台風一過、初冠雪、そしてまた台風(2017.10.23~28)

超大型の台風が通過した今週の始め。山に囲まれたこの地では、強い雨が降った以外は大した影響もなく、台風が過ぎ去った後には青空が望めました。

台風の残していった強い風が吹く朝。

空へと巻き上げながら、大きな弧を描く雲が山並を渡ります。水に浸かった圃場が激しい雨が降り続いたことを教えてくれます(2017/10/23)。

そして、冷たい雨が降り続いた翌日の朝。周囲の山々は雪化粧を纏いました。

少し早い冬の到来を告げる、甲斐駒の初冠雪。

振り向くと、八ヶ岳の頂上も白く冠雪しています。

朝靄の中、少し車を西に走らせると、諏訪の盆地は雲海の中。

一気に標高を上げて美濃戸口近くまで上がって来ると、漸く雲海を抜け出しました。

遥か遠く、南アルプスの山並みが諏訪の盆地に落ち込む更に向こう側に、白く冠雪した木曾の山々が望めます。

雲海の向こう、塩嶺越しに望む、北アルプスの山々。

こちらも真っ白に雪化粧をしています。これから半年余り続く、長い冬の間に眺めつづける景色を少し先取りです。

雲海を抜けると、冠雪した八ヶ岳の山々を望む事が出来ました。

北八ヶ岳の蓼科山と横岳。

紅葉する木々の向こうに望む、冠雪した天狗岳。

朝の眩しい日差しをいっぱいに受けて呼吸する、主峰、赤岳。

麓に降りてくると、雲海はすっかり晴れて、雪渓を戴き、落葉松色に染まる山裾を曳く八ヶ岳が望む事が出来ました(2017/10/26)。

そして、再び台風の襲来が予報される中、少し暖かい雨が降る週末。

山の上はすっかり次の季節に移り変わった事を実感させる、雪渓が育ち始めた、南アルプス、鳳凰三山。

小雨模様の中、雲間から望む甲斐駒も、深い雪渓を刻み始めています。

天候が悪いので山に入る事も叶わず。何時もの場所へ。今日も霧に包まれています。

小雨が降る中、深い彩に変わり始めた奥蓼科、御射鹿池。沢山の観光客の皆様がお越しになっています。

湖畔を次々に流れていく霧。

紅葉する木々を白く覆っていきます。

霧が通り過ぎると、鮮やかな深い彩の紅葉の森が水辺の向こうに広がります。

本降りの雨が湖面を叩くようになってきた午後、これから再び台風の到来を迎える八ヶ岳の山中は、静かに秋の深まりを濃くしていきます。

広告

雪を戴く季節(2016.11.1~3)

11月に入って急に秋が深まってきた八ヶ岳南麓。

p1080937前夜の冷え込んだ雨にもしやと思いながら、昼下がりに職場を抜け出して撮影した一枚。

今年も雪を戴くシーズンがやって来ました。暖かな秋とは言っても平年とほぼ同じ時期に迎えた甲斐駒の初冠雪。季節は確実に初冬に向けて移り続けています。

p1080938翌朝、再び雪雲が掛かって頂上付近が見えない甲斐駒と、ぐっと深みを増した南アルプスの山並み。

刈り入れの終わった圃場が足元に広がります。

p1080947夜半にさっと雨が降った後、山は本格的な降雪を迎えたようです。

夕方になって夕日に染まる八ヶ岳を正面に望む圃場。刈り入れの終わった稲藁が並んでいるのが、まだ秋の名残を感じさせます。

p1080942夕日に染まる、今シーズン初めて雪を戴く八ヶ岳のパノラマ。5時を前にして、どっぷりと日暮れを迎えました。

p1080951a夏至の頃には諏訪湖の向こう、塩嶺に沈む夕日も、このシーズンになると入笠山と杖突峠の境辺りに沈んでいきます。陽射しが無くなると急に冷え込んでくる夕暮れ。山里の秋もそろそろ終わりを迎えそうです。

八ヶ岳の冠雪と共に、今年も冬の入口へ(2015.11.28)

