ゆっくりと過ぎていく厳冬期の夕暮れと朝に(2020.2.11~2.29)

例年にない暖冬となったこの冬。

暖かな日が続きますが、それでも冬ならではの澄んだ空気に包まれるこのシーズン。透き通る空気に包まれる冬の山々の景色はこの時期だけの美しさ。朝、そして夕暮れに移り変わる空の色が彩を添えてくれます。

澄み切った夕暮れの空。夕焼けに焦がされた空がゆっくりと褪めていくと頃、入笠山の山裾にスキー場の夜間照明が浮かび上がります(2020.2.11)

節分を越えて日暮れの時刻が午後5時を大きく過ぎるようになる2月の中旬。すっかり日が落ちて街明かりが浮かび上がる、諏訪盆地を遠望する圃場。

オレンジに染まる山の端がゆっくりと夜の帳が落ちていきます(2020.2.15)

暖冬と叫ばれるこのシーズンですが、それでも季節は2月。久しぶりに氷点下5℃を超える朝、澄み切った空は眩しい八ヶ岳ブルーに染まります(2020.2.19)

例年であれば大雪となるような強い雨が降る日が繰り返し訪れる中、星空から一転して夜半に思いもよらぬ雪が舞った朝。日が昇って雪雲が離れていくと、八ヶ岳の山裾は新雪に覆われます(2020.2.27)

翌日。雪雲が綺麗に離れると、山頂部に新雪の残る八ヶ岳が抜けるような青空の下に裾野を延ばします。

冬の乾いた畑越しに望む、朝日に雪渓を輝かす甲斐駒。

火の見や櫓の向こうに望遠で臨む、勇壮な甲斐駒の雪渓。

厳冬の2月もそろそろ終わりです(2020.2.28)

少し早く目が覚めた週末の朝。

朝日で淡く色づく東の空。

早くなった朝の訪れ。午後6時半、南アルプス上空の雲がほのかに色づき始めます。

中望遠に切り替えて東の空を覗くと、秩父山地の向こう側では分厚く延びる雲を朝日が焦がしていきます。

桃色に染まる朝の鳳凰三山。

山の端から立ち上がる光芒が分厚い雲へと吸い込まれていく日の出。

朝焼けが褪せていくと、日差しを受けて甲斐駒の雪渓が浮かび上がってきます。

繰り返し訪れる冷え込みは徐々に穏やかになり、朝は早く、夕暮れは徐々に伸びていく、厳冬の季節がゆっくりと過ぎ去っていく2月の終わり。夜になると再び雨が降り始めた八ヶ岳南麓です。

厳冬を迎えた2月の八ヶ岳山麓(2020.2.6~9)

過去に例がないほどの暖冬と云われる今年。

暖かいままに節分を過ぎてしまいましたが、ここ数年で冷え込むのは2月の中旬。今年もやはり遅れて寒さがやってきたようです。

寒気が入り、南アルプスの上空に雲が広がる朝。

朝の気温が氷点下5度を下回ってくると、漸く厳冬期に入ったと実感できます。

月明かりが眩しい冷え込む夜。

雪の少ない八ヶ岳ですが、それでも月明かりに照らし出される雪渓が浮かび上がる夜の姿はこの時期ならではの風景。風を凌ぐ場所のない吹きさらしの圃場の隅、まだ20時前にもかかわらず、手が痺れてシャッターを押すことすら苦戦する冷え込んだ夜(2020.2.6)

夜が明けると、氷点下10度を下回る、この冬一番の冷え込みとなった朝。

枯れた野原の向こうに八ヶ岳ブルーの空をバックに聳える、冬の八ヶ岳の姿(2020.2.7)

冷え込みが続く週末土曜日の夕暮れ。

圃場に影が落ち始めると、東の空から月が昇り始めます。

西の山の端に沈んでゆく日差し。

冬の強い風が空の塵を吹き流した後、透明な夕日が輝いています。

山の端を焦がす厳冬の夕日。

厳冬の月明かりと八ヶ岳残照西の空に日差しが沈む中、残照の中を昇る月が八ヶ岳の峰々を照らし出していきます。

南アルプスの上空にかかる雪雲を赤々と焦がす夕暮れの残照。

夕日がすっかりと西の空に沈んだ後、雲が広がり始めた八ヶ岳の山並みを眩しい月明かりが照らし出していきます。深々と冷え込む週末、明け方にはさっと雪が舞い散りました(2020.2.8)

