水面と新緑溢れる山里で(2019.5.8~11)

4月の末からイベント続きの日々が過ぎ去った後。

何時もの静けさを取り戻した八ヶ岳の山懐にある山里は初夏の心地になってきました。

ぐっと冷え込んだ朝ですが、GWを過ぎると標高1000mを越える圃場も水が引かれはじめます。

今年はまだ雪が多く残る甲斐駒。

山裾の落葉松林も緑に染まり始めています(2019.5.8)

少し標高の低い圃場ではいよいよ田植えが始まりました。

標高が高い場所が故の短い稲作シーズン。農家の皆様にとっては一日も無駄にできない日々が始まります(2019.5.9)

周囲の新緑も日々、緑豊かになっていきます。

新緑の圃場と甲斐駒新緑をバックに水が張られた圃場に映る甲斐駒の山並み。

緑と水のコントラストが眩しい5月の朝(2019.5.10)

週末、沸き立つ雲に覆われる甲斐駒。

好天を期待したのですが、朝から雲が空を覆い風も強く吹く昼下がり。偶然にも空には彩雲が掛かっていました。

ちょっと天気が崩れそうなので、遠出はせずに近くをお散歩。

汗ばむほどの暑さとなった午後の日射しを浴びる、南アルプスを望む圃場に広がる麦畑。まだ浅い緑に覆われています。

若い麦の穂まだ瑞々しい緑を湛える麦の穂。

標高の高いこの地で麦秋を迎えるのは1ヶ月ほど後、梅雨入り間際です。

暑さを避けて標高を上げて八ヶ岳の山懐に飛び込むと、牧草地の先には新緑の中に山桜が花を咲かせています。

牧草地沿いで花を咲かせる山桜。

牧草地の向こうには落葉松林が広がります。

新緑に染まる落葉松の小道落葉松林の中に延びる林道。

落葉松の新緑見上げると、浅い青空の下、軽やかな緑に染まる落葉松の新緑。

心地よい風が吹く中、何時までもこの景色の下を歩き続けたくなります。

八ヶ岳牧場、本場の新緑林道を進んでいくと、開けた新緑の牧草地の中に放たれた牛たち。こちらにアイコンタクトしている一頭も。

5月から10月中旬に掛けて、この場所では麓の酪農家から委託された雌牛達がのびのびと放牧されます。

更に涼を求めて、八ヶ岳西麓を横断して茅野市側、多留姫の滝へ。

新緑に包まれる滝の音に暫し、耳を傾けます。

夕暮れの圃場1午後も3時を過ぎると、八ヶ岳から真っ黒な雲が降りてきて、夕立のような雨が降った八ヶ岳南麓。

日没を迎えて、雲が取れはじめると、鮮やかな夕日と空が圃場の水面に映ります。

夕暮れの圃場日が西の山並みに沈み、空の雲が流れ去ると、山里の渚にも夕凪が訪れます。

5月も初旬で既に夏日となった週末。一雨降って、少し涼しくなってきました。

桜と落葉松の新緑新緑の緑と圃場を満たす水面の美しさを愛でれるのは5月始めの、GW明けの僅かな期間。田植えが始めると山里は次のシーズン、梅雨を前にした麦秋へと向かいます。

 

新緑のGWは静かな森の中で(2015.5.3)

