしてどうでしょうか。

茅野駅に直結する形で建てられた、美術館とホールを兼ね備えた茅野市民館。

公開から4ヶ月を経た11月末の連休最終日。松本で映画上映活動を続けているプロジェクトが茅野に出張上映する形で実現した、映画「縄文にハマる人々」を観に、八ヶ岳南麓から足を延ばしてやってきました(とは言っても、茅野へは日常的に行き来しているのですが)。

収容780席を誇る、近年のミニシアターに慣れた人間からすると驚きの大ホールですが、2回公演の1回目で日曜日の朝10時開演と言う事で、観客は100人少々とこじんまりとした入り。多くは年配の方々ですが、如何にもな方もちらほらと…という形で上映スタート。

102分の上映時間の後に舞台に上がった、監督である山岡信貴さんのトークが30分ほど続きましたが、大変残念なことにトークの間もぱらぱらと席を立たれる方が続く状態に。12時には終わるだろうと踏んでいた方が多かったようなのでそのギャップからとも思われましたが、縄文文化の本拠地を自負するこの街の皆様とその上映内容のギャップもやはりあったようにも感じられます。

トークで述べられていたように監督は縄文遺跡や文化とは縁遠い、奈良県の出身。本作の制作も、何れ使えるだろうというスタンスによる折々のインタビュー蓄積の過程から映画化を視野に入れ始めたと述べられており、当初から本作を作るために取材を重ねてきたわけではない事を認めています。

13章に分けて、26人の「縄文」を自らのテーマとした人々の語りで、それこそあらゆる角度から「縄文」という認識を積み重ね確認していく、極めて真っ当な自己検証型のドキュメンタリー。そこには、縄文ブームに乗るかのようなカラフルなポスターや紹介されるコメントとは全く異なる、彷徨いながら帰着点を探す、制作者が自らに課したテーマを辿るロードムービーが描かれていきます。

自らの考え方、縄文への想いをそれこそ滔々と語り続ける登場人物達と対極をなす、水曜日のカンパネラ、コムアイさんの高いキーで甘く乾いたナレーションに乗せて響く、デジタルな傍観者としての醒めた視線。まるで縄文をテーマにしたドキュメント72時間を観ている気分にさせられる時間が過ぎていきます。次々と登場する方々が語る内容に、「縄文の」文化や考古学、「縄文」をモチーフとしたテーマにご興味を持たれている方であれば、余り疑問を持たれないかもしれませんが、その範疇の外にある制作者の視点は、熱っぽく語る彼らの話を積み重ねてもなお、疑問を抱えたままに進んでいきます。その疑問は縄文文化の核心とも称されるこの地に住む私にとっても依然として溶けないもの。解のない問題を解き続け、答える事のない世界に対して向けられる、如何にも解でありそうな事を事実であるとして語り、時に学問として述べ続ける事に対する素朴な疑問。

制作者の視点は上映後のトークそのままに、ラストカットに添えられた映像で表現されるように、作品中で常によろよろと揺れ動き続けているようにも見えますが、終盤に向けて徐々にピッチを伸ばしながら、キャッチーなフレーズのナレーションを減らしながら探し続けた着地点は映像作家らしい、言葉では届かないものとしての、自らが縄文からインスパイアされた現代を映し出す映像詩。

その結論に対してはご覧になられた方によって色々な意見があるかと思いますが、辿り着いた事を示す際に添えられた「言葉では届かない」というイメージとは真逆の、登場されてきた方々が雄弁に述べる言葉の数々を聞き続けてきた中でふと思った事。

縄文に魅せられ、縄文をテーマにされる方々が語るほどに「言葉では届かない」その先に、私にしか見えない、私だけの自分を映し出しているのだという感触。その中の一つとしての、制作者が縄文というテーマの向こうに、映像作家としての自らの世界を映しだすまでのアプローチを綴った作品だと思えてきました。

一万年の過去から未来まで、私だけの思いを私の形で映し出せる、時の向こうにあるもう一つの世界の入口へ。

 

