水面と新緑溢れる山里で(2019.5.8~11)

4月の末からイベント続きの日々が過ぎ去った後。

何時もの静けさを取り戻した八ヶ岳の山懐にある山里は初夏の心地になってきました。

ぐっと冷え込んだ朝ですが、GWを過ぎると標高1000mを越える圃場も水が引かれはじめます。

今年はまだ雪が多く残る甲斐駒。

山裾の落葉松林も緑に染まり始めています(2019.5.8)

少し標高の低い圃場ではいよいよ田植えが始まりました。

標高が高い場所が故の短い稲作シーズン。農家の皆様にとっては一日も無駄にできない日々が始まります(2019.5.9)

周囲の新緑も日々、緑豊かになっていきます。

新緑の圃場と甲斐駒新緑をバックに水が張られた圃場に映る甲斐駒の山並み。

緑と水のコントラストが眩しい5月の朝(2019.5.10)

週末、沸き立つ雲に覆われる甲斐駒。

好天を期待したのですが、朝から雲が空を覆い風も強く吹く昼下がり。偶然にも空には彩雲が掛かっていました。

ちょっと天気が崩れそうなので、遠出はせずに近くをお散歩。

汗ばむほどの暑さとなった午後の日射しを浴びる、南アルプスを望む圃場に広がる麦畑。まだ浅い緑に覆われています。

若い麦の穂まだ瑞々しい緑を湛える麦の穂。

標高の高いこの地で麦秋を迎えるのは1ヶ月ほど後、梅雨入り間際です。

暑さを避けて標高を上げて八ヶ岳の山懐に飛び込むと、牧草地の先には新緑の中に山桜が花を咲かせています。

牧草地沿いで花を咲かせる山桜。

牧草地の向こうには落葉松林が広がります。

新緑に染まる落葉松の小道落葉松林の中に延びる林道。

落葉松の新緑見上げると、浅い青空の下、軽やかな緑に染まる落葉松の新緑。

心地よい風が吹く中、何時までもこの景色の下を歩き続けたくなります。

八ヶ岳牧場、本場の新緑林道を進んでいくと、開けた新緑の牧草地の中に放たれた牛たち。こちらにアイコンタクトしている一頭も。

5月から10月中旬に掛けて、この場所では麓の酪農家から委託された雌牛達がのびのびと放牧されます。

更に涼を求めて、八ヶ岳西麓を横断して茅野市側、多留姫の滝へ。

新緑に包まれる滝の音に暫し、耳を傾けます。

夕暮れの圃場1午後も3時を過ぎると、八ヶ岳から真っ黒な雲が降りてきて、夕立のような雨が降った八ヶ岳南麓。

日没を迎えて、雲が取れはじめると、鮮やかな夕日と空が圃場の水面に映ります。

夕暮れの圃場日が西の山並みに沈み、空の雲が流れ去ると、山里の渚にも夕凪が訪れます。

5月も初旬で既に夏日となった週末。一雨降って、少し涼しくなってきました。

桜と落葉松の新緑新緑の緑と圃場を満たす水面の美しさを愛でれるのは5月始めの、GW明けの僅かな期間。田植えが始めると山里は次のシーズン、梅雨を前にした麦秋へと向かいます。

 

梅雨の晴れ間に(緑を求めて八ヶ岳東麓を)

梅雨なのにお天気の良い日が続いています。

これだけ天気が持ってくれると、体調さえ許せばどうしても出かけたくなってしまいます。そんな訳で今日もふらふらと。

初夏の八ヶ岳牧場八ヶ岳牧場、天女山分場から八ヶ岳方向を望んで【クリックでフルサイズ】

天気が良いとはいえ、梅雨時なのでやはり少々ヘイジーな感じは否めませんが初夏らしい雰囲気になってきました。

甲斐駒と牧場の牛たち同じく、八ヶ岳牧場天女山分場より、残雪が残る甲斐駒と南アルプスをバックに放牧中の牛たちを。冬季には麓の各畜産家が飼育している牛たちも、夏のシーズンには広くて気候が良い中腹の牧場に放牧することで健康的な飼育が図られることになります。

ちなみにこの撮影後、何故か牛さんの大集団に追われることに…

まきば牧場のヤクシカまきば公園に戻って、園内のお立ち台で寛ぐヤクシカを。

まきば公園の駐車場前からポニー広場にかけてはこのシーズン、観光客の皆様でいっぱいですが、山側に入るとちょっと少なめなので、のんびり過ごすことが出来ます。

新緑の紅葉そんなのんびりした空気が流れるまきば公園のカエデの木を【クリックでフルサイズ】

まだ新緑の装いを残しています。

新緑の紅葉2光溢れるカエデの新緑を【クリックでフルサイズ】

緑纏う八ヶ岳観光客の皆様がいっぱいのまきば公園を離れて野辺山側へ。ちょっと奥まったところは地元の方以外、ほとんど人を見かけません。

甲斐駒や南アルプスより標高の低い八ヶ岳はもうほとんど雪が残っていません。

雑木林に差す光ちょっと雑木林を覗き込んでみると、美しい緑が広がっていました【クリックでフルサイズ】

八千穂レイクの緑東麓側を北上して八千穂レイクへ。標高の高いこちらも漸く緑が濃くなってきました。

周囲の白樺林の中には躑躅の花がそろそろ咲き始めています。

緑の小道湖畔の小道にて。幼木の落葉松は緑が柔らかく優しい雰囲気です【クリックでフルサイズ】

白樺林の緑すっかり葉を付けた白樺林にて【クリックでフルサイズ】

ぼちぼち躑躅の花が咲き始めていますが、見頃は今週末から来週にかけてでしょうか。

しっとりした雰囲気の中でもう一度トライしてみたいところですが、光溢れる白樺林も美しいですね。

雪晴れの八ヶ岳山麓(御神渡りは駄目だったけど)

