落葉松色深まる晩秋の八ヶ岳西麓(2019.11.12~17)

冷え込む事も多くなってきた11月中盤。

秋の歩みがゆっくりとした今年ですが、それでも山里の秋は深まってきています。

冠雪した晩秋の八ヶ岳再び雪が降った八ヶ岳山頂部。

朝になって雲が晴れた後、山頂部は白く冠雪していました(2019.11.12)

湧き上がる釜無川沿いの雲海冬の訪れを告げる、八ヶ岳から吹き下ろす強い風と雨。

雨交じりの朝、釜無川沿いに延びる雲海から雲が沸き上がっています。

釜無川から昇るダブルレインボー日射しが差し込んでい来ると、釜無川沿いから鮮やかな虹が立ち上がってきました。

うっすらともう一重の虹が掛かる、ダブルレインボー(2019.11.14)

週末を迎えて、眩しいほどの日射しが降り注ぐ昼下がり。

南アルプスの山裾を埋める落葉松もぐっと濃く色付いてきました(2019.11.15)

刈り入れが終わった圃場越しに望む朝の八ヶ岳。

落葉松色に染まる山裾もぐっと色濃くなっています。

刈り取られた蕎麦畑と雲巻く南アルプス赤く染まる刈り取られた蕎麦畑。朝から風が強く、南アルプスの上空は雲が巻いています。

落葉松林と南アルプス車が行き交う道から深く入った小邑にある、江戸時代から続く屋敷跡から望む南アルプス。

周囲に植えられた落葉松も色濃くなっています。

南アルプスの落葉松黄葉刈り入れの終わった圃場の先に広がる南アルプスの山並。

尾根筋に当たる日射しが晩秋の落葉松を照らし出します。

釜無川から望む落葉松の黄葉八ヶ岳の裾野、七里岩から釜無川沿いに下っていくと、目の前を黄葉に包まれた山並が迫ってきます。

銀杏の黄葉と八ヶ岳釜無川を対岸に渡って山道を進むと、八ヶ岳を遠望する事が出来ます。

広大な裾野を西側に延ばす八ヶ岳山麓。裾野は濃い落葉松色に染まっています。

ススキの向こうに並ぶ山裾の落葉松。

八ヶ岳の遠望と落葉松林釜無川が南アルプスの山懐へと別れた後、更に北へと小さな集落を進んでいくと、落葉松林越しに八ヶ岳の全景を見渡す事が出来ます。

牧草地の落葉松林午後の日射しを浴びると牧草地沿いの小路。

稜線沿いの落葉松林牧草地越しの稜線に沿って植えられた落葉松と交互に延びる落葉樹たちの黄葉。

落葉松の黄葉に染まる八ヶ岳西麓びっしりと植えられた落葉松の黄葉に染まる八ヶ岳の裾野。普段は見上げるような八ヶ岳も、釜無川の対岸側から望むと、深々とした落葉松林に包まれる全容が見えてきます。

落葉松色に染まる入笠山振り返って、落葉松の黄葉に包まれる入笠山の麓。

僅かに見えていますが、既に頂上付近ではスキー場の人工降雪が始まっています。

稜線から民家ぎりぎりまで落葉松林が迫る入笠山側の麓。

午後の日射しを浴びる、黄葉した落葉松の木。

遥か遠く、釜無川の谷筋の向こうに仙丈ケ岳のシルエットが映ります。

落葉松色の渓谷から仙丈ケ岳深い渓谷となった釜無川の上流部。

深々とした渓谷の更に向こう側までびっしりと落葉松が植えられた山裾の更に先に仙丈ケ岳を望みます。

夕暮れの八ヶ岳と落葉松夕暮れが近づく八ヶ岳西麓。

ぐっと色濃くなる落葉松が西日を浴びています。

紅色に染まる八ヶ岳の落葉松黄葉日没を迎えた夕暮れ。

南アルプスの山際に日が沈む直前、山裾を覆う落葉松の黄葉はうっすらと紅色に染まります。

落葉松の黄葉が色濃くなる夕暮れの一瞬に起きる彩。

紅色に染まる八ヶ岳の落葉松黄葉21分も経たないうちに、日射しは西へと去り、山裾の落葉松林は夕暮れの中へと沈んでいきます。

空の青が夜の闇へと落ちていく晩秋の夕暮れ。

11月も後半戦。ゆっくりと暮れていく八ヶ岳山麓の秋ですが、日が暮れると気温はあっという間に5℃を下回ります。落葉松の色付きが濃くなると、そろそろ冬の足音が聞こえて来そうです。

