深まりゆく秋色の八千穂高原(2018.10.14)

お天気がどうにも安定しない今年の秋。

週末になると崩れる天気、この週末もすっきりしない空模様となりました。

強い雨が降った後、雨上がりの日曜の午後。

麦草峠の入口にある浅間山を望む駐車場。

周囲の落葉松も飴色になってきました。

白樺の木々の向こう、今が紅葉の真っ盛り。

少し下がって八千穂高原の真ん中に位置する八千穂レイク。

雲間から陽射しが差し込むと、湖畔に広がる紅葉した木々が輝き出します。

山を覆う落葉松の黄葉はまだもう少し先です。

湖畔を少し離れて、紅葉する木々の中へ。

雨上がりでお天気が安定しない午後。雲が掛かるとしっとりした空気に包まれます。

青空から眩しい日射しが戻り始めると、木々は再び輝き出します。

零れ日が差し込む遊歩道。

青空をバックに輝く紅葉。

森の奥から白樺林を望んで。

白樺の黄葉はそろそろ終わり。

青空の下で葉を落とした白い枝を伸ばしています。

西日を浴びて輝き出す木々の紅葉。

乾いた秋色に染まる午後。

輝く紅葉、赤と赤のコントラスト。

再び雲に覆われ始めた空。うっすらとした黄色に染まる白樺。

日射しが遠ざかっても、森の中に染まる赤い紅葉は鮮やかに映えます。

秋色が綾なす森。

すっかり日が隠れた森の中。ゆっくりと戻ります。

森を抜けて再び八千穂レイクへ。

湖面に映る雲は夏空の様に湧き上がっています。

この後、麓を廻って野辺山まで戻ると、夕立のような激しい雨が降り出しました。

夕立の空を抜けて南麓側に戻ると、雲海を纏う甲斐駒は夕暮れ色に染まります。

峠を越える頃には気温は10℃を下回り、山の秋も深まってきました。

 

 

広告

新緑の八千穂高原と咲き始めたトウゴクミツバツツジ(2017.5.21)

晴天に恵まれた週末。

少し暑すぎるんじゃないのとのお話もありますが、恵みの日射しをたっぷり受けて、山は新緑に包まれます。

午後の陽射しを浴びる牧草地の向こうに裾野を広げる八ヶ岳。

今年は雪をたっぷりと残しています。昼を迎えて、気温25度と季節が一つ先に進んでしまったかのような夏日になった野辺山。八ヶ岳の上空にはうっすらと雲が湧き始めています。

海ノ口別荘地のエントランスも初夏の装い。落葉松もすっかり緑が濃くなってきました。

東にぐるっと廻り込んで、八千穂高原へ。八千穂レイクの周囲も新緑に包まれています。

駐車場の周りでは、トウゴクミツバツツジが早くも花を開き始めています。

まだ咲き始めのトウゴクミツバツツジ。周囲の木々も漸く花芽が付き始めた状態で、例の「高原の女王」はまだ蕾も硬いまま。月末頃には花を開き始めるはずです。

 

白樺も新緑の葉を広げつつあります。

足元にはゼンマイでしょうか。高原はまだまだ春を過ぎた辺り。

足元にはもうひとつ、可愛らしい落葉松の幼木。雪にも、冬の寒さにも負けず、少しずつ背を伸ばしていきます。

東の空には沸き立つ入道雲。風は初夏の心地です。

午後の陽射しをいっぱいに浴びる白樺林。八千穂高原の大好きなシーン。

緑の小路が林の中を縦横に抜ける八千穂高原。気に入った小路を見つけては、ゆっくりを歩んでいきます。

白樺の林に繋がる落葉松林の新緑に暫し浸りながら歩く、午後。

大きく育った入道雲が迫る空。この後、麦草峠を越えると暫しの通り雨となりました。

雨の上がった奥蓼科、御射鹿池。

新緑の若葉に包まれた夕暮れに、水鏡が浮かび上がります。少し先走り気味の空模様を追うように、季節は新緑から梅雨へと進んでいきます。

 

秋色深まる(八千穂高原2016.10.23)