先週の後半から天気が安定しない日々が続き、土曜日には地吹雪となってしまった、八ヶ岳南麓。

ようやく晴れ渡った日曜日。22日に発表があった御神渡りを見物に諏訪方面にお出かけです。

八ヶ岳牧場からの眺め

まずは、ちょっと寄り道して昼下がりの八ヶ岳牧場から【クリックでフルサイズ】。

美しい青空が拡がる。心地よい寒さの中、シャッターを切る。

静かな八ヶ岳横断道路

八ヶ岳横断道路は休日にも関わらず車はとても少ない。昼下がり、気持ちよく晴れ渡った空の下に雪が映える【クリックでフルサイズ】。

雪雲をかぶる八ヶ岳

山を下りて、富士見側へ。

山の上では綺麗に見えた八ヶ岳も山の下では雲の向こう【クリックでフルサイズ】。

雪原から眺める入笠山

ちょっと気分を変えて、西側を望む【クリックでフルサイズ】。

真っ青な空の下、雪原一杯に冬の日差しが降り注ぐ。風も弱く、ちょっとだけ暖かい午後(でも氷点下だったりします…)。

雪の富士見高原から望む富士山

無理矢理富士山なんか撮ってみたりします【クリックでフルサイズ】。

54mm(換算108mm)で長野から富士山撮影なんで、現実的じゃないですよね。

雪晴れの蓼科山と北八ヶ岳

富士見を後にして、茅野側に移動。

綺麗に雪化粧した北八ヶ岳達【クリックでフルサイズ】。

蓼科山と金曜日の夜にNHK(首都圏スペシャル)で赤井さんが登られていた北橫岳を望んで。

空は冬らしい、高く、高く伸びていくコバルトブルー。

結氷した諏訪湖からの眺め

そして、目的地の諏訪湖へ。

湖畔には観光客の皆さんが一杯。ちょっと足下の悪い湖畔遊歩道を歩きつつ、思い思いに厳冬の諏訪湖を楽しまれている様子。

八ヶ岳の麓はちょっと雲が出ていたが、湖畔まで来れば再び抜けるような厳冬の青空。観光客の皆さんが余り近寄らない、岡谷側より山梨側を望む【クリックでフルサイズ】。

ほのかに色づく結氷した諏訪湖と八ヶ岳

夕暮れを迎えた諏訪湖湖畔より、八ヶ岳連峰を【クリックでフルサイズ】。

湖畔も山もほのかに染まり始めている。

肝心の御神渡りは残念ながら雪の影響もあり溶けてしまって見られませんでした(渋崎の辺りは完全に溶けていてさながら「明けの海」状態)。

2012年の御神渡りちょっと、悔しいので昨年の写真でお茶を濁してみます…

昨年の結氷した諏訪湖の写真です。

雪が降らないと、このように透明感溢れる湖面が拝めるのですが、今年は妙に雪が多いですね。また今週冷え込むそうですので美しい結氷が見られるかもしれませんね。

 

<おまけ>

下諏訪から撮影した結氷した諏訪湖です。

富士山が映っているのですが判るでしょうか?

山の写真を撮るときに心理的影響って本当に効きますよね(もっとUpでって…)凍結した諏訪湖から富士山を

冬晴れの午後には(八ヶ岳の東側)

冬晴れの午後、特に差し迫った予定が無ければカメラ片手に八ヶ岳の近辺を廻るのが休日のお約束。

初めて通過したフィフォーレ脇の小海線踏切より。

小淵沢界隈からは意外なほど八ヶ岳をクリアに撮影できる場所は少ない。別荘地帯は森に囲まれているし、少し標高を下げると結構宅地が多い。広々とした高原をイメージするとちょっと裏切られる。少し離れて富士見や大泉の方が高原らしい広がりのある風景に出会える。

小淵沢でもこのくらい開けた風景は撮影できるが場所はかなり限定される。鉢巻道路沿いの八ヶ岳牧場本場より眺める八ヶ岳。

夏の放牧用として利用されるこのエリアは冬のシーズンにはひっそりと静まりかえっている。

ここまで標高を上げると(約1300m)108mmでもこの位迫った絵を撮ることが出来る。金曜日に降った雪がうっすらと残る。

本当は霧ヶ峰方面に向かうつもりが、天気の良さに色気が出てしまい逆光となる西へ向かう。

まきば公園から狙ってみた。山肌がしっかり捉えられるようになっている。この辺りまでは光線条件も良かったのだが…

まきば公園より秩父連山

まきば公園より西側の秩父連山を望んで

野辺山より雪の八ヶ岳を

野辺山側に回り込むと急に天気が悪化、八ヶ岳の山頂はあっという間に雲に覆われてしまった。きつい風が吹く中、家族連れが雪遊びにいそしんでいたのが印象的だった(横浜ナンバーさん、雪、珍しいよね)

雪雲がたれ込む南アルプス

こうなってしまうと、どうにもならないので撮影は終了。最後に雪雲に沈む最後に南アルプスを。

こうして連休の2日目は過ぎていく。明日は良い天気らしいので霧ヶ峰にトライするかな。