暖かな師走はじめの夕暮れ時に(2017.12.2)

暖かな師走はじめの夕暮れ時に(2017.12.2)

急激な冷え込みが緩んで、暖かな師走の入りとなった今週。

師走特有の慌ただしさが感じられるまでにはまだほんのちょっと時間のある月初の週末、夕餉の買い出し途中で撮影したカットを何枚か。

12月の午後の冬空は、真冬に比べるとまだ柔らかな、パステルブルーの空。

緑が残る圃場と雪を戴く八ヶ岳ののコントラストは、ちょっとメルヘンチックな印象を与えます。

夕暮れを迎えて西日に照らされる八ヶ岳の主峰、赤岳と阿弥陀岳。

雪の少なかった昨年と比べればしっかりと雪渓が出来上がっていますが、真冬と比べると、こちらも穏やかな感じを受けます。

すっかり葉を落とした裾野を飾る落葉松林は暗褐色に沈んでいます。

ぐっと南に移動した冬至を前にした夕日が杖突峠に沈む頃、落葉松が残してくれた最後の彩が八ヶ岳の裾野を深い紅色に染めていきます。

西に沈んでいく夕日と交代するように、八ヶ岳の山並みから師走の月が昇り始めます。

師走になっても続く圃場での農作業。桃色に染まる雪渓をバックに、圃場の畔で焚かれた煙が立ち昇っていきます。

桃色に染まる夕暮れの八ヶ岳の雪渓と師走の月。

ゆっくりと沈んでいく夕日が杖突峠の向こうに消えていくと、桃色に染まっていた雪渓の色も落ちて、夜の帳が降り始めます。

晴れ渡って宙の先までクリアーな南の空。夕日の向こうに歩みを進める飛行機は、足早に家路へと空を滑っていきます。

雪渓を戴く北アルプスの山並みに囲まれる諏訪の盆地の上空。夕暮れの彩が長く、長く続いていきます。

すっかり夜の帳に落ちた八ヶ岳。煌々と輝く冬の月に照らされていきます。今年一番の大きさになっている師走の月が満月を迎えるまで、あと数日。

どっぷりと杖突峠の向こうに沈んだ夕日が、最後の名残の色を残していきます。

諏訪の盆地に夜の明かりが灯る頃、高原の圃場はぐっと冷え込んできます。

穏やかな冬の夕暮れに。

広告
雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

山々は本格的な降雪となった金曜日の晩から日曜日の朝にかけての週末。

幸い、里には降雪は無く、ほっとしていましたが、一段と冷え込んだ日曜日の朝。

もう、すっかり冬を想わせる強い風の吹く中、少し季節を先取りに行ってみます。

立沢の圃場の向こうに広がる八ヶ岳。

烈風が吹き抜ける中、北からの雪雲が八ヶ岳の上空にも再び押し寄せてきました。

西の端に位置する画面左手の編笠山から北に向けて、山を覆う雪が徐々に増えていくのが判ります。

すっぽりと雪雲を被る北八ヶ岳、蓼科山と横岳。

麓の落葉松もすっかり葉を落としました。

標高を一気に上げて、1700mオーバーのビーナスラインの伊那丸富士見台。

周囲の山麓には殆ど雪は見当たりませんが、正面に伸びる八ヶ岳連峰全体を雪が覆っているのが判ります。

更に標高を上げて、2000mに達する美ヶ原へ。

山本小屋ふるさと館の駐車場から望む蓼科山。

今登ってきた道路が足元に見えていますが、霧ヶ峰から先は断続的に凍結とスノーの連続。扉峠から先の区間は一部除雪されていますが、昨夜の新雪がうっすらと積もった状態で、運転にはかなり緊張が伴う状態です。