朝には雪雲が離れ、抜けるような青空が広がった日曜日。

冷え切った夕暮れの空の下に八ヶ岳の峰々が聳え立つ、八ヶ岳南麓の夕暮れ。

薄桃色の夕暮れと富士山振り返ると、甲府盆地の上空は薄紫色に染まっていました。

午後5時の時点で既に氷点下3度。もうしばらくの間、厳冬の真冬日が続く八ヶ岳山麓です。

年の瀬の点描(2019.12.8~31)

例年になく暖かな年末を迎えたと評される今年ですが、訪れる冬の季節。景色も冬の装いへと移り変わっていきます。

西の空を焦がす夕暮れ。日没の時間はぐっと早くなり、初夏の頃には塩嶺に沈む夕日も、この季節は諏訪盆地の南端、杖突峠へと下っていきます。

ぐっと冷え込む八ヶ岳の山懐。標高1300m超、冬の訪れを告げる八ヶ岳美術館前をメイン会場とする、原村のイルミネーション。

遙か遠くに諏訪の街明かりを望む山腹に連なる、冬の暗闇を照らし出す、ひんやりと涼しげなブルーのイルミネーションが麓のペンション街へと続いていきます(2019.12.8)

日没を過ぎて空の色が徐々に闇へと落ちていく頃。入笠山に連なるスキー場の夜間照明が暗い稜線に浮かび上がります。もうすぐ一年で一番日差しが短くなる頃(2019.12.15)

暖かい年の瀬の日々が続きましたが、それでもカレンダーは最後の1枚。スキー場や観光関係の皆様をやきもきさせていた冷え込みがようやくもたらされた月曜日の朝。雪雲を舞い上げる甲斐駒。

冬景色になった圃場の向こうに広がる、雪化粧をした南アルプスの山並み。

冬のシーズンらしい雪景色は嬉しいはずなのですが、圃場を覆うのはずっしりと湿った重たい雪。県境を越えた辺りでは積雪が20cm近くに達するこの時期にしては珍しい春先のような雪の降り方に、地元の方は首を傾げるばかりです(2019.12.23)

年の瀬へ向けて徐々に冷え込む日も増えてきた八ヶ岳山麓の山里。

暖冬の影響もあって、降った雪がすぐに解けて消えてしまう八ヶ岳の南麓側ですが、年も押し迫って漸くの雪化粧となってきました。

冷たく澄んだ空気に包まれる朝、新雪を戴く八ヶ岳の姿。まだ空の青さは浅いですが、それでも冬の訪れを実感させます。

乾いた冬の圃場越しに望む甲斐駒も、しっかりと雪渓に覆われていきます(2919.12.28)

雪雲が西から迫る夕暮れ。

昼間の青空から徐々に夜の帳に落ちる深い碧へと移り変わる中で。西麓から望む八ヶ岳はすっかり冬の装いとなっています(2019.12.29)

朝から降り始めた雪が雨へと変わった午後。圃場を覆っていた雪は解け、重たく空を覆う雲が切れると、南アルプスの山裾が見え始めます。

やがて、日没を迎えて雲海の向こうに、雪化粧した入笠山の山裾と、スキー場の夜間照明が浮かび上がります。暖かな晦日の夕暮れ(2019.12.30)

雨が上がった大晦日の明け方。

濃い霧が立ち込め、雲海に覆われた釜無川の谷筋から八ヶ岳の裾野へと登っていくと、雲海の上には再び雪化粧をした甲斐駒と鳳凰三山の山並みが見えてきました。

日の出の時刻を過ぎて朝日が雲海に差し込む暖かな大晦日の朝。

気温が10℃を上回る、信じられないような暖かさとなった大晦日ですが、寒気が流れ込んできた午後になると八ヶ岳颪が吹き始め、山々は再び雲に覆われてきました。

西の空へと日が沈んだ後、急激に冷え込む中、僅かに残る夕日が高い空の雲を染めていきます。

一巡した干支が再び子年に戻る夜。

年を重ねる毎に年々早くなっていく過ぎ去る日々を思い起こしつつ。どうか暖かくして良い年の瀬をお過ごしください。

急ぎ足で訪れた初冬の彩(2019.11.20~12.1)

