今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)信州の縄文研究系譜を継ぐ研究者が挑んだ、美しく丁寧に描かれた机上の八ヶ岳縄文ミュージアム

今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)信州の縄文研究系譜を継ぐ研究者が挑んだ、美しく丁寧に描かれた机上の八ヶ岳縄文ミュージアム

New!(2018.7.5) : 今月から始まった東京国立博物館の縄文展。著者である藤森英二さんが制作された、本書にも掲載されている縄文人たちをイメージしたフィギュアが展示されているそうです。

国立博物館の展示で著者の作品をご覧になられた方にも是非お勧めしたい一冊です。

<本文此処から>

版元さんからの刊行案内が出て以来、心待ちにしていた一冊。

金曜の晩に漸く地元書店さんの店先(何時の間にか郷土本コーナーが店舗の奥の方に移っていて、危うく見つけそこなうところでした)で見つけて読み始めましたが、予想を超える素晴らしい仕上がりに、一気に読み進めてしまいました。

地方出版社の衰亡が続く中、まだまだやれる事はあると、意欲的な企画と、地方だから、少部数だからとの妥協を許さない丁寧な制作、編集。大手出版社さんにも全く引けを取らない美しい装丁を施した本を次々と送り出していく信濃毎日新聞社さんが、これまでのコンセプトを更に推し進める形で新たに送り出した一冊。狙ったようなインパクト重視でキャッチーな表題の裏側に描かれる、本当に版元さんの良心に溢れる一冊のご紹介です。

信州の縄文時代が実はすごかったとう本今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)のご紹介です。

本書の著者、藤森英二さんは、八ヶ岳の東麓、北相木村の考古博物館で学芸員を務めながら、主に長野県下の縄文遺跡に関する研究に従事する研究者。このお名前をご覧になって、本書にご興味を持たれた方はピンとくるのではないでしょうか。縄文研究に大きな足跡を残し、今に至るまで学界において議論を呼び続ける、ある意味において、日本の古代史の視点が世界的な考古学の流れと決定的な違いを見せる結果となった論考を残した人物。在野の考古学研究家と呼ばれた、縄文農耕論を著した藤森栄一氏に繋がる方です。

こう書いてしまうと、まるで縄文農耕論の継承者が描く、本格的な縄文文化論が展開される本のように見受けられてしまいますが、さにあらず。更に言えば、このような紹介自体、あくまでも本書を売り込むためのセールストークのようなものであり、著者の意図する所とは異なっている事を予め述べておかなければなりません。

本書が本当に素晴らしい点、それは八ヶ岳西麓に広がる縄文遺跡をテーマに、学芸員とモデラー(掲載されている写真のフィギュアは全て著者の自作です)という、二つのキャリアを存分に注ぎ込んだ、美しくも丁寧に纏められた、ページの上に描かれる縄文ミュージアムを見事に作り上げた事です(注記:信州と表題されていますが、前述のように八ヶ岳西麓がメインテーマです)。

信州の縄文時代が実はすごかったという本巻末に掲載された多くの協力者の皆様の手助けを受けながら、信州の息の長い学研的な伝統が培ってきた研究者の系譜に連なる著者(出身の明治大学において、戸沢充則氏の薫陶を受けています)が、その中心地からほんの少し離れながらも息吹を肌身に感じるであろう八ヶ岳東麓から俯瞰する、数千年に渡ると云われる八ヶ岳高原で大繁栄した縄文時代の主要な研究テーマを丁寧に解説していきます。

執筆協力の皆様によって集められた美しい画像や、良く錬り込まれた豊富な図案。著者自身の制作によるフィギュアによる美しくも可愛らしいフルカラーのページたち。ページに添えられたキャッチーなフレーズを眺めていると、一見して小中学生向けの所謂副教材ではないかと思えてしまいますが、それは大きな誤りのようです。低年齢向けの語法はあえて避けて、一般の読者を想定した文意と、博物館等の刊行物では当然の配慮である、時代感の指摘やキャプション、補記への配慮は、正に本書が学童向けの入門書に留まることなく、より広範な読者、好事者、歴史ファンの皆様に向けて書かれている事の証。多くの皆様が感じているかもしれません、大好きな博物館、美術館を訪れた後、この感動をそのままに収めた一冊の本が欲しいと思う感触そのままに、本書は仕上げられているかのようです。

