2017年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

2017年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

小淵沢駅に発着する詳しいバスの時刻表はこちらでご紹介しています(随時更新中)。

中央本線開通以来と云われる小淵沢駅の駅舎ですが、現在あらたな駅舎の建築が進んでいます。新駅舎の利用開始は7/3(月)始発から。前日の2日には竣工記念式典が催される予定です。2階に設置される改札口からは甲斐駒と八ヶ岳の大パノラマが望めるはずです。

使い込まれた木のベンチと、小さく、古くても丁寧に使われ続けた待合室。駅そばの美味しそうな出汁の香りが漂う山間の小さな町にしっかりと馴染んでいた現在の駅舎が使われるのも、6月一杯となりました。

一方で、その煽りを思いっきり受けたのでしょうか、お隣の長坂駅は特急停車駅から一気に4段階落とされて(特急停車駅->みどりの窓口廃止->駅員無配置->業務委託を経由せずいきなり無人化)この春から無人駅となってしまいました…(自動券売機は生きていますので、Suicaで残金が不足した場合でもチャージ可能です)。

New!(2017.5.20):この夏シーズンから運行を予定していた「HIGH RAIL 1375」ですが、正式に運行スケジュールが発表されました。詳しい運行スケジュールはJR東日本長野支社に専用のHPが用意されてます。

High Rail 1号 : 小淵沢10:30 – 小諸12:31

High Rail2号 : 小諸14:22 – 小淵沢16:54

High Rail 星空 : 小淵沢18:20 – 野辺山 18:58着(星空観察会)20:01発 – 小諸21:51

停車駅 : 清里、野辺山、信濃川上、小海、八千穂、臼田、中込、岩村田、佐久平

運行日は以下の通りです。

  • 7月 : 7/1(土)から金曜、土曜、日曜、祝日。7/24(月)からは火曜を除く毎日
  • 8月 : 火曜日を除く毎日
  • 9月 : 9/30(土)までの金曜、土曜、日曜、祝日

全席指定、定員50名。1号にはランチセット、2号にはスイーツセットのオプションもあり。

なお7月以降、快速リゾートビュー八ヶ岳はHigh Railとスジが被るため、運行されません。

春シーズンの全席指定の快速「リゾートビュー八ヶ岳」運行日は5/20,21、6/17,18の4日間です。詳しい運行スケジュールはJR東日本長野支社のプレスリリースをご確認ください(PDFが開きます)。7月以降は、新たなリゾート列車「HIGH RAIL 1375」が投入される予定です。運行内容が決定次第、こちらのページでご紹介させて頂きます。 

[新宿方面からの特急のお乗換え案内]

IMG20160729102051yatsugatake_highland_bus_timetable2

<新宿7:00発-小淵沢8:54着スーパーあずさ1号からお乗換え>

 ・1号 9:17発(野辺山行き)

 ●9:24小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[4便]が利用可能です

<新宿7:18発-小淵沢9:30着あずさ51号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿7:30発-小淵沢9:36着あずさ3号からお乗換え>

<新宿8:00発-小淵沢9:53着スーパーあずさ5号からお乗換え>

 ・普通 9:57発(小諸行き)

 ・High Rail 1号(10:30発)をご利用の方もこちらの特急が接続になります。上り特急からの接続は10:00着のあずさ10号になります。

 ☆10:10小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<横浜7:51発-小淵沢10:30着はまかいじ号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿8:30発-小淵沢10:44着あずさ7号からお乗換え>

 ・3号 10:58発(野辺山行き)

 10:50小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します2017年度の運行はありません

<新宿9:00発-小淵沢11:08着あずさ9号からお乗換え>

 ・普通 11:21発(小諸行き)

 ●11:52小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→大泉総合支所方向右回りルート便[5便]が利用可能です

<新宿9:02発-小淵沢11:59着ホリデー快速ビューやまなし号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿10:09発-小淵沢12:14着あずさ55号からお乗換え(臨時列車)>

 ・5号 12:28発(野辺山行き)

 ★12:20小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します2017年度の運行はありません

 ☆12:25小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿11:00発-小淵沢12:59着あずさ13号からお乗換え>

 ・ハイブリット列車「こうみ」 13:13発(小諸行き)小淵沢発の「こうみ」は一日1本だけです

 ●13:49小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[6便]が利用可能です

<新宿12:00発-小淵沢13:53着スーパーあずさ15号からお乗換え>

 ・7号 14:03発(野辺山行き)

 ★14:30小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します2017年度の運行はありません

<新宿13:00発-小淵沢15:01着あずさ17号からお乗換え>

 ・普通 15:06発(小諸行き)

 ☆15:25小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

 16:05小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します2017年度の運行はありません

 ●16:12小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→大泉総合支所方向右回りルート便[7便]が利用可能です

<新宿15:00発-小淵沢17:02着あずさ21号からお乗換え>

 ・臨時 17:11発(小海行き。小海駅始発の小諸行に3分で接続します)

