穏やかな初冬の午後に、奥蓼科・御射鹿池(2017.12.3)

少し風が強めながらも穏やかな天候が続く12月初めの週末。

取り立てて予定が無い午後、FMの受信状態の良くなる(杖突峠が中継局)八ヶ岳の西麓へ向けて車を走らせつつ山下達郎のラジオ特番→サンソン聴きながら、ふらりといつもの場所に立ち寄ります。

午後の優しい日差しを受ける、奥蓼科、御射鹿池。

普通、意気込んで来る場所なのかもしれませんが、殆ど地元のような場所なので…。

冬場になると、お天気が良くても湖畔を歩く観光客の方もほんの数人。華やかさは無いですが、静かで穏やかな、一年で一番良いシーズンかもしれません。

温泉由来ともいわれる、酸性の強い水が生み出す湖面の色は、酸性を好む苔の活動が低下するこの時期にはエメラルドグリーンに染まります。

御射鹿池の名物である、湖面への木々の映り込みは薄くなりますが、すっかり落葉した落葉松の木々とのコントラストも、また素敵なシーンです。

深い緑に染まる湖面に、湖畔の落葉松を添えて。

12月に入ると山の日暮れは早く、3時を前にして既に湖面は暗く沈み始めています。

本格的な冬が到来する前の、暖かな午後の一ページ。

 

広告

台風一過、初冠雪、そしてまた台風(2017.10.23~28)

超大型の台風が通過した今週の始め。山に囲まれたこの地では、強い雨が降った以外は大した影響もなく、台風が過ぎ去った後には青空が望めました。

台風の残していった強い風が吹く朝。

空へと巻き上げながら、大きな弧を描く雲が山並を渡ります。水に浸かった圃場が激しい雨が降り続いたことを教えてくれます(2017/10/23)。

そして、冷たい雨が降り続いた翌日の朝。周囲の山々は雪化粧を纏いました。

少し早い冬の到来を告げる、甲斐駒の初冠雪。

振り向くと、八ヶ岳の頂上も白く冠雪しています。

朝靄の中、少し車を西に走らせると、諏訪の盆地は雲海の中。

一気に標高を上げて美濃戸口近くまで上がって来ると、漸く雲海を抜け出しました。

遥か遠く、南アルプスの山並みが諏訪の盆地に落ち込む更に向こう側に、白く冠雪した木曾の山々が望めます。

雲海の向こう、塩嶺越しに望む、北アルプスの山々。

こちらも真っ白に雪化粧をしています。これから半年余り続く、長い冬の間に眺めつづける景色を少し先取りです。

雲海を抜けると、冠雪した八ヶ岳の山々を望む事が出来ました。

北八ヶ岳の蓼科山と横岳。

紅葉する木々の向こうに望む、冠雪した天狗岳。

朝の眩しい日差しをいっぱいに受けて呼吸する、主峰、赤岳。

麓に降りてくると、雲海はすっかり晴れて、雪渓を戴き、落葉松色に染まる山裾を曳く八ヶ岳が望む事が出来ました(2017/10/26)。

そして、再び台風の襲来が予報される中、少し暖かい雨が降る週末。

山の上はすっかり次の季節に移り変わった事を実感させる、雪渓が育ち始めた、南アルプス、鳳凰三山。

小雨模様の中、雲間から望む甲斐駒も、深い雪渓を刻み始めています。

天候が悪いので山に入る事も叶わず。何時もの場所へ。今日も霧に包まれています。

小雨が降る中、深い彩に変わり始めた奥蓼科、御射鹿池。沢山の観光客の皆様がお越しになっています。

湖畔を次々に流れていく霧。

紅葉する木々を白く覆っていきます。

霧が通り過ぎると、鮮やかな深い彩の紅葉の森が水辺の向こうに広がります。

本降りの雨が湖面を叩くようになってきた午後、これから再び台風の到来を迎える八ヶ岳の山中は、静かに秋の深まりを濃くしていきます。

霧の湖畔(2017.10.21)

台風の接近が伝えられる週末。

お天気が悪い日々が続く中ですが、山の紅葉は着実に進んでいます。

久しぶりに晴れた朝、雲が漸く晴れた八ヶ岳は色付きが一気に濃くなり、晩秋の装いに移ろってきました(10/18)。

小雨が混じる中、何時もの場所へ。

彩がピークを迎えた、奥蓼科、御射鹿池。既に白樺は落葉に入っています。

風もなく、少し蒸すくらいに暖かい昼下がり。

湖面に紅葉が映り込んでいます。

周囲の落葉松の色あいもぐっと濃くなってきました(ここだけトリミング済み)。

湖面に映る紅葉の彩。

湖畔には、駐車場の整備効果でしょうか、今までに経験したことが無い程の多くの方が、お越しになっています。大型車駐車場からバスが溢れて、路上にバスが数珠繋ぎになる驚きの風景。ちょっとしたアミューズメントパークの様相。