信州の縄文時代が実はすごかったという本そのテーマ故に入門書としての体裁で纏められていますが、要所に書かれた内容は最新の学術成果も盛り込まれています。本書を読まれる方であれば、一番気になる点についても、最先端の圧痕法(レプリカ法)による知見が盛り込まれており、この一冊で最新の縄文研究の一端に触れる事が出来るように配慮されている点は、更に嬉しいところです。著者はあくまでもこれらの議論に対して、距離を置いた発言をされていますが、その検証手法の発展と新たな知見が現れる事を密かに期待されているようです。

信州の縄文時代が実はすごかったという本そして、八ヶ岳の裾野に広がった縄文時代の遺跡で繰り広げられた物語について、考古学的成果から俯瞰していきます。特異な文様を持った縄文土器の分布と伝播、八ヶ岳の縄文文化を象徴する二つの国宝土偶の物語(二つの間の時間軸的な断絶についても)。そして、発展を支えたであろう豊かな生産性と、交易物としての黒曜石からみる、海をも超えて東日本を広く包み込む、広範な縄文人たちの移動する姿。これらの内容は博物館でじっくり見たつもりでも、改めて本という形で眺め直すと、別の見方が生まれて来るようです。そして、現代に生きる私たちもその大きな流れの中で生きている事を実感させられる、縄文海進とあれほど繁栄した八ヶ岳西麓に生きた人々が残した痕跡の消滅。

ここから先は、是非現在の八ヶ岳山麓に訪れて、その息吹を感じて欲しいとの想いから、多くの類書では決定的に欠けている、各所に点在する博物館の展示紹介や訪問ガイドにページを割いている点は、本書が博物館関係者が著述されている点以上に、地元に在住する人間として、更には本書を通じてその地を訪れたいと思う多くの歴史ファンにとって、極めて嬉しい配慮である事を重ねて述べておきたいと思います(双方に於いて絶対的に断絶して扱われる事が多い、隣県の博物館に関しても、特段の配慮を以て記載をして頂いている点については、深い敬意の念を述べさせていただきます。八ヶ岳山麓は東西南北みんな一緒)。

SNSや著者のブログに残された刊行前のコメントを拝見すると、研究者のキャリアとして本を出すのが早すぎたのではないか、刊行自体に無理があったのではないかと悩まれている様子が伺えますが、そんな想いは多分杞憂だったと思いますよと、お伝えしたいです。

これまでになかった、八ヶ岳山麓の縄文時代を美しくも丁寧に綴られた読むミュージアムとして、多くの歴史が好きな方の机上に届けられることを願って。そして、今度のお休みには、その足跡を訪ねて美しく整備された博物館たち、史跡へ訪れてみませんか。

八ヶ岳ブルーの下で4

信州の縄文時代が実はすごかったという本

P1060493<おまけ>

本書に関連する内容を扱ったページをご紹介します。

広告

ちょっと早い夏空の下、見頃の井戸尻考古館の大賀蓮を(2015.7.12)

金曜日から急に真夏のような天気になった東日本。

まだ梅雨明けとはいきませんが、その後の天候を占うかのような強い日差しの週末となっています。

釜の底のような灼熱の地上から戻ってきた日曜日の朝。

ほんの少しだけお散歩です。

圃場の緑と南アルプスぐっと濃くなった緑に染まった圃場の先には、夏空らしいもやっとした空の下に南アルプスの山並みが伸びています。八ヶ岳と蕎麦畑夏空の下、八ヶ岳西麓の蕎麦畑には蕎麦の花が広がっています。

夏空の八ヶ岳と蕎麦畑白い花に包まれた蕎麦畑の向こうでは、農家の方がトラクターで次の作物を植える準備を始めています。

夏の蕎麦畑満開の花が広がる蕎麦畑。本格的な夏を前にして、ちょっと気が早いですが、心地は秋模様(諏訪郡富士見町信濃境、先達)

井戸尻考古館の大賀蓮1信濃境の井戸尻考古館へ。

名物の大賀蓮が見頃を迎えています。

井戸尻考古館の大賀蓮2大型の望遠レンズに三脚とフル装備で望まれている方々を避けながら、ふらふらと池の周りを廻ってみます。

井戸尻考古館の大賀蓮3蕾はまだまだありますので、もう少しの間、楽しめそうです。

井戸尻考古館の大賀蓮4濃い桃色に染まる、大賀蓮の花を(Lumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7,1/6400,f3.2,ISO200,-1EV)

井戸尻考古館の大賀蓮5遠くに南アルプスの山並みを望む、井戸尻考古館の大賀蓮池。

来週の日曜日には、早朝から例年恒例の観蓮会が催されます。詳しくは井戸尻考古館のホームページへ。

 