 ・High Rail 星空号(18:20発)をご利用の方もこちらの特急が接続になります。上り特急からの接続は18:05着のあずさ30号になります。

 ●17:51小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[8便]が利用可能です

詳しくはJRのホームページ及び小淵沢駅の駅員さんにお聞き下さい。

  • 八ヶ岳高原リゾートバスの運行日と運行ルートの詳細はこちらから(八ヶ岳観光圏総合案内ページ。注意:総合案内ページはデータ更新があまり行われていないので、旧サイト側(八ヶ岳高原リゾート)をご参照願います)本年度(2017年)は運行されません。八ヶ岳観光圏の公式HPをご覧ください。
  • 鉢巻周遊リゾートバスの運行日と運行ルートの詳細はこちらから(富士見町観光ページ)本年度はGW及び夏休みシーズンから秋にかけての運行(下記参照)です
  • (地域住民用、ハイエースでの運行になります)北杜市営バスの運行ルートの詳細はこちらから(北杜市民バスのページ)

New!(2017.4.20):例年ですと夏休みと秋の観光シーズンのみの運行となっています鉢巻周遊リゾートバスが、本年は5/3~5/7までの期間も運行される事になりました!詳しくは富士見町の観光情報ホームページへ

なお、例年ですとGWシーズンから運行を開始する「八ヶ岳高原リゾートバス」ですが、今年は運行予定が発表されていません(受託運行先の山梨交通にも情報なし)ご利用を計画されている方は、運行団体様に必ずご確認願います。

補足:ハイブリット列車「こうみ」運行スケジュールの照会でこちらのページにお越しになる方が多いようですが、現在公式サイトには時刻表のリンクが掲示されていません。

通常運転されているスケジュールは以下の通りです(特殊な車両のため、点検等で急に運休になる場合があります。あくまでも参考情報です)。

125D : 中込6:55 – 小諸7:26

124D : 小諸7:50- 中込:8:18

131D : 中込8:51 – 小諸9:17

228D : 小諸10:13 – 小淵沢12:26

229D : 小淵沢13:14 – 小諸15:27

134D : 小諸15:42 – 小海16:49

141D : 小海16:59 – 小諸17:58

138D : 小諸18:30 – 中込19:01

ハイブリット列車「こうみ」

小諸から小淵沢まで登って来るのは一日一回とお考えください。

季節は寄せ返す波の如くゆっくりと春へ(八ヶ岳南麓晩冬の点描)2017.3.26

暖冬だとは云われても、山里の冬は寒く、氷点下10度を下回る日が続く厳冬の2月を越え、3月になって少しほっとする日々。

雪山にもスキーにも縁遠い身としては、綺麗に磨き上げられた空の下、麓から見上げる山々の美しさが、冬の数少ない慰めでもあります。そんな日々の点描を少し。

キンと冷え込んだ朝の中央本線、小淵沢駅。

中央本線開通以来と伝えられる、雄大な八ヶ岳をバックに佇む、山間の小さな駅舎は今年の7月には新しい駅舎に移転することになっています。ベンチが並ぶ小さな待合室と、ガラス越しに駅員さんが手売りで指定席や特急券の応対をし、その向かい側では美味しそうな出汁の香りを漂わせる名物の駅そばをおばちゃんが手際よく茹で上げていくという、懐かしさ溢れる情景も、そろそろ見納めです。

駅から少し下ったところから振り返って望む、冬の八ヶ岳。町全体が八ヶ岳の懐に抱かれているようです。

駅を降りると、正面に広がる甲斐駒と鳳凰三山のパノラマ。撮影したのは2月の末ですが、畑には既に鍬が入れられています(2/24)

一度雪が降り出すと、麓の山里も森も真っ白な雪に覆われてしまいます。こんもりとした雪を被る落葉松林の山裾(3/2)。

夜半の雪が止んで朝を迎えると、まだ雪雲が残る中、新雪を戴く凛とした甲斐駒が姿を見せてくれる時があります。雪渓のコントラストもはっきりと現れてくる3月の初旬。小淵沢町を降りて下った正面に位置する小淵沢総合支所前から望む、一番お気に入りの甲斐駒の雄姿です(3/7)。

良く晴れた朝にもう一枚。くっきりした甲斐駒の雪渓を眺められるのもあと僅か(3/16)。

厳冬期を抜けて、少し空の蒼さが抜け始めた3月半ばの朝。春を待つ神田の大糸桜から眺める雄大な南アルプスの山並みを。山里の桜のシーズンは4月も10日を過ぎてから。標高の幅も広く、染井吉野より江戸彼岸や山桜が多いこの地では、5月の始め頃までの一月ほど桜を愛でる事が出来ます(3/17)。

季節の変わり目になると、逆に雪の日が多くなるこの地(信州の方の言葉を借りれば「かみ雪(かみの言葉は京に通じるため、南方側で降る雪)」が舞った朝、八ヶ岳は再び真っ白な雪化粧です。

重たい湿った雪が残していった湿り気が山を霞ませる朝。この時期だけの雪山と淡いブルーの空が作り出す絶妙なグラデーション(3/22)。

移り変わりの早い春の空。その分、様々な雲が描き出す空のキャンバスが楽しめます。コートを脱いで、空を眺めながら圃場の畔をのんびりと歩きたい午後。

春の薄日を浴びて溶けだした雪渓が輝く、午後の甲斐駒。下り坂の天気を予感させる空模様。

夕暮れになると、薄く桃色に色付いた雪雲が再び迫ってきます。八ヶ岳の雪渓も雪解けが早いのでしょうか、細かな皺が目立つようになってきました(3/25)。

再び雪となった今日26日。重たい湿った雪は、木々には積もっても地温が高まった春先にはアスファルトの上には留まる事が出来ず、湯気のように靄が立ち込めてきます。夕暮れにかけて雨交りになった3月最後の週末。そして、少しずつ春へ近づいていくようです。

