梅雨空の彩(2019.6.17~7.7)

今年は連日どんよりした天気が続く、梅雨らしい梅雨時を迎えた八ヶ岳南麓。

お天気が悪いので撮影はちょっとお休み気味。それでも日々を行き交う中で望む彩を収めて。

雨交じりの夕暮れ。

暗く垂れ込める雲を赤く焦がす夕焼け。

梅雨の夕景_小海線沿い雲を染める夕焼けに照らし出される小海線のレールと圃場(2019.6.17)

梅雨の夕景_夏至の八ヶ岳雨が上がった夏至の夕暮れ。

午後7時をまわっても薄明るい、標高の高い八ヶ岳西麓。しっかりと伸びた稲の苗が伸びる圃場に夕景が映ります。梅雨の夕景_霧ヶ峰とレンゲツツジその名の通り、霧が立ち込める霧ヶ峰の裾、車山肩。

シーズンを迎えたレンゲツツジが点々と花を咲かせています。

霧の中に浮かび上がる、朱色に染まるレンゲツツジ。

茅野側の麓では薄日が射していたのですが、この後、諏訪湖方面に至るまで土砂降りの雨模様に(2019.6.23)

お天気が悪い日が続きますが、時折の晴れ間、雲の向こうに望む甲斐駒の雪渓はすっかり薄くなっていました(2019.6.25)

梅雨の夕景_南アルプス夕暮れになって雨が止んだ圃場から望む南アルプス。

切れ始めた空の雲を柔らかく染める夕日(2019.6.28)

梅雨の夕景_雲の天井が開いた後大雨となった週末。空を覆っていた分厚く広がる雲の天井が抜けると、陽射しが零れる柔らかな青空が広がり始めています。

梅雨の夕景_雲を焦がす夕暮れやがて周囲が暗くなり始めると、西の空に沈んだ陽射しが不気味なほどの朱色に雲を焦がしていきます。

子羊の物悲しげな鳴き声が雲間に響き渡る、少し背筋が寒くなる夕暮れ(2019.6.30)

梅雨の夕景_空を染める朱1雨模様が続く日々、久しぶりに午後から雨が止み、少し日射しが戻ってきた金曜日の夕暮れ。薄雲が残る八ヶ岳西麓の空を焦がす朱に染まる夕暮れ。

梅雨の夕景_空を染める朱2日射しが西の空に落ちていくと、圃場もゆっくりと暗闇へと沈んでいきます。

既に夏至を過ぎて、日射しの長さは徐々に短くなり始めていますが、全国的に観られたこの日の夕焼け、標高の高い八ヶ岳西麓では長く、長く続いていきました(2019.7.5)

再び夜半から強い雨が降り続いた日曜日。

午後になって、僅かに顔を覗かせた八ヶ岳の裾野。雨上がりの緑が更に色濃くなっていました。

カレンダーは既に7月、山里らしい少しひんやりした雨降りの日々もあと僅かです。

 

広告

お彼岸を迎えて、少し冷え込んだ夕暮れに(2019.3.23~24)

東京で桜の開花が発表された先週末。

標高が4桁に達する八ヶ岳西麓でも朝の気温が10℃を上回るという驚くような暖かさとなる日もありますが、カレンダーは漸くお彼岸を迎えたばかり。

再び氷点下の寒さが戻ってきた週末の夕暮れ。

標高が1200mを越える八ヶ岳中央高原でも最深部に位置する八ヶ岳農業実践大学校。

3月に入って降り続いた雪で再び雪化粧を施された八ヶ岳も、少しずつ色褪せてきています。

西日を浴びる雪渓が浮かび上がる南アルプスの山並み。

春分を過ぎて、日射しが随分と北へと上がっていきました。

夕日でほのかに染まる鳳凰三山の雪渓。

まだ白い雪を多く残す甲斐駒の雪渓にも西日が差し込んでいます。

入笠山の斜面に広がるスキー場もそろそろシーズン終了。

シーズンインの時には人工降雪がままならずどうなることかと思われましたが、無事にスノーシーズンを乗り切りそうです。

立沢から望む夕暮れの富士山。空は桃色のグラデーションになりました。

振り返ると八ヶ岳の山並みも夕暮れに染まります。

雪渓の残る荒々しい山肌が浮かび上がる、夕日を浴びる八ヶ岳。

日射しが西に沈むと、山肌は桃色に染まっていきます。

桃色に染まる八ヶ岳の雪渓。春を待つ山の色。

遥か遠くに雪の山々を望む圃場の夕暮れ。時刻は6時、すっかりと日暮れが長くなりました。

冬至の頃には杖突峠近くに下っていた諏訪湖の夕暮れも、この時期になると有賀峠を越えて塩嶺へと徐々に北へと上がってきます。

昼間は上着が要らないほどに暖かくなりますが、日が沈むと再び氷点下へ。

波打つように寒暖を繰り返しながら、山里の季節は徐々に春へと向かっていきます。

 

 

 

漸くの冷え込み(2019.1.21~27)

