冷え込む冬の日々(2018.1.11~13)

冷え込む冬の日々(2018.1.11~13)

1月も中旬に入るといよいよ厳冬期。

これから春節の頃に掛けて、一年で一番寒いシーズンに突入します。

寒気が抜けて、雪雲が去った朝。明け方まで雪を降らせていた雲たちが高く空に舞い上がっていきます。

年始に入って、今シーズン初めて数cmの積雪となった八ヶ岳南麓ですが、少し標高を下げると、圃場にも路面にも雪がありません(1/11)

漸く気温が氷点下10度を下回った朝。

寒気が降らせた雪が残る八ヶ岳が白さを取り戻しました。

今シーズン初めての「八ヶ岳ブルー」厳冬のシーズン、到来です(1/12)

本格的に白い衣装を纏いはじめた八ヶ岳を望みに、野辺山まで上がってみましたが…こういう時にタイミングが合わず、再びの雪雲に覆われてしまいました。

野辺山界隈でも雪が少なく冷え込みが厳しいという、八ヶ岳山麓らしい冬を迎えています。

真っ白に雪化粧した権現岳と麓のスキー場。

赤岳から北側は雪雲に霞んでいます。麓はご覧の通りの雪なしですが、この時点(14時頃)で気温-2℃と、陽射しはあっても厳冬期らしい、厳しい寒さです。

再び南麓側に降りてくると、八ヶ岳高原大橋の向こうに、雪雲から光が差し込んでいます。

「天使の階段」とも呼ばれる光芒が南アルプス全体を包み込んでいました。

冬のシーズンには珍しい光景、冷たい風が吹く中、暫し足を止めて流れゆく雲と光芒を望みながら。

昨日からは、八ヶ岳山麓広域で催される真冬の一大キャンペーン「寒いほどお得キャンペーン」が始まりましたが、連日の冷え込みでいきなり50% off(朝10時の時点で、清里駅前の気温が-5℃以下)も出ている今年、諏訪湖の御神渡りを含めて、厳冬の八ヶ岳山麓をホットにしてくれる話題に事欠かないシーズンとなりそうです。

 

インプレッサのTV-CMって清里なんですか?(答え:野辺山の海ノ口です)

インプレッサのTV-CMって清里なんですか?(答え:野辺山の海ノ口です)

八ヶ岳山麓の写真(も)扱っている本サイト。

そんな関連かもしれませんが、最近「インプレッサのCM撮影場所」を探しに本サイトに訪れている方がいらっしゃるようです。

山下達郎は大好きなのですが、今更の高気圧ガールにちょっと能天気とも思えるキャッチコピーを聴くたびにsubaruの広報戦略も変わったなぁ等と、しみじみとしながらサンソンでCM聴いている訳ですが、TV版の方はこの休みの間に拝見して、ああ、あそこだなと、大体で割り出してみました。

2一番印象的なこちらの映像、もちろんご存知の方は多数いらっしゃるかと思います。橋しかないと揶揄された旧清里高原有料道路の唯一無二の名所、八ヶ岳高原大橋ですね。

午後の日差しと雪を戴く八ヶ岳振り返るとこんな感じで八ヶ岳のパノラマを望むことができます。

PC155868c清里から下ってくるカーブする橋の先には、南アルプスの山並みを正面に臨む事も出来ます。

眺めの良い事で知られるこちらの橋の映像だけを観てしまうと、CM自体も清里で撮影されているかと思われますが…。

1まずはこちらの写真、綺麗なヘアピンカーブから立ち上がって来る上り坂に、溢れる木漏れ日。清里界隈ではちょっと観られない風景です。更に街路の脇に立つ、連続して並ぶ反射板のポールとその外に広がる整備された芝生は、ちょっと一般の道とは思えません。

5後半のシーンも同じような道路が映っています。

思い当たる場所はと言いますと

image_sengatakiこちらの、①で示します、海ノ口別荘地へのアプローチ、千ヶ滝のヘアピンカーブです(地理院地図を使用)。海ノ口別荘地の内部もロッジの前まで同じようなシチュエーションの道路が続きますので、カーブの部分以外はそちらで撮影されている可能性もあります。

別荘orロッジに行かれる方以外はめったに通る事のない道、でも国道の市場坂をショートカットするルートをご存知の方であれば、ああ、あそこねと納得されるのではないでしょうか。

そして、この近くでドッグランを自由にできる場所と言えば、消去法で決まってしまいます。

4他のサイトでも紹介されているように②で示しています、八ヶ岳犬の牧場が正解かと思います(注記:GWになって現地にも看板が出ましたが、アプローチ道路が通行困難となり、昨年末9月末に閉鎖されました。施設は野辺山駅前に移転しました)

ポイントとなるのはこちら

3後ろに映っている山、一見すると男山にも見えるのですが、実際は周囲の山並みとの配置を考えると、川上村と南相木村の境界に聳える天狗山(角度的には手前の男山では?と指摘を頂きました)である事が判ります。

7公式サイトでも紹介されているこちらの動画に映っている山と、牧場内の2本の灌木、たぶん間違いないでしょう。

P1050595

沸き立つ雲と高原野菜の畑

秋色の野辺山22犬の牧場は来園者以外入場できませんが、周囲を散策すれば、この通り気持ちの良い景色に包まれる野辺山、海ノ口界隈。

もし、TV-CMに興味を持たれたら、次のシーズンには清里から一歩足を延ばして、野辺山にも来てみませんか。

image_kiyosato_to_uminokuchi清里方面からのルートマップ。

国道141号線を佐久方面に進んで、板橋の集落の先にある「海ノ口別荘地」の案内看板に従って折り返すか、野辺山駅手前で八ヶ岳側に折れて(滝沢牧場の看板が目印ですが、滝沢牧場へ向かわず、一番左の道に入りましょう)別荘地の中を抜けていくルートの2パターンが選べます。海ノ口牧場と書かれた部分が、現在の犬の牧場です。

秋色の海ノ口別荘地1

南牧村海ノ口