 

 

2016年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

2016年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

2017年バージョンを公開開始しました。こちらのリンク先からご覧ください。

 

<以下は2016年バージョンです>

小淵沢駅に発着する詳しいバスの時刻表はこちらでご紹介しています(2015年バージョンですが随時更新)。

New!(2016.10.22):冬の臨時列車時刻が発表になりました。詳しくはこちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)をご覧ください。小海線関係の臨時列車は以下の通りです。

  • 12/17 : 小諸-野辺山往復の快速「リゾートビュー星空」リゾートハイブリッドトレインで運行(小淵沢駅には発着しません、ご注意を)

ご案内 : 本年度の小淵沢発着の小海線臨時列車は、11/6がシーズン最後の運行となります。12月以降の臨時列車運行予定は未定です。12月以降に小海線をご利用の方は、通常ダイヤで旅程をご検討ください。

中央本線の臨時夜行列車、ムーンライト信州号(新宿-松本-白馬)の運行は12/22(木)、12/29(木)、12/30(金)の3日間で運行予定です。小淵沢駅到着は定例通り、深夜3:10です。

小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表2016年10月版本年度(2016年度)最後の臨時列車時刻表(10~11月分)です。

本年度の小海線臨時列車(八ヶ岳高原号)の最終運行日は1 1/5,6の両日となります。

同日には「リゾートビュー八ヶ岳」が運行予定です。

New!(2016.8.27):秋の臨時列車時刻が発表になりました。詳しくはこちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)をご覧ください。小海線関係の臨時列車は以下の通りです。

  • 11/5,6 : 松本(中央本線経由)-小淵沢-小諸往復の快速「リゾートビュー八ヶ岳」リゾートハイブリッドトレインで運行

 

New!(2016.7.7):7月から9月までのサマーシーズン臨時列車時刻表を掲載しておきます。期間中の特別列車情報は下記をご覧ください。

IMG_20160706_235356

 

New!(2016.5.31):夏の臨時列車時刻が発表になりました。詳しくはこちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)をご覧ください。小海線関係の臨時列車は以下の通りです。

  • 7/2 : 松本(中央本線経由)-小淵沢-小諸往復の快速「リゾートビュー八ヶ岳」リゾートハイブリッドトレインで運行
  • 7/16,17,18 : 小諸-小淵沢往復の快速「リゾートビューこうみ」(新設)リゾートハイブリッドトレインで運行
  • 7/30 : 中込-小淵沢往復の快速「旧型客車八ヶ岳号」DD16が旧型客車3両を牽引します
  • 7/23には同じく旧型客車をEF64が牽引する、快速「旧型客車かもしか号」が、松本-富士見-上諏訪-富士見-松本の折り返しで運行されます

小海線臨時列車時刻表2016Q1春バージョン(2016年4月から6月末まで)の臨時列車時刻表です。

今年は運行日が拡充されて、午後遅い便も毎週末の土日共に運行となりますが、一方で、ハイブリッド車両で運行されていた臨時快速が春シーズンには運行されないようです。

全席指定の快速「リゾートビュー八ヶ岳」運行日は5/21,22の両日です。詳しい運行スケジュールはJR東日本長野支社のプレスリリースをご確認ください(PDFが開きます)。

kobuchizawa_station

この冬で最後となる、雪を戴く八ヶ岳と小淵沢駅のコラボレーション。中央本線開通以来とも伝えられる、趣のある小さな駅舎。2017年の夏にはモダンに生まれ変わる、新しい小淵沢駅舎がお披露目されます。

補足:ハイブリット列車「こうみ」運行スケジュールの照会でこちらのページにお越しになる方が多いようですが、現在公式サイトには時刻表のリンクが掲示されていません。

通常運転されているスケジュールは以下の通りです(特殊な車両のため、点検等で急に運休になる場合があります。あくまでも参考情報です)。

125D : 中込6:55 – 小諸7:24

124D : 小諸7:510- 中込:8:19

131D : 中込8:51 – 小諸9:25

228D : 小諸10:13 – 小淵沢12:27

229D : 小淵沢13:14 – 小諸15:28

136D : 小諸15:42 – 小海16:49

141D : 小海16:59 – 小諸17:58

142D : 小諸18:30 – 中込19:01

ハイブリット列車「こうみ」小淵沢駅に現れるのは原則昼過ぎの1本だけと理解してください。

[新宿方面からの特急のお乗換え案内]

IMG20160729102051yatsugatake_highland_bus_timetable2

<新宿6:30発-小淵沢8:40着あずさ71号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿7:00発-小淵沢8:54着スーパーあずさ1号からお乗換え>

 ・1号 9:16発(野辺山行き)

 →9:24小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[4便]が利用可能です

<新宿7:18発-小淵沢9:31着あずさ51号 or 塩山8:47-小淵沢9:31着甲信エクスプレスからお乗換え(臨時列車)>

<新宿7:30発-小淵沢9:36着あずさ3号からお乗換え>

<新宿8:00発-小淵沢9:53着スーパーあずさ5号からお乗換え>

 ・普通 9:57発(小諸行き)

