五月晴れの朝、水面に映る甲斐駒の雪渓(2020.5.8)

汗ばむほどの気温となった連休も終盤になって急に寒の戻りとなった八ヶ岳南麓。

休み明けの仕事始めとなる週末にかけて、カレンダーが1枚戻ってしまったかのような冷え込む朝になりました。

早朝の最低気温が2℃まで下がった金曜日の朝。日が昇り、朝靄が消えると上空には青空が広がり始めました。

澄み切った空気と爽やかな五月の風、そして鮮やかな五月晴れの空に惹かれて、通勤途中ですがちょっと車を止めてカメラを取り出します。

圃場に張られた水面に映る南アルプスの山並み。

透き通るような水面に並ぶ、植えられたばかりの稲の苗が風に揺れています。

穏やかな風に揺れる圃場の水面と稲の苗。

今年はたっぷりと雪を残す甲斐駒の雪渓も輝いています。

圃場を囲む木々も鮮やかな新緑に染まります。

新緑に染まる落葉松林越しに望む、南アルプス、鳳凰三山。

圃場の水面に新緑と雪渓が映り込んでいきます。

新緑に囲まれる雑木林で花開く木々。

鮮やかな新緑に囲まれる小道を往くと、出社を前にちょっと神経質になっているハンドルを握る心もすっと軽やかになります。

五月晴れの青空と新緑に映える木々、そして白銀の雪渓湛える南アルプスの山々。

八ヶ岳南麓に暮らす。その日々の生活に寄り添う、この日、この時だけのシーンを愛しみながら。

Panasonic Lumix DMC-GX7Mk2 LEICA DG Summilux15mm f1.7(2020.5.8 北杜市小淵沢町上笹尾)

冷え込む4月から艶やかな空広がる5月へ(2020.4.29~5.2)

例年より冷え込みが続いた4月の後半。

一足以上、早く訪れた季節が逆回転したかのような日々が続きましたが、次の季節の足音が徐々に近づいてきています。

ひんやりとした朝。

まだ残雪を残す、南麓側から望む八ヶ岳。

寒冷地の圃場は年に一回の収穫。早稲の品種に合わせて4月の終わりになると圃場に水が張られていきます。水面に映る山桜、圃場を整える時が訪れたことを告げてくれます。

帰宅途中の夕暮れ、窪地にある小さな圃場に映る甲斐駒の雪渓。

今年は残雪が多く見えています。

ひんやりとした夕暮れの空気。それでも春霞に覆われる夕暮れの空は艶やかに色づいていきます(2020.4.29)

朝の圃場。気温が高くなり、雪渓が消え始めた鳳凰三山と、まだ雪渓を湛える甲斐駒が見下ろす圃場の脇に立つ山桜。例年になく早く訪れた春ですが、その後の冷え込みに合わせるかのように、じっくりと花開く時を待っています(2020.4.30)

眼前に広がる圃場に水が湛えられ、田植えが始まる5月。

霞んだ青空と暖かい風は季節が移り変わったことを教えてくれます。

穏やかな凪のように水面拡がる夕暮れの圃場。

急に気温が上がって、初夏を思わせるような日差しとなった金曜日。

夕日に暖められた澄んだ山里の空気が西の空を染め始めました。

日没の瞬間。夕日が煌々と山際を焦がしていきます。

穏やかな風が吹く、山里の夕凪。

日没を過ぎて夜の帳が降り始めると、空の色は刻一刻、複雑に移り変わっていきます。カメラを楽しまれる方々が「マジックアワー」と称される時間が西の空でゆっくりと幕を閉じていきます(2020.5.1)

初夏を通り越してしまったかのように気温が上がった連休初日。

涼しくなってきた夕暮れ、何時もの道をちょっと外れて、甲斐駒を望む圃場の脇へ。

次の季節が訪れたことを告げる、この界隈で最後に咲く桜が、夕暮れの甲斐駒へ向けて花を開かせています。

甲斐駒を望む谷戸に咲く3本の山桜。

地元に在住される写真家の方が名付けた「鼎談桜」の名前でも知られる山桜です。

今年も満開の花を咲かせてくれました。

日没を過ぎて涼しくなってきた圃場を進むと、西の空に浮かぶ雲を夕日が焦がしていきます。

日中は気温が急上昇となりましたが、それでも5月は始まったばかり。

周囲が暗くなると、山から吹き降ろす涼しい風に乗って蛙の歌が響き渡ります。

雨が上がった夕暮れ(2016.6.25)

