漸くの冷え込み(2019.1.21~27)

1月も後半になると八ヶ岳山麓は本格的な厳冬期に入ります。

雪雲が去った朝。

うっすらと山裾を覆う新雪の綺麗な雪化粧を纏った朝の八ヶ岳(2019.1.21)。

寒気が入り込んでうっすらと雲が流れ込む、冷え込んだ朝。

柔らかな日差しを受ける甲斐駒(2019.1.25)。

連日の冷え込みで50% OFFが連発となった八ヶ岳南麓の冬のお楽しみ。寒いほどお得フェア

今朝は観光協会のサーバーがアクセス過大でダウンするほどに大人気となっていますが、平日であればそれほど混まずに美味しい料理を堪能する事が出来ます。

木曜日の晩に訪れた、清里のオーガニック料理と串焼きのお店「美味小舎」。自家農園で栽培する山わさびを目の前ですりおろしてくれる、放牧牛のステーキ丼を。お値段ちょっと高めなのですが、今夜は50% OFF。手作り味噌の味噌汁もまた美味しい、自然派料理を堪能です。

終日舞い続けた雪が止んだ日曜日。

 

強烈な風が吹き続ける中、抜けるような青空が広がりました。

釜無川の対岸、白州側から遠望する八ヶ岳。

今年はやはり雪が少ないですが、それでも真冬の装いとなってきました。

南アルプスの山裾深く、白州の山沿いを進むと、目の前に甲斐駒の威容が迫ってきます。

午後の日射しをたっぷり浴びて雪渓が輝く、甲斐駒の山頂付近。

凍てつく雪渓から照り返される眩しい日射しがファインダーの中まで映り込んできます。

麓で所用を済ませて再び戻って来ると、日射しは西に傾き始めてきます。

冬の青空の下、白く染まった八ヶ岳の峰々。

西に傾き始めた日差しを受ける北八ヶ岳の峰々。

蓼科山もここしばらくの寒気の流れ込みで、すっかり白くなりました。

日没を迎えて風が凪いだ八ヶ岳の山並み。

雲一つない空、今日も美しい夕焼けとなりました。

ゆっくりと沈んでいく厳冬の夕暮れ。

雪渓を染めていた夕日が西の空に沈むと、空はほのかに桃色に染まります。

1月も下旬となると日差しはすっかり長くなり、5時を過ぎてもまだ明るい西の空。

人工降雪機がフル稼働する富士見パノラマスキー場の照明が入笠山のシルエットから浮かび上がります。

漸くの厳冬の日々となりましたが、今年は天候が不安定。

明日の晩は再び雪が舞いそうです。

 

広告
そろそろ厳冬の頃(2019.1.18)

そろそろ厳冬の頃(2019.1.18)

暖かな今年の冬。

年が明けると日射しが少しずつ長くなりますが、それでも真冬のシーズンを迎えた八ヶ岳南麓はこれから最も寒いシーズンを迎えます。

柔らかな朝の日射しを受ける甲斐駒。

雪が降る前の空に浮かぶレンズ雲(2019.1.8)。

暖かな日が続く今年の冬ですが、漸くの冷え込みとなった朝。

夜のうちに雪化粧を施された八ヶ岳の山裾が冬の青空の下に広がります。

凍てつく畑の向こうに聳える朝の甲斐駒。

白く輝く雪渓が、冷え込んだ朝の日射しに輝きます。

八ヶ岳山麓の住民がキンと冷え込んだ朝になると思わず確認してしまうのが、このシーズン恒例の「寒いほどお得フェア」の割引率。

清里駅前の午前10時時点の気温でフェア参加店の特定商品の割引率が変動するというこのフェア。ここ数年、1月中旬からの開催と前倒されたこともあり、先週末は頃合い良く金曜日に50% OFFとなりました。

今シーズン初めての50% OFF、しかも金曜日とあって有名なお店は軒並み大混雑。そんな中でちょっと静かな清里の森の中にある鉄板焼きとお好み焼きのお店「ヒッコリーファーム」へ。

日が落ちてさらに冷え込んできた夜に、割引フェアー商品の熱々の信州牛を使った包み焼ハンバーグを堪能(ステーキもあります)。有名なお店は大混雑していたりキャンペーン商品はすぐ品切れとなってしまう事もありますが、フェアー参加店は八ヶ岳山麓の各地に点在していますので、色々と探して美味しい一品を探すのもまた楽しみです。

月夜の東沢大橋と雪の八ヶ岳大満足でお店を出るとまだ9時前なのに、気温は-7℃。

流石に標高1300mを越える清里の寒さは八ヶ岳山麓中でも別格。

痺れるような冷たい風が吹く中、眩しい月明かりに誘われて東沢大橋(赤い橋)まで上がると、月明かりに照らされた八ヶ岳のパノラマ。

今日も朝から雪が舞い、今も唸る風が霙を屋根に叩きつける寒い夜。これから春節を過ぎる2月の初旬までが最も寒くなる八ヶ岳山麓ですが、美味しくお得で、最も美しいシーズンの到来です。

寒い八ヶ岳の2月は「寒いほどお得フェア」でほっこりと

New!(2015.2.1):今年もこのシーズンが帰ってきました。

八ヶ岳エリアの冬のお楽しみ「寒いほどお得フェア2015」がスタート。初日から50% offが出ているみたいですよ(10時直後にはサイトアクセスが集中して表示が出なくなるほど!)。