今年も「ザ・ベストテレビ」(ドキュメンタリーの最高峰が揃う2日間)2013to2019

New!(2019.10.21):本文中でも紹介しています、2009年の放送文化大賞グランプリ受賞作、山口放送制作の「ふたりの桃源郷」。2016年に完結編として映画化されていますが、今回、映画版の監督も務められた、制作ディレクター佐々木聰氏の執筆で制作の舞台裏までも含めた内容を紹介する書籍が文藝春秋から刊行されました。下記リンク先に簡単な紹介ビデオも用意されています、

New!(2019.10.17):今年の「ザ・ベストテレビ2019」は10/20(日),10/21(月)に放送の予定です。ラインナップは下記でご紹介している受賞全作品が放送されます。

  • 10/20(日)12:00~16:30第一部
    • 地方の時代・映像祭賞「菜の花の沖縄日記」(沖縄テレビ放送)
    • 文化庁芸術祭賞・ギャラクシー賞「ETV特集 静かで、にぎやかな世界」(NHK)
    • 民放連賞テレビ報道番組「葬られた危機」(名古屋テレビ放送)
    • 民放連賞テレビ教養番組「拉致と言えなくて」(テレビ金沢)
  • 10/21(月)13:00~16:01第二部
    • 放送文化基金賞「NHKスペシャル 消えた弁護士たち」(NHK)
    • ATP賞「BS1スペシャル テロリストの母と呼ばれて(アマゾンラテルナ/NHK)

New!(2019.7.16):

今年の各賞受賞作は以下の通りです。

本年度から日本放送文化大賞が廃止され、日本民間放送連盟賞と統合されました。今回の受賞作品は例年以上に珍しいラインナップとなったような気がします。話題となったETV特集の作品が2部門で受賞したことはドキュメンタリーがお好きな方であれば想定されていたかと思いますが、その他の受賞作品はかなり別れる結果となっています。特に、ここ数年来の顕著であった東日本大震災関連、先の大戦に関する作品の受賞が全く無かった一方、近年の自衛隊、基地問題をテーマに扱った作品が2本、受賞しています。特にメ~テレは同じようなテーマで2年連続の受賞となりましたが、同じ名古屋をホームにする東海テレビとは全く異なった方向性の作品を作り上げています。東海テレビが近年、TVドキュメンタリーの完成系、ある種の方程式を作り上げてしまったからでしょうか、報道寄り、国際的視野を見据えた内容が今年は評価されているように思えてきます。

New!(2018.10.11):週末の放送を前に嬉しい受賞のニュースです。民放ドキュメンタリーの雄、東海テレビ放送のドキュメンタリー制作チーム「東海テレビドキュメンタリー劇場」に菊池寛賞が贈られる事になりました。劇場公開に漕ぎ着けた「人生フルーツ」をはじめ、我々のほんの少し隣で起きている事柄に光を当て、丁寧に真摯に、時に物議を醸すほど大胆に追い続ける、「今を生きるドキュメント」を映像を通して魅せてくれる作品たち。これからも期待です。

New!(2018.10.8):2018年の放送予定です

例年とほぼ同じフォーマットで2日間、6本の作品が放映されます(NHK制作の1本はW受賞)。作品自体の評価はいたしませんが、昨年に続いて東日本大震災や原発関連の作品が選考から外れた点は、風化の始まりを感じる一方、より古い時代、戦中期のドキュメンタリーに依然として強くフォーカスを当て続けている作品が連年制作され、受賞される点に些かのギャップを感じる事もあります。近年の話題からドキュメンタリーらしい、長期に渡ってひとつのテーマを据え続ける事が難しくなっているのかもしれません。今年の番組ホームページはこちらです。

 

New!(2018.9.12):今年のザ・ベストテレビ2018。番組制作会社(FD/卓Dの派遣会社)さんのブログによると、先ごろ収録が行われたようで放送予定日も掲載されています。

  • 第一部 : 10/14(日)12:45~16:30
  • 第二部 : 10/15(月)13:00~17:04

いずれもBSプレミアムで放送予定との事です。あくまでの内部情報ですので、正式なスケジュール、放映される作品は番組表で公開されるのをお待ちください。

New!(2018.6.13):

