今月の読本「第四の大陸」(トビー・レスター:著 小林力:訳 中央公論新社)ローマカトリック世界の閉塞から飛躍を地図の歴史に載せて

今月の読本「第四の大陸」(トビー・レスター:著 小林力:訳 中央公論新社)ローマカトリック世界の閉塞から飛躍を地図の歴史に載せて

本文ページ数474頁。

私の夏休みを半ば持って去ってしまった一冊は、かなり読む方を選ぶ一冊かもしれません(そして、幸運にも選ばれた方にとっては、嬉しくもちょっと悔しい時間泥棒でもあります)。

帯でも謳われる、1000万ドルという法外な価格を払ってまでアメリカ議会図書館が買い取ったという、地図が好きな方なら誰でも知っている伝説の地図「ヴァルトゼーミューラー世界図」。本書は史上初めて「アメリカ」の名が記された地図に纏わる物語が描かれた一冊のようですが…果たして。

第四の大陸第四の大陸」(トビー・レスター:著 小林力:訳 中央公論新社)のご紹介です。

本書のプロローグで描かれる「ヴァルトゼーミューラー世界図」発見までの胸躍る様なストーリー。そして良く知られたこの地図に初めて書かれたアメリカの名の由来ともなったアメリゴ・ヴェスプッチと、地図の製作者であるヴァルトゼーミューラー。冒頭だけを読むと、彼らと地図の成立に纏わる物語が全編に描かれているように思えますが、実体は大きく異なります。

全19章で語られる物語のうち、実際の「ヴァルトゼーミューラー世界図」の製作に関する記述は最後半の僅か3章、全体の2割を切っています。直前で語られるアメリゴの物語を加えても120ページほどで、全体の1/4に過ぎません(プロローグを入れて漸く3割程度)。では、本書は残りの3/4には何が描かれているのでしょうか。

冒頭の売り込みとの乖離に疑問を抱えながら読み続ける読者を遥かに置き去りにするように、著者が本書で描こうとしているテーマは始めから極めて明快です。そのポイントは類書が歴史の流れに準拠して描く事で欠落してしまう視点を、敢えて13世紀から描き始める点から明らかになります。

著者の描こうとするストーリー、それはローマカトリック視点での歴史と世界観の変貌を、地図という世界観を示す象徴を用いて示す事。その延長としての「ヴァルトゼーミューラー世界図」に込められた想いを描くことを主眼としています。

所謂TO図や、旅程、マッパ・ムンディといった表現手法。それは聖地への旅程やキリスト教的な世界観が成し得た世界を描写する為に作られたもの。その記述は地図とは地形そのものを表すという現代的な感覚が失ってしまった、表現すべき世界観を表すものであることを改めて思い起こさせてくれます。西を大西洋に仕切られ、東を聖地、そして南と聖地の先は異教徒によって抑えられ、閉塞した地中海を中心とした13世紀のキリスト教世界。旅程以外の方向性すら必要としないその狭い地図で描かれた世界の向こうからやって来るもの、モンゴルやオスマントルコのキリスト教世界への侵攻の衝撃が、その後の世界観を大きく広げる役割を果たしたことを示していきます。

外からのインパクトに対する対抗と憧憬として、同じく世界の外に存在するであろう、救世主プレスター・ジョンへの希求。キリスト教的世界観が生み出す、魑魅魍魎的な非人間の居住する世界とその先の世界の果て、地上の終端と水球の裏側にある反世界。今では妄想と軽く切って捨ててしまうような内容ですが、当時は絶対であったこれらの世界観。しかしながら、マルコ・ポーロに代表される大陸を東西に行き交った僅かな商人や、大ハーンの元まではるばる旅をした修道者、教皇使節、そして船乗りたちの知識により、これら旧来の縛られた視点が徐々に書き換えられていく過程を、地図の描写の変化と共に丁寧に記していきます。