当日の発表は公式サイト、並びに清里観光振興会さんのtwitterからでも確認できます。

昨年は大雪の影響で残念ながら尻すぼみ状態となってしまいましたが、今年は盛り上がると良いですね。

寒いほどお得フェア2015パンフレット12015年の寒いほどお得キャンペーンパンフレット(表)少々見難いですが、画像クリックでフルサイズ表示となります。

寒いほどお得フェア2015パンフレット22015年の寒いほどお得キャンペーンパンフレット(裏)少々見難いですが、画像クリックでフルサイズ表示となります。

 

<本文ここから>

1月の終わりは、まるで春のような陽気になった、八ヶ岳南麓。

でも、立春を過ぎるころから急激に寒さが戻ってきています。

厳冬期の八ヶ岳の碧空八ヶ岳ブルーも大分回復。これくらい碧空が広がると、一層の冷え込みとなります。

凍結するお風呂時に、氷点下10度を下回る夜が数晩続くと、非常の為に貯めている、風呂桶の水が綺麗に凍り付いてしまいます(風呂場の水道はこの時点で配管含めて全て凍り付いているので、次にお風呂を沸かすときに、この凍った風呂桶を叩き割って、風呂釜の熱で循環させることで、配管類を温めてあげる必要があるのです)。

再び冷え込んでくると期待してしまうのが、清里を中心とした八ヶ岳南麓で2月一杯繰り広げられる「寒いほどお得フェア」です。

寒いほどお得50%off清里駅前にある、清里観光振興会の事務所の外に用意されている温度計が、10時の時点で何度以下になっているかで、協賛店の各種商品が最大50% offになる、地元民ならずとも、思わず嬉しくなってしまうフェアなのです。

きょうは、もちろん50% off。三日連続、今シーズン3回目の50% off、しかも週末の金曜日という絶好の機会に、お得を楽しみに同僚たちと一緒に夕飯に繰り出しました。

レストハウス八ヶ岳外観本日訪れたのは、このフェアに初期のころから参加している、清里でも古参のお店「レストハウス八ヶ岳」さんです。

夜7時ごろですが、駐車場には既に地元ナンバーの車が集まっています。

寒いけどお得フェアー割引表示お店の前に掲示されている、本日の割引率と、割引メニューの紹介看板です。

ご覧の通り、ちゃんと50% off!なのです。

寒いけどお得ステーキ丼1お店の皆様も、心得たもので「何人分」と、オーダーも聞かずに、人数確認だけという鷹揚さ。もちろん、お約束の「寒いほど定番!牛ステーキ丼」をオーダーです。

ご覧の通り、充実のボリューム感。甘辛のたれに海苔が絡んで、心地よい香りが鼻をくすぐります。お肉も柔らかく仕上げられており、ご飯と一緒にどんどんかっ込めてしまいます。

寒いけどお得フェアパンフレット2ここで、寒いほどお得フェアのことをちょっとご紹介。

本来は、スキー人気も下火の中、寒い時期になると観光客が激減する清里の観光関係者が、合同してお客様を呼び込めるテーマが無いか知恵を絞って考え出したもので、清里駅近辺の僅かなレストラン等が始めた、極めてローカルな催しでした。

ところが、数年ほど前からNHKのローカルニュース等でも取り上げられるようになると、清里近郊である野辺山や小淵沢などのレストランやショップもフェアに参加。特に昨年はNHKの全国ニュースでも取り上げられ、寒さを逆手に取った積極商法として大きな話題となるようになりました。

今年は、遂に南は明野のハイジの村、西は原村の八ヶ岳自然文化園、更には中央道の八ヶ岳P.Aの売店が上下線ともに参加と、八ヶ岳南麓を幅広くカバーした全97施設による一大キャンペーンに成長したのでした。

一方、問題も無い訳ではなく、地理的にも有利な地元の皆様による一部商品の買い占めや、割引率を目当てにした高価格商品ばかりを購入するなどの弊害も生じており、今年のキャンペーンでは、一部店舗で購入制限が設けられてしまいました。

また、フェア参加施設のうち、宿泊施設の割引は、今年からクーポン形式に変更。次回宿泊時に利用できる形に変更されました。これで、再び清里、八ヶ岳南麓に来ていただけるチャンスが増えることになりますね。

寒いけどお得ステーキ丼2と、いう訳で、お腹いっぱい食べさせて頂きました(ごちそうさまです)。

丼ぶりの大きさ、判ります?通常1700円のこちら「寒いほど定番!牛ステーキ丼」が、50% offの日なら何と850円!。お得なプライスにお腹も、心も大満足です。

寒いけどお得フェアの夜、気温お店を出て、写真をパシャパシャと撮っていると、同僚たちは「寒い寒い」の大合唱。

車に戻って温度計を見ると、午後8時時点で既に氷点下4℃。明日が雪の予報のため、多少は暖かいのですが、それでも流石に清里「寒いほどお得な」極寒の2月の夜です。

キャンペーン期間は2月一杯まで。50% offが狙えるのは来週いっぱいくらいですので、来週のお休みには、降雪後に真っ白に雪化粧(しているであろう)八ヶ岳南麓に是非足を運んでみては如何でしょうか。意外な「お得」が待っていますよ。