今年の各賞受賞作は以下の通りです。

今年は昨年のように映画化にまで至るような突出した作品はなく、佳作の中から渦中の話題に密接して、戦中期に着目した2作品が4つの賞を占めるという結果となったようです。その中で、扱いにくいテーマに敢えて挑んだメーレテの民間フェリー傭船をテーマにした作品と、身近なテーマなので特に思い入れもある、信越放送の都会のシングルマザーを呼び込もうというテーマを取り入れた着目点には共感を持つ次第です。

 

New!(2017.9.22):2017年度の放送スケジュールが発表されました。今年は10/1(日)と10/2(月)の2日間、これまでとほぼ同じフォーマットで放映されます。詳しくは番組ホームページへ

今年の各賞受賞作は以下の通りです。

今年は突出した2作品が、それぞれ2つの賞を受賞しています。どちらも話題となった作品で受賞に相応しいかと思いますが、一方で、作品のバリエーションが狭まってしまった点は否めません。そのような中で、山陽放送の作品は、地域の実情をしっかりと見据えた作品を採り上げる賞に相応しい受賞作のようです。なお、人生フルーツは本編未収録映像を加えた劇場版として各地で巡回上映中です。東海テレビのドキュメンタリー作品集大成ともいえる作品。昨年の山口放送制作「ふたりの桃源郷」映画化に続く、良質なTVドキュメンタリーの劇場への進出。お近くで上映の機会がある際には是非ご覧頂ければと。

 

New!(2016.10.29):「ふたりの桃源郷」映画化に続き、民放ドキュメンタリーの雄ともいえる東海テレビのTVドキュメンタリー作品が、この秋「東海テレビドキュメンタリーの世界」と題して、映画館で一挙上映される事になりました。場所は、ふたりの桃源郷封切りとおなじ、ポレポレ東中野。10/29から11/18迄の上映です。上映に先だって、数々の受賞作を手掛けた、東海テレビプロデューサー、阿武野勝彦さんのインタビューが掲載されてます。赤裸々に語られるドキュメンタリー制作と局内での葛藤、衝突の物語はそれ自体もドキュメンタリー、必見です。

 

<2016年度の追加分>

New!(2016.8.14):今年(ザ・ベストテレビ2016)の放送予定がアップされました(NHK BS月間番組表を参照)BSオンラインのトップページ(BSプレミアム月間番組表)からも確認できます。

今年は、第一部が9/25(日)12:45~17:00、第二部が9/26(月)12:45~17:00の予定と、ここ数年と同じフォーマットになりそうです。細かい時間は放送直前に調整されますので、詳しくはデジタル番組表が更新される放送1週間前までお待ちください。

第一部【9/25(日)12:45~16:58】

第二部【9/26(月)12:45~16:15】

 

今年の受賞作は以下の通りですが、どの番組が放映されるかは今後の放映予定をご確認ください(特にグランプリ、最優秀受賞作が番組内の一特集であったり、受賞作がドキュメンタリー以外の場合は優秀賞のダイジェスト等に差し替えられます)。

この下の記事にも掲載しています「ふたりの桃源郷」を制作した山口放送が、再びグランプリ受賞作を送り出しました。また、例年ですとNHKの受賞作が過半を占める事が多いのですが、今年は民放、それもこれまであまり受賞作を送り出すことが少なかった東北の3社が最優秀を受賞しています。特に、青森放送が代表制作した、民教協というご存知の方でなければ馴染みの薄い制作団体の冠作品(公益財団法人 民間放送教育協会、現在のテレビ朝日設立の母体となった団体で、テレビ朝日内に事務局を置いています。所謂学校放送と謂われた番組を配給する事を(以前は)目的としており、テレ朝直系のネットワーク系列ではなく、他のネットワークに加盟する地方局も参画しています)。年に一回、各加盟局が持ち寄ったドキュメンタリー企画の中から1本を提案局が制作、全国ネットで放送する機会があるのですが、その1本が今回の受賞作となった珍しい例かもしれません。