 →10:05小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

 →10:10小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿8:02発-小淵沢10:22着あずさ53号からお乗換え(臨時列車)>

<横浜7:51発-小淵沢10:30着はまかいじ号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿8:30発-小淵沢10:44着あずさ7号からお乗換え>

 ・3号 10:56発(野辺山行き)

 →10:50小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します

<新宿9:00発-小淵沢11:08着あずさ9号からお乗換え>

 ・普通 11:19発(小諸行き)

 →11:52小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→大泉総合支所方向右回りルート便[5便]が利用可能です

<新宿9:02発-小淵沢11:59着ホリデー快速ビューやまなし号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿10:09発-小淵沢12:14着あずさ55号からお乗換え(臨時列車)>

 ・5号 12:29発(野辺山行き)

 →12:25小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿11:00発-小淵沢12:59着あずさ13号からお乗換え>

 ・ハイブリット列車「こうみ」 13:14発(小諸行き)小淵沢発の「こうみ」は一日1本だけです

 →13:49小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[6便]が利用可能です

<新宿12:00発-小淵沢13:53着スーパーあずさ15号からお乗換え>

 ・7号 14:03発(野辺山行き)

 →14:30小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します

 →14:15小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

<新宿13:00発-小淵沢15:01着あずさ17号からお乗換え>

 ・普通 15:06発(小諸行き)

 →15:25小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

 →16:12小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→大泉総合支所方向右回りルート便[7便]が利用可能です

<新宿15:00発-小淵沢17:02着あずさ21号からお乗換え>

 ・臨時 17:11発(小海行き)

 →17:25小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

 →17:51小淵沢駅前発車の北杜市営バス北部循環線(長坂駅-清春芸術村-<七里岩ライン経由>-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大泉総合支所-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)小淵沢駅→長坂駅方向左回りルート便[8便]が利用可能です

詳しくはJRのホームページ及び小淵沢駅の駅員さんにお聞き下さい。

2015年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

2015年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表

(2016.4.9):2016年シーズンの小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表はこちらに掲載しています。

現時点でも、2014年版のページにアクセスされている方も多いようですので、改めて2015年シーズン版の時刻表をご紹介します。

小淵沢駅に発着する詳しいバスの時刻表はこちらでご紹介しています。

New!(2015.11.23):今シーズンの小海線臨時列車は運行終了かと思いきや、意外なことに12/20(日)に「快速リゾートビュー星空」(全席指定)の運行が決定いたしました(JR東日本長野支社プレスリリースより)。但し、運行区間は小諸-佐久平-中込-小海-野辺山間ですので、小淵沢駅からは利用する事は出来ません。折り返しの野辺山駅ではイベントも用意されているようですが、運行は夕方から夜間となりますので、佐久、上田、軽井沢方面からお越しの方限定でどうぞ。

New!(2015.10.17):トップの画像を2015年秋バージョン(10~11月)の小海線臨時列車時刻表に更新しました、今シーズンの最終更新です。

New!(2015.8.26):2015年秋(10~12月)の臨時列車はこちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)を参照願います。

  • 松本-塩尻-岡谷-茅野-小淵沢-清里-野辺山-小海-中込間往復で運行される「快速リゾートビュー八ヶ岳」(全席指定)の運行日
    • 10/17,18(小淵沢発 10:30)
  • 小海線全線開通80周年を記念して、小淵沢-小諸間往復で運行される「小海線全線開通80周年号」(全席指定、ハイブリッド車2系列で連結運転を実施)の運行日
    • 11/29(小淵沢発13:30)
  •  小淵沢-甲斐小泉-甲斐大泉-清里-野辺山-八千穂-小海-中込-佐久平-小諸間往復で運行される「快速さわやか八ヶ岳高原号」(ハイブリット車)の運行日
    • 10/10,11/7,14(小淵沢発14:30)

New!(2015.7.12):トップの画像を2015年夏バージョン(7~9月)の小海線臨時列車時刻表に更新しました。

New!(2015.6.27):2015年夏(7~9月)の臨時列車はこちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)を参照願います。

  • 松本-塩尻-岡谷-茅野-小淵沢-清里-野辺山-小海-中込間で運行される「快速リゾートビュー八ヶ岳」(全席指定)の運行日
    • 7/18,19,20(小淵沢発 10:30)
  • 小淵沢-清里-野辺山-小海-中込間で運行される「快速風っこ八ヶ岳高原」(トロッコ型列車、全席指定)の運行日
    • 9/12,13(小淵沢発 13:52)
  • 小淵沢-清里-野辺山-小海-小諸間で運行される「快速さわやか八ヶ岳高原号」(ハイブリット車)の運行日
    • 7/4,7/11,9/26(小淵沢発 14:30、今年は運行日が少ないようです)

その他の臨時列車は、こちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)を参照願います。

小海線臨時列車時刻表2015年秋冬版

こちらが秋バージョン最終版です。11/14運行予定の「快速さわやか八ヶ岳号(ハイブリッド列車)」と、11/29運行予定の「小海線全線開通80周年号(ハイブリッド列車2タイプ連結)」で今シーズンの臨時列車運行は終了です。