八ヶ岳の南麓から東に廻り込む事暫し、松原湖を抜けて山懐に入り込んだ先に広がる別天地が八千穂高原。

中央に人造の溜池である八千穂レイクを置く、谷筋に開かれた小さな高原は、四季折々に色を変えていきます。

p1080760浅い青空の下、白樺林を望んで。

既に晩秋の装いになっています。

p1080761所々に彩を残す、八千穂高原の白樺林。

p1080786山は紅葉の真っ盛り。

p1080773林の中に広がる紅葉に誘われるように、遊歩道を歩いていきます。

p1080777

p1080780

p1080782強い風が吹き、気温は8℃と、既に初冬を思わせる涼しさ。遠方のナンバーを付けた車から降り立つ方々は、その肌寒さに驚かれているようです。

p1080825白樺林の向かいには、まだ若い落葉松の林が続きます。

大好きな秋の落葉松林をゆっくりと歩いていきます。

p1080820

p1080824

p1080808

p1080803森の中は秋色に染まっていました。

p1080837更に森の奥へ。

p1080833

p1080832色が深まる八千穂高原。空模様は残念ながらどんよりと曇り始めましたが、木々の色は空模様すら跳ね返すほど彩に溢れています。

p1080842雲に追われるように山を下って、何時もの場所へ。

八千穂高原より200m程標高の低い、奥蓼科、御射鹿池も秋色が深まってきました。

紅葉は今がピーク。白樺の葉が落ちて、バックに広がる落葉松の黄葉がぐっと色を深める頃には秋も終盤、冬の足跡が聞こえてくる季節に移り変わっていきます。

山の彩もそろそろ(八千穂高原2016.10.2)

漸く雨が止んで、日差しが戻ってきた日曜日の朝。

部屋干しだった洗濯物を改めて外に干し直した後は、久しぶりの陽射しの中で車を走らせます。

p1080433眩しい午後の陽射しを浴びる圃場にて(茅野市玉川)。

周囲では稲の刈り入れが本格化しています。天気の良いうちに、と。

p1080456このまま良いお天気が続くかなと思いながら山に入ると、一面の霧に覆われてしまいました。

大混雑の麦草峠を越えて(車止めるなんて、無理)八ヶ岳の東麓側に抜けると、八千穂高原。

少し霧が晴れた八千穂レイクの湖畔の木々は、少しずつ色付き始めているものもあるようです。

p1080437八千穂高原の白樺林はまだ色付き始め。雨が多かったせいでしょうか、少しくすんで見えます。白樺林の中に見え隠れする木々は色づき始めています。

p1080444遊歩道沿いの木々は既に紅葉を始めています。

p1080447

p1080449

p1080443彩はまだまだといったところですが、森の中を覗き込んでいくと、鮮やかに紅葉した木々も見る事が出来ます。

もう少し天気が良くなってくれると良いのですが。

p1080471a夕方になって麓に降りてくると、晴れ渡っていた西の空は、再び雲に覆われていました。

なかなか安定した天気になってくれない今年の秋。紅葉の彩への影響ももちろんですが、流石に色々と気になる状況です。

新緑の八千穂高原とトウゴクミツバツツジ(2016.5.21)

