急ぎ足で訪れた初冬の彩(2019.11.20~12.1)

お天気が安定して暖かな日が続いた11月の八ヶ岳南麓。しかしながらカレンダーはもうすぐ最後の1枚。これまでゆっくりとした足取りで進んでいた季節は、急に冬の訪れを告げています。

穏やかに晴れ渡った朝。

雪渓が薄くなる甲斐駒の裾野を、深い飴色になった落葉松の黄葉が染めていきます。

銀杏の黄葉と甲斐駒例年であれば11月の始めには色付く銀杏の黄葉も、2週間近く遅い彩となりました(2019.12.20)

紅葉と冠雪する甲斐駒これまで良いお天気の続いていた八ヶ岳南麓ですが、冬の始まりを告げる曇り空が続く中で、真冬並みの氷点下5℃を下回るまでに急激に冷え込んだ朝。南アルプスの山並は真っ白な雪化粧となりました。

まだ紅葉が残る谷戸の圃場の向こう、雪煙を上げる雲が晴れていきます。

中腹が帯のように白くなった八ヶ岳。

どうやら雪というより、山を覆った雲が残した霧が木々に凍り付く霧氷が降ったようです。

紅葉と冠雪する甲斐駒211月とは思えない白さとなった甲斐駒と南アルプスの山並。

遥か南の鳳凰三山まで白くなっています。

冬空と落葉松の黄葉ゆっくりとした秋の足跡を残す、黄葉する落葉松並木。

冠雪する甲斐駒と落葉松の黄葉落葉松の黄葉越しに冠雪する甲斐駒を。

ゆっくりとした足取りの秋から急に冬を迎えた朝に(2019.11.29)

紅色の八ヶ岳一気に冷え込むシーズンへと入った八ヶ岳山麓。

夕暮れになるとほんのりと紅色に染まる雪渓を望めるシーズンとなってきました(2019.11.30)

初冬の御射鹿池1寒さが少し和らいだ日曜日。

穏やかな日差しを受ける午後の奥蓼科、御射鹿池。

周囲の落葉松林はすっかりと葉を落としています。

初冬の御射鹿池3上流からの水の流れが少なくなり、とろんと緩やかに揺れる湖面には、葉を落とした落葉松の木々が映り込んでいきます。

初冬の空と白樺まだ初冬の柔らかな空の色の下、すっかりと葉を落とした白樺の木々。

初冬の御射鹿池2シーズンオフとなって静かな湖畔。

緩やかな湖面に映り込む落葉松の木々。雪と氷に湖面が閉ざされる前に訪れる穏やかな時間。

日暮れの早くなる12月。山を下ると既に傾きかけた西日を浴びる八ヶ岳の山並。

夕暮れの日射し暫くすると、落葉松林の向こうにゆっくりと夕日が沈んでいきます。

夕暮れに染まる八ヶ岳夕日を浴びて輝く八ヶ岳の雪渓。

夕暮れに空を焦がす雲振り返ると西の空に延びる雲が夕日に赤々と焦がされています。

駆け足で訪れた初冬の彩は西の空へと移っていきます。

夕暮れに沈む月夕日に染まる南アルプスへと沈んでいく、4番目の月。

少し暖かい夕暮れですが、日が沈むと気温は0℃近くに。季節は巡り、しっかりと冬がやって来た八ヶ岳山麓です。

 

 

暖かい初冬の午後(2016.12.4)