 

New!(2016.2.22):本ページでご紹介している、2007年に山口放送で製作された、2009年の第四回放送文化大賞グランプリ受賞作「山で最期を迎えたい ある夫婦の桃源郷」並びに一連のシリーズが、山口放送開局60周年を記念して、一本の映画として纏められることになりました「映画 ふたりの桃源郷」です。山口放送のホームページに公式サイトが立ち上がりました。

予告編の公開と、5/14からの上映開始のアナウンスが行われました。まずは、東京、東中野の一館のみですが、今後全国で公開の予定です。

[あらすじ]
「山」で暮らす夫婦と、支える家族“生きること、老いること”を見つめ続けた、25年の記録
中国山地の奥深く。かつて戦災で焼け出された夫婦が「自分たちの食べるものは自分たちで作ろう」と切り開いた“電気も水道も通わない山”での暮らし。子が生まれ、高度経済成長期には子どもの将来を思い一度は山を離れた二人でしたが、還暦を過ぎ余生を送る場所として選んだのはあの思い出の山でした。誰にも訪れる“老い”。離れて暮らす家族の葛藤と模索。そして夫婦亡き後、残された家族に〈芽生えた〉ものとは?そこには、現代における“幸せの形”のヒントがありました。山口放送が25年にわたり地元で取材・放送を続け大反響を呼んだ人気TVドキュメンタリーシリーズ、待望の映画化。

ナレーション: 吉岡秀隆
監督: 佐々木 聰
製作著作: 山口放送
協力: 日本テレビ系列 NNNドキュメント

(リリース文より)

監督の佐々木聰氏は本作放映時の制作ディレクターです。5月の上映に向けて、現在制作中となっています。

 

<2015年度の追加分>

New!(2015.9.20):今年(2015年)の放送予定を載せておきます(初日の放送予定時間が短縮された一方、二日目の放送予定時間が伸びています、予約録画をされている方はご注意を)

第一部【9/27(日)12:00~15:38】

第二部【9/28(月)12:00~16:08】

New!(2015.8.23):今年(2015年)の放送は9/27(日)、28(月)になるようです(NHK BS月間番組表より、BSオンラインのトップから検索できます)時間はいずれも12:00~16:00まで。詳細はこれからとなりますが、昨年同様の放送時間が確保されていますので、受賞作品は同じようなラインナップになるかと思います。

ちなみに今年の受賞作は以下の通りです。

戦後70年という事もあり、先の戦争における事実について掘り起こしていく作品の受賞が多かったように思える一方、東日本大震災関係の作品が抜けており、風化の始まりを感じさせずにはいられません。この中で興味深いのは、放送予定には入っていないと思いますが、日本放送文化大賞を受賞した中京テレビの作品。取材を受ける側にとっても非常に難しいテーマだったと思います(2015年9月20日訂正、放送予定に組み込まれましたが、一方で従軍慰安婦を扱った琉球放送の作品が抜かれています)。

 

<2014年度の追加分>

New!:今年(2014年)の放送予定がアップされました(NHK BS月間番組表を参照)

今年のザ・ベストテレビ2014は、第一部が9/28(日)12:00~16:30、第二部が9/29(月)12:00~16:15の予定となっています。今年も場末感が地味にUpしたようです…。

New! : こちらに関西テレビ「みんなの学校」のスタッフによる、番組紹介と、各受賞作の紹介一覧が上がっています。受賞作の各製作Dのお名前も挙がっています。メインの方には「みんなの学校」製作Dの真鍋俊永さんによる、事前予告番組でのインタビューで話された内容などがUpされています(Facebookですが、アカウントが無くても閲覧可能です)。