お天気が安定して暖かな日が続いた11月の八ヶ岳南麓。しかしながらカレンダーはもうすぐ最後の1枚。これまでゆっくりとした足取りで進んでいた季節は、急に冬の訪れを告げています。

穏やかに晴れ渡った朝。

雪渓が薄くなる甲斐駒の裾野を、深い飴色になった落葉松の黄葉が染めていきます。

銀杏の黄葉と甲斐駒例年であれば11月の始めには色付く銀杏の黄葉も、2週間近く遅い彩となりました(2019.12.20)

紅葉と冠雪する甲斐駒これまで良いお天気の続いていた八ヶ岳南麓ですが、冬の始まりを告げる曇り空が続く中で、真冬並みの氷点下5℃を下回るまでに急激に冷え込んだ朝。南アルプスの山並は真っ白な雪化粧となりました。

まだ紅葉が残る谷戸の圃場の向こう、雪煙を上げる雲が晴れていきます。

中腹が帯のように白くなった八ヶ岳。

どうやら雪というより、山を覆った雲が残した霧が木々に凍り付く霧氷が降ったようです。

紅葉と冠雪する甲斐駒211月とは思えない白さとなった甲斐駒と南アルプスの山並。

遥か南の鳳凰三山まで白くなっています。

冬空と落葉松の黄葉ゆっくりとした秋の足跡を残す、黄葉する落葉松並木。

冠雪する甲斐駒と落葉松の黄葉落葉松の黄葉越しに冠雪する甲斐駒を。

ゆっくりとした足取りの秋から急に冬を迎えた朝に(2019.11.29)

紅色の八ヶ岳一気に冷え込むシーズンへと入った八ヶ岳山麓。

夕暮れになるとほんのりと紅色に染まる雪渓を望めるシーズンとなってきました(2019.11.30)

初冬の御射鹿池1寒さが少し和らいだ日曜日。

穏やかな日差しを受ける午後の奥蓼科、御射鹿池。

周囲の落葉松林はすっかりと葉を落としています。

初冬の御射鹿池3上流からの水の流れが少なくなり、とろんと緩やかに揺れる湖面には、葉を落とした落葉松の木々が映り込んでいきます。

初冬の空と白樺まだ初冬の柔らかな空の色の下、すっかりと葉を落とした白樺の木々。

初冬の御射鹿池2シーズンオフとなって静かな湖畔。

緩やかな湖面に映り込む落葉松の木々。雪と氷に湖面が閉ざされる前に訪れる穏やかな時間。

日暮れの早くなる12月。山を下ると既に傾きかけた西日を浴びる八ヶ岳の山並。

夕暮れの日射し暫くすると、落葉松林の向こうにゆっくりと夕日が沈んでいきます。

夕暮れに染まる八ヶ岳夕日を浴びて輝く八ヶ岳の雪渓。

夕暮れに空を焦がす雲振り返ると西の空に延びる雲が夕日に赤々と焦がされています。

駆け足で訪れた初冬の彩は西の空へと移っていきます。

夕暮れに沈む月夕日に染まる南アルプスへと沈んでいく、4番目の月。

少し暖かい夕暮れですが、日が沈むと気温は0℃近くに。季節は巡り、しっかりと冬がやって来た八ヶ岳山麓です。

 

 

過ぎゆく夏の空に(2019.8.25,31)

8月も今日で最後。高原の空の色は既に秋模様となってきました。

標高1000m、網笠山を目前に望む圃場の蕎麦畑。8月末になると蕎麦の花が咲き始めます。

すっきりと晴れ渡った空の下に広がる蕎麦畑。ひんやりとした風が吹く朝はもう秋の心地です。

夕方、思い切って車山の肩まで一気に車で登っていくと、西の空に広がる雲間から琥珀色の光芒が伸びていきます。

御嶽山の方向に沈んでいく夕日が雲を焦がす草原の夕暮れ。夜7時前ですが、標高1800mの鞍部を越えていくビーナスラインでは既に気温17℃と、ひんやりとした風が吹き抜けていきます(2019.8.25)