そして、本書で最も重要なポイントとなる、フィレンツェで発祥した人文主義と、そこからもたらされたギリシャ文化の再評価としてのプトレマイオスの「ゲオグラフィア」再発見が語られていきます。類書では歴史の順序だての関係でどうしてもプトレマイオスが先に語られてしまいますが、本書ではビザンツ帝国の消滅と所謂イタリアルネッサンスの歴史的経緯の流れの中でプトレマイオスの再発見を描くことで、彼の図法がどのようにキリスト教的世界観の中で組み込まれていったのかを把握できるように述べていきます。その目的は科学的、商業目的の為ではなく、あくまでも人文主義のため。それは商業によって繁栄を築いたフィレンツェにとって、新たなキリスト教世界、新たな世界帝国を俯瞰する手法として復活を遂げた事が示されていきます。

新たな世界を表現する手法を手に入れた(再発見した)キリスト教(ローマカトリック)世界。その世界観が示す先の地へ向けて、今度はポルトガルとスペインが乗り出していきます。所謂大航海時代、香辛料と黄金を求めて「ゲオグラフィア」の先に描かれるはずの世界に乗り出していきますが、そこには必ずキリスト教的目的、プレスター・ジョンやキリスト教が示す世界の果てに存在する「楽園」探すことが当然のように求められていきます。新たに描かれる地上が出来る度にその先に描かれるプレスター・ジョンの存在とその王国。地図を描く目的の一つに宗教的な意義がある事をここでもはっきりと示されていきます。そして、コロンブスの新大陸発見とヴァスコ・ダ・ガマの南回り航路によるインド到達を以て、プトレマイオスが描いた地平を越えた先にキリスト教(ローマカトリック)世界が踏み出すことになります。そこにはプレスター・ジョンも灼熱帯、反世界もない、ただ3つの大陸が描かれた世界が広がっていますが、依然として世界の末端はあいまいなまま。魅惑の島ジパングへの道のりは東か西か、その先の海は繋がっているのか、それとも沈んでいくのか…。

最終的にはマゼランの世界一周航海でこの決着がつくわけですが、この決着がつく少し前、未だアメリカ大陸の存在もあやふやで、太平洋の存在も把握されていない時期に、本書のテーマである「ヴァルトゼーミューラー世界図」が登場してきます。そして、未だに多くの疑惑を抱えるアメリゴ・ヴェスプッチも(著者はそれでも比較的好意的な視点で彼を描いています)。

本書のハイライトの筈なのですが、此処までのこってりとした長い道程を読んできた読者にとっては、意外にもあっさりした内容と捉えられるかもしれません。そして、当時の政界の中心であったイタリアでもなく、航海の拠点であったポルトガルやスペインでもない、未だ後進国と見做されるドイツでこの地図が描かれた事に奇妙な感覚を持たれるかもしれません。ですが、そこには本書の一貫したテーマを汲み取る事が出来ます。ジェノバにとって新たな世界を示す手法としてのプトレマイオスが求められたように、後進のドイツにとっても、ローマ帝国の伝統を継承し、ドイツ中心主義となった神聖ローマ帝国の新たな世界観を示すための表現方法が求められていた事、それは旧来のキリスト教世界観を継承しながらも、新しい世界をも同時に示すことで初めて達成できると考えた事を、著者はこのパートのもう一人の主人公である「ヴァルトゼーミューラー世界図」と併せて刊行された解説書でもある「天地学入門」の著者でもあり、この地図の発刊に主たる役割を果たしたであろう、リングマンに仮託して語っていきます。

