今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)信州の縄文研究系譜を継ぐ研究者が挑んだ、美しく丁寧に描かれた机上の八ヶ岳縄文ミュージアム

今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)信州の縄文研究系譜を継ぐ研究者が挑んだ、美しく丁寧に描かれた机上の八ヶ岳縄文ミュージアム

New!(2018.7.5) : 今月から始まった東京国立博物館の縄文展。著者である藤森英二さんが制作された、本書にも掲載されている縄文人たちをイメージしたフィギュアが展示されているそうです。

国立博物館の展示で著者の作品をご覧になられた方にも是非お勧めしたい一冊です。

<本文此処から>

版元さんからの刊行案内が出て以来、心待ちにしていた一冊。

金曜の晩に漸く地元書店さんの店先(何時の間にか郷土本コーナーが店舗の奥の方に移っていて、危うく見つけそこなうところでした)で見つけて読み始めましたが、予想を超える素晴らしい仕上がりに、一気に読み進めてしまいました。

地方出版社の衰亡が続く中、まだまだやれる事はあると、意欲的な企画と、地方だから、少部数だからとの妥協を許さない丁寧な制作、編集。大手出版社さんにも全く引けを取らない美しい装丁を施した本を次々と送り出していく信濃毎日新聞社さんが、これまでのコンセプトを更に推し進める形で新たに送り出した一冊。狙ったようなインパクト重視でキャッチーな表題の裏側に描かれる、本当に版元さんの良心に溢れる一冊のご紹介です。

信州の縄文時代が実はすごかったとう本今月の読本「信州の縄文時代が実はすごかったという本」(藤森英二 信濃毎日新聞社)のご紹介です。

本書の著者、藤森英二さんは、八ヶ岳の東麓、北相木村の考古博物館で学芸員を務めながら、主に長野県下の縄文遺跡に関する研究に従事する研究者。このお名前をご覧になって、本書にご興味を持たれた方はピンとくるのではないでしょうか。縄文研究に大きな足跡を残し、今に至るまで学界において議論を呼び続ける、ある意味において、日本の古代史の視点が世界的な考古学の流れと決定的な違いを見せる結果となった論考を残した人物。在野の考古学研究家と呼ばれた、縄文農耕論を著した藤森栄一氏に繋がる方です。

こう書いてしまうと、まるで縄文農耕論の継承者が描く、本格的な縄文文化論が展開される本のように見受けられてしまいますが、さにあらず。更に言えば、このような紹介自体、あくまでも本書を売り込むためのセールストークのようなものであり、著者の意図する所とは異なっている事を予め述べておかなければなりません。

本書が本当に素晴らしい点、それは八ヶ岳西麓に広がる縄文遺跡をテーマに、学芸員とモデラー(掲載されている写真のフィギュアは全て著者の自作です)という、二つのキャリアを存分に注ぎ込んだ、美しくも丁寧に纏められた、ページの上に描かれる縄文ミュージアムを見事に作り上げた事です(注記:信州と表題されていますが、前述のように八ヶ岳西麓がメインテーマです)。

信州の縄文時代が実はすごかったという本巻末に掲載された多くの協力者の皆様の手助けを受けながら、信州の息の長い学研的な伝統が培ってきた研究者の系譜に連なる著者(出身の明治大学において、戸沢充則氏の薫陶を受けています)が、その中心地からほんの少し離れながらも息吹を肌身に感じるであろう八ヶ岳東麓から俯瞰する、数千年に渡ると云われる八ヶ岳高原で大繁栄した縄文時代の主要な研究テーマを丁寧に解説していきます。

執筆協力の皆様によって集められた美しい画像や、良く錬り込まれた豊富な図案。著者自身の制作によるフィギュアによる美しくも可愛らしいフルカラーのページたち。ページに添えられたキャッチーなフレーズを眺めていると、一見して小中学生向けの所謂副教材ではないかと思えてしまいますが、それは大きな誤りのようです。低年齢向けの語法はあえて避けて、一般の読者を想定した文意と、博物館等の刊行物では当然の配慮である、時代感の指摘やキャプション、補記への配慮は、正に本書が学童向けの入門書に留まることなく、より広範な読者、好事者、歴史ファンの皆様に向けて書かれている事の証。多くの皆様が感じているかもしれません、大好きな博物館、美術館を訪れた後、この感動をそのままに収めた一冊の本が欲しいと思う感触そのままに、本書は仕上げられているかのようです。

信州の縄文時代が実はすごかったという本そのテーマ故に入門書としての体裁で纏められていますが、要所に書かれた内容は最新の学術成果も盛り込まれています。本書を読まれる方であれば、一番気になる点についても、最先端の圧痕法(レプリカ法)による知見が盛り込まれており、この一冊で最新の縄文研究の一端に触れる事が出来るように配慮されている点は、更に嬉しいところです。著者はあくまでもこれらの議論に対して、距離を置いた発言をされていますが、その検証手法の発展と新たな知見が現れる事を密かに期待されているようです。