正午を過ぎると、山頂から低く垂れこめていた雲が、池の周りまで下ってきました。霧に包まれる湖面。

あっという間に湖面一杯に霧が立ち込めてきます。紅葉する木々が霧の向こうに沈んでいきます。

ミルクポッドの中に沈む御射鹿池。幻想的な湖畔は、台風の余波を受けた雨模様に移り変わっていきました。

霧に沈む秋色(2017.10.15)

好天だった日々から一転、週末にかけて天候が崩れてしまいました。

秋雨前線の影響と云われていますが、既に外は深まる秋の景色。

刻々と彩を変える秋の景色を求めて、降りしきる雨の中、再び山へと足を向けます。

すっかり色付いてい来た小海の白樺林。こんな天候ですが、登山客の方を乗せた白駒池に登っていくシャトルバスが、目の前を通り過ぎていきました。

山から霧が下ってきた八千穂レイク。

この時期、ピークを迎えた紅葉を愛でつつ竿を振る釣り人が集まる湖畔も、今日はひっそりと静まり返っています。

湖畔に広がる白樺林もすっかり色が濃くなってきました。

雨の白樺林の中、しっとりとした赤い葉を魅せる紅葉。

白樺林の中を覗き込むと、雨に濡れた紅葉が彩を増しています。

ピークを迎えた白樺の紅葉。モミジの赤い紅葉がアクセントを与えてくれます。

撮影を続けていると、白樺林にも徐々に霧が降りてきました。

霧に沈み始める白樺林。

昼下がりの時間にも拘わらず、霧で真っ白に染められた白樺林は薄暗くなってきます。

霧に溶け込む紅葉した白樺の木。

冷たい雨が降りしきる白樺林は、霧の中に静かに沈んでいきます。

八千穂高原を更に登って麦草峠を越える頃には気温は5℃、地上とは全く違う世界が広がっています。

八ヶ岳を東側から西側に抜けて、何時もの場所。山から繰り返し霧が降りてくる、午後の奥蓼科、御射鹿池へ。

湖畔の彩も深くなってきました。

白樺の紅葉は今がピーク、そろそろ落葉松の色付きが始める頃です。

撮影している間にも、霧が山から迫ってきます。

湖畔の彩も、一週間前と比べると深みを増してきています。

霧に包まれる御射鹿池。今日もたくさんの観光客の方がお見えになっていました。

天気予報では、あまり優れない空模様が続く予報となっている今週。

霧と雨の中で秋の彩を探しながら。

 

暖かな秋の朝に、奥蓼科(2017.10.9)

初秋を思わせるほどに少し暑くなった連休二日目。

随分遅くに床に就いたのですが、暖かさに目が覚めた早朝。

お休みなので二度寝もいいのですが、折角だからと、夜明けを前に車を西に走らせます。

日の出直前に到着した、奥蓼科、御射鹿池。

霧が降りてきて、朝露に濡れた遊歩道を歩くと、静かな湖面に映る紅葉した木々が見えてきます。

連休で昼間は連日大賑わいの筈ですが、流石に日の出前ともなると多少は観光客方も少なく(その代わり、三脚の放列が並ぶのですが)、静かに眺める事が出来ます。

周囲の木々は既に紅葉に入っていますが、まだ中盤戦。落葉松の黄葉は緑を残す一方、黄色い白樺と赤いツタウルシはまだ鮮やかな色を保っています。湖畔が一番彩に溢れる頃合いです。

朝霧の中に彩を増しつつある、御射鹿池の紅葉。

昨年から湖畔に降りる事が出来なくなった御射鹿池。

今年からは、広々と綺麗に整備された駐車場から繋がる、湖岸の遊歩道から静かな湖面を眺める事になります。

時刻は6時。霧が晴れて、湖面にも光が差し込み始めました。

周囲の落葉松はまだまだ色付き始め。御射鹿池の紅葉は晩秋の10月末頃まで彩を変えながら楽しむ事が出来ます。

日が昇って来たので、湖畔を離れてひっそりと谷筋に降りていく道を歩いていくと、朝露にしっとりと濡れた紅葉する木々が連なっています。

紅葉が始まった周囲の山々に挟まれるように、谷筋に滝が見えてきます。

僅かに硫黄の香りだだよう、明治温泉の裏庭。

日射しが差し込み始めた、おしどり隠しの滝の周囲も紅葉が始まっています。

周囲には流れ落ちる滝の音だけが響く、ゆったりと暖かな秋の朝を迎えました。

山を下ると、日がすっかりと昇って眩しい日差しの朝を迎えました。

刈り入れの終わった田圃に「わらの立て」が連なる谷筋の圃場。陽射しを受けて周囲の森は朝の吐息を始めています。

拍子抜けするほどに暖かな秋の朝。今日も行楽日和になりそうです。

 

