ちょっと早い夏空の下、見頃の井戸尻考古館の大賀蓮を(2015.7.12)

金曜日から急に真夏のような天気になった東日本。

まだ梅雨明けとはいきませんが、その後の天候を占うかのような強い日差しの週末となっています。

釜の底のような灼熱の地上から戻ってきた日曜日の朝。

ほんの少しだけお散歩です。

圃場の緑と南アルプスぐっと濃くなった緑に染まった圃場の先には、夏空らしいもやっとした空の下に南アルプスの山並みが伸びています。八ヶ岳と蕎麦畑夏空の下、八ヶ岳西麓の蕎麦畑には蕎麦の花が広がっています。

夏空の八ヶ岳と蕎麦畑白い花に包まれた蕎麦畑の向こうでは、農家の方がトラクターで次の作物を植える準備を始めています。

夏の蕎麦畑満開の花が広がる蕎麦畑。本格的な夏を前にして、ちょっと気が早いですが、心地は秋模様(諏訪郡富士見町信濃境、先達)

井戸尻考古館の大賀蓮1信濃境の井戸尻考古館へ。

名物の大賀蓮が見頃を迎えています。

井戸尻考古館の大賀蓮2大型の望遠レンズに三脚とフル装備で望まれている方々を避けながら、ふらふらと池の周りを廻ってみます。

井戸尻考古館の大賀蓮3蕾はまだまだありますので、もう少しの間、楽しめそうです。

井戸尻考古館の大賀蓮4濃い桃色に染まる、大賀蓮の花を(Lumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7,1/6400,f3.2,ISO200,-1EV)

井戸尻考古館の大賀蓮5遠くに南アルプスの山並みを望む、井戸尻考古館の大賀蓮池。

来週の日曜日には、早朝から例年恒例の観蓮会が催されます。詳しくは井戸尻考古館のホームページへ。

 

広告

梅雨空の午後のひと時に(井戸尻考古館の咲き始めた大賀蓮を)2015.6.26

梅雨らしい空模様の続く6月後半。

気温も少しずつ上がってきて、薄日が出ていると蒸し暑く感じられるようになってきました。

夏蕎麦畑と八ヶ岳普段は秋蕎麦が播かれるはずの畑。今年は早くも夏蕎麦が花を咲かせています。

八ヶ岳から黒い雲が下ってきています。

夏蕎麦の花真っ白な蕎麦の花がそこかしこに花弁を開かせています。

夏蕎麦の花2夏蕎麦の花をアップで(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f2.8,ISO200,-0.3EVトリミング済み)

井戸尻考古館蓮池休日の午後のお散歩先は、富士見町信濃境にある井戸尻考古館。

史跡となっている考古館の前庭に面する窪地には、水を湛えた蓮池が点在しています。

井戸尻考古館の大賀蓮2此処の名物は、窪地の一番奥に咲く、大賀蓮(古代ハス)。梅雨本番の6月末になって、蕾がほころび始めています。

井戸尻考古館の大賀蓮1ぐるっと池の畔を廻ると、池の中央近くに一輪、花をいっぱいに広げた大賀蓮を見つける事が出来ました。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f5.6,ISO200,エフェクト:ローキー)

このレンズ、時々ドキッとさせられる色を叩出してきます。

井戸尻考古館の大賀蓮3僅か数輪ですが、開花を始めた井戸尻考古館の大賀蓮を(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/800,f4.5,ISO200,エフェクト:ローキー)

井戸尻考古館の大賀蓮4何時もより少し早く開花を迎えた井戸尻考古館の大賀蓮。ご覧のように、今年はたくさんの蕾を付けていますので、これから7月の上旬までたっぷりと楽しめそうです。お越しの際は、ゆっくりと花を開かせる午前中早い時間帯がおススメです。

井戸尻考古館の白蓮井戸尻考古館前の蓮池。主役の大賀蓮の池の周囲には、それぞれに花を咲かせるスイレンたちの池もあります。こちらは白蓮の池。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ池の周りではトンボたちがそれぞれに縄張り争いのため、盛んに飛び交っています。

そんな中でも、何時も静かなイトトンボをアップで。Lumix G 42.5mm f1.7の最小焦点距離一杯(訳30cm)まで寄せています。

井戸尻考古館蓮池のイトトンボ2トリミングしてアップで(Lumix DMC-GM5 Lumix G 42.5mm f1.7,1/2000,f3.5,ISO200)

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル1蓮池の周りには、お馴染みの住人達が。

井戸尻考古館蓮池のトノサマガエル2昼間はおとなしい、井戸尻考古館蓮池の住人さんでもあるトノサマガエル(ノントリミングです)。

少しの間ですが、モデルを買って出てくれました。頭に藻を載せたままで、ちょっと休憩中。

井戸尻考古館のスイレン池スイレンも池一杯に花を咲かせています。蓮の花に比べると、ちょっと大人しいですが、梅雨空の下で盛んに華を競っています。

井戸尻考古館のスイレン蓮池に咲く、スイレン一輪。

(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/5000,f1.7,ISO200,エフェクト:ローキー)