ここで歴史的に見て面白いのは、彼らがドイツという、グーテンベルグを生んだ土地で当時漸く普及が進んだ印刷技術を以て、その思想の浸透を図る事を当初から念頭に置いていた点。「ヴァルトゼーミューラー世界図」も当時としては多い1000部も刷られた地図なのですが、このような印刷物を通してヨーロッパ全体で爆発的にあらゆる知識の普及が広まっていったことを著者は指摘しています。そして、その恩恵に浴した人の中にはあのコロンブスも含まれている事、彼がポルトガルやスペインの宮廷でパトロン達を説得するに当たっての知識的素地を印刷物の普及によって安価に入手できるようになった各種の書籍に寄っていた点を指摘し、その結果、大西洋横断(正確には西回りのインド行き)のチャンスを得たとする、一連の著述は出色です。

リングマンの情熱とその思想、ヴァルトゼーミューラーの創意工夫の結果として生まれた「ヴァルトゼーミューラー世界図」の特徴を、著者はその仮託の検証として詳細に述べていきます。そして、新たな大地にアメリカと名付けられた理由、更には最も重要な点、その大地を「第四の大陸」として描いた理由と、その後ヴァルトゼーミューラーが取り下げた原因についても検討を加えていきます。本書を手に取られた方が最も気にされる個所かと思いますが、唐突でいささか淡泊な内容に終始しますので、その結論に拍子抜けされてしまうかもしれません。逆に、最後のコペルニクスへ繋がる物語は、その地図の偉大さを示すために用意されたストーリーのようですが、あっさりとした前述の内容と比較すると、少々虚飾気味であったりもします。

冒頭で著者が述べているように、本来の「ヴァルトゼーミューラー世界図」の経緯を述べるだけであれば、これほどの大著にならなかったはず。本書が語る物語は、その地図単体が導き出すストーリーを大きく離れて、地図の製作そのものが持つ目的、その変遷を示す事でキリスト教(ローマカトリック)世界観の変遷を紐解こうという、壮大なテーマに挑んだ一冊です。そして、その世界観の帰結を示す証拠の品は、今はうやうやしくアメリカ議会図書館に最高の額装を以て掲げられているそうです。その新世界、神に約束された地に到達した証として。

<おまけ>

本ページより、本書に関連するテーマ、書籍のご紹介。

第四の大陸と類書

 

広告
今月の読本「オン・ザ・マップ 地図と人類の物語」(サイモン・ガーフィールド:著 黒川由美:訳 太田出版)マッパ・ムンディから広がる、地図という名の人々の物語達を

今月の読本「オン・ザ・マップ 地図と人類の物語」(サイモン・ガーフィールド:著 黒川由美:訳 太田出版)マッパ・ムンディから広がる、地図という名の人々の物語達を

地図を見るのは好きですか。

美しい色彩の地図の中で旅をする。見た事もない土地に想いを馳せ、道のりにワクワクする。複雑な地形に感嘆し、雄大な山並みや広大な平原に圧倒される。

地図を眺める事そのものが旅をしているかのような錯覚を受ける事もあるかもしれません。その時、ご覧になっている地図を作った人達の想いに、ほんの少し触れているのかもしれません。

全ての地図は、誰かが何かの為に作るもの。今回は、歴史上、営々と作られ続けたそんな地図の物語を怒涛の如く詰め込んだ一冊をご紹介します。

オン・ザ・マップオン・ザ・マップ 地図と人類の物語」(サイモン・ガーフィールド:著 黒川由美:訳)です。

著者はイギリス在住のジャーナリスト、作家の方で、地図の歴史に関する専門家でも、地理学の研究者でもありません。従って、読者の方がちょっとだけ緊張するかもしれない、難解な図法のお話は殆ど出て来ません(メルカトルの紹介の部分で、比較として扱われるだけです)。

総ページ数418ページ。図表100点以上という、大ボリュームで地図にまつわるあらゆる物語を、それこそ絨毯爆撃のように語っていきます。そこに は、訳本ならではの共通する知的教養を下敷きに展開する、著者と読者との知的好奇心のせめぎ合いが展開していきます。訳者の手により丁寧で優しい文体に均されてはいますが、この広大に広がる地図にまつわる物語達についていけるか、楽しめるかはひとえ に読者の好奇心の広さとその基盤にかかっています。