日射しも見えますが、強風が吹きつけるとブリザード状態に。周囲は完全に雪景色になっています。

強風に煽られる樹氷した木。空を流れる雲は、秒速の速さで目の前を飛んでいきます。

山本小屋へのアプローチ路の途中で。雪化粧をした針葉樹の稜線の中を渡っていきます。

山本小屋を過ぎると、美ヶ原の主峰、王ヶ頭のアンテナ群が見えてきます。

ダイヤモンドダストを振り撒きながら吹き付ける烈風に、体を持って行かれそうになります。

美しの塔へ向かう遊歩道。

雲の隙間から眩しい程の日射しが差し込む雪原。吹き続ける風に足跡も完全にかき消されてしまっています。

強風の中、軽登山靴に地上の冬の衣装でこれ以上何もない雪原を進むのはちょっと危険を感じて(ここまで登ってくる間の運転も結構ハードだったので)、此処で引き返します。

風は強いままですが、雲は徐々に切れ始めてきました。

振り返って高原美術館方向を望みます。

風と雪が入り混じりながらも日差しが徐々に戻ってきました。

真っ白に雪化粧をした蓼科山を正面に遠望します。

標高2000mともなると、雪雲に手が届きそうです。

眩しい冬の日射しを受けて輝く美ヶ原の雪原。

雪雲が抜けた北東の空は、抜けるような冬の碧空が望めました。

氷点下4度とそれでも厳寒期と比べれば暖かい、風と雪が織りなす美ヶ原の初冬の景色。

ビーナスラインの美ヶ原方面は一部の区間を除いて、今週水曜日(22日)に冬季閉鎖になります。

再び霧ヶ峰まで戻ってきました。

冬の装いとなった草原の上を雪雲が勢いよく流れていきます。

一足早く冬を迎えた八ヶ岳山麓、寒気が流れ込む明日も降雪の予報が出ています。

果たして里にも雪が訪れるでしょうか。

名残の秋色の小路(2017.11.12)

名残の秋色の小路(2017.11.12)

ひんやりと冷え込んだ、晩秋の日曜日。

長く長く続いた高原の秋も、11月に入ると足早に冬の装いへと移り変わっていきます。

青空の下にすくっと幹を伸ばす落葉松。

帽子を被ったような黄葉する葉が快晴の空を彩ります。

多くの葉が落ちて明るくなった樹冠から日差しが差し込む落葉松林。

晩秋の明るい落葉松林の中を進んでいきます。

作業道の左右に広がる落葉松林はあくまでも人工林ではありますが、落葉松の純林特有のクマザサが密集することは無く、差し込む日差しを受けてススキたちが輝いています。

落葉松と落葉樹たちの彩のコラボレーション。

日射しを透かして輝く落葉松と紅葉する木々。

落葉松林の中で見つけた、小さな秋の輝き。

落葉松林を抜けて振り返ると、ぐっと色付きが濃くなった八ヶ岳を再び望む事が出来ます。

正面に広がる入笠山の山頂部、ゲレンデの最上部では人工降雪が始まったようです。

ゲレンデオープンまであと一ヶ月ほど、八ヶ岳の西麓も冬本番までカウントダウンです。

西に目を向けると、既に真っ白に雪化粧をした北アルプスの山々。

八ヶ岳の緩やかな裾野に広がる広大な圃場の脇にある、小さな高まり。見事に紅葉する木々に囲まれています。

八ヶ岳西麓の縄文遺跡でも屈指の規模を誇る、原村の阿久遺跡。

しかしながら、図上でご覧頂けるかと思いますが、中央道を貫通させるために、その貴重な遺跡は地中深くに埋め立てられてしまいました。中央道をこのシーズンに通過されると気が付かれるかもしれませんが、高速道路の両脇に広がる、こんもりとした紅葉する木々が植えられた場所が、阿久遺跡の埋設跡に植えられた落葉樹たちなのです。

Googlemapで表示した阿久遺跡。中央道を挟んで左右に広がる、周囲と植生の異なる部分が、発掘調査後に埋設された箇所です。画面右端には出土物を収めた収蔵庫があります。かなり離れた八ヶ岳の中腹を横断する鉢巻道路沿いにある、八ヶ岳美術館(併:原村歴史民俗資料館)に僅かですが、出土物が展示されています。

小高い丘の上に登っていく小路。

鬱蒼と茂る落葉樹の林も、このシーズンには明るい彩に包まれます。

環状列石が並んでいた場所に造られた広場を囲む林。此処に生活を営んでいた彼らに思いを馳せるように、生活の糧を与えてくれたであろう落葉樹の木々が植えられています。

明るい樹冠から差し込む日差しも心地よい午後。

落ち葉でふかふかの足元には無数のどんぐりが落ちています。

阿久遺跡から望む八ヶ岳。

此処に住んでいた人々の跡は永久に土の中に眠る事になってしまいましたが、その面影を想いつつ歩く紅葉の小路です。

日暮れを迎えて日射しが西に傾いて来ると、落葉松林は黄金色に輝き始めます。

落葉の進んだ落葉松林、白銀色に輝く幹が目立ち始めると、もうすぐ冬の装いです。

綺麗に西の空に日射しが沈んでいく晩秋の夕暮れ。

今週末には降雪の予報も伝えられる中、最後の秋の彩を追って。

嵐の去った昼下がりに(2017.11.11)