12月に入って周囲はすっかり冬の装い。

紅葉も終わり、本格的な八ヶ岳ブルーに至るにはまだちょっと暖かい休日の午後は、本来はカメラはお休みなのですが、山裾を廻る農道を進むと、いつもと違った景色が見えてきます。

p1090210明野から望む、霞みの向こうに浮かぶ、南アルプスの山々。

午後の陽射しに暖められた山の吐息が、谷筋を埋め尽くしています。

p1090215北に延びる稜線一杯に霞が伸びていきます。

p1090216山の上には気持ち良さそうな眩しい日差し。

p1090224霞みに浮かぶ鳳凰三山の向こう側からは、雲が迫ってきています。

p1090219薄い青空の下、八ヶ岳の上空に雲が尾を曳いていきます。

p1090221青空にうっすらと押し出されていく雲。空の高さは冬ならでは。

p1090226霞みの向こうに広がる八ヶ岳の裾野。

先月末に降った雪は、流石に11月では早すぎたようで、大分融けてしまいました。p1090235そうこうしているうちに、空は西から押し出されてきた雲にあっという間に覆われてしまいました。

p1090237日差しが雲に遮られて、雪渓が浮かび上がってきた鳳凰三山。

夜になって、外は暖かい雨が降っています。

雪晴れの八ヶ岳山麓(御神渡りは駄目だったけど)

先週の後半から天気が安定しない日々が続き、土曜日には地吹雪となってしまった、八ヶ岳南麓。

ようやく晴れ渡った日曜日。22日に発表があった御神渡りを見物に諏訪方面にお出かけです。

八ヶ岳牧場からの眺め

まずは、ちょっと寄り道して昼下がりの八ヶ岳牧場から【クリックでフルサイズ】。

美しい青空が拡がる。心地よい寒さの中、シャッターを切る。

静かな八ヶ岳横断道路

八ヶ岳横断道路は休日にも関わらず車はとても少ない。昼下がり、気持ちよく晴れ渡った空の下に雪が映える【クリックでフルサイズ】。

雪雲をかぶる八ヶ岳

山を下りて、富士見側へ。

山の上では綺麗に見えた八ヶ岳も山の下では雲の向こう【クリックでフルサイズ】。

雪原から眺める入笠山

ちょっと気分を変えて、西側を望む【クリックでフルサイズ】。

真っ青な空の下、雪原一杯に冬の日差しが降り注ぐ。風も弱く、ちょっとだけ暖かい午後(でも氷点下だったりします…)。

雪の富士見高原から望む富士山

無理矢理富士山なんか撮ってみたりします【クリックでフルサイズ】。

54mm(換算108mm)で長野から富士山撮影なんで、現実的じゃないですよね。

雪晴れの蓼科山と北八ヶ岳

富士見を後にして、茅野側に移動。

綺麗に雪化粧した北八ヶ岳達【クリックでフルサイズ】。

蓼科山と金曜日の夜にNHK(首都圏スペシャル)で赤井さんが登られていた北橫岳を望んで。

空は冬らしい、高く、高く伸びていくコバルトブルー。

結氷した諏訪湖からの眺め

そして、目的地の諏訪湖へ。

湖畔には観光客の皆さんが一杯。ちょっと足下の悪い湖畔遊歩道を歩きつつ、思い思いに厳冬の諏訪湖を楽しまれている様子。

八ヶ岳の麓はちょっと雲が出ていたが、湖畔まで来れば再び抜けるような厳冬の青空。観光客の皆さんが余り近寄らない、岡谷側より山梨側を望む【クリックでフルサイズ】。

ほのかに色づく結氷した諏訪湖と八ヶ岳

夕暮れを迎えた諏訪湖湖畔より、八ヶ岳連峰を【クリックでフルサイズ】。

湖畔も山もほのかに染まり始めている。

肝心の御神渡りは残念ながら雪の影響もあり溶けてしまって見られませんでした(渋崎の辺りは完全に溶けていてさながら「明けの海」状態)。

2012年の御神渡りちょっと、悔しいので昨年の写真でお茶を濁してみます…

昨年の結氷した諏訪湖の写真です。

雪が降らないと、このように透明感溢れる湖面が拝めるのですが、今年は妙に雪が多いですね。また今週冷え込むそうですので美しい結氷が見られるかもしれませんね。

 

<おまけ>

下諏訪から撮影した結氷した諏訪湖です。

富士山が映っているのですが判るでしょうか?

山の写真を撮るときに心理的影響って本当に効きますよね(もっとUpでって…)凍結した諏訪湖から富士山を