梅雨空は彩を変えながら(2017.6.18~7.5)

少雨、空梅雨と言われながらも、6月も中盤に入ると空模様はどんより、そして強い雨が降る日も。今年も梅雨空がやって来ました。

お天気が優れないので、どうしても撮影に出る足が遠のくのですが、それでも日々を過ごす僅かなタイミングで素晴らしい色合いが望めるのが八ヶ岳山麓の素敵なところ。そんな日々のカットからご紹介。

どんよりとした早朝、何時もの奥蓼科、御射鹿池の周りには、陽射しを待ちわびる多くの観光客の方が訪れていました。ひんやりとした緑が移り込む湖面を眺めるのもまた、心地よいひと時。

一雨ごとに緑が濃くなる御射鹿池周囲の落葉松。梅雨が明ける頃にはぐっと濃い、夏の緑に移り変わっていきます(2017.6.18)。

雨上がりの朝、梅雨らしいウエットな青空には巻雲が高く巻いています。

今年も早々と夏蕎麦の花が満開を迎えていました(2017.6.20)。

一年で一番日射しが長く降り注ぐ夏至。その翌日の夕暮れは7時になっても稜線を黄金色に染めています。夏を迎え入れる夕暮れです(2017.6.22)。

梅雨とは思えないほどに晴れ上がった朝、すっかり雪渓が細くなった甲斐駒を望む圃場の麦は黄金色に染まります。収穫を待ちわびる喜びの色(2017.6.23)。

梅雨空は複雑な雲を空に描いていきます。雨上がりの空に広がる高いうろこ雲と、八ヶ岳を吹き抜ける西からの風が雲を沸かせています。雨をいっぱいに受けた緑の苗はぐんぐんと伸びていきます(2017.6.23)。

朝まで降り続いた雨が止んだ後、ひんやりとした霧が流れ込む雑木林に陽射しが差し込んでくると、うっすらとした緑のカクテルが出来上がります。梅雨の合間に現れる一瞬のシーン(2017.6.30)。

強い雨が過ぎ去った夕暮れ、雲と霧が次々と目の前を過ぎていく圃場の上空に僅かに開いた雲間から、うっすらとフレアが差し込んできました。天使が舞い降りる刻。この後、気まぐれな天使達にきりきり舞いにされる事に(絶好のチャンスを逃して落ち込む2017.7.1)

梅雨の合間に広がった青空。夏のそれとは異なり、雨上がりで何処までも高く澄み切った雲間の紺碧が心を捉えて離しません。一番大好きな藍(2017.7.2)。

再び強い雨が降った後、南アルプスの上空には複雑に尾を曳く雲が次々と流れていきます。雲間から覗く、その上に広がる青空は既に夏の色です(2017.7.3)。

台風一過の朝。巻雲がたなびく高い空は夏の色を湛えています。圃場の苗はすっかり伸びて、もう空の色を映す事はありません。

夕暮れ、少し早く仕事場を出ると、遠くに望む八ヶ岳を駆け上る雲が夕日に色付いていました。立沢の圃場の脇に車を止めて、暫し夕空に付き合ってみます。

午後7時を過ぎて夕日が西に沈んだ頃、圃場を染める空の色は刻々と変わっていきます。

入笠山から北に向かって長く長く筋雲が伸びていきます。

夕日が西の空の向こうに落ちると、華やかな夕暮れのショーが始まりました。

圃場を染める夕日と茜の空。

空を焦がす茜色。シャッターを切る間にも、どんどんと色を変えていきます。

日射しが雲の向こうに去っていくと、周囲もぐっと暗くなっていきます。

どっぷりと日が暮れた午後7時20分。長いようで短い梅雨の夕暮れに催されたショーは幕を下ろします。梅雨もそろそろ終盤ですが、空模様を気にしながらの日々はもう暫く続きそうです(2017.7.5)。

 

 

梅雨もそろそろ終盤戦(2016.7.3)

遅れていた台風1号も発生して、いよいよ夏が間近に迫ってきた感のある、今日この頃。

P1070876光あふれる朝の圃場は、清々しさを感じさせます(7/1)

