天正壬午の乱対峙の地は静かな農村公園として(須玉の若神子城跡)

天正壬午の乱対峙の地は静かな農村公園として(須玉の若神子城跡)

引き続き好調な視聴率をマークし続けている今年の大河ドラマ、真田丸。

韮崎の新府城からスタートした物語は、東信、吾妻、沼田、そして川中島と北へ東へと歩みを進めてきましたが、ここで再び南に転じて、北から南を目指す北条氏と南から北上を図る徳川氏が甲斐、南信濃で激突する、天正壬午の乱に突入していきます。

このシリーズでたぶん山梨が舞台になるのは最後?(いや、実際には諏訪辺りでの話までで終わってしまうかも)かもしれませんので、ここで両者が対峙した七里岩の東の縁、前回ご紹介した新府城に布陣した徳川家康に対して北条氏直が布陣した若神子城跡をご紹介します。

IMG20160306141645まず、この若神子城跡、入口が非常に判り辛い、須玉から国道141号線を暫く北上して、長坂方面に上がっていく県道28号線(北杜八ヶ岳公園線)の西川橋西詰交差点からヘアピンカーブを数回重ねた後、突如左に見えてくる「ふるさと公園」の看板が入口です。

IMG20160306145154クルマの入口の手前に、人が入れる入口もあるのですが、入口を示す杭が汚れきっているので、気が付く方は殆どいないでしょう。

IMG20160306145248そのまま登っていくと、入口に繋がっていますが、本来はこの石垣の左側に虎口の跡があるらしいのですが、把握する事は出来ません。

IMG2016030614181510台ほどの車が止められるスペースが用意されている入口。

うらぶれた公園といった感じで、城跡の雰囲気は感じられません。

IMG20160306145057城跡全体がふるさと公園という名称の公園として整備されています。

若神子城跡解説板解説板のアップ、画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます。

IMG20160306144853駐車場横の斜面側。枯葉がびっしりと埋まっている部分に溝が切られており、フェンスの向こうの斜面との間に一段、段差が設けられている事が判ります(足を取られて、危うく捻挫しそうになりました)。右手の畝との組み合わせて、搦め手を構成していたと考えられています。

