盛夏から風吹く晩夏へ(2019.8.13~18)

暑い日が続いた今年のお盆休み。今日が最終日の方が多いでしょうか。

酷暑から台風そして再びの暑さ。でも標高の高いこの八ヶ岳山麓はもう次の季節の足音が聞こえ始めています。

そんな日々のカットから。

八ヶ岳と美ヶ原を望む山裾に拓かれた溜池。

空の青が水面に映り込んでいきます(2019.8.13)

台風へと流れ込む風が次々と運んでくる雲たち、蓼科山の上空で渦巻く夕暮れ。

時折青空が覗く中、山裾は激しい雨が断続的に降り続きましたが、同じ諏訪地域でも盆地の底になる諏訪湖の花火大会会場は殆ど雨が降らなかったそうです(2019.8.15)

台風が過ぎ去った翌日の午後。

まだ風が残る圃場から望む、雲巻く八ヶ岳の上空。

風が止んだ夕暮れ。

台風が残していった湿った雲が柔らかな薄桃色に染まります(2019.8.16)

雲が晴れて再び厳しい暑さとなった週末。

山並の向こうに沈む、光芒を曳く夕日が雲を焦がします。

雲がゆっくりと切れて、どっぷりと日が暮れた後。

暗くなると急に急に気温が下がり始め、足元の畔端からは虫の音が響いてきます(2019.8.17)

再び雲が多めとなった日曜日の午後。

八ヶ岳の山裾は沸き立つ雲にびっしりと覆われます。西の端、蓼科山方向。

沸き立つ雲の更に上まで上昇気流が昇っていきます。

東から吹き込む風で沸き立つ雲。

南八ヶ岳は真っ白な雲に覆われていました。

西の空に広がる雲から零れる日射しが、夏の湿った空気を照らし出す午後。

すっかり高くなった青空に向かって、光と雲が重なり合って伸びていきます。

雲間から広がる光芒が射す中で。

足元に広がる圃場。風に揺れる稲穂。

結実が進み、重たくなった頭を垂れる稲穂が広がり始めると、季節はもう晩夏。

雲を沸き立たせた、ひんやりとした東風が吹く中、少し寂しい夏の終わりを感じさせる夕暮れです。

 

 

広告
長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

 

長い長い梅雨が明けて、いきなりの暑さが列島を覆う今年の夏。

梅雨の間は連日の冷たい雨、明けては猛暑と写真も撮りに行くのも億劫となる中、移り変わる日々のカットを集めて。

しっとりとした朝の雑木林(2019.7.16)

梅雨の狭間、粗放となった畑で花を咲かせる、夏蕎麦の花。今年は梅雨の最中での開花となりました(2019.7.23)

暑くなった夕暮れ、八ヶ岳の裾野に沸き立つ雲。

夕暮れが迫ると、真っ白な入道雲と、夕日が青空の下で混じり合っていきます。

琥珀色の夕日に染まる雲。梅雨明けまであともう少し(2019.7.28)

月末、梅雨明けとなった朝の八ヶ岳南麓。少しウェットな鱗雲が空を覆っています。季節がもう一歩先へ進んでしまったような空模様です(2019.7.30)

眩しい日射しが戻ってきた八ヶ岳南麓。朝から暑い日でも、雑木林の中は涼しい風が抜けていきます。

暑い日が続きますが、午後のお天気は相変わらず不安定。日暮れ前に雨雲に覆われ始めた八ヶ岳の裾野。不思議な空色が広がります(2019.8.1)

強い通り雨が去った夕暮れ。八ヶ岳の上空に広がる空にゆっくりと夕闇が迫ってきます。

雲を焦がす華やかな色合いを魅せる夕暮れの空。

日射しが西の雲の中に沈んだ後、残り火のような夕日が雲間から差し込んできました(2019.8.3)

夕暮れ前の野辺山、平沢峠。朝は雲一つない青空でしたが、午後になると沸き立つ雲に覆われる八ヶ岳山麓。雲の切れ間から差し込む光芒が広大な山裾を照らし出します。

雲が広がる八ヶ岳の稜線にゆっくりと隠れていく夕暮れの日差し。

権現岳と赤岳の間に沈んでいく夏の夕日が雲を焦がします。

どっぷりと暗くなった後、八ヶ岳の向こうに沈んだ夕日からの照り返しがゆっくりと雲間に揺らめいています(2019.8.4)

夜半の雨が止んですっきりと晴れ渡った南アルプスを望む朝の圃場。

気持ちの良い夏の青空が広がります(2019.8.5)

夜半の雨の名残、雲海をたなびかせる朝の甲斐駒。

梅雨は明けましたが不安定な天候が続く8月の八ヶ岳南麓は連夜、雷雨に見舞われています(2019.8.6)

久しぶりに雨が降らなかった夕暮れ。

空を覆う滑らかな雲を夕日が照らし出しています(2019.8.7)

