今月の読本「マタギ奇談」(工藤隆雄 山と渓谷社)最後に伝えられる森と山々への畏敬の物語

今月の読本「マタギ奇談」(工藤隆雄 山と渓谷社)最後に伝えられる森と山々への畏敬の物語

インプレスグループに買収後、暫くは大人しい状況が続いていましたが、昨今の登山ブームの影響でしょうか、文庫、新書の創刊に続き、最近積極的に新刊を送り出すようになった山と渓谷社。

そんな元気を取り戻した名門出版社が、より一般の方に向けて送り出した近刊には山に纏わる奇談、珍談を集めた本が何冊か揃っています(ヤマケイの黒本というそうです)。その中でも「新編 山のミステリー」という、ちょっとおどろおどろしい装丁とキワモノとも取られかねないテーマの一冊がありましたが、山岳ミステリーという一風変わったテーマが好評だったのでしょうか、同じ著者による続編が登場しました。

マタギ奇談マタギ奇談」(工藤隆雄 山と渓谷社)のご紹介です。

著者は登山関係で多数の著作を有される方。本書も同じ山と渓谷社から1991年に上梓された「マタギに学ぶ登山技術」執筆の際に得た知見をベースに、その後も繰り返し東北に訪れて取材をした内容からピックアップして一冊に纏められたものです。

数頁から十数ページに纏められた物語風の「奇談」がぎっしりと詰まっていますが、取材対象がマタギであるという一点を除いて、章分けはなされているものの一貫したテーマがある訳ではありません。

冒頭の八甲田山雪中行軍における忘れられた「案内人」達の悲惨な末路に戦慄が走り、マタギたちの因習に首を傾げながらも「奇談」にじっと聞き入り、それを守らなかった事による厳しいしっぺ返しにも、まさかと思いながらも思わず身を乗り出してしまう著者の巧みな筆さばき。クマの驚くような能力と向き合いながら、生身でのぎりぎりの駆け引きをして来た彼らが伝え聞いた話を読んでいくと、軽妙さの中にも、体感した者だから言える言葉の重みを感じます。

山での掟や数字に秘める因習、そして強い印象を与える、因習を破ったある猟での出来事とその後。その一つ一つに、ある共通点がある事が見えてきます。

人間の存在をちっぽけなものに相対化してしまう東北の雄大な山々と深々とした森。そこに生きる植物、動物たちへの謙虚で繊細な眼差しと、その中から糧を与えられているという素朴な感謝の念。普段は完全に忘れてしまっている、自然と直接向き合い続けるという厳しさの裏返しとしての因習や伝承の姿が見えてきます。

少し長めに語られる、山津波で消滅してしまった集落で辛うじて生き残ったマタギが語る、遭難状況を克明に記憶する冷徹な観察眼と、それでもその地で生きていこうと決心する山に対する強い想い。最終章でじっくりと語られる、白神山地の奥深くにマタギ小屋を構える老齢のマタギが残した言葉の数々から汲み取る、マタギが山と森を守って来たという自負と、その後を予見するかのような冷静な視点と実際。山を相手に真剣に向き合ってきた人々故の鋭い着眼点に圧倒されます。

既に語れる人も少なくなり、猟場だった山と森は荒廃の進行と保護区の設定によりマタギの手が届かない世界になろうとしています。その地に住み着いた歴史と同じだけの時を刻んだであろうマタギの歴史とその想いを、本書に最後の記憶として残して。

シリーズ展開上、少し怪奇談的な面が強く出ている本書ですが、その行間に潜む、山と森を敬服するマタギ達の最後の言葉にじっと耳を傾けてみるのは如何でしょうか。

<おまけ>

本ページより、類似テーマの書籍のご紹介を。

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

ドキュメント御嶽山大噴火ヤマケイ新書51024-YS009。

シリーズで刊行される出版物には、大体通し番号が付けられますが、この非常に若い番号にも拘わらず、表題にある様な大きなテーマをシリーズ開始僅か2ヶ月目で手掛け、刊行に漕ぎ着けた版元様並びに編集スタッフに、まずは敬意を表する次第です。

そして、山岳関連図書出版のエキスパートとして、山の文化を活字と写真を以て伝える使命を社是とする出版社として、このようなテーマを速やかに扱って頂けた事を素直に嬉しく思っています。SNSの登場によって、情報が今まで以上にライブ感とスピードを競うようになり、その結果、僅かの時間で情報が消費され、忘れ去られる中にあって、情報、そして人々の記憶が風化する前に生の言葉を活字として記録に残して頂けた事は、今後起きるであろう類似の事例の為にも、極めて貴重な実録となるはずです。

