爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

急に涼しくなった今週末。

金曜日の朝に続いて10℃近くまで気温が下がった土曜日の朝。

清々しい風に誘われて、高原へ足を延ばします。

昼下がりの野辺山。牧草を撫でる様に風が吹き抜けていきます。

昨日より少し雲が多めとなった八ヶ岳東麓。空には筋雲が伸びていきます。

野辺山、そして川上村に広がる畑では、瑞々しい高原野菜たちが心地よい風と眩しい晩夏の陽射しを受けてぐんぐんと成長しています(南佐久郡南牧村野辺山)。

お昼を過ぎても気温20℃と、週前半の連日30℃を超える気温から10℃以上下がってぐっと晩夏の心地となった中、高く伸びる雲と瑞々しい緑を追って圃場を巡ります。

風は涼しくとも眩しい太陽の日射しが燦々と降り注ぐ昼下がり(南佐久郡川上村信州峠)。

心地よい風と空、眩しい日射しと土の匂いに包まれる週末です。

広告

落葉松色の川上村の朝(2017.11.5)

連休の最終日。

ぐっと冷え込んだ朝、八ヶ岳南麓は再び青空が広がりました。

ひんやりとした朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、シーズン最後の落葉松の黄葉を眺めに、再び八ヶ岳の東側、川上村へと向かいます。

八ヶ岳の東麓側は昨日の夕方に降った雪の影響でしょうか、山の周囲は雲に覆われています。

抜けるような青空の向こうに八ヶ岳を望む、川上村、信州峠の麓。

朝の日差しを浴びて、圃場の落葉松も輝きます。

山の向こうまで、落葉松色に染まっています。

山を埋め尽くす落葉松の群生林。圃場の脇に立つ木々は葉を落としていますが、最後に紅葉を迎える落葉松の黄葉は今がピーク。

朝の日差しを浴びて輝く圃場の向こうに広がる、女山と落葉松の群生林。

黄金色に染まる圃場の向こうに連なる落葉松の群生林。朝の日射しを受けて輝きを増しています。

撮影中の気温はカメラを持つ手がかじかんでくる4℃。日が昇って来ると、八ヶ岳の周囲を取り巻いていた雲も取れはじめました。

黄金色に輝く落葉松色の山並み。

谷筋を渡って八ヶ岳の裾野側に移動します。

男山を正面に望む高原野菜の圃場ではシーズン終わりの収穫真っ最中。トラクターと集荷のトラックが忙しく動き回っています。

収穫の終わった圃場では次のシーズンに向けて準備が進んでいます。

降雪時期以外は植え付けと収穫が繰り返し続く高原野菜の栽培。お休みを迎えるのは一年の間でも厳冬期のほんの僅かな間だけです。

川上大橋から望む、雲の晴れた八ヶ岳。八ヶ岳の稜線へ向かって伸びる谷筋の落葉松林も色付いています。ちょっとひんやり、でも日差しが暖かい、気持ちの良い晩秋の朝です。

陽射しを一杯に浴びて黄金色に輝く落葉松林。

殆どの落葉松林は人工林なのですが、美しく整備された落葉松林が日差しを受けて輝く姿は八ヶ岳の秋を象徴するシーン。人と自然が一緒になって作り出した美しさに感謝をしつつ。

 

 

落葉松色に染まる野辺山と川上村(2017.11.3)

