今月の読本「希少種はいま」と「増える変わる生態系の行方」(増田今雄 信濃毎日新聞社)自然ではなくすべては人の営みの中に

今月の読本「希少種はいま」と「増える変わる生態系の行方」(増田今雄 信濃毎日新聞社)自然ではなくすべては人の営みの中に

今回は2冊のペアでご紹介。これまでも何度か取り上げさせていただきました長野県の地方新聞社にして、地方出版の雄、信濃毎日新聞社の新刊です。

信濃毎日新聞社の刊行物では何時もは楽しい本のご紹介が多いのですが、こちらは本格的に社会派、新聞連載記事を再構成して書籍化したもので、新聞紙上では再現が難しい貴重な動植物の写真が、フルカラーのグラビアで楽しむことが出来るだけでも価値のある一冊です。どちらも信濃毎日新聞社の編集委員である増田今雄氏が書かれています。

2010年に刊行された一冊目の「希少種はいま」と、今回刊行された二冊目である「増える変わる生態系の行方」は同じような表紙デザインのため、両者がシリーズ本である事は容易に想像できます。また、紙面の構成もほぼ同じですが、内容がそうさせたのでしょうか、一冊目の方は貴重な動植物のグラビア重視の図鑑風、二冊目の方は所謂マガジン形式でテキストを読ませることを重視したデザインで構成されています。

増える変わる生態系の行方

そして、この二冊は同じシリーズの本とは思えない程両極端なテーマを扱っています。

最初に刊行された「希少種はいま」は、まさに今危機的状況にある動植物について、当時流行っていた(流行では困るのですが)「レッドリスト」というテーマに基づいて取材された記事を纏められたものです。

ページ毎に紹介される動植物にはそれぞれにレッドリストのランク付けの標記がなされており、問題とされている状況の重さが把握できるようになっています。しかしながら、それぞれの記事を読んでいると、行政が定めたこれらのランク付けより、現状の方が遥かに状況が悪化している事を著者は指摘し続けていきます。

そして、これらの記事につけられている美しい写真の多くは、故意に撮影場所の記載が外されています。本来であれば、貴重な動植物に対しての知見を深めるためには、広くその存在を認知してもらい、直接生息域で観察してもらうことが最も効果的なのですが、記事の中でも繰り返し述べられているように、生息環境を保護し、盗掘を防ぐため、やむを得ない措置として伏せられています(取材交渉や撮影にはかなりの御苦労もあったようです)。

貴重な動植物は、その貴重さが高まるほどに経済的価値も天井知らずで跳ね上がっていくため、前述のような規制を敷いた上での取材記事となっている事は非常に残念なのですが、それ故に、掲載されている美しい動植物の写真は極めて貴重なものである事も事実です。

そんな貴重な写真の数々で彩られた「希少種はいま」に対して、今回刊行された「増える変わる生態系の行方」の方は、一見どこにでもある風景が実は外来種で埋め尽くされている事実を写真と共に我々に問いかけてきます。

温暖化による動植物の北進、高層部への進出、今話題のツキノワグマや鹿の大増殖などは長野でなくても最近、頻繁に耳にするようになりましたが、出色なのは外来植物の広がりについて多くの項を割いている点です。

路肩の雑草や、木々が何処からどのように来たかという事に関心を寄せる方は決して多くないと推察されますが、本書を見ていくと、実は多くの外来生物に占拠されている事に唖然とさせられます。そして、島国である日本で外来生物が上陸するのは必ず海沿い、特に貿易の盛んな場所からという事になりますが、長野県の外来種の場合はやはり横浜から上陸して定着してく種が多いようです(別書での指摘ですが、過去には鉄道の沿線沿いに広がるという傾向が認められたらしいです。GISの出番ですね)。

すなわち、海岸沿いや標高の低い場所、南の方から進出してくる動植物が、海から最も遠く、標高も最も高く、寒冷な長野県に定着したという事実が認められれば、その外来種が本州全体に定着している可能性が高いという判断が出来ることになります。

本書で扱われる外来種は、長野の一ローカル紙の連載記事でたまたま扱われたに過ぎないかもしれませんが、実際には日本全体に広がる外来種の進出状況を表すバロメーターになっているのではないかと思えてくるのでした。

そして、前著「希少種はいま」と同様に「増える変わる生態系の行方」で扱われた動植物の動向も、元を辿れば環境の変化や生態系の破壊、人間生活の移動範囲の大幅な拡大とそれに伴う無防備な動植物の導入による拡散…と、全て人間の生活変化に付随して生じている事ばかりです(盗掘、密売は言うに及びません)。

