八ヶ岳西麓の午後は春から初夏の心地へ(2016.4.24)

ぐっと気温が上がってきたこの週末。

用事を済ませた日曜の午後に、春の名残を探しに出てみたわけですが…。

開花を迎えた鼎談桜周囲の桜達が葉桜となった中、ほんの数日で一気に花を開かせた、諏訪郡富士見町、信濃境の鼎談桜。

左右の桜は遅れを挽回するかの如く、もう満開へまっしぐらです。この暖かさが続けば、今週末の連休には見頃どころか少し散り始めてしまいそうな勢いで咲く桜の周囲には、遠方からの撮影者の方がちらほらと集まり始めていました。

新緑の落葉松1富士見高原に上がると、芽吹きを始めた落葉松が迎えてくれます。

周囲の桜は今が見頃。鉢巻道路沿いのでは、桜の薄紅色と落葉松の新緑のコラボレーションが楽しめます。

新緑の落葉松2新緑落葉松林を散歩する午後、少し暑くなってきた里より大分標高が高い、富士見高原のペンション村まで上がって来ると、心地よい風が林の中を抜けていきます。

新緑前の御射鹿池1更に標高を上げて、1500m。何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上げってきました。

陽射しが差し込む落葉松林はまだ冬の装い。新緑の季節までには、あともう少し時間が掛かりそうです。

新緑前の御射鹿池2それでも湖畔には続々とカメラを片手に観光客の方が上っていらっしゃいます。

静かで鄙びたこの景色。実はこのような眺めはちょっとお預けになってしまいそうなのです。

御射鹿池整備工事の事前看板御射鹿池に登る入口である、豊平、笹原の集落の先に掲げられた工事予告の看板。既に湖畔には工事事務所のプレハブが建てられており、GW終了後から工事が開始される事になっています(麓にある笹原溜池も水を抜いて工事中です)。

今回の工事のいきさつについては、部外者の為ここでは述べませんが、これまでとは大分雰囲気が異なって来る事になるかと思います。

季節が新緑から深い緑を湛え、東山魁夷が惚れ込んだあのシーンに至る頃には、周囲の様相も大分様変わりしている事でしょうか(ご注意andお願い:上記のように、今後ただでさえも狭い道路が、工事期間中は片側交互通行となります。どうか路上駐車はお止めになって、湖畔を行き過ぎた先にある駐車スペースに車を止めるようにお願い致します)。

P1070012戻りの道すがら、満開を過ぎた桜の木の下で。

夕暮れから再び雨が降り出した八ヶ岳の西麓。次に晴れた朝には、五月晴れの空の下に新緑の山並みが広がるシーンが眺められるでしょうか。

 

 

 

県境の小邑、信濃境をカメラ片手に(四季の撮影マップ)

甲斐と信濃の境に位置する、山梨県北杜市小淵沢町と長野県諏訪郡富士見町との境界の町、富士見町信濃境。

八ヶ岳南麓のリゾート拠点である小淵沢と、八ヶ岳周辺でも最も標高が高い、国内有数の高地に広がる(1000mを越えます)市街地、富士見に挟まれた静かな小さな町です。

何の変哲もない山間地ですが、のんびりと写真を撮影するにはとても良い場所。お休みで少し時間が取れる際には、ちょこちょこと撮影して廻っています。

こちらのページで、そんな信濃境の撮影場所を季節に合わせてちょっとご紹介させて頂きます。皆様がお越しの際に多少なりともご参考になりますことを。

大切なお願い : 撮影場所付近は一部には駐車場がありますが、殆どの場所が公道沿いとなります。地元の皆様が日常生活で使われる、大切な生活道路です。お車でお越しの際には、通行の迷惑にならないよう、駐車場所には十分に配慮して頂けますよう、お願い致します。

各画像のNoには、掲載先のリンクを用意させて頂いております。

信濃境撮影マップマップをクリックして頂くと、フルサイズで表示されます。

キャプションNoの場所で撮影した写真をご紹介していきます。

<春>

①田端の枝垂桜

田端のしだれ桜と南アルプス②鼎談桜

田端新田鼎談桜20140504_2③池生神社

池生神社④信濃境駅の夜桜

信濃境駅と夜桜⑤-1高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_8⑤-2高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_5⑤-3高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_4⑤-4高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_2⑥境小学校の桜とこいのぼり