鳳凰三山を始めとする南アルプスの山並みは、すっかり夏の装いです。

P1070892そうはいっても、まだ梅雨の最中。昼間のお天気も不安定で、時折、通り雨がやって来る空は、この時期ならではの複雑な雲の流れを魅せてくれます。

P1070899山際に口をあけた雲の向こうに、燃えるように広がる夕日を望んで(7/3)

P1070881夕暮れの諏訪湖。

複雑に重なり合う雲の向こう、びっしりと雲の張り付いた塩嶺の向こうに、長く伸びる夕日が沈んでいきます(7/2)

夜には、夏の訪れを告げる花火が打ち上がる諏訪湖。そろそろ夏へのカウントダウンが始まったようです。

暑かった週末の夕暮れに(2015.7.12)Lumix DMC-GM5+LEICA DG Summilux 15mm f1.7:Lake Suwa,Nagano.

真夏の暑さとなった週末。

漸く凌ぎ易くなった夕暮れに涼を求めて諏訪湖に降りてみます。

夕暮れの諏訪湖(LEICA DG Summilux 15mm f1.7)湖岸再生の為に葦原を切り開いて砂浜状に整備した諏訪湖の湖岸。

(Lumix GM5 + LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/800,f3.2,ISO200,-0.3EV,WB:マニュアル)

夏至からまだそう時期が経っていないので、夕日はぐっと北に寄った真正面、塩嶺峠の方向に沈んでいきます。

夕暮れの諏訪湖(Lumix G 42.5mm f1.7)塩嶺の先に沈んだ夕日。

(Lumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7,1/320,f3.5,ISO200,-0.3EV,WB:マニュアル)

夕暮れを惜しむように、空は黄金色に輝いていました。

雨上がりの八ヶ岳西麓(井戸尻遺跡の蓮の花から夕暮れの諏訪湖へ)2014/7/5

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

断続的に降り続く今年の梅雨空。週末の土曜日も雨が続いていましたが、午後になると漸く雲が切れてきました。

この季節にしか撮影できない風景を探しながら、夕日を追って西へ西へと向かいます。

水田越しに望む雨上がりの青空2雨が上がって、雲間から青空が覗き始めた南アルプスの山並み(諏訪郡富士見町、乙事)。

すっかり濃くなった緑が映えます(E420)。

井戸尻遺跡の蓮の花たち1諏訪郡富士見町、信濃境にある井戸尻遺跡は古代ハス(大賀蓮)が名物。ただ標高の高い(900m)この場所では開花は遅れ気味。漸くつぼみが膨らみ始めたばかりです(Lumia1020)。

開花した様子はこちら(昨年の撮影です)。

井戸尻遺跡の蓮の花たち2大賀蓮はまだでも、他の蓮の花は咲き始めています。蓮の花は午前中に見るものだと聞かされていますが…とりあえず午後でも花は開いてくれていました(Lumia1020)。

井戸尻遺跡の蓮の花たち3漁山紅蓮(Lumia1020)

井戸尻遺跡の蓮の花たち5ビャクレンとスイレン(Lumia1020)

井戸尻遺跡の蓮の花たち4ノハナショウブ越しに、水車小屋と井戸尻遺跡の復元縄文住居を(Lumia1020)

水田越しに望む雨上がりの青空1西に進路を取ると、雲はどんどん晴れてきます。入笠山から空へ空へと帰る雲を(E420)

水田越しに望む雨上がりの青空3すっかり晴れ上がった、圃場越しに遠く諏訪湖の街並みを望みます(茅野市玉川)。

雨上がりの澄んだ空に、眩しい日差しが戻ってきました(E420)

緑深まる御射鹿池しんと静まり返った、奥蓼科、御射鹿池。雨上がりで風も穏やかなため、鏡のような湖面にすっかり濃くなった緑を映し込んでいます(E420)

雨上がり、夕暮れの諏訪湖1山を下ると夕暮れ。少し風が出てきた諏訪湖の湖面に夕日が揺れています(E420)

雨上がり、夕暮れの諏訪湖2雲を焦がす、諏訪湖の夕暮れの空。明日は晴れるでしょうか(E420)

 