梅雨空の午後のひと時に(井戸尻考古館の咲き始めた大賀蓮を)2015.6.26

梅雨らしい空模様の続く6月後半。

気温も少しずつ上がってきて、薄日が出ていると蒸し暑く感じられるようになってきました。

夏蕎麦畑と八ヶ岳普段は秋蕎麦が播かれるはずの畑。今年は早くも夏蕎麦が花を咲かせています。

八ヶ岳から黒い雲が下ってきています。

夏蕎麦の花真っ白な蕎麦の花がそこかしこに花弁を開かせています。

夏蕎麦の花2夏蕎麦の花をアップで(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f2.8,ISO200,-0.3EVトリミング済み)

井戸尻考古館蓮池休日の午後のお散歩先は、富士見町信濃境にある井戸尻考古館。

史跡となっている考古館の前庭に面する窪地には、水を湛えた蓮池が点在しています。

井戸尻考古館の大賀蓮2此処の名物は、窪地の一番奥に咲く、大賀蓮(古代ハス)。梅雨本番の6月末になって、蕾がほころび始めています。

井戸尻考古館の大賀蓮1ぐるっと池の畔を廻ると、池の中央近くに一輪、花をいっぱいに広げた大賀蓮を見つける事が出来ました。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f5.6,ISO200,エフェクト:ローキー)

このレンズ、時々ドキッとさせられる色を叩出してきます。

井戸尻考古館の大賀蓮3僅か数輪ですが、開花を始めた井戸尻考古館の大賀蓮を(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/800,f4.5,ISO200,エフェクト:ローキー)

井戸尻考古館の大賀蓮4何時もより少し早く開花を迎えた井戸尻考古館の大賀蓮。ご覧のように、今年はたくさんの蕾を付けていますので、これから7月の上旬までたっぷりと楽しめそうです。お越しの際は、ゆっくりと花を開かせる午前中早い時間帯がおススメです。

井戸尻考古館の白蓮井戸尻考古館前の蓮池。主役の大賀蓮の池の周囲には、それぞれに花を咲かせるスイレンたちの池もあります。こちらは白蓮の池。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ池の周りではトンボたちがそれぞれに縄張り争いのため、盛んに飛び交っています。

そんな中でも、何時も静かなイトトンボをアップで。Lumix G 42.5mm f1.7の最小焦点距離一杯(訳30cm)まで寄せています。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ2トリミングしてアップで(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/2000,f3.5,ISO200)

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル1蓮池の周りには、お馴染みの住人達が。

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル2昼間はおとなしい、井戸尻考古館蓮池の住人さんでもあるトノサマガエル(ノントリミングです)。

少しの間ですが、モデルを買って出てくれました。頭に藻を載せたままで、ちょっと休憩中。

井戸尻考古館のスイレン池スイレンも池一杯に花を咲かせています。蓮の花に比べると、ちょっと大人しいですが、梅雨空の下で盛んに華を競っています。

井戸尻考古館のスイレン蓮池に咲く、スイレン一輪。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/5000,f1.7,ISO200,エフェクト:ローキー)

絞り開放f1.7の作例として。

スケッチに訪れていた観光客の皆さんを横目に蓮池でのんびりとカメラと戯れる午後のひと時。

冷たい風が吹き始め、真っ黒な雲が八ヶ岳を下り、空からぽつぽつと雨が落ち始めて来たので撤収と相成りましたが、山間地らしく、移動中には青空も遠くに望める午後のひと時。夏至を過ぎた6月末の夕暮れはゆっくりと日が傾いていきます。

夕暮れに彩なす色(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/100,f2.8,ISO200,-0.3EV)

雨上がりの初夏の午後には八ヶ岳西麓を散歩しながら試写を(Lumix GM5+Lumix G 42.5mm f1.7)2015.6.6

雨が上がってお天気が回復した土曜日。

積み上げられた仕事を振り切って(来週は地獄じゃな)、眩しい日差しの中で入手したばかりのカメラの試写がてら、お散歩です。

(撮影は全てLumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7の組み合わせ、JPEG撮って出しです。画像をクリックするとフルサイズ表示になります)

LumixGM5試写1朝日を浴びる木々の緑と青空。

LumixGM5試写2八ヶ岳と水田八ヶ岳と水田。

LumixGM5試写3水田の水面に映る雲水田に映る雲。

LumixGM5試写4スイレン井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f6.3)

LumixGM5試写5スイレン2井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.8)

LumixG5試写6スイレン3井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.0)

LumixG5試写7スイレン4井戸尻考古館前の蓮池にて、白いスイレン(f2.8)