梅雨らしい天気が続く日々。

撮影には向かない日々はちょっと憂鬱になりますが、それでも農作物にとっては大事な梅雨の雨。

そんな部屋籠りが続く中で、お天気が回復してきた日曜の夕暮れに外に出た時の一コマを。

P1070868蓼科山と北横岳を目の前に望む蕎麦畑。

小さな白い花が咲き始めています。

P1070856日差しが戻ってきた圃場。

P1070865a綺麗に整えられた田圃にゆっくりと西の空に沈んでいく夕日が雲間から零れてきています。

梅雨空もあと数週間ほど。そろそろ夏の声が聞こえて来そうです。

 

ちょっと早い夏空の下、見頃の井戸尻考古館の大賀蓮を(2015.7.12)

金曜日から急に真夏のような天気になった東日本。

まだ梅雨明けとはいきませんが、その後の天候を占うかのような強い日差しの週末となっています。

釜の底のような灼熱の地上から戻ってきた日曜日の朝。

ほんの少しだけお散歩です。

圃場の緑と南アルプスぐっと濃くなった緑に染まった圃場の先には、夏空らしいもやっとした空の下に南アルプスの山並みが伸びています。八ヶ岳と蕎麦畑夏空の下、八ヶ岳西麓の蕎麦畑には蕎麦の花が広がっています。

夏空の八ヶ岳と蕎麦畑白い花に包まれた蕎麦畑の向こうでは、農家の方がトラクターで次の作物を植える準備を始めています。

夏の蕎麦畑満開の花が広がる蕎麦畑。本格的な夏を前にして、ちょっと気が早いですが、心地は秋模様(諏訪郡富士見町信濃境、先達)

井戸尻考古館の大賀蓮1信濃境の井戸尻考古館へ。

名物の大賀蓮が見頃を迎えています。

井戸尻考古館の大賀蓮2大型の望遠レンズに三脚とフル装備で望まれている方々を避けながら、ふらふらと池の周りを廻ってみます。

井戸尻考古館の大賀蓮3蕾はまだまだありますので、もう少しの間、楽しめそうです。

井戸尻考古館の大賀蓮4濃い桃色に染まる、大賀蓮の花を(Lumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7,1/6400,f3.2,ISO200,-1EV)

井戸尻考古館の大賀蓮5遠くに南アルプスの山並みを望む、井戸尻考古館の大賀蓮池。

来週の日曜日には、早朝から例年恒例の観蓮会が催されます。詳しくは井戸尻考古館のホームページへ。

 

初夏の緑(2015.6.28)

梅雨晴れにも拘わらず、爽やかな風が吹き抜ける6月最後の日曜日。

久しぶりの眩しい日差しを受ける周囲の景色は、夏色の緑に包まれていました。

初夏の緑2ぐんぐん伸びる稲穂が濃い緑を湛える、昼下がりの圃場。

遠くに望む南アルプスの山並みも、すっかり緑に包まれています。

初夏の緑4最後の雪渓を残す、甲斐駒をアップで。

梅雨晴れとはいえ抜ける様な日差しの中、眩しい緑が目に沁みます。

初夏の緑3季節外れの抜ける様な青空が印象的な今日の八ヶ岳。こちらも緑に染まっています。

初夏の緑5少し移動して、茅野市側のエコーライン沿いより阿弥陀岳と横岳。緑の色つきで植生の違いがはっきり判ります。

緑に染まる山々、そして圃場を埋める稲穂たちにとっても梅雨は大事な成長のタイミング。もう暫くは雨降りが望まれる6月の終わり。

初夏の緑6初夏には珍しく、雲間の遠くに北アルプスの雪渓が見えています。これほど抜けが良い状態も本当に珍しい事です(今朝は横浜からも富士山が眺められたほどだそうです)。それでは、もう少し近づいて眺められる場所まで移動してみましょうか。

<次のページに続きます>