WP_20150912_00_35_51_Pro

こちらが秋バージョン。10月以降の運行予定を追記します。

  • 八ヶ岳高原列車1号(野辺山行) : 10/3-4,10/10-12,10/17-18,10/24-25,10/31,11/1,11/3
  • 快速リゾートビュー八ヶ岳(中込行・全席指定) : 10/17-18
  • 八ヶ岳高原列車3号(野辺山行) : 10/3-4,10/10-12,10/17-18,10/24-25,10/31,11/1,11/3
  • 八ヶ岳高原列車5号(野辺山行) : 10/3-4,10/10-12,10/17-18,10/24-25,10/31,11/1,11/3
  • 八ヶ岳高原列車7号(野辺山行) : 10/3-4,10/11-12,10/17-18,10/24-25,10/31,11/1,11/3
  • 快速さわやか八ヶ岳高原号(小諸行) : 10/10,11/7,11/14
  • 臨時普通(小海行) : 10/3-4,10/11-12,10/17-18,10/24-25,10/31,11/1,11/3

小淵沢駅の小海線臨時列車時刻表2015年夏版こちらが2015年の夏バージョンです。

小淵沢駅臨時列車時刻表2015年春版こちらは、2015年の春バージョンです。

基本的に4月11日から6月末の週末、祝日に運行されます(例年ですと、このまま11月初旬までの運行です)。

午前中の便は全ての週末に運行されますが、午後の便は、一部日曜日だけの運行になります。

臨時快速さわやか八ヶ岳高原号(ハイブリッド列車「こうみ」1両での運転)は特定の土曜日だけの運転となります。

停車駅は小淵沢-甲斐小泉-甲斐大泉-清里-野辺山-小海-八千穂-中込-佐久平-小諸の各駅です。

  • 1号 9:16野辺山行き(8月は毎日運転)
  • 3号 10:56野辺山行き(8月は毎日運転)
  • 5号 12:29野辺山行き(8月は毎日運転)
  • 7号 14:03野辺山行き(8月は毎日運転)
  • 臨時快速 14:30 小諸行き(この後の運転は9/26のみです)
  • 臨時普通 17:11 小海行き(8月は毎日運転)

補足:ハイブリット列車「こうみ」運行スケジュールの照会でこちらのページにお越しになる方が多いようですが、現在公式サイトには時刻表のリンクが掲示されていません。

通常運転されているスケジュールは以下の通りです(特殊な車両のため、点検等で急に運休になる場合があります。あくまでも参考情報です)。

125D : 中込6:55 – 小諸7:24

124D : 小諸7:51 – 中込:8:20

131D : 中込8:54 – 小諸9:26

228D : 小諸10:08 – 小淵沢12:27

229D : 小淵沢13:14 – 小諸15:32

136D : 小諸15:42 – 小海16:50

141D : 小海17:00 – 小諸18:00

142D : 小諸18:29 – 中込19:00

ハイブリット列車「こうみ」小淵沢駅に現れるのは原則昼過ぎの1本だけと理解してください。

[新宿方面からの特急のお乗換え案内]

<新宿7:00発-小淵沢8:54着スーパーあずさ1号からお乗換え>

 ・1号 9:16発(野辺山行き)

<新宿7:30発-小淵沢9:36着あずさ3号からお乗換え>

<新宿8:00発-小淵沢9:53着スーパーあずさ5号からお乗換え>

 ・普通 9:57発(小諸行き)

 →10:05小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

 →10:15小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿8:30発-小淵沢10:44着あずさ7号からお乗換え>

<新宿8:02発-小淵沢10:22着あずさ53号からお乗換え(臨時列車)>

 ・3号 10:56発(野辺山行き)

 →10:50小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します

<新宿9:00発-小淵沢11:08着あずさ9号からお乗換え>

 ・普通 11:19発(小諸行き)

<新宿9:02発-小淵沢11:59着ホリデー快速ビューやまなし号からお乗換え(臨時列車)>

<新宿10:09発-小淵沢12:12着あずさ55号からお乗換え(臨時列車)>

 ・5号 12:29発(野辺山行き)

 →12:30小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿11:00発-小淵沢12:59着あずさ13号からお乗換え>

 ・ハイブリット列車「こうみ」 13:14発(小諸行き)小淵沢発の「こうみ」は一日1本だけです

<新宿12:00発-小淵沢13:53着スーパーあずさ15号からお乗換え>

 ・7号 14:03発(野辺山行き)

 →14:30小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環)も接続します

 →14:15小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

<特急の接続はありません>

 ・臨時快速 14:30発(小諸行き)

<新宿13:00発-小淵沢15:00着あずさ17号からお乗換え>

 ・普通 15:05発(小諸行き)

 →15:30小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-富士見高原-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿15:00発-小淵沢17:02着あずさ21号からお乗換え>

 ・臨時 17:11発(小海行き)

 →17:25小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐小泉方面循環:増発便)も接続します

詳しくはJRのホームページ及び小淵沢駅の駅員さんにお聞き下さい。

小淵沢駅発着のバス時刻表のご案内も(2014年版~2017年版)

小淵沢駅発着のバス時刻表のご案内も(2014年版~2017年版)