番組表が上がって来たので、情報を更新します。既に2014年度の受賞作が発表されている日本民間放送連盟賞ですが、受賞作品放送は2013年度の受賞作となっています

第一部【9/28(日)12:00~16:30】

第二部【9/39(月)12:00~16:15】

  • 12:04~ : 「地方の時代」映像祭 グランプリ「死の棘~じん肺と闘い続ける医師~」(静岡放送)
  • 12:57~ : ギャラクシー賞優秀賞・選奨ダイジェスト
    • 本年の大賞受賞作が「あまちゃん」のため、このような形式になったものと思われます。優秀賞のうち、ドキュメンタリーは以下の2作品です
    • 「ニッポンの性教育 セックスをどこまで教えるか」(中京テレビ放送)
    • 「報道特集 シリーズ秘密保護法案「秘密保護・法案成立なら社会は? 原発情報どこまで秘匿? 現役官僚語る」「特定秘密保護法が成立…議論は尽くされたのか?」」(TBS)

昨年から放送されなくなりましたが、参考まで : 日本放送文化大賞 グランプリ「ノンフィクションW 映画で国境を越える日~映像作家・ヤン ヨンヒという生き方~」(WOWOW)

震災から3年が経ったこともあり、あまちゃん以外に、震災に関する受賞作はみられなくなっています(民放連の受賞作品は昨年度分です)。最近の社会情勢を反映しているのでしょうか、戦中戦後史に焦点を当てている受賞作品が多くみられます。そんな中で光るのは関西テレビが久々に芸術祭で大賞を獲得した「みんなの学校」。地域と向き合う教育現場をテーマに、地元テレビ局がドキュメンタリーの王道らしく、地元の現場に張り付いて長期取材で臨んだ成果を評価されたようですね。

 

<本文此処から>

毎年、夏から秋にかけてNHKのBSで過去1年間に受賞したドキュメンタリー番組をNHK、民放問わずノーカット全編放送するという意欲的な企画「ザ・ベストテレビ」。6年目を迎えた今年も9月29日(日)、30日(月)の二日間に渡って放送されます。

当初、ひっそり始まったこの企画、良質なドキュメンタリーであるにもかかわらず、再放送や全国放送がなかなか叶わない貴重な番組を一挙放送することで、注目を受けるコンテンツとなりましたが、東日本大震災後のここ数年は受賞作がどうしても震災関連に集中する関係で紹介できる作品に偏りが出てきているためでしょうか、縮小傾向を続けています。

今年の放送も半月前となりましたが、依然としてNHKからプレスリリースすら出ず、放送時間も真昼間と場末のコンテンツ(収録セットもピークの時は製作者をゲストとして迎え入れるために、大画面のスクリーンに赤絨毯まで引かれていましたが、今年はEテレの30分教養番組並みの寂しいセットみたいです)とスタート時の状態まで戻ってしまいましたが、製作局での再放送すらままならない受賞作品がが全国放送で見られる貴重な機会。これからも続けていってほしいものです。

現時点で公開されている情報から確認した、放映ラインナップです。

【9/29(日):12:30~16:4016:50】(予定)

【9/30(月):12:00~16:5517:00】(予定・内容は推定、判り次第訂正します)

今年もやはり東日本大震災関連の番組の受賞が多いようで、ちょっと見ていると辛くなってしまいますが、日本放送文化大賞のグランプリはドラマ仕立ての作品、しかもテレビ東京がグランプリを受賞した珍しい作品。放映決定まだですが、是非観てみたいですね(残念ながらグランプリの作品ではなく、テレビ報道番組・最優秀の放映となっています。エンタ魂の情報より.2013.9.17修正)