梅雨空は彩を変えながら(2017.6.18~7.5)

少雨、空梅雨と言われながらも、6月も中盤に入ると空模様はどんより、そして強い雨が降る日も。今年も梅雨空がやって来ました。

お天気が優れないので、どうしても撮影に出る足が遠のくのですが、それでも日々を過ごす僅かなタイミングで素晴らしい色合いが望めるのが八ヶ岳山麓の素敵なところ。そんな日々のカットからご紹介。

どんよりとした早朝、何時もの奥蓼科、御射鹿池の周りには、陽射しを待ちわびる多くの観光客の方が訪れていました。ひんやりとした緑が移り込む湖面を眺めるのもまた、心地よいひと時。

一雨ごとに緑が濃くなる御射鹿池周囲の落葉松。梅雨が明ける頃にはぐっと濃い、夏の緑に移り変わっていきます(2017.6.18)。

雨上がりの朝、梅雨らしいウエットな青空には巻雲が高く巻いています。

今年も早々と夏蕎麦の花が満開を迎えていました(2017.6.20)。

一年で一番日射しが長く降り注ぐ夏至。その翌日の夕暮れは7時になっても稜線を黄金色に染めています。夏を迎え入れる夕暮れです(2017.6.22)。

梅雨とは思えないほどに晴れ上がった朝、すっかり雪渓が細くなった甲斐駒を望む圃場の麦は黄金色に染まります。収穫を待ちわびる喜びの色(2017.6.23)。

梅雨空は複雑な雲を空に描いていきます。雨上がりの空に広がる高いうろこ雲と、八ヶ岳を吹き抜ける西からの風が雲を沸かせています。雨をいっぱいに受けた緑の苗はぐんぐんと伸びていきます(2017.6.23)。

朝まで降り続いた雨が止んだ後、ひんやりとした霧が流れ込む雑木林に陽射しが差し込んでくると、うっすらとした緑のカクテルが出来上がります。梅雨の合間に現れる一瞬のシーン(2017.6.30)。

強い雨が過ぎ去った夕暮れ、雲と霧が次々と目の前を過ぎていく圃場の上空に僅かに開いた雲間から、うっすらとフレアが差し込んできました。天使が舞い降りる刻。この後、気まぐれな天使達にきりきり舞いにされる事に(絶好のチャンスを逃して落ち込む2017.7.1)

梅雨の合間に広がった青空。夏のそれとは異なり、雨上がりで何処までも高く澄み切った雲間の紺碧が心を捉えて離しません。一番大好きな藍(2017.7.2)。

再び強い雨が降った後、南アルプスの上空には複雑に尾を曳く雲が次々と流れていきます。雲間から覗く、その上に広がる青空は既に夏の色です(2017.7.3)。

台風一過の朝。巻雲がたなびく高い空は夏の色を湛えています。圃場の苗はすっかり伸びて、もう空の色を映す事はありません。

夕暮れ、少し早く仕事場を出ると、遠くに望む八ヶ岳を駆け上る雲が夕日に色付いていました。立沢の圃場の脇に車を止めて、暫し夕空に付き合ってみます。

午後7時を過ぎて夕日が西に沈んだ頃、圃場を染める空の色は刻々と変わっていきます。

入笠山から北に向かって長く長く筋雲が伸びていきます。

夕日が西の空の向こうに落ちると、華やかな夕暮れのショーが始まりました。

圃場を染める夕日と茜の空。

空を焦がす茜色。シャッターを切る間にも、どんどんと色を変えていきます。

日射しが雲の向こうに去っていくと、周囲もぐっと暗くなっていきます。

どっぷりと日が暮れた午後7時20分。長いようで短い梅雨の夕暮れに催されたショーは幕を下ろします。梅雨もそろそろ終盤ですが、空模様を気にしながらの日々はもう暫く続きそうです(2017.7.5)。