週末にかけての寒波の襲来によって、八ヶ岳界隈も遅れていた冬がいよいよやって来たようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA青空が戻ってきた、八ヶ岳西麓、エコーライン沿いに八ヶ岳を望んで。

PB289115c赤岳を中心にアップで、青空はちょっと浅い、まだはしりの八ヶ岳ブルー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAきりっと雪景色となった、赤岳を。

WP_20151128_12_38_21_Pro盾状に広がる、車山の山腹。

山頂部分は白く雪を被っています。

WP_20151128_12_39_10_Proc麓から望む、蓼科山と横岳。

雲に押し隠されていますが、綺麗に雪を被っているのが判ります。

PB289124c雪雲の下に、綺麗に冠雪した蓼科山を。

優しい曲線を持つ蓼科山は、雪を戴くとその美しさが際立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA八ヶ岳を俯瞰で眺めたくて、対面に聳える杖突峠へ。

雪雲を載せて午後の日差しを浴びた八ヶ岳が一望できます。

PB289131c少し離れて眺める、蓼科山と横岳。

まだ冬の始めの降り始めの雪。山頂の一部分だけが冠雪していた事が判ります。

PB289132c杖突峠から望む八ヶ岳の主峰たち。

麓に雪が降りてくるまであともう少し、今しばらくは遠望で。

PB289143ac杖突峠の界隈は、落葉松もすっかり落葉して既に冬の心地。

何故、これほどまでに雪を被った山々を望む事が愛おしいのか。ふと考えてみると、そうやって次の季節が巡ってきたことをほんの少し喜んでいる、また次の季節に巡り合えたことを愛おしんでいる想いが、何処かにあるのかもしれません。

陽射しがあるうちは暖かいのですが、日影に入るととグッと寒さを感じる、そんな季節が再び廻って来たようです。

 

濃霧、五月晴れ、そして冠雪!(2015.5.21)

4月に続いて、目まぐるしく天候が変わる5月。

それにしてもバリエーションが少々多すぎるようです。

そんな天候の変化を朝のスナップから(撮影はLumia1020です。画像をクリックして頂くとフルサイズの表示になります)。

濃霧の朝1真っ白な霧に包まれた、5/19の朝。

踏切に差し掛かった中央線の列車も霧に沈んで見えにくくなっています。

濃霧の朝2そうこうしているうちに、みるみる霧が濃くなって視程は僅かに30m程。対向車のヘッドライトすら視認が困難なくらいに。小さな圃場の畔すらも霧に消えかかっています。

濃霧の朝3霧の中を延びていく、新緑のあぜ道。少し霧が晴れて来ると、畔の鮮やかさが引き立ちます。

朝の鏡面翌日20日は、朝から風もなく穏やかに晴れ渡りました。

少し濁っているのが残念ですが、鏡面になった圃場には、甲斐駒と南アルプスの山並みが映し出されます。

季節外れの冠雪3天気の良かった昼間から一転、深夜に雷と強風を伴った強い通り雨が過ぎ去った21日の朝。

肌寒さで目覚めた朝は驚いたことに、八ヶ岳が白く冠雪をしています!

5月の後半にここまで雪景色になるのはちょっと記憶にありません。

季節外れの冠雪比較用季節外れの冠雪2念のため、今月13日に撮影した同じ場所のカットを比較として。

田圃の畔をご覧頂ければ判りますが、下が21日の風景です。ちょっと驚きの景色。

季節外れの冠雪1田植えを直前に控えた圃場の向こう、新緑の南アルプスの山々も再び白さを取り戻しています。

季節が逆戻りしてしまったような肌寒い青空。このページを編集している夜半も、外の気温は既に10℃を下回っています。

茜色の夕暮れの圃場1茜色の夕暮れ。長くなった日差しはゆっくりと暮れていきます(5/23)

茜色の夕暮れの圃場2こんな景色、めったに見られるものではありませんが、もう少し普通に季節が巡ってほしいと願わずにはいられない、春のシーズンもそろそろ終わり。高原に広がる圃場での田植えが終わる頃には梅雨を迎えている筈です。

