今月の読本「一茶の相続争い」(高橋敏 岩波新書)百姓、弥太郎に宿る証拠と理論を以て貫く信州人の生き様

今月の読本「一茶の相続争い」(高橋敏 岩波新書)百姓、弥太郎に宿る証拠と理論を以て貫く信州人の生き様

皆さんは信州人と聞いてどんなイメージを持たれるでしょうか。

頑迷で議論好き、寒冷地なので辛抱強く学研的な気風を貴ぶけれど、時に議論倒れで終わってしまう。普段はおとなしいけれど、お祭り(御柱に御開帳と何年越しかで準備するイベント大好き)になると俄然盛り上がり、都会で集まれば、地域毎のわだかまりは抑えて信濃の国を大合唱…。

ちょっとステレオタイプかもしれませんが、江戸時代の信州を代表する俳人、小林一茶と彼が生きた世界を垣間見ると、そんな信州人の気風が色濃く見えてくるかもしれません。

今回は「一茶の相続争い」(高橋敏 岩波新書)をご紹介します。

まずはじめに、故郷を追われつつも逆境にめげず、民衆に寄り添いつつも漂白し、風雅を愛した俳人、小林一茶に心寄せられる方は、お読みになる前に一考を要するとお伝えします。このような書き方を敢えてするのは、一茶に対する「美談」ともいえるそれらの言説に対して、帯にあるように欺瞞であるとの著者の想いを文中で繰り返し述べられるために、正直、辟易されてしまうかと思われるためです。あとがきで述べられる、俳人、一茶としての人物像や詠まれた句の研究ばかりで、本当の素性であり、死ぬまで維持された人別帳にある、北国街道の要衝である、柏原宿の百姓、弥太郎の姿を捉えていないという近世史の研究者としての強い危惧が、そのような筆運びを生んだようです。けれども、あまり執拗に述べられると、毒気が強すぎて読後感にも微妙に影響を与えます。

一方で、一茶の一生に付きまとう家族との不和の理由にある背景にご興味のある方にとっては、著者の専門である近世の民衆、農村、行政史の観点から、信州人たる農民、弥太郎を通して、その本質である江戸時代の民衆の生き様から読み起こしていくという、非常に面白い一冊になる事も事実です。岩波新書を始め多数の著作を有する著者の小気味の良い筆致に乗せられて、まだ書き足りない部分があるとの断りがある中でも、要所をしっかりと押さえた筆致と、図版を用意し、必要であれば原文も添えていく。史料調査に基づく背景描写やその後の話の中にちょっとした意外性も見出していく掴みの巧さ、研究者の方が書かれる書籍の中でも、読ませる一冊である事は間違いありません。

遥か戦国末期の川中島、現在の長野市の北から越後の国境に通じる北国街道を振り出しに描き始める冒頭は、意外な事に石田三成と直江兼続のお話から切り出されます。会津転封に伴う完全な兵農分離と東国最大の太閤蔵入地の割り出しを狙う三成の戦略が、所謂土豪勢力が豪農へと転換する余地を大きく減じさせ、同時に施行されたその時代以前から騒乱の地として疲弊してきた当地への撫民政策が、歴代の入部した大名たちにも継承された事を見出していきます。天領となって中野代官所が預かる時代の年貢率の低さ(天領故ですが)に驚くと同時に、当初からその政策を浸透させるために、ち密な文書行政が敷かれていた事を示していきます。家康が政権を握った以降に展開された街道整備政策により、新たな宿場町として取り上げられた柏原。著者は近世史の研究者として、宿場として取り上げられることによる地子免除のメリットは僅かであるとする一方、伝馬役の重さに疲弊する宿場という一昔前の江戸時代の歴史描写にも否定を加えた上で、官道として脇道への通行を規制することで、物流を掌握する立場となった宿場の機能と、其処に労働力として集まる周辺農村の繁栄から、暗黒の江戸時代の地方農村というイメージから、賑やかな街道と文筆に長けた富農が集い、北国と江戸を結ぶことで文化の懸け橋になった、豊かな北信の街道と宿場町という姿を提示していきます。

宿場を切り盛りし、安定した繁栄を維持する役割を一身に担う事になるのが本陣役。本書の主人公である一茶と重なり合うもう一方の登場人物である歴代の本陣、中村家の当主と、一茶との機縁を結ぶ事となる、長男であるにも関わらず当主を継がず、その一生の殆どを宿場を守るた為の訴訟に打ち込んだ四朗兵衛の物語から、宿場町を舞台にした彼らの生き様が描かれていきます。現在では消防団にその姿を残す、祭りや勧請を取り仕切る若衆と、公儀に対しても宿場と村の統率を示す必要に迫られる大人との確執と共闘。まめまめしく残された、沽券に係わる宿場成立の由来や公儀との取り交わしの文面から伝わる、文書行政を支えた上層農民たちの教養の高さと、それを当てに江戸から下って来る文人達(一茶もその一群に連なろうと帰郷したことは間違いないようです)。そして、本書のメインテーマである一茶と腹違いの弟との十年以上に渡る相続争いの素地となる二つの訴訟の物語が語られます。