信州の縄文時代が実はすごかったという本そして、八ヶ岳の裾野に広がった縄文時代の遺跡で繰り広げられた物語について、考古学的成果から俯瞰していきます。特異な文様を持った縄文土器の分布と伝播、八ヶ岳の縄文文化を象徴する二つの国宝土偶の物語(二つの間の時間軸的な断絶についても)。そして、発展を支えたであろう豊かな生産性と、交易物としての黒曜石からみる、海をも超えて東日本を広く包み込む、広範な縄文人たちの移動する姿。これらの内容は博物館でじっくり見たつもりでも、改めて本という形で眺め直すと、別の見方が生まれて来るようです。そして、現代に生きる私たちもその大きな流れの中で生きている事を実感させられる、縄文海進とあれほど繁栄した八ヶ岳西麓に生きた人々が残した痕跡の消滅。

ここから先は、是非現在の八ヶ岳山麓に訪れて、その息吹を感じて欲しいとの想いから、多くの類書では決定的に欠けている、各所に点在する博物館の展示紹介や訪問ガイドにページを割いている点は、本書が博物館関係者が著述されている点以上に、地元に在住する人間として、更には本書を通じてその地を訪れたいと思う多くの歴史ファンにとって、極めて嬉しい配慮である事を重ねて述べておきたいと思います(双方に於いて絶対的に断絶して扱われる事が多い、隣県の博物館に関しても、特段の配慮を以て記載をして頂いている点については、深い敬意の念を述べさせていただきます。八ヶ岳山麓は東西南北みんな一緒)。

SNSや著者のブログに残された刊行前のコメントを拝見すると、研究者のキャリアとして本を出すのが早すぎたのではないか、刊行自体に無理があったのではないかと悩まれている様子が伺えますが、そんな想いは多分杞憂だったと思いますよと、お伝えしたいです。

これまでになかった、八ヶ岳山麓の縄文時代を美しくも丁寧に綴られた読むミュージアムとして、多くの歴史が好きな方の机上に届けられることを願って。そして、今度のお休みには、その足跡を訪ねて美しく整備された博物館たち、史跡へ訪れてみませんか。

八ヶ岳ブルーの下で4

信州の縄文時代が実はすごかったという本

P1060493<おまけ>

本書に関連する内容を扱ったページをご紹介します。

広告
中央道の休憩は縄文の想いに触れるひと時(釈迦堂P.Aと釈迦堂遺跡博物館)

中央道の休憩は縄文の想いに触れるひと時(釈迦堂P.Aと釈迦堂遺跡博物館)

中央高速を東京から西に向かうと、笹子トンネルを抜けた後、急坂を転げ降りるようにして甲府盆地に下っていきます。

緊張を強いられる運転から、少し傾斜が緩くなってほっと一息つける場所にある釈迦堂P.A。

車をパーキングに入れて、丘を見上げると、ちょっと不思議な案内板を見かけます。

釈迦堂P.Aと釈迦堂遺跡博物館丘の上に立つ、大きく「博物館」と書かれた建物と、行き先を示す案内板。

パーキングエリアから博物館?、と首を捻ってしまいますが、とりあえず行ってみましょう。

釈迦堂遺跡博物館外観階段を上り詰めると、一般道。

道を渡った正面に博物館の入口が見えてきます。

ここが、日本でも珍しい「高速道路から直接訪問(も)出来る博物館」、釈迦堂遺跡博物館です。

こちらの博物館、 そのものズバリ、中央道を建設中に発見された縄文遺跡である釈迦堂遺跡の発掘成果を展示する為に建てられた、珍しい施設なのです(同じようなシチュエーションで、もっと大規模な遺跡であった、長野県諏訪郡原村の阿久遺跡には、残念ながら併設の博物館は存在しません。遺跡の脇に立つ収蔵庫内の一部の収蔵品が、遥か山懐に立地する、村立八ヶ岳美術館に展示されています)。

釈迦堂遺跡博物館から中央道を俯瞰館内の喫茶室や展望室からは、このように釈迦堂P.Aの様子や笛吹の市街地を望む事が出来ます。

釈迦堂遺跡博物館内部1では、さっそく見学してみましょう。

縄文土偶にお詳しい方ならご存知の、この博物館の名物が出迎えてくれます。

何と、こちらの博物館はカメラOKなので、お好みの写真を撮る事も出来ます。但し、フラッシュ厳禁ですのでスマホ撮りの際にはご注意を。

釈迦堂遺跡博物館内部2奥の陳列棚にずらっと並ぶこの名物、さあ近づいて観てみましょう。

釈迦堂遺跡博物館内部3目の前を埋め尽くす、顔、顔、顔…。

この博物館の名物、それは国内で発掘された出土数の1割近くを占める、膨大な土偶たち。

目の前にびっしりと並べられた、土偶の顔を始めとしたパーツ類が見学者の皆様に向かって一斉にご挨拶です。

釈迦堂遺跡博物館内部4個性豊かな土偶たち。ちょっとおかしかったのが、真ん中の土偶にカメラの顔認識がばっちり反応した事(大笑)。縄文人の感性は、現代のエンジニアリングにも共鳴してくれるようです。