 

 

南麓も徐々に雪景色に(初冬の冠雪の移り変わりを)2014.12.8

12月に入って、いよいよ麓でも降雪を迎えるようになりました。

何時の年よりぐっと長かった秋の日々も終わり。周囲の山々も冠雪が窺えるようになってきました。

冠雪した八ヶ岳2014.11.2711月27日の八ヶ岳。山頂部が少しだけ冠雪を始めています。

冠雪した甲斐駒2014.11.27同じく11月27日の甲斐駒。こちらも山頂部から冠雪を迎えています。

冠雪した八ヶ岳2014.12.312月3日の八ヶ岳。雪雲の向こうに冠雪した山並が見えます。

冠雪した甲斐駒2014.12.3同じく12月3日の甲斐駒。尾根筋にも雪雲が掛かって白くなってきました。

雪雲に覆われる八ヶ岳2014.12.5前夜、麓も降雪となった12月5日の八ヶ岳。裾野の方まで白くなっています。

雪雲に覆われる甲斐駒2014.12.5雪雲で真っ白に覆われる、甲斐駒と南アルプスの山々(12/5:小淵沢町、城山公園)。

雪雲を眼前に置いて、上空に広がる青空が望めるのも、山里ならではの眺めです。

冠雪した八ヶ岳2014.12.8週末の降雪ですっかり白くなった12月8日の八ヶ岳。撮影時点(8時)での気温が氷点下を指すようになりました。

冠雪した甲斐駒2014.12.8こちらも立派に雪渓が育ちつつある朝の甲斐駒(12/8)。

既に西麓及び東麓の各地(富士見、原村、茅野 and 清里、野辺山)では積雪となっていますが、温かい南麓はまだ積もる事はありません。

甲斐駒の裾野を白く染め、葉を落とした落葉松が真っ白に色付くのは早くてもクリスマスを過ぎてから。

徐々に冷えてくる凍える朝に、深まる八ヶ岳ブルーの碧空を望みながら。

トヨトミ・レインボーの炎おまけ。いよいよ冬本番という事で、今年も石油ストーブの登場です。

トヨトミ・レインボーの柔らかな虹色の光に癒されながら(BlackBerry passportのHDRカメラテスト)。

 

八ヶ岳には少し遅い冬の足音が(冠雪を迎えた八ヶ岳の峰々を2014/11/3)

何時もの年であれば10月中に冠雪を迎える八ヶ岳ですが、今年は少々遅れ気味。

それでも、昨晩の急激な冷え込みと八ヶ岳颪が吹いた朝。今年も冠雪を迎えました。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_6八ヶ岳西麓の入口。富士見町の先達から望む今朝の八ヶ岳。

網笠山の向こう側が真っ白に冠雪しています。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_3西へ進路を取りながら立沢まで移動します。

網笠山は冠雪をしていませんが、左側に雪を戴く山並みが見えてきました。

紅葉の入笠山遠望立沢の圃場から入笠山側を望みます。

こちらは穏やかに晴れ渡っています。正面に見える富士見パノラマスキー場は、昨晩から夜間照明のテストが始まっています。

もう少しすると人工降雪機が動き出して、落葉松林の中に白いバーンが眺められるようになります。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_4原村側に廻りこむと、真っ白に冠雪した八ヶ岳の主峰、赤岳がはっきり見えてきます(原村、中新田)。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_2横岳を従えて、赤岳を正面に見る、八ヶ岳エコーラインに繋がる農道から(茅野市泉野)。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_1硫黄岳の方も白く冠雪しています。

落葉松の黄葉と冠雪した八ヶ岳20141103_5麓の落葉松黄葉と赤岳、権現岳のコンビネーションを。晩秋と初冬が交わります。

杖突峠から冠雪した八ヶ岳を20141103一気に反対側の杖突峠まで登って、冠雪した八ヶ岳連峰を俯瞰で。

落葉松の黄葉と白い雪を戴く八ヶ岳のコラボレーションが楽しめるのは11月いっぱい。

今シーズン、何回こんなシーンを望む事が出来るでしょうか。