酷い夏風邪で寝込んでしまった今週。

まだ立ち上がると頭がくらくらする最悪な体調ですが、日射しが戻ってきた週末の夕暮れ。買い物へ出る途中に圃場に寄ると、雨上がりのウエットな空の下、蕎麦の花が満開を迎えていました。

八ヶ岳を望む蕎麦畑をぐるりと廻り込んで。

2段目の花が咲き揃った蕎麦畑、雨上がりでちょっと霞んだ空の下、最も美しい瞬間です。

夏色に染まる八ヶ岳をバックに広がる蕎麦畑。

八ヶ岳西麓の初秋を彩る景色です。

午後の青空の下で花を開く小さな小さな蕎麦の花たち。

買い物を終えて家路につく頃、西の空は赤々とした夕日が雲を焦がしています。

蕎麦の花が広がる圃場の脇に車を止めて暫し夕暮れを見送ります。

夏の前にはあれほど長かった日暮れも、8月最後の日となると6時半を過ぎてあっという間に暗くなってしまいます。

昼間はまだまだ暑い日が続きますが、季節は秋、明日から9月のスタートです。

 

長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

 

長い長い梅雨が明けて、いきなりの暑さが列島を覆う今年の夏。

梅雨の間は連日の冷たい雨、明けては猛暑と写真も撮りに行くのも億劫となる中、移り変わる日々のカットを集めて。

しっとりとした朝の雑木林(2019.7.16)

梅雨の狭間、粗放となった畑で花を咲かせる、夏蕎麦の花。今年は梅雨の最中での開花となりました(2019.7.23)

暑くなった夕暮れ、八ヶ岳の裾野に沸き立つ雲。

夕暮れが迫ると、真っ白な入道雲と、夕日が青空の下で混じり合っていきます。

琥珀色の夕日に染まる雲。梅雨明けまであともう少し(2019.7.28)

月末、梅雨明けとなった朝の八ヶ岳南麓。少しウェットな鱗雲が空を覆っています。季節がもう一歩先へ進んでしまったような空模様です(2019.7.30)

眩しい日射しが戻ってきた八ヶ岳南麓。朝から暑い日でも、雑木林の中は涼しい風が抜けていきます。

暑い日が続きますが、午後のお天気は相変わらず不安定。日暮れ前に雨雲に覆われ始めた八ヶ岳の裾野。不思議な空色が広がります(2019.8.1)

強い通り雨が去った夕暮れ。八ヶ岳の上空に広がる空にゆっくりと夕闇が迫ってきます。

雲を焦がす華やかな色合いを魅せる夕暮れの空。

日射しが西の雲の中に沈んだ後、残り火のような夕日が雲間から差し込んできました(2019.8.3)

夕暮れ前の野辺山、平沢峠。朝は雲一つない青空でしたが、午後になると沸き立つ雲に覆われる八ヶ岳山麓。雲の切れ間から差し込む光芒が広大な山裾を照らし出します。

雲が広がる八ヶ岳の稜線にゆっくりと隠れていく夕暮れの日差し。

権現岳と赤岳の間に沈んでいく夏の夕日が雲を焦がします。

どっぷりと暗くなった後、八ヶ岳の向こうに沈んだ夕日からの照り返しがゆっくりと雲間に揺らめいています(2019.8.4)

夜半の雨が止んですっきりと晴れ渡った南アルプスを望む朝の圃場。

気持ちの良い夏の青空が広がります(2019.8.5)

夜半の雨の名残、雲海をたなびかせる朝の甲斐駒。

梅雨は明けましたが不安定な天候が続く8月の八ヶ岳南麓は連夜、雷雨に見舞われています(2019.8.6)

久しぶりに雨が降らなかった夕暮れ。

空を覆う滑らかな雲を夕日が照らし出しています(2019.8.7)