 

 

夏と秋が混ざり合う空の下には蕎麦の花(2016.8.21)

夏休み明けの週末。

夜になると虫の音が鳴り響き、時に毛布にくるまってしまう程に涼しくなりますが、まだ8月中盤。空模様が複雑に変わる中、眩しい日差しに最後の夏を感じながら外を歩きます。

夏と秋の交わる空1昼下がりの南アルプスの山並み。

山の上には夏を思わせる雲が湧いていますが、高い空の上には秋の雲。季節が徐々に混じり合っていきます。

咲き始めた蕎麦の花4標高1100mの圃場では、今シーズン初の秋蕎麦の花が咲き始めています。

咲き始めた蕎麦の花2圃場を埋める白い花。

八ヶ岳の上空には台風の影響でしょうか、巻雲が巻いています。

咲き始めた蕎麦の花1蕎麦の花に囲まれる晩夏の昼下がり。

明け方まで小雨交じりの天気でしたが、徐々に日差しが強くなり、気温はこの時点で25℃。その後は暑いくらいに。

咲き始めた蕎麦の花5僅かに開かれた空閑地にも、蕎麦の花が咲いています。

すっかり高くなった空の青が眩しいです。

夏と秋の交わる空2入笠山を望む圃場より。

名残の夏を惜しむかのように、午後になると山の上にはびっしりと雲が湧いていきます。

晩夏の空に舞う鳶1湧き始めた雲の向こうに、強い風を捉えて悠然と鳥たちが行き交っていきます。

晩夏の空に舞う鳶2目の前の休耕田に集まって、風を捉えはじめると、一羽、また一羽と大空に羽ばたいていきます。電気柵が普及してからでしょうか、人が中に入り込まないと知って、地上でも悠然と歩きまわる姿が、ここ数年増えてきたように感じます。

晩夏の空に舞う鳶3アップにして抜いてみたら、どうやらトンビのようです(換算85mmだとこれが精一杯…というか全然撮った事ないので)。

秋色交じりの空の下、風を捉えて悠然と目の前をかすめるように飛んでいく姿に、少し憧れてしまいました。

咲き始めた蕎麦の花3空に秋模様が混ざり合うと、八ヶ岳山麓は秋蕎麦の花が咲くシーズン。

これから9月の中旬ごろにかけて、標高を下げながら徐々に見ごろを迎えます。

 

 

少し早い落葉松の黄葉を楽しみに夕暮れの入笠山、大阿原湿原へ

New!(2015.6.12):スズランのシーズンが到来して、こちらのページで大阿原湿原へのアクセス方法を確認される方がいらっしゃるようですので、ちょっとご連絡です。

本年度も、入笠山への入山ルートにはマイカー規制が布かれています。2015年度の規制は、4/25から11/3までの入山期間中は連続規制となりました(昨年まで設定されていた一時入山日が廃止されています、ご注意を!)。規制エリアは沢入駐車場より山頂側、花畑までの区間で、規制時間は8:00から15:00までです。15:00以降翌朝までは沢入駐車場ゲートは解放されます。なお、今年は湿原までの臨時シャトルバスの運行もありませんので、富士見パノラマスキー場(パノラマリゾート)のゴンドラリフトをご利用ください。富士見駅から富士見パノラマリゾートまでの無料シャトルバスは1日1便のみ、富士見駅前発10:00です。

詳細な規制内容につきましては、富士見町の公式ホームページをご覧ください。

 

紅葉も本番の八ヶ岳周辺ですが、落葉松の黄葉は少し遅れて標高1700~1800mの高地帯に留まっています。

標高が2000mを超えるような麦草峠や大河原峠の付近では既に落葉に入っていますが、観光客の皆さんが多数訪れる標高1500mクラスの場所では月末頃に見頃になるはずです。

そこまで待てない!、となれば、少し標高を稼いで、こちらから落葉松の黄葉を迎えに山に向かいます。

【各画像をクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます】

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松4こちらは標高1800m。八ヶ岳の西側に対をなす、入笠山の山頂へ向かうアプローチルートです。