境小学校の桜と鯉のぼり⑦葛窪の枝垂桜

葛窪の枝垂れ桜140425_2⑧葛窪界隈の枝垂桜

葛窪地先の枝垂桜1<初夏から盛夏>

A.南アルプスと水田

水田越しに甲斐駒をB.井戸尻考古館の古代蓮

井戸尻遺跡の大賀ハス20140720_1B.井戸尻考古館の水車と南アルプスの山並み

井戸尻遺跡の水車と南アルプスC.境の落葉松林と網笠山

D.高森中山間地向日葵畑

富士見町・高森

<秋>

E.葛窪の蕎麦畑

快晴の蕎麦畑4F.葛窪の蕎麦畑2

甲斐駒と蕎麦畑G.葛窪トンネルの蕎麦畑

霧に沈む蕎麦の花1H.先達甲六公園の蕎麦畑1

晴れた朝の蕎麦畑1I. 先達甲六公園の蕎麦畑2

晴れた朝の蕎麦畑2③池生神社の蕎麦畑

蕎麦畑と池生神社J.工業団地横の蕎麦畑

光芒と蕎麦畑2K.先達のコスモス

コスモスと八ヶ岳L.先達の圃場と稲穂

黄金色の夕暮れM.境の落葉松林黄葉

富士見町・境N.蔦木の落葉松の黄葉と富士山

山並の黄葉と夕暮れの富士山

<冬>

K.先達の雪原と南アルプス

 雪に覆われた水田越しに南アルプスをE.葛窪から夕暮れの甲斐駒

甲斐駒にかかる茜雲A.どんど焼きと雪の八ヶ岳

どんど焼きと八ヶ岳O.机より雪の釜無川河岸

実験撮影雪の落葉松林P.高森より南アルプスの山並みと春先の夕暮れ

春まだ早い夕暮れの水田

名残の桜を追って、八ヶ岳西麓を(桜のシーズンもあと僅か)

平地より半月ばかり季節の巡りが遅いここ八ヶ岳南麓もそろそろ新緑の季節。

でも、ソメイヨシノばかりでは無い山麓の桜達は、シーズン最後の美しい景色を魅せてくれます。

境小学校の桜と鯉のぼり標高1000mを目前にした、諏訪郡富士見町、境小学校の校庭に咲く桜と、鯉のぼりを(5/1)。

もう葉桜になりかかっていますが、朝日を受けた薄い桜色の花びらと、若葉の緑のコントラストが美しいです。

田端新田鼎談桜20140504_2そして、この界隈では最も遅く咲くと言われる信濃境、田端新田の鼎談桜です(5/4)。

初夏を思わせるほど暖かくなった午後、奥に見える鳳凰三山越しに最後の花を咲かせています。

田端新田鼎談桜20140504_1漸く水が張られた水田に桜の木が映り込んで居ますが、このような景色が見られるのはほんの僅かなタイミングに過ぎません。

また来年の春まで、しばしお預けです。

鉢巻道路の桜20140504麓の標高1000m近辺はもうシーズン末期ですが、ぐっと標高を上げて1200mを越えてくる八ヶ岳中腹を巡る鉢巻道路まで上がってくれば、まだまだ桜のシーズン真っ只中です(5/4)。

鉢巻道路の両脇は色の濃い山桜たちが行楽でお越しのドライバーの目を楽しませてくれます(写真は乙事集落に降りる道路の交差点付近です)。

深叢寺の夜桜1そして、集落の中でも最も遅くまで桜を楽しめる諏訪郡原村、深叢寺の夜桜もピークを過ぎて葉桜へ(5/4)。

深叢寺の夜桜2ちょっと寂しい、桜のシーズンの終わりです。

菜の花畑越しに八ヶ岳2花を愛でる八ヶ岳の春もそろそろ終わり。麓の菜の花が咲き終われば、周囲の水田に水が入り、本格的な農作業のシーズンに突入です(5/2)。

青空の甲斐駒と鳳凰三山台の上より200m程標高の低い七里岩の下に広がる水田は既に水が入り、いよいよ田植えのシーズン。

甲斐駒の残雪も少しずつ減っていきます(5/4)。

Lumia1020で夜桜三題(手持ちオンリーで信濃境の夜桜を)

New!(2015.4.15):例年恒例の信濃境、高森観音堂で開催される「高森観音堂de桜まつり」。今年は、4/18(土)、4/19(日)の二日間に開催されることが決定しました!振る舞いや、出店、信濃境駅発着で町が主宰するウォーキングツアーも実施されます(今年もこっそり、夜桜ライトアップがあるかも…)。詳しくは富士見町公式ホームページへ。

Lumia1020のカメラは41Mpixelという、その超絶解像度と共に、3段分相当とも謂われる強力な手ぶれ補正が魅力となっています。

そこで、手持ちで勝負!とばかりに夜桜撮影です。画像は全てLumia1020の5Mpixel modeで、もちろん手持ち(純正グリップ付き)です。

大宮神社の夜桜と神輿まずは、某大宮神社でリハーサル中の風景から。カクテルライトに照らしだれた夜桜と神輿を(トリミング済み)。

信濃境駅と夜桜こちらは信濃境駅とライトアップされた夜桜を。撮影予定無かったのですが、貨物列車が入ってきたので、慌てて撮影。切れが無いのは手ぶれのせいです(欄干使ったんですが、焦りすぎました.トリミング済み)。

高森観音堂の夜桜20140426_2そして、夜の信濃境、高森観音堂。今週末もライトアップを実施していました。

高森観音堂の夜桜20140426_3昼間にはなかなか出来ない、高森観音堂の枝垂れ桜の真正面からの撮影も、夜なら独り占めです。

高森観音堂の夜桜20140426_1古木の夜桜は、他とは違う趣が漂います。250年を越えようとする夜桜に対して、たまたま一緒に観ていたご婦人が語った「妖艶」という言葉が実はもっとも合っているのかもしれません。