強い風と雨、そして雹降る、目まぐるしく天候が移り変わった週末の朝。

少し早く訪れそうな冬に備えて準備を進める合間のカットを。

雨が止んで、眩しい日射しが差し込んできた昼下がり。

雲が離れつつある甲斐駒には深い雪渓が刻み込まれています。

高原地帯まで登ると、雪化粧をした赤岳が見えてきました。

標高の高い場所は雪が降ったようです。

権現岳方向も雪で白くなっているのが判ります。

周囲の紅葉は落葉松を含めてもう最終盤です。

麓の立沢まで降りてきました。

一週前と比べると、ぐっと落葉松の黄葉も色を濃くしています。

立沢の圃場から望む南八ヶ岳の全景。

西麓側に広がる落葉松林の見事な黄葉と、雪を戴き、冬の装いとなった北麓側のコントラスト。

まだらに雪に彩られた、主峰、赤岳も見えています。

このシーズンだけの彩の組み合わせです。

赤岳の雪化粧はまだ粉砂糖をまぶしたような、まだら模様。

これから一雨、一雪ごとに、山肌を覆う根雪へと変わっていきます。

最終盤の秋の彩に染まる、午後の八ヶ岳南麓。

裾野の落葉松色が、麓の山里を染める秋の色に繋がっていきます。

八ヶ岳の裾野をぐるっと廻りつつ、冬支度の準備を進めて、漸くタイヤ交換まで辿り着いたころ、どっぷりと日が沈んだ西の空は茜色から僅かに紫がかった色に染まります。

一日中強い風が吹いた週末、昼間は15℃を越えて暑いくらいの気温も、陽射しを失うとあっという間に5℃を下回り、冷たい風が冬の訪れを実感させてくれます。

 

落葉松色に燃える八ヶ岳西麓の午後(2017.11.5)

終日、晩秋の心地よい晴れ模様となった連休最後の日曜日。

観光客の皆さんが続々と帰路に就く中、夕暮れが近くなってくると、山麓に住む者にとって、ちょっとしたお楽しみが。

午後の陽射しを浴びる、八ヶ岳西麓の山裾。

びっしりと植えられた落葉松林が、西日に照らされて赤く染まっていきます。

立沢大橋の下に通じる、旧橋へ下るスロープから、振り返って八ヶ岳の雄大な裾野を望みます。

一面が落葉松に覆われた山裾、八ヶ岳西麓の秋を彩る落葉松の黄葉も終盤を迎えています。

青空の下、午後の陽射しを一杯に浴びる、落葉松林と、鮮やかに黄葉する落葉松林に包まれる南八ヶ岳の山々。

右から、編笠山、西岳、そして左端に映るのが主峰、赤岳です。

日暮れ近くなって、歩く人もまばらになってきた、原村の八ヶ岳自然文化園内、まるやち池。

標高1200mを越えるこの場所は、紅葉していた木々の葉も落ち始め、既に初冬の雰囲気を漂わせています。

すっかり日暮れが早くなった11月初旬。

午後4時を過ぎると、夕暮れに差し掛かります。

夕日を浴びて、真っ赤に染まる八ヶ岳の山々。

赤々と染まる山裾を染める落葉松林。

頂上の方から徐々に落葉が進む八ヶ岳の山々は、足早に冬の支度を整えているようです。

晩秋を迎えて、沈む夕日の方角は塩嶺側から杖突峠を経て、南アルプスの山並みへと移ってきました。

西へと旅路を急ぐ飛行機が足跡を伸ばしていく、クリアーな夕暮れの空。

心地よい日差しに恵まれた晩秋の一日。八ヶ岳の山麓は落葉松の黄葉を追って、季節は冬へと一歩ずつ進んでいきます。

落葉松色の川上村の朝(2017.11.5)

連休の最終日。

ぐっと冷え込んだ朝、八ヶ岳南麓は再び青空が広がりました。

ひんやりとした朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、シーズン最後の落葉松の黄葉を眺めに、再び八ヶ岳の東側、川上村へと向かいます。