絞り開放f1.7の作例として。

スケッチに訪れていた観光客の皆さんを横目に蓮池でのんびりとカメラと戯れる午後のひと時。

冷たい風が吹き始め、真っ黒な雲が八ヶ岳を下り、空からぽつぽつと雨が落ち始めて来たので撤収と相成りましたが、山間地らしく、移動中には青空も遠くに望める午後のひと時。夏至を過ぎた6月末の夕暮れはゆっくりと日が傾いていきます。

夕暮れに彩なす色(Lumix DMC-GM5 LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/100,f2.8,ISO200,-0.3EV)

井戸尻遺跡と蓮の花を(縄文に逢える里)諏訪郡富士見町信濃境

お天気が安定しないここ数日、こんな時は近場で楽しむのもよいものです。

そんな訳で、以前桜巡りをした富士見町、信濃境に再び訪問。このシーズンは町内にある井戸尻遺跡で古代ハス(大賀ハス)が楽しめます。

井戸尻史跡公園の案内板駐車場にある園内の案内ボード。あいにくの薄曇りにも関わらず、連休なので駐車場は満杯。団体客の皆様も一杯いらっしゃいます。花の種類に疎い男性陣の皆さんはレイアウトと花の名前を頭に叩き込んでから湿地帯に降りましょう。

井戸尻遺跡の大賀ハス1この公園の主役。古代ハス(大賀ハス)です【クリックでフルサイズ】

井戸尻遺跡の大賀ハス3園内の最も奥まったところにある池が大賀ハス専用の池になっています。

まだ咲き始めですが、じっくり楽しむことが出来ました【クリックでフルサイズ】

井戸尻遺跡の大賀ハス2凛として咲き誇る。主役の風格を漂わせる花ですよね。極楽浄土をイメージさせるという方もいますが、どうでしょうか【クリックでフルサイズ】

井戸尻遺跡のスイレン他の蓮の花も、もう少しで見ごろを迎えそうです。こちらはスイレン(トリミング済み)。

井戸尻遺跡の漁山紅蓮こちらは珍しい漁山紅蓮。手前でクロイトトンボがポーズをとってくれました【クリックでフルサイズ】

井戸尻遺跡のクロイトトンボせっかくポーズをとってくれているのでクロイトトンボをアップで(トリミング済み)

井戸尻遺跡のシオカラトンボそして、開花を待つ花の先に止まるシオカラトンボを(トリミング済み)。蓮の池の周りで盛んに偵察飛行を続けています。

井戸尻遺跡の蛙トンボがいっぱいいれば、もちろんこちらも。池の傍を歩くと、時々「ぽちゃん」と水面を叩く音が聞こえてきますが、正体は彼ら、蛙です(トリミング済み)。葉が密集した蓮の池は彼らにとっても格好の隠れ家です。

井戸尻遺跡の水車と南アルプス水車越しに南アルプスの山々を。水車のリズミカルな音に合わせて高原の涼しい風が吹き抜けていきます。

井戸尻遺跡の復元縄文竪穴式住居漸く雲が切れ始めた青空の下、復元された竪穴式住居の跡と、史跡である井戸尻遺跡を。【クリックでフルサイズ】

当日は丁度「道の駅蔦木」主催の散策イベントが行われていて、井戸尻考古館の館長さんの説明を横でちょっと聞きながら、思わぬ歴史散策も楽しめました(ごめんなさい井戸尻考古館には行ってません)。

蓮の花はこれからが見頃です。暑さが続く中、涼を求めて霧ヶ峰や、蓼科高原、八ヶ岳西麓を巡った後、ほんのちょっと寄り道して、静かな信濃境で花を愛でながら歴史に触れるというのは如何でしょうか(小淵沢駅/小淵沢ICから車で15分ほどです)。

<おまけ>

今回の訪問に際して、ちょっと参考にさせて頂いた資料をご紹介。

井戸尻遺跡散策ガイドブック1「富士見町井戸尻遺跡周辺散策ガイドブック ここに来れば縄文にあえる」(信州わくわくフットパスガイドブックNo.04 特定非営利活動法人つなぐ・編、まちミュー諏訪)です。

極めて入手経路が限られるガイドブックですので入手困難(発行200部らしい…)かとは思いますが、手作りチックで味わいのあるガイドブックです(平安堂諏訪店にて購入。200円)

井戸尻遺跡散策ガイドブック2このように1ページごとにテーマを決めてイラストとショートコメントが載せられています。込み入った内容ではないので、ちょっとした息抜きに読むもよし、訪問前の事前勉強にも良いかもしれませんね。多分、唯一無二の信濃境ガイドブックではないでしょうか。

続編です :高森のひまわり畑はこちら

・井戸尻考古館のご紹介はこちらにて。