ヤマケイ新書の第2回配本として緊急出版された「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編)です。

本書は緊急出版のため、その過半がインタビュー形式の文章で綴られています。また、信州大学の研究陣より寄せられた科学的考察と題される寄稿文(火山噴火、防災、高層気象)も、その時間的制約から実質的には既存の知見に基づく、テレビ等でおなじみの識者へのインタビューを採録したような形に近い書式を採っています(その中でも、今回の噴火が防災上予想されていた範囲であった点はきちんと理解すべきですし、前兆現象が把握されていた中で今回のような被害が防げなかった防災学、減災の限界を直視させられます)。

それだけに、本書は読書を楽しむものでも、読むことによって知的好奇心を満たすための本でもありません。

前述のように、情報と記憶が風化する前に、当事者たちの声を採録し、それを記録することを最優先とした実録と考えたい一冊です。従って、インタビューのフォーマットはほぼ全て揃えられており、遭遇者の心境や現在の境遇を綴る事よりも、実際に起きた事の時系列性や当時の装備、登山経験といった遭遇者のバックボーン、そして避難や救助の状況描写に力点を置いている点からも、極めて記録性を重視した内容となっているといえます。

その上で、多くの遭遇者が「もっとしてあげられる事があった筈」と心境を述べていた事に配慮したのでしょうか、巻末には特別編として災害リスク心理学を専門とする研究者による「サバイバーズ・ギルト」という、聞きなれない言葉を用いた、所謂「生き残り」に対する後悔の念を持たれる方に対する、心理学的な配慮に関する見解が述べられていきます。

本書は、普通の新書本の新刊とは一線を画す一冊。同時に発売された今月号の「山と渓谷」の特集記事と併せて、山岳を愛好するすべての方々への、山に登るという事の極めて危険な一側面を改めて知って頂く事と共に、辛くも生還された方々の貴重な声を正しく記録しておくことを目指した本。あの日、あの時に起きた事を正確に理解し、次に山を目指す人々へ語り継ぐために。

<参考として>

本書の前に刊行されたもう一冊の緊急出版物である「緊急報道写真集2014.9.27 御嶽山噴火」と、数少ない火山としての御嶽山を単独で扱った書籍、今回の噴火に際して迅速な再版が行われた「御嶽山 静かなる活火山」(木股文昭著)。いずれも地元の信濃毎日新聞社刊も併せてご覧頂ければと思います(写真は2010年の初版本で、書店で確認したところ、再販本とは帯と掲載写真が異なっています)。

御嶽山関連書籍

今月の読本「山の仕事、山の暮らし」(高桑信一 ヤマケイ文庫)哀惜の先はきっと今に続くと信じて

今月の読本「山の仕事、山の暮らし」(高桑信一 ヤマケイ文庫)哀惜の先はきっと今に続くと信じて

最近の文庫ブーム。各社から趣向を凝らしたシリーズが刊行されていますが、その中には「名著復刊」を標榜した文庫シリーズも見受けられます。王道ですと講談社学術文庫はこのスタイルを長らく続けており、既に手に取ることの出来なくなってしまった名著を手軽に楽しめるシリーズとして根強い人気がありますし、最近では文春がこれに追随する動きを見せていますね(文春学芸ライブラリー)。

そんな中で、異色の文庫シリーズを展開しているのが、現在はインプレスグループ傘下に収まっている山と渓谷社が刊行を開始した「ヤマケイ文庫」です。山と渓谷が得意とするネイチャー系の刊行物が揃いつつあるシリーズですが、収蔵される原著が山と渓谷社の刊行物や雑誌連載の記事に留まらないのがポイント。版元の関係で大手の文庫シリーズには収蔵され得ない、中小の専門書籍を扱う版元から刊行された作品や雑誌連載の単行本化作品などの再販が絶望的で、大規模な書店の棚でも探すのは極めて困難なこれらの刊行物(釣り具屋とか、アウトドア商品のお店にあったりするんですよね、意外と)を、文庫として改めて楽しめるようにしてくれている、ちょっと嬉しいシリーズです。

ヤマケイ文庫ラインナップ

文庫の帯にあります、現在の刊行ラインナップです。なかなか興味深いラインナップが揃っていて、選ぶのにちょっと困ってしまうくらいです。この中で「山でクマに会う方法」「空飛ぶ山岳救助隊」(この2冊はお勧めです!)「日本の分水嶺」は既読です。できれば、海関係の本も混ぜてほしいなあ…。