釈迦堂遺跡博物館内部5豊富な顔のバリエーション。どんな想いでこれらの顔を生み出していたのでしょうか。

釈迦堂遺跡博物館内部7土器の縁につけられていたと考えられる人面たち。

ちょっとお気に入りが左の2つ。どこかで見た事がある様な顔つきではありませんか…?

釈迦堂遺跡博物館内部6宇宙人のような土偶の顔達。こちらの遺跡では多数の土偶が出土していますが、これらのように破壊されたり、一部のパーツだけの状態の土偶が殆どで、国宝土偶が2つも揃う、尖石のような華やかさはありません。

釈迦堂遺跡博物館内部8華やかさが無いと言いましたが、特徴的な出土物には事欠かない釈迦堂遺跡。

こちらのような、出産シーンをそのまま土偶にしたと考えられる、極めて貴重な出土物もあります(江戸時代までの出産同様、中腰の姿勢で出産していたと考えられています)。

釈迦堂遺跡博物館内部9そして、館内を奥に進んでいくと、この博物館のもう一つのお宝が見えてきます。

釈迦堂遺跡博物館内部10ガラスケースの中で、周りを威圧するように静かに佇む、この博物館でも大物、縄文土器としても大きな逸品中の逸品、水煙文土器。土偶には興味があるけど、土器はちょっと…という方でも、納得の迫力を持った芸術作品と言いたくなる土器です。

釈迦堂遺跡博物館内部11水煙文土器の後ろには、同時に発掘された土器たちがオープンスペースに展示されています。

もちろん、手に取る事は出来ませんが、ガラス越しではなく、縄文土器の肌合いを直に感じる事が出来ます(この展示方法は、尖石でも実施されています)。

釈迦堂遺跡博物館内部12これらの土器を作った際に余った粘土を序に焼き上げたのでしょうか、指跡が残る粘土や、粘土を入れていたと思われる、編んだ網の跡が残る粘土も出土されています。大量に土器、土偶が生産されていた事を示す、貴重な発掘物です。

釈迦堂遺跡博物館内部13そして、こちらも貴重な土鈴。

生活に汲々としていたわけではなく、豊かな文化性を持ち合わせていた証拠。このような出土品は極めて珍しく、こちらの博物館では、名物の「桃の箱」にこの土鈴のレプリカを入れたノベルティも用意されています(土偶の顔が入っているバージョンも…欲しいですか?)。

釈迦堂遺跡博物館内部14縄文の世界から、ちょっと薄暗いエントランスを通って現代へと。

中央道のドライブに少し疲れた時にちょっと寄り道して、ひと時のタイムトリップなど如何でしょうか。

釈迦堂Jomonコレクションパンフタイミングが悪かったのが悔やまれますが、夏休みを前にした7/15から、発掘35周年、重文指定10周年を記念した特別展示が開催されるそうです(第一期、9/7まで。普段は閉鎖している特別展示室が使われるはずです)。メインは大型土器。縄文土器ファンの皆様には必見の展示になりそうですね。

<おまけ>

似たようなテーマを扱ったページをご紹介。

今月の読本「奇妙なアメリカ 神と正義のミュージアム」(矢口祐人 新潮選書)多様性をテンプレート化する狭間で

暑い夏の午後。涼しい高原地帯とはいえ、ここ最近の猛暑では日中は出かけるのも躊躇してしまう程の日差しが降り注ぐため、日暮れまでの間は涼しい屋内で読書をして過ごす時間が長くなっていきます。

今日もそんな午後のひと時に読んでいた一冊をご紹介。選書のシリーズでは価格の安さとキワモノとまでは言いませんが、少し斜に構えたテーマ設定の作品が多い新潮選書の6月の新刊から一冊拾ってみました。

奇妙なアメリカ

奇妙なアメリカ 神と正義のミュージアム」(矢口祐人著)です。

普段は副題を添えてご紹介しない場合が多いのですが、本書ばかりは副題が必須のように思えます。当の本人も、副題に気が付くまで本書がアメリカのミュージアムを題材に取った作品だと気が付かなかったくらいですから…。