秋も深まる11月。

10月の天気がウソみたいに晴れ渡った11月最初の連休。

山里の紅葉はもう終盤、シーズンの終わりを告げる落葉松を眺めに、八ヶ岳の東麓へ向かいます。

枯草が目立つ牧草地の先に望む八ヶ岳。

山裾をピークを迎えた落葉松の黄葉が飾ります。

シーズン最後の収穫を待つ高原野菜が広がる圃場の先に、落葉松林と八ヶ岳を望みます。

振り返ると綺麗に整備された圃場が広がる先に、全山が落葉松に覆われた山が正面に見えてきます。さあ、あの山の懐へと進んでいきましょう。

びっしりと落葉松色に染まる山並み。南牧村から長野県の南東端、川上村へと入っていきます。

谷底に点在する小さな集落、佐久広瀬。

千曲川沿いの山並みも落葉松色に染まります。

山の頂上から河原の岸辺まで、びっしりと落葉松に包まれています。

野辺山の圃場から遠望した山、男山の山裾までやって来ました。

山の頂上部は既に落葉、麓から繋がる山裾は見事な落葉松色に染まっています。

更に歩みを進めて、男山の懐の中へ。午後の陽射しを浴びて、落葉松林が輝き出します。

輝く落葉松。

午後の陽射しを浴びる落葉松の密集林は琥珀色に輝きます。

男山を越えて谷筋に入ると、再び千曲川に出逢います。

上流には落葉松にびっしりと覆われた秩父の山並みを望ます。

今越えてきた男山の裏側を、川上村の御所平側から。見事な紅葉を魅せる山並み。

谷筋を再び登って、信州峠の入口まで上がっていきます。

標高が上がって来ると、落葉松の木々も葉を落とし始めています。

周囲の山々も落葉松色に染まります。

信州峠側から望む、川上村の山々。

再び谷筋に降りて山並みを足元から望みます。赤顔山

天狗山。既に葉を落とした山頂部と、山裾の落葉松色のコントラストが、秋晴れの下に映えます。

川上村の中心部から遠望する八ヶ岳。

ほんの僅かに移動しただけで、普段と全く違う姿を見せてくれます。

再び八ヶ岳の裾野の上に戻ってきました。

西日を浴びる男山に向かって、落葉松林が伸びていきます。

すっかり早くなってきた夕暮れ。西日に染まる落葉松は鮮やかさを増していきます。

野辺山の電波望遠鏡の周囲も落葉松色に染まっています。高い秋の空には東に向けて雲が流れていきます。

 クリアーな秋晴れの夕方。

釣瓶落としの秋の夕暮れは足早に去っていきます。

久しぶりの良いお天気を満喫できた一日。今暫く、秋を満喫できそうです。

暑い立秋の午後(みずがき湖から信州峠へ)2016.8.7

立秋を迎えた週末。

本格的な夏らしい暑さとなる一方、漸く夕立からも解放されて、ここ数日は安定した天気が続いています。

ちょっと所用のため、韮崎に降りてみると、気温は34℃から36℃と、うだるような暑さ。早々に茅ヶ岳側に逃げ込んでみると、今度はひまわり畑へ向かわれる観光客の皆さんの大渋滞に巻き込まれて、ほうほうの体で逃げながら、更に北上してみます。

夏空のみずがき湖厚く広がる夏の雲の合間から光が差し込む、みずがき湖。

流石に、此処まで来ると観光客の方もまばらに。

それでも、名物のソフトクリームを片手に湖畔を散歩する方がちらほらと見受けられます。ここまで上がってきても気温28℃。谷に囲まれた湖畔は風もなく、かなり蒸し暑くなっていました。

夏の雲間に瑞牆山更に北上を続けると、右手に瑞牆山の威容が望めるようになります。

雲が多めながら、特徴的な山肌がはっきりと望む事が出来ます。所々に緑が見えているのが夏の瑞牆山らしい装い。

信州峠から川上村の高原野菜畑1ぐいぐいと峠道を上り詰めていくと、甲州から信州へと繋がる信州峠を越えていきます。

峠付近を覆う落葉松林を抜けていくと、視界は一気に開けて、一面に高原野菜の畑が広がります。

空も晴れ渡り、これまでの景色と一変する、別天地。川上村に入っていきます。

信州峠の高原野菜畑2川上村の高原野菜作りは夏場の今がピーク。

目の前に広がる広大な山裾に苗が植えつけられています。

気温は27℃とそれほど低くはありませんが、谷筋から吹き抜けていく涼しい風は、はっきりと高原に戻ってきたことを教えてくれます。

信州峠の高原野菜畑3青空の下に広がる、高原野菜の緑。

峠から村内に下っていく道には、トラクターがひっきりなしに行き交います。

僅かな夏のシーズンの陽射しを精いっぱい使って、夏野菜が育っていきます。

ひまわりと夕暮れ盛夏らしい、情熱的な夕暮れの空。

短い高原の夏は、今がピーク。夜になって虫の音が響き始めるお盆に入ると、日が暮れると急激に涼しくなっていきます。