これまで6年間、ほぼ皆勤賞で観ていますが(録画で)強い印象を受けた作品は数々あります。ちょっと紹介を

  • はじめて強い印象を受けた作品。山口県のローカル局が20年以上の長期にわたって取材を続けた息の長い、家族のプライベートフィルムのような作品。終戦後、小さな谷戸を切り開いて生活を営んでいた家族は、娘たちの将来を考えて都会に移り住みますが、年老いた父母は気ままな老後を求めて不便で電気も通っていない山中に再び戻って行くところから番組はスタートします。最後の日々をこの山中で迎えたいと願う老いた父の姿と支える妻、そして我儘とも思える父の行動に少しずつ影響を受けていく娘夫婦たち。父親が最期を迎えるその日まで支え続ける家族の心境の移り変わりを極めて丁寧な映像で追い続ける「山で最期を迎えたい ある夫婦の桃源郷」(2009年・山口放送)。ドキュメンタリーに求められる粘り強い取材と、丁寧な描写、美しい映像、そして心を捉えて離さない優れた構成力(ドキュメンタリーの場合、取材者の意図で対象者が動いてくれないため、編集時点でどのように纏め上げるかで印象がガラッと変わってしまいます)等、ドキュメンタリーという手法を用いた良質な家族ドラマを見ているような、文句なしにお勧めの一本です
  • 「山で最期を迎えたい」シリーズは本年、最終作となる「ふたりの桃源郷 最終章」が放映されました。願わくはNNNドキュメントのシリーズ最高傑作として、この貴重な作品群を是非、一本の作品として再編集、放映する機会を設けて頂きたく願うところです(映像ソフト化でも)
  • ドキュメンタリーと言えば、報道内容をより深く掘り下げて紹介することもテーマとして置かれますが、社会的にも問題となるテーマーを執拗に追い続けることが求められます。そような作品群の中でも、映像のショッキングさと取材対象同士の厳しい軋轢、今も続く問題の根深さを印象的に伝えた「不可解な事実~黒部川ダム排砂問題~」(2010年・富山テレビ)公共事業や医療関連の問題に対して数々のドキュメンタリーが製作されていますが、丁寧な周辺取材、水中撮影や、河川での調査など学術的な視点と併せて、裏に蠢く当事者同士の思惑まで取り込まれた取材内容の深さには圧倒されます
  • そして、同じような公共事業でも直接個人の人生までに関わってきてしまう集団入植と、その後の政策に振り回され続ける人々の苦悩と格闘を40年間にも渡って追い続けてきた「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」(2011年・秋田放送)。私たちの世代にとって「大潟村」「パイロットファーム」「減反」「プラザ合意」と言えば学生時代の社会/公民の授業で外すことのできないテーマ。バラ色の集約農業という側面と、相反する経済の話を同時に授業で受けさせられた世代から言うと、どちらも理解も納得もできない事ばかりなのですが、広大な干拓地を前に直接の当事者が切々と語る物語は、学生時代に感じた相反さそのままであった事に、非常にやるせなくなる想いがしたのでした
  • ドキュメンタリーというと硬派なイメージを持たれますが、作り方次第では楽しいエンターテイメントにもなり得るという好例を示す作品。台風による波浪を避けるために続々と気仙沼港に集結してくるカツオ漁船の船員たちと彼らを「お客さん」として待ちわびる気仙沼の皆さんの一昼夜の動きを、アメリカのTVドラマのように時間軸と空間軸を交差させながら何篇かのコミカルなショートストリー仕立てで纏め上げた作品「ハイビジョンふるさと発. 嵐の気仙沼 ~港町の特別な一日~」(2009年・NHK仙台放送局)まさかあの後、東日本大震災で壊滅的な被害を蒙るとは思っていませんでしたが、製作Dでもある久保志穂さんは、震災直後から出演された皆さんを追跡取材、復興に向けて動いていく人々の苦悩と支援への感謝、そして再び気仙沼に戻ってきてくれたカツオ漁船の船員たちとの交流を「気仙沼の人びと2009-2012」として、再び映像化しています。ドキュメンタリーにとって必須である息の長い取材がこのような形で、新たな物語を織りなすこともある好例です
  • 今回ご紹介させて頂いた作品のいずれもが地方局の製作です。キー局にはなかなかできない地域に根を張った地味で息の長い取材の積み重ねが、このような良質なドキュメンタリーを生み出す素地となっている事は説明を要さないかと思います。FNS系列でもドキュメンタリーの名手と呼ばれるのはやはり地方局の東海テレビですね。約束~日本一のダムが奪うもの~裁判長のおべんとう光と影~光市母子殺害事件 弁護団の300日~と数々の良作品を送り出しています。本年も「死刑弁護人」で日本民間放送連盟賞・テレビ報道番組・最優秀を受賞しています