本書の貴重で可憐な動植物、目を疑うような路肩や河岸の外来植物の群落、傍若無人な動物たちが闊歩する山里の写真の数々を眺めながら、現在の我々の置かれている厳しい状況に目を向けずにはいられなくなります。表紙の帯の色がレッドリストを表す「赤」、外来種への警告を発する「黄」である事に著者の深い憂いが滲み出ているかのようです。

<おまけ>

  • 本書は、新聞連載コラムが元となっているため、閲覧性は極めて良いのですが、テーマを掘り下げて読まれたい方には少々内容が不足気味かもしれません。そこで、野生動物たちの明からな生態の変化を写真を通じて伝え続けている、駒ヶ根在住の動物写真家・宮崎学さんの作品も併せてご紹介します。増える変わる生態系の行方とイマドキの野生生物こちらの一冊「人間なんか怖くない 写真ルポ イマドキの野生動物」(宮崎学 社団法人農山漁村文化協会)です。この挑発的なタイトルと、人を食ったような表紙の写真、タイトルとは全くそぐわないお堅いイメージの版元。著者と版元の由来ご存じでない限りには、Webに広がっているトンデモ系サイトの写真を集めて刊行した写真集かと思われそうですがさにあらず。土門拳賞受賞者でもあり、動物写真の第一人者にして卓越した撮影技能と工夫を凝らした自動撮影機器の開発でも定評のある著者が、地元駒ヶ根をベースに自動撮影を駆使して収集した動物たちの本当の生態を見せる衝撃の写真の数々と、その探究心から発した興味深い生態や環境の変化への視点。そして、農林水産関係の書籍では学術書からコミカルタッチなエッセイまで無類の規模と幅広いラインナップを誇る農文協がタッグを組んで、急速に変わりつつある野生生物の生息環境と生態を保護の視点ではなく、現実を直視するため(著者はジャーナリズムもしくは報道写真と評しています)には、どのように伝えればよいのかを模索した一冊となっています。都会に暮らしているとほとんど意識することのない話題ばかりかもしれませんが、実は皆さんの暮らしているすぐそこまで野生生物の足音が聞こえてきている事を意識せずにはいられなくなる一冊です。
広告
今月の読本「信州観光パノラマ絵図」(今だから見たい観光に賭けた先達の想い)

今月の読本「信州観光パノラマ絵図」(今だから見たい観光に賭けた先達の想い)

他の読みかけをすっ飛ばして、一気に読んでしまいました。

鉄道ファンの皆様ならすでにご承知かと思いますが、ここ数年鉄道ファンの分野に「絵地図」が登場。密かなブームになっていますね(鉄道ピクトリアルが発信源でしょうか)。

そのブームの仕掛け人でもある今尾恵介さんが監修を務め、ローカルながらそのテーマ選定と全ページカラーという豪華な体裁で驚かされた「長野県鉄道全駅」を手掛けた信濃毎日新聞の内山郁夫さんが執筆を手掛ける今回の一冊「信州観光パノラマ絵図」(信濃毎日新聞社出版部・編、今尾恵介・監修、信濃毎日新聞社)です。

信州観光パノラマ絵図

古くから教育立県と謳われる長野県ですが、その底辺には地方出版社による地道な出版活動による読書人口の継続的な維持があると考えられます(隣の山梨と比べると圧倒的に本屋さんが多いのですよ、長野は)。

昨今の不景気で数多あった県下の出版社も徐々に減っているようですが(昨年も一社、刊行を止められましたね)、その中でも高いクオリティで一人気を吐いているのが信濃毎日新聞社の出版部です。

大型写真集の大著となった「絶景の山シリーズ」は全国書店の登山コーナーを飾っていますし、「地域を照らす伝統作物」のような地域に密着した取材に基づいた書籍、東海大の駅伝監督にも就任した両角速さんの「「人間力」で闘う」などの、スポーツ関係の書籍…と、非常にバリエーション豊富なラインナップを繰り出しています。

そんな中でも、信濃毎日新聞が力を入れているのは「信州の観光」に関する分野ではないでしょうか。豊富な信州の観光資源を地元ならではの丁寧な取材と美しい写真、新聞社らしく短くも的確な文面で広く読者に伝えたいという想いは本書にも随所に見受けられるところです。

そんな「観光」という分野が鉄道網の普及により、日本国内でようやく途に就いた大正から昭和初期に大流行したのが今回のテーマとなる「パノラマ絵図」です。

元を辿れば浮世絵に辿り着くのかもしれませんが、西洋画法によってもたらされた遠近法を日本の古典的な画法にミックス、日本人が得意とするデフォルメを加えることで、世にも不思議な「魅せたい所だけを強調して、周囲の風景を織り交ぜる」地図として成立したのがパノラマ絵図かと思います。