お天気の良い週末。

穏やかな朝の陽射しに、これはきれいな水田の水面が撮れそうだと、いそいそと家の片づけを進めているうちに、徐々に山からの吹き下ろしの風がきつくなり、こりゃあかんと。

そんな訳で、ちょっとシーズンより早いのですが、緑溢れる場所に足を延ばしてみます。

八千穂高原の新緑8緑溢れる木漏れ日に包まれる、白樺林。

東洋一を謳う、八千穂高原の白樺自生林の小路です。

八千穂高原の新緑6

八千穂高原の新緑9

八千穂高原の新緑4残念ながら、名物のレンゲツツジはまだ蕾。

それでも白樺の新緑から零れる、薄い緑色に囲まれるのは、とても気持ちの良いひと時。

八千穂高原の新緑2

八千穂高原の新緑5

八千穂高原の新緑3

八千穂高原の新緑1標高1600mに位置する農業用の大きな溜池でもある八千穂レイクの周りは白樺だけでなく、多くの木々の新緑に囲まれています。

少し眩しい陽射しを遮ってくれる周囲の林に囲まれた遊歩道をのんびりと散歩するには丁度いい気温18℃。

静かな黄葉の秋とは違って、新緑のこのシーズンはまだ生まれたばかりのエゾハルゼミの心地よい(ちょっとにぎやかででしょうか)鳴き声に囲まれます。

八千穂高原の新緑10やっぱりレンゲツツジには早すぎたか…と残念がっていると、白樺林の遠くに紫色の花が見えてきます。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ7淡い紫色の花を付ける、トウゴクミツバツツジ。レンゲツツジより少し早く見ごろを迎えていたようです。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ4

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ6

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ1朱に染まるレンゲツツジは少し色がきつくて苦手という方も、トウゴクミツバツツジの少し柔らかな紫色には惹かれるのではないでしょうか。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ5

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ3

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ2レンゲツツジのシーズンは、ちょうど梅雨に当たるのでなかなか良い天気での撮影が難しいですし、その時期になると周囲の白樺を始め木々の緑も色濃くなってくるため、このような軽やかな色合いの躑躅の写真を撮るのはちょっと難しいかもしれません。今だけのお楽しみ。

八千穂高原の新緑7陽射したっぷりの新緑を堪能した、梅雨の前のちょっとしたぜいたくな午後です。

 

秋色の八ヶ岳を巡って(2015.10.18)

雨がパッと降った後、秋晴れとなった日曜日。

紅葉も大分の進んだ八ヶ岳周辺。

秋色を探して、一日ゆっくりと巡ってみます。

秋色の八ヶ岳1朝の野辺山から望む八ヶ岳。

山裾の落葉松が黄葉を見せています。

秋色の八ヶ岳2落葉松のスカートを履いた八ヶ岳を。

秋色の八ヶ岳3遠くに硫黄岳を望む、川上村より。

秋色の八ヶ岳4八ヶ岳の懐に入ると、足元に落葉松の黄葉が広がります。

秋色の八ヶ岳5八千穂レイク。湖面の向こうには落葉松の黄葉が山裾一杯に広がります。

秋色の八ヶ岳6八千穂レイク、八ヶ嶺橋から望む紅葉する木々。

秋色の八ヶ岳7麦草峠を越えて、大河原峠方面を望んで。

落葉松の黄葉はピークを迎えています。

秋色の八ヶ岳8麓に降りて、振り返って蓼科山と横岳を。

この辺りまで下がって来ると、落葉松の黄葉はまだ始まったばかりです。

秋色の八ヶ岳9秋色に染まる八ヶ岳のパノラマを刈り入れの終わった西麓の圃場越しに。

秋色の八ヶ岳10夕暮れの牧場から望む八ヶ岳。

落葉松の黄葉はまだですが、それ以外の木々は色付きの真っ盛りです。

秋色の八ヶ岳11紅葉する木々と八ヶ岳をセットで。

秋色の八ヶ岳12夕暮れ。入笠山方向に、ゆっくりと日が沈んでいきます。

お天気に恵まれた秋の休日、彩を加えた八ヶ岳をじっくりと楽しむ事が出来ました。

 