いっぱいの緑に包まれる水田越しに望む朝の八ヶ岳。

雨上がりの朝、時折吹き抜ける涼しい風が眩しい日射しの暑さを和らげてくれます。稲の花

水田を覗き込むと、開花が始まった稲の花。今年も盛夏を迎えた八ヶ岳南麓(ここだけトリミング済み2019.8.9)

夏らしい雲が沸き上がる、稲穂が一斉に伸びた夕暮れ前の圃場。

日射しが傾き始めると、漸く凌ぎ易くなってきます。

トウモロコシ畑越しに望む八ヶ岳。

日射しを浴びてうっすらとアイスグレイに輝く雲が東に沸き立つ雲へと合流していきます。

アイスグレイの雲の下に廻り込むと、虹のアーチが掛かっていました。東の空にびっしりと雲が沸き立っていますが、雲の色が灰色にくすまない限り、雨の心配はありません。西の空を望むと、熱波に包まれる釜の底に沈む諏訪の空と、夕暮れになって爽やかな風が吹き始める、雲の上に広がる高い高い青空のコントラスト。高原の空からは秋の足音が聞こえ始めています。

厳しい暑さを迎えた今年の夏ですが、雨上がりの晩に鳴き始めた鈴虫の音を聞くと盛夏も終盤。標高1000mに迫るここ八ヶ岳南麓の夏は足早に過ぎていきます。

爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

急に涼しくなった今週末。

金曜日の朝に続いて10℃近くまで気温が下がった土曜日の朝。

清々しい風に誘われて、高原へ足を延ばします。

昼下がりの野辺山。牧草を撫でる様に風が吹き抜けていきます。

昨日より少し雲が多めとなった八ヶ岳東麓。空には筋雲が伸びていきます。

野辺山、そして川上村に広がる畑では、瑞々しい高原野菜たちが心地よい風と眩しい晩夏の陽射しを受けてぐんぐんと成長しています(南佐久郡南牧村野辺山)。

お昼を過ぎても気温20℃と、週前半の連日30℃を超える気温から10℃以上下がってぐっと晩夏の心地となった中、高く伸びる雲と瑞々しい緑を追って圃場を巡ります。

風は涼しくとも眩しい太陽の日射しが燦々と降り注ぐ昼下がり(南佐久郡川上村信州峠)。

心地よい風と空、眩しい日射しと土の匂いに包まれる週末です。

猛暑の後で(2018.8.9~17)

猛暑の後で(2018.8.9~17)