IMG20160306153304若神子城跡の解説板です。

何故か、烽火台について積極的に訴えようとしている文面が気に掛かります。

IMG20160306144304ゲートボール場として整備された跡を進んでいくと、煉瓦敷きの広い広場に出て来ます。

此処が主郭のように見えますが、残念ながら違うようです。

生け垣の向こうに少し小高くなった畝の跡のような地形が見えます。

IMG20160306144355正面の生け垣、左側の中にあるのがこの城跡でほぼ唯一の痕跡、薬研堀の跡とみられる遺構です。

三連の畝が見えています。芝生になっているので、夏場になれば、美しい凹凸が認められるようになる筈です。

IMG20160306144204右側の生け垣も薬研堀の跡らしいのですが、こちらには石で丸く囲った跡が残っています。

IMG20160306144432薬研堀の解説板です。

北条氏が陣を構えた場所、しかも北条流築城術の流れを汲む遺構の可能性が高いのに、何故か解説板には他の城での徳川家康と武田家遺臣活躍の話題が書かれています。

IMG20160306142435気を取り直して、もう一つの看板へ。

こちらも「烽火」をテーマにしたい想いが充満しています。

あ、素直なスマホをお持ちの方は、右のマップからQRコードで北杜市内各地の山城、城郭跡解説を見る事が出来ますよ(たぶん)。

IMG20160306142549と、いう訳で、復元された教育用に設けられた摸擬烽火台。

足元には須玉の街並みと、遠くには茅ヶ岳の美しい裾野を望む事が出来ます。

IMG20160306142807摸擬烽火台から主郭に向かう小路。

道を横切り、切り取るように溝が左右から伸びているのが判ります。

IMG20160306144005主郭から西側を望みますが、眺望が取れません。

木立の向こうに見える木々との間に、もう一つ谷筋が伸びていて、この主郭が両方の谷に囲まれて搦め手から伸びている事が判ります。

IMG20160306142915主郭にある解説板。文面は正面にあった看板と同じで、此処でも烽火の話が出て来ます。

IMG20160306143108主郭からは、谷筋に向かって急に道が下っていきます。

一応、通行に邪魔になる木は伐採されていますが、足元はかなり悪いです。

IMG20160306143157ずりずりと足場の悪い道を下がっていくと、小さな休憩所の先に大きな岩が見えてきます。

IMG20160306143524大手の虎口と見られる、宿借石と呼ばれる石が門型に構えています。

小路はこの石を潜るように寄せ手側に下っていきます。

IMG20160306143731寄せ手側から望む、宿借石に上る通路。

麓側の入口から宿借石迄は坂は急ですが、比較的整備された遊歩道になっています。

IMG20160306145507山城跡というより、地元高齢者向けの施設であったり、山梨県在住者に向けた学習施設としての側面が強い若神子城跡。

上着を着ていなくても少し気分が悪くなるくらい暖かな日曜の午後。時折雨が降る、誰もいない山中を巡りながらふと目をやると、入口側の畑の先には既に満開の花が。

この山間の土地を離れて、大阪に向かって進んでいく物語の中で、武田の事は残っても甲斐はすっかり忘れ去られていく事でしょうが、それでもこの地には確実に春が近づいて来ているようです。

 

猛暑の午後は縄文から中世までの歴史を一括りに(北杜市考古資料館)

猛暑の午後は縄文から中世までの歴史を一括りに(北杜市考古資料館)

猛暑が続く八ヶ岳南麓。

日曜日の今日も厳しい暑さが続きます。

外での作業に躊躇してしまう午後のひと時。ちょっと涼しい所に逃げ込んでしまいました。

北杜市考古資料館外観旧大泉村の役場から少し下がった場所にある谷戸城跡。

桜の名所でもある谷戸城跡。その大手正面に建つのが、こちらの北杜市考古資料館。同じ市内長坂町の清春芸術村にある北杜市郷土資料館(旧長坂町郷土資料館)の分館扱いとして設立された、国史跡である谷戸城と二つの縄文遺跡(梅乃木、金生の両遺跡)のに関する発掘成果や市内の発掘物の展示に特化した、小さな博物館です。

北杜市考古資料館のエントランス土器平成16年に竣工した新しく綺麗な建物の内部は、木をふんだんに使った吹き抜けのエントランスから直接2階の展示室に上がっていくという、最近では良くあるレイアウト。