台風接近中の秋の休日は八ヶ岳を東西に横断(野辺山-八千穂-麦草峠-御射鹿池)2014/10/4

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

ご注意:写真を大量に掲載しておりますので、表示がかなり重たいと思いますが、何卒ご容赦ください。

台風接近が予報される、曇りがちの空が広がる休日の朝。

明日は絶対雨になると判っていれば、どうしてもピークを迎えつつある山へ撮影に出かけておきたいところです。

【各画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】

東沢大橋から紅葉の八ヶ岳遠望141004何時ものように、八ヶ岳横断道路の名所、東沢大橋から望む八ヶ岳を。

八ヶ岳は残念ながら雲の中ですが、周囲は徐々に色づいてきました。

紅葉の小道野辺山の高原地帯に広がる別荘地を抜ける小道にて。

浅い黄色に染まった葉が、まだ緑を残す木々と混じり合っていきます。

森の小さな彩まだ紅葉を始めていない森の中には、美しい彩を見せてくれる木も見受けられます(海ノ口)。

松原湖の紅葉141004佐久往還から再び八ヶ岳の懐に入り込む、松原湖。

こちらも紅葉を始めています。周囲ではトライアスロンでしょうか、ランナーの方々への声援が聞こえてきます。

八千穂高原の白樺黄葉3松原湖を後にして、八ヶ岳の中心へと歩みを進めます。

小海リエックスまで上がって来ると、紅葉の彩は深みを増していきます。

霧の八千穂高原の白樺黄葉2暫くすると霧が流れてきました。お天気の具合は今一歩です。

霧の八千穂高原の白樺黄葉1八千穂レイクと麦草峠の交点。ふるさとの森まで来ると、霧は更に濃くなっていきます。

八千穂高原の白樺黄葉1少し薄くなった霧の向こうに、白樺林が広がります。梅雨時には霧の向こうに躑躅の花が広がるこの場所ですが、同じような天気でも黄色く色づいた白樺をバックにすると、随分違った雰囲気です。

八千穂高原の白樺黄葉2霧の中に立つ、黄葉した白樺の木を(八千穂高原、ふるさとの森)。

紅葉の八ヶ嶺橋から八ヶ岳遠望一旦、八千穂高原スキー場側に下ります。

八ヶ嶺橋から望む八ヶ岳の山肌には、所々に落葉松の黄葉が観られるようになりました。

八千穂レイクから秋の八ヶ岳遠望八千穂レイクまで降りてきました。

遠くに望む八ヶ岳は霧に沈んでいます。周囲には某ツアーの大団体(大型観光バス10台ほども!)がひしめいており、ちょっと騒がしい湖畔です。

八千穂レイクの紅葉湖畔の木々も色付きを見せています。

白樺の黄葉と八千穂レイク湖畔の向こうには、八千穂レイクの名物、白樺林の黄葉が広がっています。

八千穂レイクの白樺黄葉1ここから、大団体の皆様をかいくぐりながら、八千穂レイク湖畔の紅葉を楽しみたいと思います。

八千穂レイクの白樺黄葉3八千穂レイクの白樺黄葉2白樺の黄葉と紅葉八千穂レイクの白樺黄葉3八千穂レイクの紅葉3八千穂レイクの紅葉2八千穂レイクの紅葉5八千穂レイクの落葉松黄葉2八千穂レイクの落葉松黄葉八千穂レイクの紅葉4日差しもなく、霧が流れ込むあいにくの天気ですが、美しい紅葉が慰めてくれているかのようです。

麦草峠141004八千穂レイクを離れて、八ヶ岳の最深部。標高2127mの麦草峠。

周囲の紅葉はピークから徐々に落葉を迎えています。白駒池の駐車場待ちの車列が長い渋滞を作り、路上駐車の車がびっしりと並ぶこのシーズンの麦草峠は、あまり落ち着いた雰囲気とは言えないようです。

メルヘン街道の落葉松黄葉141004麦草峠を越えて、蓼科側に少し下がったところにある展望台。

遠くの山並みは霧に沈んでいますが、山並みにはちらほらと、そして標高2000m程の展望台周囲の落葉松は黄色く黄葉を始めています。

八ヶ岳全山が黄金色に染まるまでは、あと半月ほど待つ必要がありそうです。

御射鹿池の紅葉141004_2そして、蓼科をぐっと下って、何時もの御射鹿池に。

色付きも濃くなってきました。

御射鹿池の紅葉141004_1この時期の御射鹿池は鮮やかな色どり。

緑残る木々と、黄葉や紅葉が進む木々が混ざりあう、華やかさがあります。

御射鹿池の紅葉141004_3華やかな彩が添えられる御射鹿池。

もう暫くすると、御射鹿池の周囲は落葉松の黄葉で一面の黄金色に囲まれます。

華やかな彩で飾られる時間も、あとほんの僅か。

真っ赤な夕暮れ夕暮れとなって、麓に戻ると西の空が真っ赤に染まっていました。

台風の襲来を控えた八ヶ岳南麓はどっぷりと秋の長い夜に沈んでいきます。