そんなある意味ユーモアのある、ある意味ファンタジーな世界観を魅せるパノラマ絵図ですが、如何せん当時最先端の「広告媒体」だった訳で、その中身をじっくり見るとそこには悪意あるデフォルメと強調のオンパレードだったりする訳です(どのくらい酷いかは本書を手に取って観て頂ければ)。

悪意ある編纂が施される一方で、著者が指摘しているように当時の産業、社会構造をパノラマ絵図から導き出すことも可能であり、製作者たちが発注者と幾度となく議論を繰り返しながら完成させたであろうことを著者は丁寧に指摘していきます。

また、既に失われてしまった当時の風景が織り込まれている事も特徴の一つで、最後の章に割り振られているダム建設が始まる前の天竜峡のパノラマ図を見ると「こんな壮大な峡谷が日本にもあったんだ」と驚かされると共に、今の佐久間ダム湖畔に通じるか細い道路脇から眺める湖面を思い浮かべて、近代化によって大きな利便性を得た半面、何かとても大きなものを失ってしまったんだな、という観光とは異質の想いを抱かせてくれる本でもあります。

そんな、硬軟まぜこぜな(パノラマ絵図自体がごちゃまぜなのですが)内容を含む本書ですが、何よりも重要なのはこれらのパノラマ絵図を発注した人物たちが「我こそは信州の観光を発展させる」との想いから道路を開き、鉄路を引き、施設を整え、このような観光案内をあまねく全国に配布したことではないでしょうか。

先駆者の地道な努力によって一大観光地となった信州ですが、残念な事に本書に掲載されているパノラマ絵図の観光名所の多くは観光資源としての輝きを失いつつあり、その輸送手段であった鉄道網も年々縮小を続けています。一方で同じパノラマ絵図で天上の楽園のごとく描かれる上高地は年々人気が上昇していますし、草原が広がっているだけであった軽井沢の南側は高速道路開通もあり、今や一大レジャー地区に様変わりしています。

本書を手にとって、先達の苦労をしのび、昔を懐かしみ、パノラマ絵図中の面白い記述を楽しんだ後は、ちょっと今の状態を思い出して、この後どうなっていくんだろうなどと、未来に思いを馳せて頂くのもまた良い機会ではないでしょうか。

<おまけ>

  • 他の信濃毎日新聞出版物同様、本書の秀逸なところは全ページカラーにも拘らずこの価格(1700円)に抑えて発刊されている点です。しかもパノラマ絵図はページが複数に分割されてはいるものの、絵図中の文字がかろうじて読み取り可能な範囲までの縮小に留めており、資料的価値も充分に考慮されている点がとても嬉しい配慮です
  • 更にこだわりのポイントは「紙質」です。本来なら現代の一般書籍では使わないであろう、やや凹凸のある黄色味がかった用紙は、ずばり「パノラマ絵図」に使用されていたであろう紙質の質感を出来るだけ再現しようという試みにちがいありません。そのような心憎い配慮と資料性(長野県立歴史館が協力)を重視した編集内容は単なる読み物、鉄道ファン向けのコアな出版物という範疇を越えた「資料」としての体裁を有する一冊です。
  • 信濃毎日新聞社が刊行するシリーズで鉄道ファン、旅行ファンの方々にも興味を示されるであろう書籍を何冊か紹介させて頂きます
    • まずは冒頭でも紹介した「長野県鉄道全駅」でしょうか。オールカラーで長野県にあるJR、第三セクター、私鉄の全駅が紹介されています。昨年春に廃線となった長野電鉄屋代線の各駅写真は今後も貴重な資料となるはずです。
    • 「長野県鉄道全駅」が百科事典だとすると、セットとなる旅行ガイドが「信州 四季の駅旅」です。駅をテーマにした小旅行の写真集となっていますので、本書を片手に列車に乗ってまだ見ぬ風景を探してみるのもいかがでしょうか。
    • 次に「信濃の橋百選」です。こちらもカラーで長野県に現有する歴史的価値の高い橋を紹介しています。鉄道ファンというより地理ファン、建築物ファンの方に向けた一冊ともいえます
    • 信州を旅するシリーズで私のお気に入りは冒頭の写真にも載せています「峠で訪ねる信州」と「酒蔵で訪ねる信州」の2冊です。どちらも同じ著者(川崎史郎氏)と写真(小林敬一氏)による、ちょっと控えめな筆致で描かれる探訪記だったりしますが、「峠」の方は美しい峠の写真と共にアプローチ方法、mapが付いており、そのまま峠ファン向けの探訪ガイドに使えるほどの情報量を有する一冊です。「酒蔵」の方も同じ編集方針で信州の酒蔵巡りにはピッタリな一冊ですが、掲載されている写真がいずれも郷愁を誘う素晴らしいカットで溢れており、日本酒ファンなら眺めているだけでも至福の時を過ごせる事間違いなしの一冊です(呑みながらなら尚の事?)