例年にない猛暑が続くこの夏。

このまま夏が留まり続けるのではないかと思ってしまいますが、季節の足取は駆け足で進んでいくようです。

雨上がり。すっかり夏の装いの甲斐駒を望む朝の圃場。

深くなる山の緑と、稲穂の軽やかな緑のコントラスト。

八ヶ岳を望む圃場の稲穂はもう頭を垂れ始めています。

例年より1週間以上も早い稲の生育。季節の移り変わりが前倒しになっているかのようです(2018.8.9)。

釜口水門から望む、沸き立つ夏の入道雲。

熱波が続き水門の閉じられた諏訪湖。じっとりと暑く、どんよりと淀んだ湖面に空の色が映し出されていきます(2018.8.11)。

涼しい風の吹く朝の圃場。

八ヶ岳の東側には早くも雲が沸いてきています。

圃場を埋める秋蕎麦の芽はぐんぐんと伸びていきます。

朝も8時を過ぎると沸き立つ雲に覆われる南アルプスの山並み。

八ヶ岳から吹き下ろす風と高く広がる空が、高原に一足早く晩夏の訪れを教えてくれます(2018.8.13)。

お盆を迎えて天候が崩れ始めた八ヶ岳界隈。

西側に廻り込んだ美ヶ原の麓、眼下に塩尻の街並みを望む圃場では既に稲穂が重たく頭を垂れ始めています。

山から吹き下ろす冷たい風が吹く午後、山々は雨雲に覆われていきます。

昨日の喧騒が嘘の様に静まり返った、低い雨雲に覆われる諏訪湖。

時折、冷たい雨が強く降ってきます。

夕暮れの圃場。立ち昇る雲が繰り返し山並みを乗り越えていきます。

日没前に既に20℃を下回るひんやりとした夕暮れを迎えたお盆休み。夜になると秋の虫の声が響き渡り、次の季節の訪れを伝えてくれます(2018.8.16)。

そして、ひんやりと冷え込んだ風が吹く、コスモスの花が誘う晩夏へ。

暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

異例のルートを辿った台風が列島を東から西に抜けた後、更なる熱波がこの八ヶ岳南麓の高原も熱し続けています。

まだ涼しい朝。

眩しい圃場を照らす陽射しは厳しさを増し、南アルプスの上空には早くも雲が沸き立ち始めています(2018.7.31)。

暑さが続き、雨が少ない中でも、圃場の稲たちはぐんぐんと育っています。

朝の日射しの中で咲き始めた稲の花。秋の豊かな実りへと繋がる一瞬の輝きです(2018.8.1)。

八ヶ岳から高原の牧草地へ向けて広がる雲。

熱い夏空は、朝からダイナミックに移り変わっていきます。

男山をバックに眩しい陽射しを一杯に浴びて輝く高原野菜たち。暑さに備えて、各所でスプリンクラーが廻っています。

台地の上に拓かれた川上村の広大な圃場は農作業のピーク、朝からトラクターが忙しく走り回り、既に収穫の終わった圃場では秋に向けて、次の苗付けが始まっています(2018.8.3)。

野辺山でめったにない30℃を越えたという話が伝わってきた日曜日。

連日続く暑さ、でも空を見上げると、一面の鱗雲が広がっています。短い高原の夏空は、猛暑の中でも確実に次の季節へ移り変わる事を教えてくれます。

暑かった陽射しが西の空を埋める雲の中に沈むと、空に光芒が広がりました。

雲を焦がしながら西の空に沈んでいく暑い夏。

標高の高い高原は、日が暮れると気温が一気に下がり、遠雷が響き始めました。

暑さの続くこの夏、今週は再び台風の接近が予想される荒れた天候になりそうです。

 

熱暑から台風襲来へ(2018.7.24~29)

熱暑から台風襲来へ(2018.7.24~29)

連日の暑さが続くこの夏。

農作物への影響が懸念されるほどの暑さが続いていましたが、そんな酷暑にも変化が出て来たようです。

少しひんやりした、何時もの夏が思い出される涼しい風が吹く朝。

昼間の暑さはまだ続いていますが、夜は25℃を下回るようになり、かなり凌ぎ易くなってきました(2018.7.24)

夕方で少し頭を垂れてしまっている向日葵たち。明日の朝に向けてなのでしょうか、みんな日暮れと反対方向の東側を向いています。

今年の暑さは向日葵にとっても少々酷なようです。

熱い今年の夏、夕暮れの空は毎日のように紅色に染まっていきます。

日が沈んで少し涼しい風が吹く、富士見のショッピングモールから望む西の空(2018.7.25)。

異例の東から台風が迫るという驚きの空模様に翻弄される週末。週末に予定されていた夏のイベントが次々と中止になる中、午後になって風が強まってきた八ヶ岳を望む東の空には僅かながら青空が覗いていました(2018.7.28)。

夜半から明け方に風雨が強まった八ヶ岳南麓。当地に移り住んでからかなり経ちますが、台風らしいしっかりとした風雨が初めて訪れたと実感した今回。

夜が明けると、南アルプスを覆っていた分厚い雲が強い風に吹き流されていきました。

出穂の時期を迎えた圃場の向こうに広がる、眩しい台風一過。しかしながらこの後、天気は不規則に変わり続けた日曜日。

今年の天候は本当に不思議な推移を見せていますが、そんな中でも作物たちは刻々と季節の変化を捉えていくようです。

 

 

 

真夏の霧ヶ峰、夕暮れ(2018.7.22)

真夏の霧ヶ峰、夕暮れ(2018.7.22)

熱波が列島を覆い留まり続けるこの夏。

例年であればクーラーすら殆ど必要としないこの八ヶ岳南麓でも、夕立も殆ど無く、連日の30℃オーバーや35℃まで上がるとなると、流石に萎えてきます。

車載温度計が35℃を越えた昼下がりの八ヶ岳南麓を抜けて、一気に標高1800m、霧ヶ峰を望む高台へ。

大きく広がる青空を雲がどんどんと流れていきます。

涼しい風が吹く草原。気温は24℃と別天地の心地よさに包まれます。

山裾の奥に広がる夏の雲の向こうに夕日が沈み始めると、空の色は徐々に黄金色に染まりはじめます。

草原の上で青空と夕暮れの色が交わる時。

山裾に張り付いていた雲が夕日と共に一気に吹き流されていきます。

黄金色からオレンジへと色合いを変えていく夕日。

南の空に浮かぶ入道雲も夕日に照らされていきます。

熱波に覆われた山並みが夕日に霞んでいきます。

空を渦巻く雲と、オレンジ色に染まる山裾。

夕日が山裾を覆う雲の向こうに落ちる頃。

沸き立つ入道雲も夕日に染まります。

暑い一日が山裾の向こうに送られていきます。

長い長い夕暮れが過ぎていきます。

空には高く半分の月が昇っていきます。

夕暮れの欠片が残す残滓が色付き始めました。

輝く光と熱を与え続けた太陽はすっかり山の向こうに。

そして、空は太陽の残した色で染まっていきます。

燃えるような夕暮れに染まる霧ヶ峰。

また明日も暑くなりそうです。