そんな貴重なラインナップを有するヤマケイ文庫の中でも、高い人気を誇る(2013年3月刊行で、現在既に4版。この手の文庫本で重版が出ること自体稀な筈)一冊が、今回ご紹介する本です。

山の仕事、山の暮らし

山の仕事、山の暮らし」(高桑信一 ヤマケイ文庫)です。

著者の高桑信一氏は、山岳関係や渓流釣りのライター、写真家として極めて著名な方で、多数の雑誌連載や、書籍の執筆をなさっています。本書もそのような中で、釣り人社の別冊雑誌「渓流」に連載されていた記事を単行本化した作品を元にしています。

釣り雑誌、特に渓流関係の釣りを扱う雑誌と、このような山仕事をテーマにした記事は極めて相性が良いようで、逆のパターンで「山と渓谷」に連載されていた、渓流を舞台に職業として漁を行う山の人々をテーマに取材した連載を単行本化した「職漁師伝」(戸門秀雄 農文協)といった本もあります。

本書も、そのような類書同様、失われつつある(本書の連載は1993年から2002年)山で暮らす人々の営みを、その職業、作業を通じて叙述することを目的としています。また、取材されている場所は著者の活動フィールドである東日本、それも群馬、新潟、福島から東北にかけての一帯にほぼ限定されていますので、所謂照葉樹林文化との関連を期待されて読むと、少々戸惑ってしまうかもしれません。東日本に在住の方、もしくは現時点で最も山暮らしの文化が色濃く残っていると思われる、深い降雪と、四季の営みを明確に見せる、北関東から南東北地方の山暮らしの風物に興味を持たれている方に向けられて書かれていると考えてよいかもしれません。

そして、書かれている内容は、あとがきで述べられるように、滅びゆく山棲みの人々を描き留めることを目的としていたため、多くは哀惜の筆致に包まれています。著者が述べるように、本書で取り上げられた人物、そしてその山での営みの殆どは既に今日では失われてしまっているかもしれません。そのような捉え方をすると、本書は著者のいうところの最後の姿を残すための哀愁のこもった記録集になってしまうのかもしれません。只見のゼンマイ採り、行き止まりの湿原を前にした峠の茶屋。足尾のシカ撃ちに桧枝岐の山椒魚採り…。継承者もいない、僅かに残ったこれらの山仕事の最後の日々を伝える話が綴られていくと、寂寥の感すらしてくることは、致し方ない事だと思いますし、読んでいて少々辛くなってしまいます。

でも、本書の魅力、そしてこれほどまでに重版を重ねている理由は、著者があとがきで述べているような、これら「哀惜への共感」なのでしょうか。いえ、くそ生意気にも、それは違う、と断言させて頂きたいと思います。

確かに、本書の前半で取り上げられた人々の暮らしはもう既に残っていないかもしれません。しかしながら、中盤以降(奥利根の山守り)辺りからの取材記は、当時であっても現在進行形の物語。山を舞台に、これからも生きていこうという人々の物語が綴られていきます。山を垂直に利用することで四季を追った養蜂を成り立たせる養蜂家、会社に自ら持ち込んだ炭焼きの技術をサラリーマン引退後に自ら引き取って続ける決心をした山を暮らしの場とするサラリーマン、要救助者が減った今日でも救助の最前線で指揮を執る隊長。

更に後半では、著者よりも若い世代で山で住むことを決心した人たちと、彼らに伝承を与える人々を追った取材記が続きます。そこには、ノスタルジーで閉鎖的と思われる山村風景だけに留まらず、山岳ガイドを兼ねる気鋭のアルピニストや、若い山小屋の守り人、首都圏に向けて積極的に出荷する花卉園芸家などの取材を通して、山暮らしというのは、実は昔から平地に住んでいる人との繋がり(経済的交流を含む)なしには成り立たないことを暗示させていきます。特に、最後の章で登場する秩父の天然氷は、今や夏冬両方の風物詩としてTVで毎年のように取り上げられるようになりました。

本書の続編として、少し標高を下げて山里に暮らす人々への取材を纏めた「希望の里暮らし」が上梓されたのも、本書が決してノスタルジーだけではない、その先に新たな暮らしを求め、見つめている人々たちへの著者の温かく、そして希望を込めた眼差しがあったからこそではないでしょうか。

