身近な彩を探して(2016.10.16)

好天が続いたこの週末。

せっかくのお天気、家の片づけをする前に少し外に出て、彩を探してみます。

観音平から秋の富士山自宅から10分ほど車を走らせて、標高1600mの観音平へ。

山を覆う落葉松の黄葉は、この標高まで上がっても緑がまだまだ交る、緑茶色。

ちょっと拍子抜けしながら、雲海の向こうに浮かぶ富士山を眺めます。

ツタウルシ1そうはいっても、既に十月も中旬。色付きを深めるツタウルシが、彩の秋に入っている事を教えてくれます。

ツタウルシ2まだ緑を残す落葉松に絡み込みながら、鮮やかな彩を魅せる、ツタウルシの紅葉。

ツタウルシ3朝日を受けるツタウルシ。光が透き通って、まるでステンドクラスのようです。

秋色浅い東沢大橋少し東に移動して、清里の東沢大橋へ。

少しずつですが、彩を見せはじめています。

八ヶ岳横断道路はクラッシックカーの走行会(例の有名なやつです)に参加する車が、西の富士見高原に向けてひっきりなしに通っていきます。

野辺山の紅葉2少し脇道に入って、野辺山の某所へ。

既に落葉が始まっているのですが、色付きはあまりよくありません。

野辺山の紅葉1昼下がりの陽射しが差し込む林の中に入ると、漸く秋らしい彩に巡り合う事が出来ました。赤蕎麦と八ヶ岳うっすらと雲が掛かり、穏やかな日差しの朝から、昼過ぎになると急に風が強くなり、空の様子は一転。眩しい日差しが降り注ぐ、雲一つない青空が広がりました。

八ヶ岳を遠望する赤蕎麦の畑では、遅咲きの蕎麦の花が一面に広がります。

昼下がりの牧草地より八ヶ岳遠望秋とはちょっと思えないほどに光あふれる昼下がりになった日曜日。

それでも、刈り取られた牧草地の色合いからは、秋の深まりを感じさせます。

午後になると急速に天気が悪化してきた八ヶ岳の南麓。今夜は雨になりそうです。

 

広告

嵐の去った後、GWの中日に

大荒れの予報だったGW中盤。

夜半にやってきた強い雨と風は急速に通り過ぎて、昼前にはすっかり青空を取り戻した八ヶ岳南麓。

急遽予定を変更して、再び観音平に上がってみます。

GWの観音平遠望1富士山を正面に眺める、観音平の少し下にある富士見平。

GWのこの時期、これだけクリアーな空が望めるチャンスは決して多くありません。

GWの観音平遠望3甲斐駒と南アルプスの峰々もご覧の通り、クリアーに望めます。それにしても今年は雪が少ない!

GWの観音平遠望2皆様お好きなようなので、富士山のアップも(ハイコンで)。足元に大泉、長坂の街並みを遠望します。

観音平の新緑観音平の周囲は新緑真っ盛り、赤松と落葉松、そして白樺の緑のコントラストが青空の下に広がります。

GWの観音平遠望4麓に下る途中にて。落葉松林から甲斐駒を遠望。

GWのまるやち湖鉢巻道路を西に移動して、原村の八ヶ岳自然文化園にある、まるやち湖へ。西側にも拘わらず、八ヶ岳に雪が全くありません(驚!!)。

湿度が高いせいでしょうか、一度はきれいに流れ去った後、再びぷかぷかと雲が浮かび始めた午後のひと時。街中の賑やかなお祭りが嘘のように、周囲には静かな時間が流れていきます。

新緑と桜3周囲の松林には、所々に満開の山桜を見る事が出来ます。

新緑と桜1落葉松の新緑の先に咲く、桜の花。気持ちの良い風が林の中を抜けていきます。

新緑と桜2新緑と桜が同じタイミングで揃う、高原らしい景色を満喫しながら。

夜半になっても時折強い風が吹き続けるGW中日の夜。お休みの浮かれ気分からそろそろ普段の生活に向けてギヤチェンジするタイミングでしょうか。

 

7月の台風一過の朝

7月にしては超大型と呼ばれた台風も、列島に近づくころには勢力も弱まり、局地的な被害の発生に留まったようです(報道等では台風の上陸を殊更強調して取材し、かなり無理な現地レポートを行うことが恒例となっていますが、今回の被害同様、台風の前駆、特に東側に掛かる部分での降雨が被害を生むケースが非常に多く、上陸時よりはるか前の降雨に関する情報提供に注力して欲しいと常に感じております)。

八ヶ岳の南麓も、前日の夕刻に一際盛大に夕立が降った以外、大した被害もなくほっとしているところです。

そして、台風一過の朝はクリアーな空が望める日。出勤途中で撮影した写真を何枚か(全てLumia1020で撮影です)。

WP_20140711_08_08_45_Pro7月の緑の水田越しに富士山が望めます。この時期には珍しく、クリアーな富士山が望めるのも台風一過のちょっぴり素敵なお届け物。

WP_20140711_08_17_34_Pro水田越しに、南アルプスの山々もクリアーに望む事が出来ます。空の雲はもう、夏の装いです。

WP_20140711_08_10_15_Pro夏空の下、雲を纏う甲斐駒と鳳凰三山。台風が届けてくれた緑眩しい夏の装いを見せ始めた八ヶ岳南麓も、地上より少し涼しいですが、暑い夏のシーズンを迎えたようです。

 

新春最初は夕暮れの富士山で撮り比べ(Nokia Lumia1020/Sigma DP1 Merrill/Olympus E420)

あけましておめでとうございます。

新年最初の1ページは、余りにお約束ですが帰省戻りに撮影した富士山の写真など。

撮影場所は駿河小山、国道246から須走方面に向かう県道からちょっと脇に入ったところです。

2014新春の富士山夕景(Lumia1020)Nokia Lumia1020にて撮影【クリックでフルサイズ:大容量注意】

22mm相当、固定絞りF2.2

ISO:100、シャッター速度:1/206sec

2014新春の富士山夕景(DP1 Merrill)SIGMA DP1 Merrill【クリックでフルサイズ:大容量注意】

28mm相当、F6.3

ISO100、シャッター速度1/30sec

2014新春の富士山夕景(E420)Olympus E420【クリックでフルサイズ:大容量注意】

28mm相当、F8.0(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

ISO200、シャッター速度1/30sec

2014新春の富士山夕景(E420)修正後ちなみにE420の上の画像をRAW現像でカラーバランスとコントラストを引っ張り上げるとこんな具合に仕上がります。

時間軸的にはLumia1020->DP1 Merrill->E420なので、JPEG撮って出しは素直に日射の時間軸変化を捉えている事になります(僅か数分ながら)。

しかしながら、後処理がかなり自在に使えてしまうRAW現像が主流となった今、風景写真は機材の絶対性能や画素数、色再現性云々より、編集能力に依存してしまうという、ちょっと寂しい実例でもあります(2014.1.3追記)。