 

信濃境の桜達(葛窪の枝垂れ桜もいよいよ見頃に2014.04.25)

すっかり春の装いとなった八ヶ岳の麓。

標高1000mを間近にする、富士見町信濃境、葛窪の枝垂れ桜もいよいよ見頃を迎えました。

今朝撮影した写真の中から、いくつかをご紹介です。どうかごゆっくりご覧頂ければと。

(撮影が終わるのを農協購買部駐車場で待っていて頂きました練馬ナンバーの方、ご迷惑をおけして申し訳ございませんでした)。

葛窪の枝垂れ桜140425_4葛窪の枝垂れ桜140425_5葛窪の枝垂れ桜140425_10葛窪の枝垂れ桜140425_1葛窪の枝垂れ桜140425_3葛窪の枝垂れ桜140425_2葛窪の枝垂れ桜140425_6葛窪の枝垂れ桜140425_8葛窪の枝垂れ桜140425_9葛窪の枝垂れ桜140425_11葛窪の枝垂れ桜140425_7今週末が最盛期。このGWは、まだ春が始まったばかりの八ヶ岳西麓まで足を運んでみては如何でしょうか。

 

久しぶりに晴れた朝に見頃を迎えた富士見町信濃境・田端の枝垂れ桜を

久しぶりの清々しい青空となった今朝。

出勤前にちょっと寄り道で諏訪郡富士見町、田端の枝垂れ桜を見に行きました。

田端の枝垂れ桜140423_3田端の集落に繋がる道路から、枝垂れ桜を遠望(E420)。

正面に見える甲斐駒の圧倒的なスケールと比較すると、あまりにもささやかな、集落にぽつんと咲く、枝垂れ桜です。

田端の枝垂れ桜140423_5朝日を受けて輝く田端の枝垂れ桜。バックは八ヶ岳です(Lumia1020)

田端の枝垂れ桜140423_2ソメイヨシノと比べると、非常に色の濃い、印象的な色を備える田端の枝垂れ桜です(E420)。

朝日が作る影が、花びらの色の濃さを更に引き立てているようです。

田端の枝垂れ桜140423_4同じカットをLumia1020で。どちらも調整なしのjpeg出し。表現力の違いをお楽しみください。

田端の枝垂れ桜140423_1ぎっしりと花芽を付ける、枝垂れ桜の枝。

頭上からいっぱいの桜の花にが降り注いでくるようです。

田端の枝垂れ桜140423_6田端の水田はまだ乾いたまま。代掻きは少し遅れているようです。枝垂れ桜の下で甲斐駒を遠望(Lumia1020)。

もう充分見頃を迎えていますが、満開まではあともう少し。週末には最盛期を迎えそうです。

信濃境の桜達(葛窪の枝垂れ桜と、今日は高森観音堂の桜まつり)

New!(2015.4.15):例年恒例の信濃境、高森観音堂で開催される「高森観音堂de桜まつり」。今年は、4/18(土)、4/19(日)の二日間に開催されることが決定しました!振る舞いや、出店、信濃境駅発着で町が主宰するウォーキングツアーも実施されます(今年もこっそり、夜桜ライトアップがあるかも…)。詳しくは富士見町公式ホームページへ。

・2013年の信濃境の桜達、満開の模様はこちら

・昨晩の夜桜のシーンはこちら

お天気の悪い週末。

雨が降り出す前に、見頃を迎えた信濃境の桜達をぐるっと眺めに行きます。

葛窪の枝垂れ桜140420_1この辺りでは最も標高の高い、1000m弱に位置する葛窪の枝垂れ桜も大分花が開き始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA色の濃い、葛窪の枝垂れ桜。老木ならではの圧倒的な存在感は曇り空の下でも変わりありません。

葛窪の枝垂れ桜140420_2そして、高森観音の前には「さくら祭り」の幟がはためいています。

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_8高森観音堂の枝垂れ桜も大分花開いてきました。富士見町の公式ツアーガイドさんによるの引率も含めて、大勢の観光客の皆様が訪れています。すっかり八ヶ岳西麓の春の風物詩となってきました。

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_5そして、桜まつり中だけのスペシャルイベント、観音堂内部の公開も実施されていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらが観音堂の名の由来となった、薬師如来(右)と千手観音(左)、中央が合祀されたと考えられているお地蔵様です。札板には「愛宕山観音堂」と「神沢山地蔵堂」と書かれています。欄間に彫られている紋は、諏訪大社と同じ、梶の葉です(参考までに建物の表に掲げられている札板には、この二つのお堂の名前と共に、「神林山薬師堂」の名前も添えられてます。従って、三柱合祀ということになります)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらが60体ほどあると言われている弘法大師像達。八十八カ所巡りに合わせて、以前は88体あったそうです。

こちらの観音堂の扉が開かれるのは、年に数回だけ。このような機会にしかお目にかかれないそうです。

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_13周囲には、そこかしこに桜の花を見ることが出来ます。

高森観音付近の桜達をどうぞ(各画像をクリックして頂くと、アップでご覧頂けます)。

 

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_1コブシの花と廃屋

この後は、井戸尻考古館へどうぞ