本書は前述のように、読み始めはかなり重たい雰囲気が漂うため、決して読んでいて気持ちが良いものではありません。しかし、後半にかけて登場してくる人々の輝きは、山に抱かれて生きていく事にノスタルジーも、一方的に否定もする必要はないと思わせるだけの説得力を持って訴えかけてきます。著者がいみじくも述べているように、売り出された田舎の中古物件はそれらに対する憧れの残滓なのかもしれません。でも、その残滓を乗り越えてでも移り住む人々が止まない事自体に、そして彼らが本書を見つめる脳裏には、本書が秘めているもう一つの魅力がはっきりと映し出されているのではないかと感じているのです。

そこには彼らが望む「本当の暮らし」に対する直視すべき非情な厳しさと、決して消えることのない、僅かばかりに続く、希望の道程が。

<おまけ>

本書と併せて読みたい一冊。入手性に難があるのですが、本書にご興味のある方であればきっと興味深く楽しめると思います

その他、本ページでご紹介している、本書のテーマに関する書籍を

 

二冊のサケ類ガイドブック「サケ学大全」(帰山・永田・中川 編著 北海道大学出版会)と「サケマス・イワナのわかる本」(井田齋・奥山文弥 山と渓谷社)

お魚が好きなくせに山奥に立て籠もって暮らしていると、時として無性にお魚の本が読みたくなってしまいます。

そんな訳でこれまでも何冊もお魚関係の本をご紹介してまいりましたが、今回はちょっと山奥にも関係ある「サケ類」をテーマにした本を2冊セットでご紹介です。

サケ学大全まず一冊目は北海道大学出版会より刊行された「サケ学大全」(帰山雅秀・永田光博・中川大介 編著)です。

版元から察するとかなり堅めの研究関係の書物に感じますが、さにあらず。第一線の魚類学者から道内の水産関連の研究、実務担当者、NPO関係者、地場の水産会社役員に村上の喜っ川 、教育者に画家…とまあ多士済々の皆様が執筆されたラインナップが全部で55テーマも揃う正に「サケをテーマにした一大テーマパーク」的な研究紀要andエッセイ集といった書籍です。

テーマが余りにも膨大なため、各テーマの掲載ページは数ページから多くても10ページほど、一応、第Ⅰ部であるサケの生物学については研究紀要的な内容で固められており、サケ類の最先端の研究成果がふんだんに盛り込まれていますが、第Ⅱ部のサケの産業科学に行くと、ふ化事業や水産加工など具体例が徐々に増えてきて、業界紙のコラムのような体裁に変わります。

第Ⅲ部のサケの社会科学にはいると、もう体裁も内容もテーマごとにばらばらで収拾不能…といった感じで、以前紹介した「ウナギの博物誌」のようなテーマ間のバランス調整も殆ど行われていないため、一気に読むにはあまり向いておらず、どちらかというと気に入ったテーマを拾い読みしてく感じの編集スタイルになっています(編集スタイルとしてはウナギの博物誌のページで関連書籍として紹介した「新鮮イカ学」に近いかもしれません)。

とはいえ、北海道、そして東日本のを代表する魚類であるサケ類のすべてをこの一冊に集結させた北海道大学出版会と編者の皆様の多大なるご努力に敬意を表したいと思います。

特に北大の研究者の皆様が多数執筆される第Ⅰ部には環境保護をテーマにした話題では良く取り上げられる割には根拠となるモデル、データがあまり紹介されないヒグマを含めた連環のデータや巨視的な生態系モデル例など括目すべき内容がそこかしこにちりばめられていて、目から鱗が落ちる思いになります。

また、皆さんご興味があるであろう母川回遊に関する最新の研究成果や、放流魚と自然遡上魚のバランスシートといったかなりナーバスなテーマも語られています。

後半の方には今注目されている遺伝操作による養殖サーモン類(信州サーモンもすっかり有名になりました)に関するテーマも設定されていて、最近のトレンドを理解するためにも非常に有用です。

また、第Ⅱ部に関しても実際の事業に携わられていらっしゃる皆様のコメントには説得力があり、実は放流事業における回遊率成否には放流する側の上手い・下手が色濃く影響するなどという爆弾発言的なコメントも載せられていて、ちょっとびっくりしてしまいます。