北国街道に位置し、善光寺平から野尻湖、そして信越国境へと登っていく入口として繁栄した柏原宿。その繁栄を支えたのが越後から持ち込まれる海産類、そして塩である点は、塩の道とまで呼ばれた当地の歴史をご存知の方であれば論を待たないと思います。海なしの国たる信州の生命線を扼する北国街道に蟠踞した宿場町と連なる農村の繁栄を目の当たりにすると、それを快く思わない人々は必ず現れる訳で、ねたみを含めて村同士の争いが頻発することになります。急死した住職の後継を巡る村同士の争いが拗れるとき(この物語とその後のお話だけでも一冊の本が書ける程面白いのですが)、そして繁栄する北国街道を快しとしない人々が結託して起こす抜け荷が宿場の存立を揺るがすほどの規模に膨らんだ時、文書行政に長けた彼らは、謀議を巡らし罠を張り、証拠を集めて、沽券と自らが歩んできた歴史を握りしめ、お互いが自らが有利となる確固たる信念を胸に、出るところに出て決着を付ける事を潔しとしていきます。実に十軒もあったと云われる中野陣屋界隈に存立した公事を扱う人々。その示談では飽き足らない彼らは京都の本山へ、更には決着を求めて江戸へと出府を繰り返すことになります。

明治以降には飯山線と現在は一部が廃止された長野電鉄の路線が通じ、その上には上信越道が貫く。野尻湖から千曲川の東岸を抜けて、柏原と入れ替わり現代に於いて信州の小京都と呼ばれるようになった小布施を通り、須坂から屋代に抜ける川東道に連なる村々との間で前後二回に渡る熾烈を極めた訴訟合戦。宿場の生命線ともいえる塩の継荷を独占する宿場の権利確認を求めた江戸の評定所における九年にも渡る訴訟の最中に、江戸を拠点に各地を放浪する零落した逃亡民にして、漸く俳人としての名を上げつつあった一茶こと弥太郎と、当主の座を弟に委ねての一回目の訴訟で全面敗訴という宿場存立の危機を抱えて、背水の陣で二度目の訴訟に挑む、本陣の四朗兵衛が巡り合っていた可能性を見出します。更には、本陣支援の為に上京していた、既に係争状態にあった一茶の腹違いの弟、弥兵衛とも江戸で会っていたであろうと論じ、彼らが同じ宿場の存亡を掛けた訴訟で、江戸で境遇を語りあう間柄にあった事を想定していきます。その上で、江戸市中で訴訟相手であった村の人々が一茶を訪れていた事が記録には残っており、一茶自身もこの訴訟に柏原宿側の立場で何らかの関わり合いを持っていた事を暗示させます。

足掛け九年にも渡る長い訴訟と、公事宿に支払った費用だけでも実に120両にも上る膨大な資力(相手の村々にしても50両近い出費を強いていた事が示されています)を投じて勝ち取った街道の独占的な商業通行権。その一年後に念願が叶って、当時としては異例の20石を下回る分割相続を認めさせ、完全なる等分相続を勝ち取った百姓、弥太郎(一茶)。その添え書きには、江戸での訴訟を指揮した本陣の四朗兵衛はじめ、本陣当主である六左衛門の存在と、訴訟の支援に出向けるほどの文筆力を有し、彼らの生き様である、証拠と理論を持って筋を通すことを自らにも課し、父親の遺言を振り回す弥太郎の理論に服した弟、弥兵衛の姿が見えてきます(和談が成った後、更に不平を述べる弥太郎から、かの遺言状を本陣家が取り上げたのも、彼らが貫こうとした信義に従えば、当然の結果といえますね)。

さすらい歩き、旅に死すことこそ俳人の本懐と見る著者の目に映る、人別を置いたままに浮浪した挙句、冷たく厳しい地だと詠いながらもその地に執着し、遂には異例ともいえる分割相続まで果たして小作を使う小地主として往還を果たした百姓、弥太郎に対する、苦々しさすら感じさせる想い。そのような筆致の中でも、彼の最晩年に訪れた度重なる不幸には流石に憐れみを見出したようです。そして同じような憐れみを持ったであろう腹違いの弟である弥兵衛。大火で焼け出された宿場の再興がなった直後に、既に北信に広がっていた彼の門人と弥兵衛が意図した追悼句碑の建立。その意義を認め、宿場の入口に句碑を建てることを許した本陣、中村家と、撰文を承けた中野代官の手代であった大塚揆の一茶評。

戦国の急雲からもたらされた文治主義を下敷きに培われた学研的な素養と、豊かな北国の生産力、流通が生んだ余力を以て風雅に生きる事を叶えた俳人、その存在を生み出した在地の姿。その中で、繋がり合いながらも、時として腕力ではなく理論を以て争う事を辞さないという、今に繋がる信州人の気風の萌芽が本書から見えて来るようです。

一茶をテーマとして置きながらも、江戸時代の文治主義と訴訟の姿から其処に生きた人々の生き様を生き生きと描いていく本書。彼らが貫いた生き様には、家父長制が形骸化し、地域との繋がりも軽薄化する中を生きる現代の我々にとって、何に依拠して生きていくのかという、大きな示唆が含まれているようにも思えます。

 

広告