春の彼岸の夕暮れに・霧ヶ峰より

好天に恵まれた春の彼岸の三連休後半。

日曜日の今日も暖かく、春らしい陽気になりました。

これだけ暖かくなれば、もう大丈夫と、標高を一気にあげて夕暮れの霧ヶ峰を目指します。

画像をクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます。

彼岸の夕暮れに車山肩をビーナスライン越しにビーナスラインでも最も標高が上がる車山肩の部分。

路面の両側は除雪によって出来た雪壁が続きます。夕暮れ前のちょっと黄身がかった青空をバックに、前方には車山の肩部が望めます。

彼岸の夕暮れに富士見台から八ヶ岳全景車山の肩にある、冬季にはビーナスライン内でもほぼ唯一の停車可能場所となる富士見台の駐車場から八ヶ岳の全景を。

撮影している場所は、除雪によって出来た雪山の上で、人の背より高くなっています。目の前には更に雪山が…。

彼岸の夕暮れに富士見台から八ヶ岳連峰富士見台の駐車場より、雪原越しに八ヶ岳の山々を望みます。夕暮れを迎えて、少しずつ雪山が色づいていきます。

彼岸の夕暮れに富士見台から南アルプスを同じく、富士見台駐車場から望む、夕暮れに染まる南アルプスの山々。

手前の真っ白になっている山が、昨年春の山焼きの際に延焼のため丸焼けになってしまったガボッチョです。元々木々が少なかったガボッチョですが、レンゲツツジの木々もろとも焼き尽くされてしまったため、雪をかぶった後は、丸々とした雪饅頭になっています。

彼岸の夕暮れに霧ヶ峰滑空場1霧ヶ峰に移動します。夕暮れの西日を浴びた滑空場の斜面に風が吹くと、ブリザードのように雪煙が舞い上がります。

彼岸の夕暮れに霧ヶ峰滑空場2日没を迎えた、霧ヶ峰滑空場。雪原となった滑空場の雪が解けるにはもう少し時間がかかるようです。

彼岸の夕暮れに池のくるみから八ヶ岳夕暮れに染まる八ヶ岳を霧ヶ峰、池のくるみより。

彼岸の夕暮れに夕暮れの諏訪湖霧ヶ峰カントリーの下から夕暮れの諏訪湖を望んで。

春らしい暖かな夕暮れ。これまでは急に落ちてしまう冬の日差しに追いかけられるように過ごす休日の夕暮れでしたが、すっかり長くなった日差しのおかげで、ちょっとのんびりとした気分を味あわせてもらえます。

春めいてきた風の強い夕暮れ

一日中、暖かな強い南風が吹き続けた週末の日曜日。関東であれば「春一番」と呼ばれるはずなのですが、長野地方気象台にはそのような「しきたり」が無いそうですが(気象予報士の方にお教えいただきました)、ともかく春めいてきたことは間違いありません。

曇ったり晴れたりを繰り返す、春らしい天気の中、買い物に出た夕暮れに撮影した写真を何枚か(全てLumia1020の5MPixelでの撮影です)。

夕暮れの雲がたなびく八ヶ岳大分雪が減ってきた畑の先に夕暮れの八ヶ岳を。

山頂付近の雲は西から東へと急速に流れていきます。

夕日を浴び落葉松林 原村側の鉢巻道路沿いの林はまだ雪がたっぷり残っています。

西日を浴びる雪原アイスバーンのようにつるつるになった牧草地に、まぶしい西日が降り注ぎます。

重たい雲がかかる夕暮れの八ヶ岳八ヶ岳にかかる重々しい雲のさらに上には、西日を浴びて僅かに黄色みがかった青空が覗いています。

夕暮れの雪原と霧ヶ峰麓に降りて、エコーライン沿いを車で走ると、夕暮れで暗くなり始めた雪原の向こうに、雲間に霞む霧ヶ峰が見えてきます。

夕暮れの雪原と蓼科山1同じく、少し東側にカメラを振ると、夕日でほんのりと染まる蓼科山と横岳が見えてきます。

夕暮れの雪原と蓼科山2夕暮れに霞む蓼科山と横岳をアップで。風は相変わらず強いですが、春らしい柔らかな夕暮れの日差が差し込んできます。一日毎に春が近づいてくるようです。