エントランスの左右や裏側には、豊富な発掘成果を誇るように、台の上やガラスケースに多くの縄文土器が並べられています。

北杜市考古資料館2階通路の土器2階の展示室に向かう通路にもたくさんの縄文土器や石器が。

北杜市考古資料館2階通路の水煙渦巻文土器八ヶ岳山麓の縄文遺跡ではおなじみ、素晴らしい造形の水煙渦巻文土器もあります。

北杜市考古資料館第一展示室全景展示室に入る前に既にお腹いっぱいですが、通路を抜けると、金生遺跡のジオラマを中央に置いたメインの第一展示室に到着です。

北杜市考古資料館の縄文土器壁際にはセミオープンで出土した土器が並べられています。

このような土器の雰囲気を直に味わえる展示方法は、釈迦堂、そして尖石でもお馴染みです。

北杜市考古資料館の復元環状列石センターのジオラマの向こうには、遺跡のパノラマ写真と復元された環状列石が迎えてくれます。

正に八ヶ岳を正面にした遺跡。八ヶ岳への信仰心すら窺える展示内容です。

北杜市考古資料館の粘土耳飾りそして、こちらの展示物で珍しいのが装飾品。

中でも出色なのは粘土で出来た耳飾りと考えられている出土品。

細かな細工が施されているのが判るでしょうか。

北杜市考古資料館の中空土偶1そして、この資料館を代表する展示物の一つ目。金生遺跡から発掘された珍しい中空土偶。

北杜市考古資料館の中空土偶2まるでタコの口のような尖った口を持った中空土偶。最近人気急上昇中らしいのですが…如何でしょうか。

北杜市考古資料館の顔面把手付深鉢1更にもう一つ、お隣の津金(須玉町、御所前遺跡)で出土した、こちらの資料館が誇る縄文期随一の造形を魅せる、顔面把手付土器。

出産を表すと考えられる、観る者に強い印象を与える土器です。

北杜市考古資料館の顔面把手付深鉢2こちらの土器、背面にも注目しましょう。顔面の裏側にも施された造形と、表面と対になるように、土器本体には顔が描かれています。そのデザインの本当の理由は判らないのですが、豊かな想像力を感じさせる逸品です。

北杜市考古資料館第二展示室八ヶ岳山麓にある他の考古館であれば、ここでおしまい(or別館へ)。

ですが、こちらの資料館は小粒ながらも旧石器時代から中世までのロングスパンで出土物の展示を取り揃えています。こちらは弥生時代から平安時代にかけての出土物を展示している第二展示室。

正面には、発掘された古墳の石室の様子が描かれたタペストリーが掲げられています。

北杜市考古資料館の三口台付壺こちらも珍しい出土物。弥生時代の刀剣と古墳時代の奇妙な形をした土器。

八ヶ岳西麓の縄文遺跡が一旦は人の生活跡を失う一方で、この地にはその後も人が住み続けた証拠の数々。

北杜市考古資料館の谷戸城跡ジオラマそして、1階のフロアーに降りていくと、この資料館が立つ谷戸城の解説と中世の八ヶ岳南麓に誘われていきます。

北杜市考古資料館の指銭と経筒珍しい出土品(差金や経筒)も見える、中世の八ヶ岳南麓。既に相応の実力を有した武家が育っていたであろうこの地から、のちの武田一族が飛躍することになります。

北杜市考古資料館の天正壬午の戦い解説パネルこの資料館の最後は、谷戸城の発掘成果の解説と、こちらを舞台に展開される、武田一族が滅亡した後の北条、そして徳川の騒乱である天正壬午の戦いに関する説明ボード。この戦いの結果、秀吉時代の僅かな期間を除き、明治まで続くこの地の支配体制が確立。八ヶ岳南麓の歴史は考古史から郷土史へと移っていきます。

谷戸城跡大手口資料館の裏側は谷戸城の大手口に繋がっています。桜の木に覆われた小さな丘は綺麗に整備され、周囲に巡らされた堀や土塁を観察しながら中世城郭の跡を散策する事が出来ます。

金生遺跡全景谷戸城跡から車でほんの数分(谷戸城の搦め手を下り、水田の中を抜ける、丁度いい散策コースなのですが…季節を選べば)。

水田の中に浮かぶように存在する公園に金生遺跡があります。

綺麗に整備された遺跡の跡からは、発掘当時の様子を窺う事は困難ですが、この地に繁栄した縄文文化の中心地のひとつとして、出土物と共に現在にその想いを伝えてくれます。

北杜市考古資料館より望む夏の八ヶ岳資料館から望む夏の八ヶ岳。

八ヶ岳山麓にある縄文時代の発掘物を扱った博物館の中でも、綺麗で丁寧な展示が光る本館(但し、夏休み中の日曜日の午後にも拘らず独り占めって…春にはNHK(Eテレ)で採り上げられた筈なのに、これでいいのかなぁ)。

日が西に傾いて、漸く凌ぎ易くなった夕暮れまでしっかりとお邪魔させて頂きました。

北杜市考古資料館のパンフ類館内で配布しているパンフレットと有償のブックレット。なんで縄文史跡を観に行ったのに、山城なんだよ…というツッコミはご勘弁を。

<おまけ>

本ページでご紹介した内容に関連するページを。