1月も後半になると八ヶ岳山麓は本格的な厳冬期に入ります。

雪雲が去った朝。

うっすらと山裾を覆う新雪の綺麗な雪化粧を纏った朝の八ヶ岳(2019.1.21)。

寒気が入り込んでうっすらと雲が流れ込む、冷え込んだ朝。

柔らかな日差しを受ける甲斐駒(2019.1.25)。

連日の冷え込みで50% OFFが連発となった八ヶ岳南麓の冬のお楽しみ。寒いほどお得フェア

今朝は観光協会のサーバーがアクセス過大でダウンするほどに大人気となっていますが、平日であればそれほど混まずに美味しい料理を堪能する事が出来ます。

木曜日の晩に訪れた、清里のオーガニック料理と串焼きのお店「美味小舎」。自家農園で栽培する山わさびを目の前ですりおろしてくれる、放牧牛のステーキ丼を。お値段ちょっと高めなのですが、今夜は50% OFF。手作り味噌の味噌汁もまた美味しい、自然派料理を堪能です。

終日舞い続けた雪が止んだ日曜日。

 

強烈な風が吹き続ける中、抜けるような青空が広がりました。

釜無川の対岸、白州側から遠望する八ヶ岳。

今年はやはり雪が少ないですが、それでも真冬の装いとなってきました。

南アルプスの山裾深く、白州の山沿いを進むと、目の前に甲斐駒の威容が迫ってきます。

午後の日射しをたっぷり浴びて雪渓が輝く、甲斐駒の山頂付近。

凍てつく雪渓から照り返される眩しい日射しがファインダーの中まで映り込んできます。

麓で所用を済ませて再び戻って来ると、日射しは西に傾き始めてきます。

冬の青空の下、白く染まった八ヶ岳の峰々。

西に傾き始めた日差しを受ける北八ヶ岳の峰々。

蓼科山もここしばらくの寒気の流れ込みで、すっかり白くなりました。

日没を迎えて風が凪いだ八ヶ岳の山並み。

雲一つない空、今日も美しい夕焼けとなりました。

ゆっくりと沈んでいく厳冬の夕暮れ。

雪渓を染めていた夕日が西の空に沈むと、空はほのかに桃色に染まります。

1月も下旬となると日差しはすっかり長くなり、5時を過ぎてもまだ明るい西の空。

人工降雪機がフル稼働する富士見パノラマスキー場の照明が入笠山のシルエットから浮かび上がります。

漸くの厳冬の日々となりましたが、今年は天候が不安定。

明日の晩は再び雪が舞いそうです。

 

年の瀬を越えて(2018.12.30~2019.1.2)

年の瀬を越えて(2018.12.30~2019.1.2)

遅れていた本格的な寒さがやってきて、年の瀬らしい冷え込みとなった年末。

今年はカレンダーの関係からゆったりした年の瀬を迎えました。

殆ど雪がない、南麓側の長坂町から望む夕暮れの八ヶ岳(2018.12.30)。

寒気がもたらした雲が抜けて午後になるとすっきりと晴れ渡った、大晦日の八ヶ岳西麓。

夕暮れを迎えた八ヶ岳。

すっかり葉を落とした落葉松林に包まれる山裾が夕日を浴びて赤銅色に染まります。

西日が落ちていく南アルプスの山並み。一つの年が巡ります(2018.12.31)。

元旦の朝、すっきりと晴れ渡った空の下に稜線を広げる甲斐駒。

雪が少ない今シーズンの八ヶ岳ですが、年末に訪れた寒波が東麓側の赤岳を雪山へと装わせてくれました(2019.1.1)。

実家への墓参から戻ってきた翌日の夕暮れ。

朝に舞った雪が路肩に吹き寄せられている小淵沢駅に立ち戻ると、雄大な八ヶ岳の夕景が迎えてくれます。

夕暮れの雲に照らされる甲斐駒の雪渓。小淵沢駅の屋上デッキからは、八ヶ岳と南アルプスの山並みの双方を眺める事が出来ます。

少し雪化粧をした夕暮れの八ヶ岳、日没を迎えて雪渓は淡い紅色に染まります。暮れていく新年二日目の空。

再びこの場所で、今年も歩みを続けていきます。

遅くやって来た初雪の頃に(2018.12.11~15)

季節の動きが大きく変わってしまった今年。

12月に入ってもコートを着る必要がないほど暖かく、八ヶ岳界隈のスキー場も人工降雪が出来ずにオープンを続々と遅らせる状況でしたが、先週末から漸くの寒波がやってきました。

雪の予報が出た火曜日の朝。

北から雪雲を連れて下って来る寒波が、南アルプスの山並みに押し寄せていきます(2018.12.11)

夕暮れになって激しく降り出した初雪。でも、夜半には雨に変わり朝になると痕跡すら残らない状態に。

雲が晴れた翌々日の朝、雨に洗い流されて残った八ヶ岳山頂部の雪が、浅い青空の下、宝冠のような輝きを見せてくれました(2018.12.13)

先週までの暖かさが打って変わって、断続的に寒波が下って来た今週。

再び雪雲にすっぽりと覆われる朝の八ヶ岳。

雪雲を連れてきた八ヶ岳颪の強い風が圃場を吹き抜けていきます(2018.12.14)