New!(2017.6.10) : 例年運行されてきました、小淵沢駅と甲斐小泉方面を結ぶ八ヶ岳高原リゾートバスですが、本年度(2017年)は運行されない事になりました。7月3日に新装オープンとなる小淵沢駅を起点とする貴重なバスルートがこのような形で運休となってしまったことは大変残念です。八ヶ岳観光圏のHPをご確認ください

 

New!(2017.4.20):例年ですと夏休みと秋の観光シーズンのみの運行となっています鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢駅-富士見高原リゾート-八ヶ岳高原美術館-たてしな自由農園)が、本年は5/3~5/7までの期間も運行される事になりました!詳しくは富士見町の観光情報ホームページへ

 

<本文此処から>

(2017.4.15:修正)ダイヤ改正に伴う内容の見直しをしました。2017年版の小淵沢駅発小海線臨時列車時刻表はこちらです。

大都会とまではいきませんが、シーズン中は実は意外とバスも運行していますので列車でお越しの方には便利にご利用いただけるのではないでしょうか。

なお、観光向け運行路線が大多数ですので、シーズンによって運休、休止期間が設けられています。リンクを用意しましたので、詳しくは各運行機関様のホームページを必ず参照願います。

小淵沢-白州シャトルバスkobuchizawa_busstop_location

・北杜市民バス(北部巡回線) : 長坂駅-(七里岩ライン)-小淵沢駅-スパティオ小淵沢-篠原東-大井ヶ森-ひまわり市場-大泉総合支所-下井出-きららシティ-甲陽病院-長坂駅の循環ルート)

バス停は、駅ロータリーを出た正面の交差点です

右回り:スパティオ小淵沢-篠原東-大井ヶ森-ひまわり市場(-大泉総合支所-下井出-きららシティ-甲陽病院-長坂駅)

  • 11:52(5便:ひまわり市場止まり)
  • 16:12(7便:ひまわり市場止まり)

左回り:篠尾-中島・蕪-清春芸術村-長坂駅-甲陽病院-きららシティ-下井出-大泉総合支所-ひまわり市場-大井ヶ森-篠原東-スパティオ小淵沢

  • 7:51(2便:甲陽病院止まり)
  • 9:24(4便:スパティオ小淵沢で折り返し、右回りルート5便へ)
  • 13:49(6便:スパティオ小淵沢で折り返し、右回りルート7便へ)
  • 17:51(8便:大井ヶ森止まり)

・北杜市民バス(小淵沢巡回線) : スパティオ小淵沢-小淵沢駅-上笹尾、大東豊(運行は水、土曜日のみ)

バス停は、駅を降りて正面の道路を右に50mほど進んだ回転場にある「駅前商店街北」になります

スパティオ小淵沢方面循環 : 運行は水曜、土曜のみ

  • 8:48
  • 13:31
  • 14:18
  • 16:41

大滝公園-女取-篠原-大東豊方面循環(東部・北部方面) : 運行は水曜、土曜のみ

  • 10:10
  • 14:40

上笹尾-城山公園-大久保-西村-岩窪方面循環(南部・西部方面) : 運行は水曜、土曜のみ

  • 10:55
  • 15:30

使用車両はすべてワンボックス(ハイエース)となります。

・八ヶ岳高原リゾートバス :  小淵沢駅-スパティオ小淵沢-リゾートアウトレット-中村キース・へリング美術館-えほん村-三分一湧水館-平山郁夫美術館-ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳(4/29~11/27のうち、指定日運行)注意!:2017年度は運行されません

通常便(週末)

  • 10:50
  • 12:10
  • 14:30
  • 16:05

使用車両は路線バスタイプ(山梨交通)となります。

・セラビィリゾート方面直行バス : 小淵沢駅 – ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳-わんわんパラダイス

八ヶ岳高原リゾートバス運行日には運休となります。ご注意を。

  • 11:30(予約制)
  • 14:10(予約制)

・鉢巻周遊リゾートバス : 小淵沢駅-富士見高原-おっこと亭-八ヶ岳美術館-自然文化園-やつがたけ自由農園原村店(期間限定、2017年は5/3~7、7/22~8/27の毎日と、9,10月の土日祝日に運行)本年度は新たにGWの運行が追加されました。

小淵沢駅構内工事中のため、今年はバス停が駅構内から、駅を降りて正面の道路を50mほど進んだ回転場に移動しています。ご注意を。

  • 10:10
  • 12:25
  • 15:25

使用車両は路線バスタイプ(山梨交通)となります。

・サントリー白州蒸留所無料シャトルバス : 小淵沢駅-白州蒸留所(シャトレーゼに行かれる方も少し(徒歩20分ほど)歩きますが、利用可能です)2017年度の運行は土曜、日曜、祝日と、5/3~5/7、7/15~8/31の各日です。

  • 9:20
  • 10:00
  • 10:55
  • 11:35
  • 13:15
  • 14:00
  • 15:10
  • 15:50(見学時間延長時のみ運行)