本書では全時代の世界を股にかけた広範な物語が描かれていきますが、一方で、英国基準で描かれる訳本ゆえの限界もあります。従って、本書から日本での事例や雰囲気を味わうことは全く出来ない事も、併せて述べておく必要があるかと思います(言及としては、僅かに3か所。ロンドン在住のタイポグラフィックデザイナー河野英一が、ロンドン地下鉄の路線図を使って遊んだ「書体の路線図」(本書で登場する唯一の日本人)。慣性航法型とGPS型のカーナビがいずれも日本で実用化された事と、Googleストリートビューの取材車がsubaruである事)。そのため、地図は大好きでも、ヨーロッパの地理や歴史に興味が無い方にとっては少々つまらない一冊になってしまうかもしれません。

そして、本書の特徴は地図の歴史を描く以上、プトレマイオスの「ゲアグラフィア」から物語をスタートさせますが、流石に英国人らしく、もっと別の地図を物語の中核に置いていきます。ヘレフォード大聖堂に収められる「マッパ・ムンディ」です。

この、方位も地形もあいまいな地図。しかしながら、非常に微細に描かれた建物、珍妙な動物たち、そして、びっしりと書き込まれる道程と地勢の解説文(もちろん内容は大幅に歪んでいます)。この地図こそ、旅をするための道筋を辿るもの。地図の図法も、描画方法も、記述もすべて本来は旅をする人の便の為に作られたことを、またはその地図を眺めながら旅程に想いを馳せるために作られることを明快に表してるようかのようです。

本書はこの「マッパ・ムンディ」の数奇な物語を起点として、西洋における地図に纏わる物語を紐解いていきます。ただ、何せ22ものストーリーと、ポケットマップと称される15本のコラムが山脈の如く連なっていますので、本書の全容を一気にご紹介することは少々難しいところです。

まだ世界を描き切れていなかった頃の物語と、幻の土地たち。そして、その幻の土地を描くために格闘した人々と、そのれにまつわる、現代まで続く極めて人間臭い物語(アメリゴの売名行為に始まって、世界最大の地図帳の記録更新(但し、使い物にならないとのギネスの烙印付き)、ヴィンランドが描かれた地図の真贋やアンティーク地図取引と盗品売買)。人の欲望と疑念渦巻く幻の地図たち(宝島や幻の山々、南極点への地図、更にはモノポリーやリスクといったゲーム中のマップ)。多くの人々に愛されるようになった地図たちの作成者の想い(ロンドンAtoZに旅行ガイド、芸術品となった大型地球儀)。そして、地図を通して事実を表していく大切さ、難しさ(メルカトルが開いた「アトラス」への道程。三角図法とシティマップの作成。その上に展開させたコレラの感染地図)。中には、女性がなぜ地図を読めないかという問題とカーナビの普及に関する論考などという、皆さんが興味津々となるテーマも扱われています。

地図によって物語が広がり、地図によって人々は旅の足掛かりを得て、そして地図の中を旅していく。本書の巻末まで読み進めていくと、その旅路は紙の地図はおろか地球をも飛び出して、火星の運河から火星人の話、ネバーランドの地図、ゲーム中のバーチャルマップを旅する想い、更にはそれらを想い描いていく人の脳内マップまで突き進んでいきます(この辺りの著者の興味の広さは、流石に訳本ならでは)。

人類の歴史と同じくらいの長さを有する、人が自らの場所を示し、旅する想いを描き続けた地図という名の物語は、カーナビとデジタルマップの普及により、そのような自らの力で探し当てるという行為自身が無くなってしまうのではないかという、著者の若干の危惧を添えながらも、その地図の中を旅する人々と共に、今も果てしなく広がり続けているようです。

<おまけ>

本ページで扱っている、地図にまつわる本や、関連するテーマの本、訳本のご紹介を。