いっぱいの緑に包まれる水田越しに望む朝の八ヶ岳。

雨上がりの朝、時折吹き抜ける涼しい風が眩しい日射しの暑さを和らげてくれます。稲の花

水田を覗き込むと、開花が始まった稲の花。今年も盛夏を迎えた八ヶ岳南麓(ここだけトリミング済み2019.8.9)

夏らしい雲が沸き上がる、稲穂が一斉に伸びた夕暮れ前の圃場。

日射しが傾き始めると、漸く凌ぎ易くなってきます。

トウモロコシ畑越しに望む八ヶ岳。

日射しを浴びてうっすらとアイスグレイに輝く雲が東に沸き立つ雲へと合流していきます。

アイスグレイの雲の下に廻り込むと、虹のアーチが掛かっていました。東の空にびっしりと雲が沸き立っていますが、雲の色が灰色にくすまない限り、雨の心配はありません。西の空を望むと、熱波に包まれる釜の底に沈む諏訪の空と、夕暮れになって爽やかな風が吹き始める、雲の上に広がる高い高い青空のコントラスト。高原の空からは秋の足音が聞こえ始めています。

厳しい暑さを迎えた今年の夏ですが、雨上がりの晩に鳴き始めた鈴虫の音を聞くと盛夏も終盤。標高1000mに迫るここ八ヶ岳南麓の夏は足早に過ぎていきます。

梅雨空の彩(2019.6.17~7.7)

今年は連日どんよりした天気が続く、梅雨らしい梅雨時を迎えた八ヶ岳南麓。

お天気が悪いので撮影はちょっとお休み気味。それでも日々を行き交う中で望む彩を収めて。

雨交じりの夕暮れ。

暗く垂れ込める雲を赤く焦がす夕焼け。

梅雨の夕景_小海線沿い雲を染める夕焼けに照らし出される小海線のレールと圃場(2019.6.17)

梅雨の夕景_夏至の八ヶ岳雨が上がった夏至の夕暮れ。

午後7時をまわっても薄明るい、標高の高い八ヶ岳西麓。しっかりと伸びた稲の苗が伸びる圃場に夕景が映ります。梅雨の夕景_霧ヶ峰とレンゲツツジその名の通り、霧が立ち込める霧ヶ峰の裾、車山肩。

シーズンを迎えたレンゲツツジが点々と花を咲かせています。

霧の中に浮かび上がる、朱色に染まるレンゲツツジ。

茅野側の麓では薄日が射していたのですが、この後、諏訪湖方面に至るまで土砂降りの雨模様に(2019.6.23)

お天気が悪い日が続きますが、時折の晴れ間、雲の向こうに望む甲斐駒の雪渓はすっかり薄くなっていました(2019.6.25)

梅雨の夕景_南アルプス夕暮れになって雨が止んだ圃場から望む南アルプス。

切れ始めた空の雲を柔らかく染める夕日(2019.6.28)

梅雨の夕景_雲の天井が開いた後大雨となった週末。空を覆っていた分厚く広がる雲の天井が抜けると、陽射しが零れる柔らかな青空が広がり始めています。

梅雨の夕景_雲を焦がす夕暮れやがて周囲が暗くなり始めると、西の空に沈んだ陽射しが不気味なほどの朱色に雲を焦がしていきます。

子羊の物悲しげな鳴き声が雲間に響き渡る、少し背筋が寒くなる夕暮れ(2019.6.30)

梅雨の夕景_空を染める朱1雨模様が続く日々、久しぶりに午後から雨が止み、少し日射しが戻ってきた金曜日の夕暮れ。薄雲が残る八ヶ岳西麓の空を焦がす朱に染まる夕暮れ。

梅雨の夕景_空を染める朱2日射しが西の空に落ちていくと、圃場もゆっくりと暗闇へと沈んでいきます。

既に夏至を過ぎて、日射しの長さは徐々に短くなり始めていますが、全国的に観られたこの日の夕焼け、標高の高い八ヶ岳西麓では長く、長く続いていきました(2019.7.5)

再び夜半から強い雨が降り続いた日曜日。

午後になって、僅かに顔を覗かせた八ヶ岳の裾野。雨上がりの緑が更に色濃くなっていました。

カレンダーは既に7月、山里らしい少しひんやりした雨降りの日々もあと僅かです。