既に落葉松の黄葉はピークを迎えています。

現在、このルートはほぼ通年でマイカー規制が布かれています(規制がないタイミングは冬季閉鎖か、地元の利便の為に平日の僅かな期間だけ開放しています)が、15時から翌朝の8時までは通行が認められるという例外規定を利用して、山頂付近まで車で登る事が出来ます。

入笠山から望む秋の八ヶ岳連峰1落葉松林を抜けた先に広がる、八ヶ岳を望む大パノラマ。

以前は八ヶ岳撮影の名所だったのですが、前述の規制により光線状態の良い時間帯は、徒歩か期間限定で運行されるゴンドラリフト、シャトルバスを利用しなければ到着する事が出来なくなっており、元の静かな場所へと戻りつつあります。

入笠山から望む秋の八ヶ岳連峰2八ヶ岳の西麓を貫く、八ヶ岳エコーラインの立沢大橋を正面に見て。

麓に広がる大規模な圃場が、豊かに広がる八ヶ岳の裾野に拠っている事がとても良く判るかと思います。

ちょっと霞み気味ですが、山裾には落葉松の黄葉によってできたグラデーションが見渡せます。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松7再び、落葉松林の林道を抜けて駐車場に戻ります。

大阿原湿原の説明板駐車場の階段を下りると、正面には大阿原湿原が広がります。

シーズン中は多くのハイカーが訪れるこの場所ですが、午後も4時近い秋の夕暮れ時。木道には誰もいません。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松3

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松2

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松1誰もいない湿原の木道をしばし散策。

夕日を受けた落葉松林が美しい黄金色に輝き始めています。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松11再び林道に戻って、青空と落葉松の黄葉を存分に楽しみます。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松5

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松12

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松6落葉松の幼木の群れ。

この中から何本の木が大人になれるのでしょうか。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松8落葉松林は落葉樹でもあるため、林間が明るく開ける特徴があります。

足元にはクマザサがびっしりと広がります。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松10立派に育った落葉松の木が秋の青空に聳え立ちます。

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松9

秋の入笠山、大阿原湿原の落葉松13時折、遠くから鹿の鳴き声が聞こえてくる以外、殆ど音が届かない落葉松の林。

風が吹く度に、さらさらと落葉する音だけが僅かに囁いています。

落葉松の黄葉が麓に下ってくると、いよいよ秋も終盤。長い冬に向けた準備に取り掛かることになります。

 

夏色の残る空の下、エコーライン沿いに秋を探して(2014/9/7)

二日連続で天気の良い週末なんて何時以来だろうか。

昨夜の雨で更に磨かれたような日差しの差し込む9月最初の日曜日の午後。

あまり遠くに出かけられないけれど、秋の色合いを探して八ヶ岳の西麓を縦貫するエコーラインを抜けていきます【画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】。

池生神社の蕎麦畑花が咲きそろい始めた信濃境、池生神社の蕎麦畑。満開まではあともう少し時間が必要なようです。

乙事の蕎麦畑から八ヶ岳を遠望八ヶ岳も今日は夏色模様。蕎麦の花と空に浮かぶ雲の白いコントラストが映えます(諏訪郡富士見町乙事)。

夏と秋の混ざり合う色重く、穂を垂れ始めた稲穂の群れの向こうには、往く夏を懐かしむように入道雲が広がります(諏訪郡富士見町乙事)。

色づく泉野の圃場大泉山の谷筋に伸びる圃場を望んで。実りの秋を迎えた田圃に浅黄色の稲穂の群れが広がります(茅野市泉野)。

エコーライン沿いに圃場を遠望浅黄色の圃場の中には、所々に蕎麦の白い花畑が広がります。

刈り入れ前の僅かな期間だけ眺めることが出来るコントラスト(茅野市泉野)。

光芒と蕎麦畑2日が西に傾き始めると、入笠山に掛かる雲間から光芒が眺められました。白い蕎麦の花に光芒から漏れた午後の日差しが降り注ぎます(諏訪郡富士見町落合)。

光芒と蕎麦畑夏のように沸き立つ雲間に、午後の日差しが複雑に影を伸ばしていきます。

蒼く、広く伸びる秋空が望める頃になると、真っ白な蕎麦の畑も、浅黄色から黄金色に移り変わる田圃も刈り入れの時を迎えます。