八ヶ岳の東麓側は昨日の夕方に降った雪の影響でしょうか、山の周囲は雲に覆われています。

抜けるような青空の向こうに八ヶ岳を望む、川上村、信州峠の麓。

朝の日差しを浴びて、圃場の落葉松も輝きます。

山の向こうまで、落葉松色に染まっています。

山を埋め尽くす落葉松の群生林。圃場の脇に立つ木々は葉を落としていますが、最後に紅葉を迎える落葉松の黄葉は今がピーク。

朝の日差しを浴びて輝く圃場の向こうに広がる、女山と落葉松の群生林。

黄金色に染まる圃場の向こうに連なる落葉松の群生林。朝の日射しを受けて輝きを増しています。

撮影中の気温はカメラを持つ手がかじかんでくる4℃。日が昇って来ると、八ヶ岳の周囲を取り巻いていた雲も取れはじめました。

黄金色に輝く落葉松色の山並み。

谷筋を渡って八ヶ岳の裾野側に移動します。

男山を正面に望む高原野菜の圃場ではシーズン終わりの収穫真っ最中。トラクターと集荷のトラックが忙しく動き回っています。

収穫の終わった圃場では次のシーズンに向けて準備が進んでいます。

降雪時期以外は植え付けと収穫が繰り返し続く高原野菜の栽培。お休みを迎えるのは一年の間でも厳冬期のほんの僅かな間だけです。

川上大橋から望む、雲の晴れた八ヶ岳。八ヶ岳の稜線へ向かって伸びる谷筋の落葉松林も色付いています。ちょっとひんやり、でも日差しが暖かい、気持ちの良い晩秋の朝です。

陽射しを一杯に浴びて黄金色に輝く落葉松林。

殆どの落葉松林は人工林なのですが、美しく整備された落葉松林が日差しを受けて輝く姿は八ヶ岳の秋を象徴するシーン。人と自然が一緒になって作り出した美しさに感謝をしつつ。

 

 

落葉松色に染まる野辺山と川上村(2017.11.3)

秋も深まる11月。

10月の天気がウソみたいに晴れ渡った11月最初の連休。

山里の紅葉はもう終盤、シーズンの終わりを告げる落葉松を眺めに、八ヶ岳の東麓へ向かいます。

枯草が目立つ牧草地の先に望む八ヶ岳。

山裾をピークを迎えた落葉松の黄葉が飾ります。

シーズン最後の収穫を待つ高原野菜が広がる圃場の先に、落葉松林と八ヶ岳を望みます。

振り返ると綺麗に整備された圃場が広がる先に、全山が落葉松に覆われた山が正面に見えてきます。さあ、あの山の懐へと進んでいきましょう。

びっしりと落葉松色に染まる山並み。南牧村から長野県の南東端、川上村へと入っていきます。

谷底に点在する小さな集落、佐久広瀬。

千曲川沿いの山並みも落葉松色に染まります。

山の頂上から河原の岸辺まで、びっしりと落葉松に包まれています。

野辺山の圃場から遠望した山、男山の山裾までやって来ました。

山の頂上部は既に落葉、麓から繋がる山裾は見事な落葉松色に染まっています。

更に歩みを進めて、男山の懐の中へ。午後の陽射しを浴びて、落葉松林が輝き出します。

輝く落葉松。

午後の陽射しを浴びる落葉松の密集林は琥珀色に輝きます。

男山を越えて谷筋に入ると、再び千曲川に出逢います。

上流には落葉松にびっしりと覆われた秩父の山並みを望ます。

今越えてきた男山の裏側を、川上村の御所平側から。見事な紅葉を魅せる山並み。

谷筋を再び登って、信州峠の入口まで上がっていきます。

標高が上がって来ると、落葉松の木々も葉を落とし始めています。

周囲の山々も落葉松色に染まります。

信州峠側から望む、川上村の山々。

再び谷筋に降りて山並みを足元から望みます。赤顔山

天狗山。既に葉を落とした山頂部と、山裾の落葉松色のコントラストが、秋晴れの下に映えます。

川上村の中心部から遠望する八ヶ岳。

ほんの僅かに移動しただけで、普段と全く違う姿を見せてくれます。

再び八ヶ岳の裾野の上に戻ってきました。

西日を浴びる男山に向かって、落葉松林が伸びていきます。

すっかり早くなってきた夕暮れ。西日に染まる落葉松は鮮やかさを増していきます。

野辺山の電波望遠鏡の周囲も落葉松色に染まっています。高い秋の空には東に向けて雲が流れていきます。

 クリアーな秋晴れの夕方。

釣瓶落としの秋の夕暮れは足早に去っていきます。

久しぶりの良いお天気を満喫できた一日。今暫く、秋を満喫できそうです。