使用車両は観光バスタイプ(提携観光会社)となります。

・八ヶ岳リゾートアウトレット無料シャトルバス : 小淵沢駅-八ヶ岳リゾートアウトレット

  • 8:15(5/3~5と夏のトップシーズンのみ運行)
  • 8:40(5/3~5と夏のトップシーズンのみ運行)
  • 9:15
  • 9:45(5/3~5と夏のトップシーズンのみ運行)
  • 10:15(5/3~5と夏のトップシーズンのみ運行)
  • 10:40
  • 11:20
  • 13:20
  • 14:15
  • 15:10
  • 16:20
  • 17:10(10月~4月のウィンターシーズンは土曜休祝日のみ運行、5月~9月のサマーシーズンは毎日運行)

使用車両はマイクロバスとなります。

・ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ(ホテル直行バス)

  • 14:10(予約制)
  • 15:10(予約制)

小淵沢駅発着バスの運行ルート略図です。

小淵沢バスマップ広範なエリアで運行されいますが、本数が少ないですのでご、利用の際には事前に運行各機関様に改めてご確認願います。

この夏~秋の小海線臨時列車時刻表(2014年版・小淵沢駅)

この夏~秋の小海線臨時列車時刻表(2014年版・小淵沢駅)

New!(2015.4.25):2015年シーズン版をご用意いたしました。こちらのページよりご覧いただけます。

2015年度、春の小海線臨時列車の情報は、こちらのJR東日本長野支社プレスリリース(PDFファイル)を参照願います。

>小淵沢駅発のバス時刻表も用意しました。こちらにて

備忘録的に貼っておきます。この夏、列車を利用して八ヶ岳南麓にお越しの方へご参考まで。

2014年夏の小海線臨時列車時刻表小淵沢駅

基本的には週末と8月中を中心に運行されます。「八ヶ岳高原列車」と冠された主な臨時列車と、その他の東京方面からの特急接続列車は以下の通りです。

追記 : 10~11月の運行予定

  • 1号 : 10/4,5 , 11~13 , 18,19 , 25,26 , 11/1,~3(土曜、日曜、祝日の運行)
  • 3号 : 10/4,5 , 11~13 , 18,19 , 25,26 , 11/1,~3(土曜、日曜、祝日の運行)
  • 5号 : 10/4,5 , 11~13 , 18,19 , 25,26 , 11/1,~3(土曜、日曜、祝日の運行)
  • 7号 : 10/5 , 12,13 , 18,19 , 25,26 , 11/2,3
  • 臨時普通 : 10/5 , 12,13 , 18,19 , 25,26 , 11/2,3
  • 快速さわやか八ヶ岳高原号の運転予定は下記参照

補足:ハイブリット列車「こうみ」運行スケジュールの照会でこちらのページにお越しになる方が多いようですが、現在公式サイトには時刻表のリンクが掲示されていません。

通常運転されているスケジュールは以下の通りです(特殊な車両のため、点検等で急に運休になる場合があります。あくまでも参考情報です)。

注記!:2015年度ダイヤは若干変更があります。2015年シーズンのページを参照願います。

125D : 中込6:55 – 小諸7:23

124D : 小諸7:48 – 中込:8:17

131D : 中込8:49 – 小諸9:16

228D : 小諸9:58 – 小淵沢12:24

229D : 小淵沢13:14 – 小諸15:30

136D : 小諸15:43 – 小海16:49

141D : 小海17:00 – 小諸18:01

142D : 小諸18:22 – 中込18:54

ハイブリット列車「こうみ」小淵沢駅に現れるのは原則昼過ぎの1本だけと理解してください。

なお、ハイブリット臨時列車「快速さわやか八ヶ岳高原号」今後の運行予定は以下の通りです。

  • 9/13,20,27(土曜日)
  • 10/4,11(土曜日)
  • 11/1,8(土曜日)
  • 小諸9:40 – 小淵沢11:51
  • 小淵沢14:30 – 小諸16:38
  • 停車駅は小淵沢-甲斐大泉-甲斐小泉-清里-野辺山-小海-八千穂-中込-佐久平-小諸

それ以外に全席指定の臨時快速「リゾートビュー八ヶ岳」が10/18,19に運行予定です。

行き : 松本9:17 -塩尻-岡谷-下諏訪-上諏訪-茅野-富士見-小淵沢-清里-野辺山-小海-中込11:57

帰り : 中込16:11-小海-野辺山-清里-小淵沢-富士見-茅野-上諏訪-下諏訪-岡谷-塩尻-松本19:20

 

<新宿7:00発-小淵沢8:54着スーパーあずさ1号からお乗換え>

 ・1号 9:16発(野辺山行き)

<新宿7:30発-小淵沢9:36着あずさ3号からお乗換え>

<新宿8:00発-小淵沢9:53着スーパーあずさ5号からお乗換え>

 ・普通 9:57発(小諸行き)

 →10:15小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

<新宿8:30発-小淵沢10:44着あずさ7号からお乗換え>

 ・3号 10:55発(野辺山行き)

 →10:50小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐大泉方面循環)も接続します

<特急の接続はありません>

 ・5号 12:26発(野辺山行き)

 →12:10小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐大泉方面循環)

 →12:30小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-原村・やつがたけ自由農園行き)

<新宿11:00発-小淵沢12:59着あずさ13号からお乗換え>

 ・ハイブリット列車「こうみ」 13:14発(小諸行き)小淵沢発の「こうみ」は一日1本だけです

<新宿12:00発-小淵沢13:53着スーパーあずさ15号からお乗換え>

 ・7号 14:03発(野辺山行き)