LumixG5試写8まるやち湖原村の八ヶ岳自然文化園内のまるやち湖。

この画角だと、八ヶ岳を入れるのはちょっと窮屈。被写体を絞り込む事を要求してきます。

LumixG5試写9八ヶ岳自然文化園の白樺林八ヶ岳自然文化園の白樺林。

林の中にはレンゲツツジの花が所々に咲いています。

LumixGM5試写20八ヶ岳自然文化園のレンゲツツジレンゲツツジの小さな群落と白樺(f6.3 -0.3EV)。

LumixG5試写10白樺と青空白樺と初夏の青空。

緑がすっかり濃くなってきました。

LumixG5試写11八ヶ岳農業実践大学八ヶ岳農業実践大学校の即売所を八ヶ岳の山並みと。

画面が狭い分、入れ込むアイテムをきっちりと絞り込みたいところ。

LumixG5試写12子牛1八ヶ岳農業実践大学校で放牧されている、人懐っこい子牛。

LumixG5試写13子牛2こちらに寄ってきてくれたので、もう一枚。絞りはf2.8。目の位置に合わせています。

LumixG5試写14沸き立つ雲高原の初夏。沸き立つ雲。

LumixG5試写15水田と苗風に揺れる、水田に並ぶ苗の群れ。少しずつ伸びる苗は、梅雨が明ける頃には水面を緑でいっぱいに埋めてくれます(f8.0)。

LumixG5試写16蓼科山初夏の蓼科山。何時もなら横岳とセットでフレームに収めるのですが、この画角だと、シングルの方がしっくりきます。

しっかり濃くなった山の緑が気持ちいいです。

LumixG5試写17笹原溜池の緑少し傾きかけた西日を浴びる、笹原溜池。

今日は風が強いので湖面は落ち着きませんが、西日に照らされた木々の緑が湖面に溶け込んでいきます。

LumixG5試写17夕暮れの圃場この時期にしては珍しく赤焼けした八ヶ岳を撮り損ねるという失態を犯した上に、更には電池切れとなった最後の一枚(f6.3 ISO400)。EVFを使用しながら、一部は液晶画面で撮影した枚数が176枚でしたので、まあまあカタログスペック並みというところでしょうか(撮影確認している時間が普段よりかなり多かった影響も大です)。

風景モードを使用してもオリンパスのような印象的な青は中々出せない上に、画角の狭さを克服するのにもまだまだ時間が掛かりそうですが、前評判程派手な色使いという訳でもなく、コントラストを少し上げた状態ではある程度狙ったイメージで上げてきてくれているので、今後は色々なシーンで活躍してくれるのではないかと期待しながら。

桜の後は井戸尻考古館へ(縄文土器の集う里)

桜の後は井戸尻考古館へ(縄文土器の集う里)

New!(2015.9.21):井戸尻考古館に収蔵される、坂上遺跡から出土した土偶が、この度、国の重要文化財に指定されました。この指定を記念した展示会「女神たちの山麓 -坂上遺跡出土土偶展-」が9/29から11/29まで開催されます。10/11(日)には富士見町コミュニティ・プラザ(JR中央本線、富士見駅下車すぐ)で、記念講演会も開催されます。詳しくは、井戸尻考古館の開催関連情報ページへ

New!(2015.4.26):春のNHK Eテレ新番組「趣味どきっ!」火曜日に放送中の橋本麻里さんがナビゲーターの「国宝に会いに行く」第6回“国宝一年生”縄文土器「縄文のビーナス」と「仮面の女神」 で、茅野市の尖石縄文考古館と富士見町の井戸尻考古館が採り上げられます。放送は5/5(火)21:30~より。

New!(2015.1.16):昨年末にNHK Eテレで放送された、「日曜美術館特別編 巡る、触れる、感じる ~井浦新”にっぽん”美の旅~」で井浦新さんが旅した八ヶ岳山麓。放送では茅野市の尖石縄文考古館と国宝土偶たちが採り上げられていましたが、他にも八ヶ岳山麓に広がる縄文遺跡を散策していたようです。その取材の番外編が日曜美術館のアートシーンで放送決定「特別編 井浦新“にっぽん”美の旅 謎多き縄文の世界へ1/18(日)午前9時45分から(再放送は同日20時45分から)。今回は諏訪郡富士見町の井戸尻考古館と和田峠(正確には小県郡長和町鷹山)の黒曜石ミュージアムが登場します。