とにかく、サケ類大好き、サケに関するいろいろなテーマを観てみたいという方にはピッタリな一冊かと思います。

サケマス・イワナのわかる本そしてもう一冊、帯の一文で威圧されてしまう「魚に半生を捧げた師弟」である北里大学名誉教授で魚類分類学者である井田齋先生と、お魚ジャーナリストの奥山文弥氏という魚類学とフィールドワークのコラボレーションを存分に楽しめる、山と渓谷社より刊行された「サケマス・イワナのわかる本」(井田齋+奥山文弥)です。

前に紹介した「サケ学大全」が北大出版会刊行なのでより学術的な内容に見えますが、全く逆でこちらの本の方が余程学術的(所謂魚類分類学)な記述に優れます。

こう書いてしまうともの凄く固い本のように思われてしまいますが、そこは山と渓谷社の刊行物です。帯には「入門書」と硬めの表現をされていますが、奥山氏の豊富なフィールドワークによってもたらされた美しい写真と井田先生の丁寧な解説文章、多くのアングラーの協力によって得られた貴重な写真を織り交ぜた美しい「サケ・マス・イワナ類写真図鑑」としても出色の一冊です。

サケ類が好きな方なら美しい写真を眺めているだけで幸せになってしまう事受け合い、更に降海/陸封型を分けた形でほぼ全種についての解説が写真以外に50ページと、これだけで数1000円クラスのちょっとしたガイドブックが出来てしまう豪華さです。

更には特徴的な生態、海外(所謂銀鮭ですね)を含む養殖魚たちについての紹介もカラー写真/文章を駆使して豊富に掲載されており、「入門書」なんてわざわざ書かなくても「決定版」でいいじゃないですかと、声を大にして言ってしまいたくなります。

就寝前のほんの一瞬、一日の疲れを癒したい時にぱらぱらとめくりながら、かれらの生きざまにほんの少し思いを馳せる…そんな密かな楽しみとしていつも枕元に置いています。

決して、著者たちのように「脂鰭」に魂を捧げたわけではありませんが…

<おまけ>

今月の読本「ニッポンの山里」(池内紀 山と渓谷社)

今月の読本「ニッポンの山里」(池内紀 山と渓谷社)

今回から読書のタイトルも様子を見ながらこちらに移動してみる。

一回目は「ニッポンの山里」(池内 紀著、山と渓谷社)

ニッポンの山里表紙

ドイツ文学者が語る、日本の山里の風景という一風変わった内容の一冊。

版元からして山と渓谷社なので、ちょっとした期待を持ちながら読んでみる。

表題にあるように甲信近郊の山村を中心に30カ所の山里を巡ったエッセイ集(雑誌連載記事らしい)。いずれも10ページ程度の本文に直筆の小さなイラストが添えられている。

いずれの章も始めに地名の興味から入り、山里へのアプローチ、その地勢と土着に関する考察、山里特有の食に関する話へと誘う、正確なパターンを刻んでいる点は流石に学者の筆遣い。

要所にひねりも洒脱もあるが、比較的淡々とした筆致で進み、特別なドラマが起こるわけではないので、里山の風物に興味がないとちょっと退屈する内容かも知れない。

ただし、着目点は流石で、何故そこに住み着いたのか、道や家、棚田が伸びる方向の訳を述べ挙げた上で「今と昔では住みやすさの基準が異なる」と述べる。

すなわち自給自足、もしくは足りない物を購入するに充分な換金収穫物が得られる、日当たりの良い、水の便がある土地であれば住みやすい土地となる事を各章で丹念に述べていく。

「二本の足、馬と人が通れる幅の道」これだけあれば人々は縦横無尽に山里を結び、物資を運び、情報を伝え合ってきた。車社会の現代とは違う観点のネットワークと住環境があったことを繰り返し述べていく。

筆者は決して現代の利便性を否定していないし、変化に対応していく山里の今をも捉えて伝えている。しかしながら、そこにはある種のオマージュを感じさせる寂しさも隠さず述べられている点が心打たれる。

私自身は勝手知ったる信州/甲州/上州の山里が次々と紹介されているので、とても楽しく読むことが出来たが、一方で「地勢」への着目が全然なっていないと反省させられる一冊でもあった。

もし、今度山里を訪れる事があれば、筆者のように、その成り立ちに思いを馳せて頂けるとより一層楽しめるかもしれませんね。

<おまけ>

  • 中表紙にちょっとした「仕掛け」が施されています。是非実物を手に取ってご覧ください
  • 最近の本にしては極めて珍しくしおり糸が織り込まれています(しかも鮮やかな緑色)。山と渓谷社様の気合いが伺われる、ちょっとうれしい装丁です