4月の雪、御射鹿池(2017.4.1)

3月も終わりになって、すっかり春めいてきた日々。

標高780m、甲斐駒を正面に望む七里岩の段上に位置するこの場所に植えられた枝垂桜は、この界隈で一番最初に花を咲かせます。蕾も大分膨らんで、いよいよ開花を待つ状態に…などと呟いていたのですが、昨晩から再び雪に。

カメラ不調で露出が定まらない状態ですが、重たい春の雪は、周囲の木々を真っ白に染め上げていきます。午後になって小降りになった雪の合間を突いて、何時もの場所へ。

真っ白になった、奥蓼科、御射鹿池周辺の落葉松林。お休みの日ともあって、小雪の中、一人、また一人と観光客の方が訪れています。

湖面は霧で真っ白に。新雪に白く彩られた白樺の木を重ねて。

静まり返った湖面。木々も真っ白に雪化粧をしています。

暫くすると、霧が少しずつ晴れてきます。

霧の中から稜線が見え始め、落葉松の木々が湖面に映り始めます。

雪雲に覆われた中から、すっと姿を現した御射鹿池の全景。

雪が止んだ湖面。湖面に映る落葉松から静かな旋律が流れます。

重たい春の雪は、山々も真っ白に染め上げていきます。墨絵のようなモノトーンに包まれる湖面。

このシーズンだけ望める風景。周囲の環境は大分変ってしまいましたが、小さなこの場所の美しさは変わりません。

再び霧が降りてきた湖畔にて。雪化粧をした木が一人佇みます。白と白のコントラスト。

春の雪は、重たくどどっと降りますが、アスファルトの路面には殆ど積もらず、陽射しがもたらされなくともすぐに溶けてしまいます。純白と漆黒が折り重なる湖畔が望めるのは僅かな時間だけ。そうして、雪と暖かな日を繰り返しながら、山里にも少しずつ春が訪れます。

4月の雪は暖かく、気温0℃でも上着も着ずにシャッターを切り続けていると、ふと岡崎律子さんの「四月の雪」の歌詞を思い出します。

♪でておいでよ 寒くないよ

四月はじめの雪

もう春だよ 冬にさよなら♪

春、四月のスタートです。

 

八ヶ岳西麓の午後は春から初夏の心地へ(2016.4.24)

ぐっと気温が上がってきたこの週末。

用事を済ませた日曜の午後に、春の名残を探しに出てみたわけですが…。

開花を迎えた鼎談桜周囲の桜達が葉桜となった中、ほんの数日で一気に花を開かせた、諏訪郡富士見町、信濃境の鼎談桜。

左右の桜は遅れを挽回するかの如く、もう満開へまっしぐらです。この暖かさが続けば、今週末の連休には見頃どころか少し散り始めてしまいそうな勢いで咲く桜の周囲には、遠方からの撮影者の方がちらほらと集まり始めていました。

新緑の落葉松1富士見高原に上がると、芽吹きを始めた落葉松が迎えてくれます。

周囲の桜は今が見頃。鉢巻道路沿いのでは、桜の薄紅色と落葉松の新緑のコラボレーションが楽しめます。

新緑の落葉松2新緑落葉松林を散歩する午後、少し暑くなってきた里より大分標高が高い、富士見高原のペンション村まで上がって来ると、心地よい風が林の中を抜けていきます。

新緑前の御射鹿池1更に標高を上げて、1500m。何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上げってきました。

陽射しが差し込む落葉松林はまだ冬の装い。新緑の季節までには、あともう少し時間が掛かりそうです。

新緑前の御射鹿池2それでも湖畔には続々とカメラを片手に観光客の方が上っていらっしゃいます。

静かで鄙びたこの景色。実はこのような眺めはちょっとお預けになってしまいそうなのです。

御射鹿池整備工事の事前看板御射鹿池に登る入口である、豊平、笹原の集落の先に掲げられた工事予告の看板。既に湖畔には工事事務所のプレハブが建てられており、GW終了後から工事が開始される事になっています(麓にある笹原溜池も水を抜いて工事中です)。

今回の工事のいきさつについては、部外者の為ここでは述べませんが、これまでとは大分雰囲気が異なって来る事になるかと思います。

季節が新緑から深い緑を湛え、東山魁夷が惚れ込んだあのシーンに至る頃には、周囲の様相も大分様変わりしている事でしょうか(ご注意andお願い:上記のように、今後ただでさえも狭い道路が、工事期間中は片側交互通行となります。どうか路上駐車はお止めになって、湖畔を行き過ぎた先にある駐車スペースに車を止めるようにお願い致します)。

P1070012戻りの道すがら、満開を過ぎた桜の木の下で。

夕暮れから再び雨が降り出した八ヶ岳の西麓。次に晴れた朝には、五月晴れの空の下に新緑の山並みが広がるシーンが眺められるでしょうか。