雪雲が去り、ひんやりとした、でも暖かな日差しが溢れる休日の昼下がり。

秋の名残を残すススキ原の向こうに聳える甲斐駒。例年に比べると驚くほど少ないですが、ようやくの雪化粧となりました。

午後の八ヶ岳西麓。

穏やかな日差しの下、新雪が輝く南八ヶ岳の山並み。

まだ新雪の瑞々しい白を湛えた山並み。

一昨日に降った麓の雪は融けてしまいましたが、ここ数日で山頂部の雪渓は随分雪を湛えるようになってきました。

足早にやってくる冬至を前にした年の瀬の夕暮れ。

雪渓に降り注ぐ日射しもまた、急ぎ足で色濃くなっていきます。

雲一つない冬空の下、南八ヶ岳の峰々が夕暮れ色に染まっていきます。

刻一刻と彩を変えていく夕暮れの八ヶ岳。

薄い紅色に染まる空と共に、八ヶ岳の雪渓もほのかに染まっていきます。

杖突峠の向こうにどっぷりと日が沈んだ後、僅かに残った薄紫色の空と八ヶ岳の雪渓。

夕暮れ色が残る諏訪の街並みを遠望して。

穏やかな冬の日差し溢れる休日の一日。明日の晩には里でも再び降雪となりそうです。

初冬の点描(2018.11.24)

初冬の点描(2018.11.24)

好天に恵まれた11月終盤の3連休。

八ヶ岳山麓の紅葉は既に終わり、季節は初冬へと進んでいきます。

既に山上の道路は冬季閉鎖、特に出掛ける予定もない土曜日の午後、お散歩がてらに撮った何枚かを。

すっかり葉を落とした落葉松林に囲まれる、奥蓼科、御射鹿池。

農閑期となるこの時期、農業用ため池としての役割も一休みで流れの少なくなる池の水は驚くほど澄んでいます。

穏やかな湖面の水面に映り込む、落葉した落葉松の木々。

湖面が凍結して雪で覆われる厳冬期を前にした、初冬の鏡像。

夕暮れの諏訪湖。

大きく南へと遷った初冬の夕日が、穏やかな湖面に差し込んできます。

暫く湖畔で佇んでいると、杖突峠の向こうに沈んだ夕日が雲を焦がし始め、真っ赤に染まる雲の羽を羽ばたかせ西の空へと飛び去っていきました。

日暮れを過ぎた後、所用を済ませて八ヶ岳の懐深く、原村の八ヶ岳美術館前を通ると、冬の一大イベント、星空のイルミネーションが始まっていました。

連休中日の土曜日、イベントが開催されていたようで、美術館の駐車場も周囲の路上も車が溢れ、普段は静かなこの場所もちょっと賑やかな夜を迎えていました。

午後7時を前にして気温は既に1℃を下回る、初冬らしい冷え込みとなった夜。地上より半月早い山の季節は、徐々に本格的な冬へと進んでいきます。

初冬を迎えた霧ヶ峰の午後(2018.11.23)

紅葉のシーズンも終わり、日に日に寒さが増してきた11月の後半。

氷点下まで冷え込んだ朝。周囲の木々が葉を落とす中、朝日を浴びて最後の輝きをみせる銀杏の紅葉(2018.11.21)。

漸くの冷え込みで、雪化粧を纏いはじめた八ヶ岳の峰々。

風は強いですがそれでも日差しは暖かく、気温7度とぽかぽか陽気に誘われて、少し山の方へ。

車山の肩、富士見台から望む雪化粧をした八ヶ岳の峰々。

落ち着いた色彩に包まれる、日差し溢れる初冬の午後。

蓼科山も北横岳も山頂付近は綺麗に雪化粧となりました。

少し湿り気の残る西の空。

雲の帯が上空を駆っていきます。

初冬の草原の向こうに延びる、南八ヶ岳の峰々。

ひんやりした風が吹き抜けていきます。

視界いっぱいに広がる霧ヶ峰の草原。

水平に山並みの上を伸びていく雲と、添うように西へと下っていく飛行機雲。

池のくるみを見下ろす台地の上から。日が傾き始めると、枯草が輝き出します。

日射しが西の空へと遠ざかっていく、夕暮れ時。

南アルプスの山々を飾る雪渓が夕日に輝き出します。

手前に見える雪煙は富士見パノラマスキー場の人工降雪でしょうか。

夕日を受けて柔らかな色合いに包まれる八ヶ岳の峰々。

夕暮れの空を駆け往く、雲の羽。

時刻は4:30、霧ヶ峰の向こうへと夕日が足早に立ち去っていきます。

一瞬、茜が射した霧ヶ峰の草原と柔らかな八ヶ岳の空。

霧ヶ峰の山裾側に廻り込むと、黄金色に輝く夕日が落葉松林の向こうに沈んでいきます。

西日がどっぷりと沈んだ後、桃色に染まる蓼科山。夕日が残した残照が雲を染める夕暮れ。里では暖かな日差しも、標高の高いこの場所では、日が沈むと気温は氷点下に。

季節の進みは少し遅れているようですが、それでも冬の足音は着実に近づいているようです。