 →14:15小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐大泉方面循環)も接続します

<新宿13:00発-小淵沢15:00着あずさ17号からお乗換え>

 ・普通 15:08発(小諸行き)

 →15:30小淵沢駅前発車の鉢巻周遊リゾートバス(小淵沢-原村・やつがたけ自由農園行き)も接続します

 →15:35小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐大泉方面循環)も接続します

<新宿15:00発-小淵沢17:02着あずさ21号からお乗換え>

 ・臨時 17:11発(小海行き)

 →17:25小淵沢駅前発車の八ヶ岳高原リゾートバス(小淵沢-甲斐大泉方面循環)も接続します

詳しくはJRのホームページ及び小淵沢駅の駅員さんにお聞き下さい。

小淵沢駅の名物は「駅弁」です(高原野菜とカツの弁当)

小淵沢駅の名物は「駅弁」です(高原野菜とカツの弁当)

八ヶ岳南麓の玄関口でもある中央本線、小淵沢駅。

最近は中央高速を使って、車でいらっしゃる方が圧倒的に多いのですが、中央本線の特急「あずさ」を利用される方もまだまだ多くいらっしゃいます。

そんな、観光地の只中にある小淵沢駅ですが、至って質素な佇まいを見せる、山間部の小駅に過ぎません。

雪の小淵沢駅

観ての通りのちょっと寂れた田舎の小駅に過ぎないのですが、これでも1~2時間毎に特急が停車し、甲府方面からの終電は1時近くまであるという、意外と便利な駅なのです。

そんな小淵沢駅、八ヶ岳と甲斐駒ケ岳が望める絶好のロケーションにあってホームで写真を撮られる方も多くいらっしゃいますが、もう一つ、ホームにはちょっとした名物があります。それは「駅弁」なのです。

小淵沢駅の駅弁は駅のすぐ裏手にある「丸政」さんが構内の売店、立ち食い蕎麦(こちらも美味しいのです)と共に一手に請け負っていますが、こんな辺境の駅弁屋さんにも関わらず、至って盛業なのです。TV番組とのタイアップで有名になった事もありますし、マスコミ等で取り上げられる事も多い丸政さんの駅弁ですが、その中でも40年にも渡るロングセラーかつ代表ともなる一品が今回ご紹介する「高原野菜とカツの弁当」なのです。

高原野菜とカツの弁当1

ちょっと牧歌的でレトロなパッケージが如何にも列車で高原に来ましたという雰囲気を盛り上げてくれるこの駅弁。何と昭和45年に発売されて以来のロングセラーで、未だに人気が衰えない小淵沢駅の定番となっている駅弁です。ロングセラーとなった最大のポイントは何と言っても常識破りの「生野菜がたっぷり入った駅弁」なのです。

高原野菜とカツの弁当2

封を開けると、ご飯よりも、カツよりも「これでもか」と言わんばかりに野菜が入っているのが判るかと思います。そして、普通の駅弁なら申し訳なさそうに隅っこに入っているであろう調味料達が国際線の機内食を思わせる「調味料セット」になって入っているのです(充分な量のウースターソースとマスタード、サラダパッケージに使えるくらいのドレッシング、そして味塩がついているのが憎いです)。豊富な調味料を組み合わせて皆さんのお好みで野菜を楽しんでくださいとの心遣いからして、野菜が主人公の駅弁である事を雄弁に物語っています。

そもそも、最近の駅弁でも野菜、それも生野菜たっぷりの駅弁は早々見かけるものではありません。そんな珍しく、しかも保存が利きにくい生野菜を今から40年以上前に駅弁に取り入れようと考えたこと自体、もの凄い挑戦だったと思います。幸いにもその挑戦が功を奏し、今では高原野菜の駅弁と言ったら小淵沢駅、山梨の駅弁といったら丸政と全国の駅弁ファンや鉄道旅行の好きな方々に知られるようになっています。

高原野菜とカツの弁当3

そんな珍しい高原野菜の駅弁は中身も盛りだくさんです。

高原レタス、セロリ、きゅうり、ミニトマト、カリフラワー、りんご、コーン、しめじ、茎さつま、山ごぼう、チキンカツ(以上、丸政様のホームページより引用)

何と言ってもメインを飾るのは、これだけでお腹一杯になってしまいそうなくらいてんこ盛りで入っているしゃきしゃきの高原レタスです。

一緒に入っているレインボードレッシングをかけるもよし、お好みで塩胡椒で頂くもよし、何もつけずに、そのまましゃきしゃきを楽しむのももちろんOKです。

ウースターソースをさっとかけたチキンカツを頬張りながら、箸休めにはコーンとしめじ。歯ごたえたっぷりのヤマゴボウとセロリをこりこりとかじりながら、ミニトマトをポンと放り込む。

(丸政さんのホームページには載っていないのですが、実はカツの下にはスパゲッティが隠してあります。お子様は大喜びですよね)

食べ応え満点、でもお腹は重くならないところで、最後にリンゴを頬張って…と。

八ヶ岳の南麓にいらっしゃる際には、車も便利でいいですが、たまにはゆっくり列車の旅でちょっと美味しい駅弁を楽しまれるというのは如何でしょうか。