しかも、副題の内容も本書の内容を反映しているかといえば、殆ど正しくないようです。

本屋さんで書籍を手に取る最初のインターフェイスはもちろん題名、そして装丁だと思います。その点、同一の装丁で揃えられている都合上でしょうか、差別化を図るために用いられたと思われる、インパクト重視の題名やキャッチーな帯からは書籍のイメージが伝わりにくく、この辺りの選定に何時も首を傾げる点が多いのが新潮選書の難点なのですが、今回の表題は副題を含めても本書の内容をかなり歪めていると思えてなりません。

本書は神と正義の話のような、福音派をモチーフにした題材でもありませんし、取り扱われているテーマも奇妙さは全くありません。マガジンスタイルの書籍が扱うような、少しアメリカ文化を茶化してやろうという、表題から感じるノリとは全く反対の、極めて真面目なミュージアムについてのお話が続きます(著者はハワイ文化が専門の東京大学大学院総合文化研究科の教授でもあり、名著の中公新書「現代アメリカのキーワード」の共著者でもあります)。その点では、表題が内容を大きくスポイルしている(歪曲している)点は否めません。

本書を読み始めると、まず初めに、アメリカ人が毎年8億5ooo万人もミュージアムに訪れると聞いて、驚くのではないでしょうか。有名なスミソニアンやニューヨーク、ボストンの美術館等、著名なミュージアムが数多く存在するから当たり前と思われるかもしれませんが、あれだけ広大な国土にも関わらず、人口一人当たりの来訪者数で日本とほとんど変わらないと聞くと、まさかと思う方も多いのではないでしょうか。アメリカ人も、日本人同様に「ミュージアム大好き」な人たちなのかもしれません。

本書は、そんなミュージアム好きなアメリカ人にとっても極めて特徴的な展示内容を有するミュージアムを敢えてピックアップして紹介しています。本書では8つのミュージアムが紹介されていきますが、いずれの解説にも、著者の深い配慮が垣間見えます。扱っているミュージアムのテーマがかなり極端な故でしょうか、読者に偏向性と誤解を与えないように、内容には極力公平性を保とうとする筆致が伺えます。

そもそも、ミュージアムと定義づける以上、何らかのテーマに則った展示が求められるわけですから、テーマに合わせたテンプレート(もしくはストーリー)に展示内容を載せていく必要が生じる点は不可避なことだと思います。その点で、本書に紹介されている8つのミュージアムはいずれも特定のテンプレートを下敷きにどのように展示を組み立てているのかを、著者の感想や、時に施設の内外での出来事を交えながら語っていきます。

紹介されるミュージアムはどれも展示の上での芸術性、工夫に溢れており、特徴的な場所に所在し、ここでしか見られないというテーマを持っているのですが、著者はそれぞれの展示内容に対して、充分にアメリカ社会を理解した上でなければこれらの内容を理解することはできないと明言しています。

著者は、そこにあるアメリカ社会特有の理論構築について、展示者の意図から読み解いていこうとします。創造論や核兵器の正当性を示すためには科学を以て証明する。犯罪に対して罪は罪、罰は罰と割り切るドライさと、危うさ。成金趣味と言われようが、芸術に投資し、故郷に利益を誘導するのも成功者の一側面である事実(日本人もこの点は同じですね)。何を於いても、国家の大義、そしてコミュニティの大切さを訴える事を優先する。

そのような解説を通して、本書で扱われるミュージアムに一貫して、ある特定の配慮が欠落してる点を著者は指摘しようとしている事が判るかと思います。この想いの正体は、最後に紹介する戦艦アリゾナ号メモリアルと、最近改修されたビジターセンターの展示への言及で明確化するように本書は構成されています。多様化を価値観の一方の源泉として重視するアメリカ社会のもう一方の価値観としての、テンプレート化されたミュージアムの展示を通して、意図せずとも除外されたであろう価値観との対比を読み解いていこうという著者の想いが垣間見れます(例外的に、全米日系アメリカ人ミュージアムの紹介の部分では逆否定の表現で記述されている点は、やはり気になります)。

繰り返すようですが、本書は表題にあるような神と正義といった画一的なアメリカ論を語る内容でもありません。丁寧にアメリカの多様性の一側面としてのミュージアムを解説しながら、そこにマイノリティの代表でもある日本人としての著者が感じた、外から見た理想のアメリカ像からの「欠落」を見つけ出していこうという、深い考察を持った一冊であると思います。

<おまけ>

本書と併せて読みたい、最近新潮選書に収められた、同じようなテーマを全米の特徴的なコミュニティを舞台に考察する一冊「アメリカン・コミュニティ」(渡辺靖:著 私が持っているのは2007年に刊行された初版)。アメリカの多様性を知るきっかけとして、とても良い本だと思います。

奇妙なアメリカとアメリカン・コミュニティ<おまけ>

本ページでご紹介している同じようなテーマの書籍、話題を