New!(2014.12.14):この度、昭和30年代に札沢遺跡より発掘され、国立博物館寄託から長野県立歴史館に収蔵されていた、長野県宝「動物装飾付釣手土器」が出土後初めて、地元、井戸尻考古館に里帰り展示されることになりました。併せて2011年12年に発掘調査が行われた際の出土物が特別に展示されます。

展示期間は12/2から翌2/1まで。同期間中の12/14(日)、1/10(土)、1/11(日)には、学芸員の方による展示解説が行われます。時間はいずれも14時から。

信濃境の桜達を満喫した後は、徒歩20分ほどで到着できる、史跡、井戸尻遺跡に付属する縄文遺跡の博物館、井戸尻考古館へ。

井戸尻考古館入り口正門ではきれいな桜の花が迎えてくれます。

井戸尻考古館の収蔵物ちょっと古風な井戸尻考古館。陳列棚には縄文土器が所狭しと並べられています(一部の土器、土偶は撮影禁止の札が出ています。くれぐれもルールは守りましょう)。スマートフォンお持ちですと、解説を聞くことが出来るようです。

こちらの博物館、メインは土器ですので、そちらの方に興味が無い方にはちょっと厳しいかもしれません。もちろん、学芸員の方のガイドを聞けば、きっと興味を持たれることになるかと思いますよ。

当日は若い学芸員の方が、団体さんを相手に説明をされていました(ちょこっとそば耳を立てて、解説、聴かせて頂きました)。

四方神面文深鉢複雑な造形美、なぜそこまでして土器を装飾したのでしょうか。

ここにある土器の多くは複雑な文様な施されています。解説板には呪術的なお話が続きますが、果たして本当のところは作った当人達に聴いてみなければ判らないという点が、考古学の醍醐味でもあり、その文様達の奔放さのままに、想像の羽を思いっきり伸ばせる素地なのかもしれません。

水煙渦巻紋深鉢土器と水煙文土器達そして、この博物館一の名品。長野県宝にも指定され、郵便切手の意匠にも用いられたことがある、縄文土器の中でも最も有名な出土物、水煙渦巻文深鉢です。

長野県宝・水煙渦巻紋深鉢土器驚異的に複雑な文様。そして左右非対称のデザインにも関わらず、それを感じさせない全体のバランス。

学芸員さんの説明によれば、何と、取っての部分は中空だそうで、装飾性ももちろん、高い成形、焼成技術を有していたことが判ります。

そして、この博物館の解説には非常にユニークな点があります。本博物館の収蔵品を多く発掘した在野の考古学者(この点は尖石遺跡も同じですが)、藤森栄一氏による論説「縄文農耕論」を下地にした、記紀の物語と縄文土器の文様を結びつける論考による、それぞれの縄文土器に、対応するであろう記紀の神々の名前を添えた札が付けられている点です。

この論考は、決して学会の主流となっている訳でもなく、むしろ否定的に捉えられている論説でもあります。それでもこの博物館が藤森氏の論考に従った資料を掲げ続けているのは、此所が藤森縄文論の発祥地であるが故。そして彼にとって、決定的な証拠が出土されている点です。

井戸尻考古館の炭化麦出土品展示物にある、炭化した麦と、粉食を行ったと思われる炭化物、土器の底に残る炭化物の出土品です。

彼は、これらの粉食の一部に栽培種が混ざっている可能性があることを早くから指摘しており、出土物に含まれる石斧や、石鎌、粉摺りの発掘を通じて、縄文人は教科書に記載されているような狩猟採取生活だけではなく、小規模ながら栽培を手がけていたと結論づけています。

この説自体も、決して主流の説とはなっていませんが、その後の全国の縄文時代遺跡発掘の進展により、弥生時代より遙かに遡る、縄文晩期から後期にかけて、農耕に類する作業が行われていた可能性が高いことが、明らかとなっています。

彼の論考が早すぎたのか、それともごく一部のケースを捉えただけなのか判りませんが、この小さな博物館の中には、その東アジア全体をカバーせんとする雄大な文化圏論と共に、縄文文化を語る際のおおらかな発想力と、発掘に込めた氏の情熱が今も息づいているようです。

井戸尻考古館中庭と桜の木中庭にある、向原遺跡のストーンサークルを模した石柱列を前に桜の木を。

井戸尻遺跡の復元縄文竪穴式住居考古館の正面は井戸尻遺跡。このように復元された住居跡もあります(これは梅雨時に撮影した写真です)。

井戸尻史跡公園の案内板史跡内には蓮の花が名物になっている公園として整備されています。見頃は梅雨時から7月にかけてです。

<おまけ>

本ページに関連する話題や、書籍など。