秋色の八ヶ岳西麓(2015.10.25)

八ヶ岳を徐々に下っていく紅葉前線。

里から望む八ヶ岳も彩を深めていきます。

P1060026西日を浴びる八ヶ岳の峰々。

裾野が落葉松の黄葉でオレンジ色に染まります。

P1060011集落の少し上にある、八ヶ岳自然文化園、まるやち湖。

窪地にある溜池の水面は穏やか。八ヶ岳と周囲の白樺林を映し込んでいきます。

P1060006八ヶ岳自然文化園の白樺黄葉はもうピークを過ぎています。

白樺の向こうに臨む落葉松林は色付き始めています。

P1060017山裾一杯に落葉松林が広がる、八ヶ岳西麓。

このシーズンになると、落葉松の黄葉が裾野を埋め尽くします。

P1050980黄葉が始まっている落葉松林。

もう少しすると、黄金色の葉に囲まれるようになる筈です。

P1060015標高を更に上げて、鉢巻道路沿いまで進むと、落葉松の黄葉が目前に広がります。

P1050993

P1050995八ヶ岳の標高1200mから1500mの山腹を往く、鉢巻道路。

落葉松の黄葉がピークを迎えつつあります。

P1050987八ヶ岳の懐を昇る谷筋沿いに広がる落葉松の黄葉。

山は黄金色に染まっていきます。

P1060029夕暮れ、八ヶ岳の向こうから月が昇っていきます。

東京の方では木枯らしと呼ばれる風が強く吹く、天気の良かった日曜日。

急激に冷え込む日没直前は既に9℃。今晩は冷え込みそうな八ヶ岳西麓です。

広告

雨上がりの初夏の午後には八ヶ岳西麓を散歩しながら試写を(Lumix GM5+Lumix G 42.5mm f1.7)2015.6.6

雨が上がってお天気が回復した土曜日。

積み上げられた仕事を振り切って(来週は地獄じゃな)、眩しい日差しの中で入手したばかりのカメラの試写がてら、お散歩です。

(撮影は全てLumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7の組み合わせ、JPEG撮って出しです。画像をクリックするとフルサイズ表示になります)

LumixGM5試写1朝日を浴びる木々の緑と青空。

LumixGM5試写2八ヶ岳と水田八ヶ岳と水田。

LumixGM5試写3水田の水面に映る雲水田に映る雲。

LumixGM5試写4スイレン井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f6.3)

LumixGM5試写5スイレン2井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.8)

LumixG5試写6スイレン3井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.0)

LumixG5試写7スイレン4井戸尻考古館前の蓮池にて、白いスイレン(f2.8)

LumixG5試写8まるやち湖原村の八ヶ岳自然文化園内のまるやち湖。

この画角だと、八ヶ岳を入れるのはちょっと窮屈。被写体を絞り込む事を要求してきます。

LumixG5試写9八ヶ岳自然文化園の白樺林八ヶ岳自然文化園の白樺林。

林の中にはレンゲツツジの花が所々に咲いています。

LumixGM5試写20八ヶ岳自然文化園のレンゲツツジレンゲツツジの小さな群落と白樺(f6.3 -0.3EV)。

LumixG5試写10白樺と青空白樺と初夏の青空。

緑がすっかり濃くなってきました。

LumixG5試写11八ヶ岳農業実践大学八ヶ岳農業実践大学校の即売所を八ヶ岳の山並みと。

画面が狭い分、入れ込むアイテムをきっちりと絞り込みたいところ。

LumixG5試写12子牛1八ヶ岳農業実践大学校で放牧されている、人懐っこい子牛。

LumixG5試写13子牛2こちらに寄ってきてくれたので、もう一枚。絞りはf2.8。目の位置に合わせています。

LumixG5試写14沸き立つ雲高原の初夏。沸き立つ雲。

LumixG5試写15水田と苗風に揺れる、水田に並ぶ苗の群れ。少しずつ伸びる苗は、梅雨が明ける頃には水面を緑でいっぱいに埋めてくれます(f8.0)。

LumixG5試写16蓼科山初夏の蓼科山。何時もなら横岳とセットでフレームに収めるのですが、この画角だと、シングルの方がしっくりきます。

しっかり濃くなった山の緑が気持ちいいです。

LumixG5試写17笹原溜池の緑少し傾きかけた西日を浴びる、笹原溜池。

今日は風が強いので湖面は落ち着きませんが、西日に照らされた木々の緑が湖面に溶け込んでいきます。

LumixG5試写17夕暮れの圃場この時期にしては珍しく赤焼けした八ヶ岳を撮り損ねるという失態を犯した上に、更には電池切れとなった最後の一枚(f6.3 ISO400)。EVFを使用しながら、一部は液晶画面で撮影した枚数が176枚でしたので、まあまあカタログスペック並みというところでしょうか(撮影確認している時間が普段よりかなり多かった影響も大です)。

風景モードを使用してもオリンパスのような印象的な青は中々出せない上に、画角の狭さを克服するのにもまだまだ時間が掛かりそうですが、前評判程派手な色使いという訳でもなく、コントラストを少し上げた状態ではある程度狙ったイメージで上げてきてくれているので、今後は色々なシーンで活躍してくれるのではないかと期待しながら。

落葉松の黄葉を山裾に染める、秋空の八ヶ岳山麓を(2014/10/25)

気持ちの良い秋晴れとなった週末の土曜日。

空は青く晴れ渡り、紅葉もいよいよ里に下りてきました。

青空が広がる午後、足繁く通っている八ヶ岳西麓をのんびりとお散歩します。

【各画像をクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます】

黄葉する八ヶ岳の裾1青空の下、落葉松の黄葉が八ヶ岳の裾を染めています(茅野市泉野)。

山の高い場所は、すっかり紅葉が終わって冬の装いに移りつつあります。

まるやち湖から八ヶ岳連峰を1原村にある、八ヶ岳自然文化園の、まるやち湖から眺める八ヶ岳の山並み。

水面に移る紅葉と八ヶ岳を楽しみたかったのですが…、何と工事中で水が抜かれてしまっていました。

残念そうにお帰りになる観光客の方、多数。

まるやち湖から八ヶ岳連峰を2白樺林越しに望む八ヶ岳。白樺は既に落葉して、山並がはっきり見えるようになっています。

黄葉する八ヶ岳の裾2八ヶ岳の懐近くまで寄ってみると、落葉松の黄葉が目の前まで下ってきています。

観音平の黄葉する山並み

観音平の落葉松2では、落葉松の黄葉を追って山の中へ。

標高1600mを越えてくると、落葉松の黄葉はピークを迎えています。

観音平の落葉松1青空の下に広がる、落葉松の黄葉。

落葉松の木立に輝く紅葉落葉松林の中で輝く紅葉する木を。

秋の観音平から富士山南八ヶ岳の登山口、観音平に到着です。

青空の向こうに、既に雪をかぶる富士山が遠望できます。

秋の観音平から南アルプスこちらは南アルプスを遠望。

うっすらと雲海がたなびいています。周囲は落葉松の黄葉と緑を湛える針葉樹たちに囲まれます。

もう秋も終盤戦です。

赤く燃える夕焼け麓に下った夕暮れ。赤銅色に雲を染める夕日が西の空を焦がします。

明日から天気は下り坂。一雨ごとに落葉松の黄葉は色を濃くしていきます。