お天気に恵まれた今年のゴールデンウィーク前半。

でも、前半が出勤日だった私にとって、この週末は貴重な家のお仕事日。

漸く出掛けられるようになった、日曜日。新緑を追って、お気に入りの場所を巡ります【画像をクリックして頂くと、フルサイズで表示されます】。

緑の小路にて1朝の富士見高原の落葉松林(諏訪郡富士見町境)。

眩しい落葉松の緑に囲まれます。

緑の小路にて3人工林らしい、細い落葉松が連なる林の中。頭上にも落葉松の新緑が広がります。

緑の小路にて2朝日を浴びる落葉松林の小路を進んで。

新緑のまるやち湖と八ヶ岳高原地帯を抜けて、原村側へ。

八ヶ岳西麓の拠点でもある、八ヶ岳自然文化園のまるやち湖から、残雪僅かとなった八ヶ岳を遠望。

園内には、多くのお客さんがお見えになっています(チェラビンスクの隕石展示やっている事、気が付けなかった…無念)。

新緑と多留姫の滝2高原を降りて、茅野の町はずれにある小さな史跡、多留姫神社の脇を流れる滝に来てみました。

少し暑いくらいの昼下がり。新緑と水の流れが涼しさを与えてくれます。

新緑と多留姫の滝1新緑の中を流れる、多留姫の滝を。

雪解け水を交えた流れから上がる水しぶきが、遊歩道まで降りかかってきます。

新緑の千代田湖山を一つ越えて、諏訪と伊那を分ける杖突峠の裏手にある千代田湖に。

落葉松の新緑が湖面を緑に染めていきます。

普段はひっそりとしていますが、今日は連休。湖畔にはキャンプのお客さんが多数見えられてます。

落葉松の幼葉湖畔の落葉松の幼木。アンテナのように左右に開いた枝から、黄緑色の葉が開き始めています。

新緑の白樺と落葉松林白樺の新緑を囲む落葉松の木々。

薄い黄色を帯びた白樺と黄緑色の落葉松の新緑が奏でるコントラスト。

新緑の小路湖畔に続く、落葉松林の小路にひょっこりと顔を覗かせる山桜を。

新緑の谷間に掛かるこいのぼり山を下ると、初夏の装い。

山間の小邑。流れる谷間には、こいのぼりが気持ち良さそうに泳いでいます(伊那市高遠町藤澤、松倉)。

新緑の門緑に染まる落葉松林の新緑。

新緑と山桜新緑の中に点々と咲く山桜(上伊那郡箕輪町長岡新田、日之影入林道)。

季節外れで暑いくらい。でも、天気の良かったのも今日まで。明日からは再び崩れてしまう予報の、ちょっと残念な連休後半です。

 

GW最終日はちょっと早い新緑を追って(茅野の小さな名勝・多留姫の滝)

New!:秋の様子を追加しました(2014.10.12、2014.11.3)

長かった(世間的には…ですね)ゴールデンウィークも今日でおしまい。

中には今週いっぱいお休みになられる方もいらっしゃるようですが、あまり出かけられなかった欲求を溜め込んで、明日からまた憂鬱な五月病にかからないように、少し気分転換で近場にお出かけです。

田植え前の水田越しに美ヶ原雲が多いながら、何とか天気が持ち直した、GW最終日。水が張られ始めた水田には低く伸びた雲が映っています。遠くに霧ヶ峰の山々を望んで。

多留姫神社1八ヶ岳西麓を一気に抜けるエコーラインからちょっと外れて県道に降りると、バイパスの橋脚越しに立派な鳥居が見えてきます。

ちょっと入りずらい位置からのアプローチになりますが、ここにはささやかながら美しい名勝が隠れています。

多留姫神社3今はバイパスの橋脚で陰になっていますが、鳥居の向こうには八ヶ岳が控えています。

この神社が八ヶ岳と深い関係を持っている事が判ります。

多留姫神社4境内全体がこのように公園になっています。

公園の名前は「多留姫文学自然の里」。神社と滝で構成された、小さな小さな茅野市指定の名勝です。

多留姫の滝パンフレット現地には、こんなパンフレットも用意されています(2014.10.12追加)。

多留姫神社2境内には古風な社が立っています。多留姫神社です。

諏訪の神社ではお約束の「御柱」がこちらも社の四隅に起立しています。

新緑の多留姫の滝3境内の裏には、小さな渓谷が控えています。

周囲のバイパスと、集落の風景からするとちょっと意外なほど鄙びた景色が広がります。

多留姫神社5由緒書きの看板です。狩猟の神様と思われがちな諏訪の神様とはいえ、こちらは水神。農耕を司っていたようですね。

それでは多留姫の滝、一周ツアーにご案内です(画像をクリックしていただくと、フルサイズで表示されます)。

新緑の多留姫の滝4滝壺側の木橋から一番下の滝壺を。

新緑の多留姫の滝5滝壺をアップで(E420)。

新緑の多留姫の滝1上段に登って、この滝のメイン。扇状に広がる滝の流れを(Lumia1020。シャッター速度1/800)

新緑の多留姫の滝7吊り橋の上から、多留姫の滝の全景を。扇の上のもう一段の滝があるのが判ります(E420)。

新緑の多留姫の滝6滝を流れ下った水は、冬の間に乾ききった圃場を潤すべく、下流へと流れ下っていきます(E420)。

新緑が始まったばかりの小さな名勝。これから緑がどんどんと濃くなっていきそうです。

秋の多留姫の滝20141012秋の多留姫の滝の様子も(2014.10.12)

多留姫滝の紅葉20141103紅葉する多留姫の滝(2014.11.3)