秋色に輝く森の中へ(野辺山から川上村)2018.10.22~28

10月も終盤戦になって、漸く天候が安定してきた先週。

すっきりと晴れ渡った朝。

甲斐駒を望む圃場も晩秋の装いです(2018.10.22)。

初冠雪の便りが寄せられた南アルプスの山々。

少し暖かくなった雨上がりの朝、色付く山並みの上空に雲が舞い上がります(2018.10.24)。

麓近くの山裾まで赤銅色に染まり始めた朝の八ヶ岳。

八ヶ岳山麓の紅葉も終盤戦、山里の紅葉が始まります(2018.10.25)。

雨上がりの日曜日の朝。

ひんやりとして乾いた風が吹き抜ける野辺山の牧草地の向こうに延びる、八ヶ岳の山並み。

落葉松色に染まる山裾を纏う姿を望めるのもこのシーズンだけです。

雲一つない青空と、すっかり葉を落とした主峰、赤岳の山頂部。そして落葉松色に染まる山裾、乾いた牧草地の緑。秋のグラデーション。

11月に入ると降雪もある野辺山の高原地帯。

最後の収穫を待つ高原野菜の畑越しに秋色深まる八ヶ岳を。

高原地帯をぐるっと廻って千曲川沿いに降りた先に伸びる小海線。

高原地帯を進むように思われる小海線ですが、野辺山を越えると一気に谷筋へ。佐久広瀬駅の付近では紅葉する木々に囲まれた溪谷に添って進みます。

山裾に落葉松林を纏う男山。

今年の落葉松の黄葉は少し遅れ気味、猛暑の影響が此処にも見えているようです。

男山の懐、峠越えの道へと入っていきます。

まだ浅い落葉松の黄葉から光が差し込む明るい林冠。

標高を上げていくと、森の中は鮮やかな黄色に彩られていきます。

明るい落葉松林の中、落葉樹たちも彩に染まります。

森全体が黄金色に染まる昼下がり。

黄金色の光が差し込む。静かな峠越えの路。

峠が迫って来ると、木々が密集してきます。

カーブを曲がった先に広がる、黄金色のステージ。

頭上から降り注ぐ眩しい光に森全体が照らし出されます。

黄金色に染まる舞台の正面で、精一杯羽を伸ばす幼樹。金色の妖精が羽ばたく秋の昼下がり。

峠へと延びる、黄金色に彩られる道筋。

落葉樹たちの紅葉を通して映る日射し。

華やかな午後の森の中。誰に観られるためでもなく、次の春を迎える為、秋の眩しい日射しを受けて精いっぱい輝きます。

まだ緑が残る浅い落葉松の黄葉をバックに。

静かな森の中、彩に心弾ませる昼下がりのひと時。

峠を越えて、御所平の集落の中へ。

ここは千曲川の源流域。川沿いの鮮やかに色付いた山裾をバックに鳶が高く広がる秋の空を舞っていました。

振り返って、御所平側から男山を。西日を浴びて色付く広葉樹たちと、まだ色付き始めの落葉松のコントラスト。

ざっくりと山肌が落ち込んだ赤顔山。

天狗山の山裾は落葉松の黄葉で染め上げられています。

信州峠へ向けて標高を再び上げていくと、色付く山々をバックに収穫が進む高原野菜畑を通り過ぎます。

もう一段標高の高い、信州峠直下の畑は既に今年の収穫が終わったようです。

傾き始めた西日に照らされる落葉松に覆われた山々が落葉を始めるのはもうすぐ。山里はそろそろ冬支度が始まる頃を迎えました。

 

 

広告
暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

異例のルートを辿った台風が列島を東から西に抜けた後、更なる熱波がこの八ヶ岳南麓の高原も熱し続けています。

まだ涼しい朝。

眩しい圃場を照らす陽射しは厳しさを増し、南アルプスの上空には早くも雲が沸き立ち始めています(2018.7.31)。

暑さが続き、雨が少ない中でも、圃場の稲たちはぐんぐんと育っています。

朝の日射しの中で咲き始めた稲の花。秋の豊かな実りへと繋がる一瞬の輝きです(2018.8.1)。

八ヶ岳から高原の牧草地へ向けて広がる雲。

熱い夏空は、朝からダイナミックに移り変わっていきます。

男山をバックに眩しい陽射しを一杯に浴びて輝く高原野菜たち。暑さに備えて、各所でスプリンクラーが廻っています。

台地の上に拓かれた川上村の広大な圃場は農作業のピーク、朝からトラクターが忙しく走り回り、既に収穫の終わった圃場では秋に向けて、次の苗付けが始まっています(2018.8.3)。

野辺山でめったにない30℃を越えたという話が伝わってきた日曜日。

連日続く暑さ、でも空を見上げると、一面の鱗雲が広がっています。短い高原の夏空は、猛暑の中でも確実に次の季節へ移り変わる事を教えてくれます。

暑かった陽射しが西の空を埋める雲の中に沈むと、空に光芒が広がりました。

雲を焦がしながら西の空に沈んでいく暑い夏。

標高の高い高原は、日が暮れると気温が一気に下がり、遠雷が響き始めました。

暑さの続くこの夏、今週は再び台風の接近が予想される荒れた天候になりそうです。

 

落葉松色の川上村の朝(2017.11.5)

連休の最終日。

ぐっと冷え込んだ朝、八ヶ岳南麓は再び青空が広がりました。

ひんやりとした朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、シーズン最後の落葉松の黄葉を眺めに、再び八ヶ岳の東側、川上村へと向かいます。

八ヶ岳の東麓側は昨日の夕方に降った雪の影響でしょうか、山の周囲は雲に覆われています。

抜けるような青空の向こうに八ヶ岳を望む、川上村、信州峠の麓。

朝の日差しを浴びて、圃場の落葉松も輝きます。

山の向こうまで、落葉松色に染まっています。

山を埋め尽くす落葉松の群生林。圃場の脇に立つ木々は葉を落としていますが、最後に紅葉を迎える落葉松の黄葉は今がピーク。

朝の日差しを浴びて輝く圃場の向こうに広がる、女山と落葉松の群生林。

黄金色に染まる圃場の向こうに連なる落葉松の群生林。朝の日射しを受けて輝きを増しています。

撮影中の気温はカメラを持つ手がかじかんでくる4℃。日が昇って来ると、八ヶ岳の周囲を取り巻いていた雲も取れはじめました。

黄金色に輝く落葉松色の山並み。

谷筋を渡って八ヶ岳の裾野側に移動します。

男山を正面に望む高原野菜の圃場ではシーズン終わりの収穫真っ最中。トラクターと集荷のトラックが忙しく動き回っています。

収穫の終わった圃場では次のシーズンに向けて準備が進んでいます。

降雪時期以外は植え付けと収穫が繰り返し続く高原野菜の栽培。お休みを迎えるのは一年の間でも厳冬期のほんの僅かな間だけです。

川上大橋から望む、雲の晴れた八ヶ岳。八ヶ岳の稜線へ向かって伸びる谷筋の落葉松林も色付いています。ちょっとひんやり、でも日差しが暖かい、気持ちの良い晩秋の朝です。

陽射しを一杯に浴びて黄金色に輝く落葉松林。

殆どの落葉松林は人工林なのですが、美しく整備された落葉松林が日差しを受けて輝く姿は八ヶ岳の秋を象徴するシーン。人と自然が一緒になって作り出した美しさに感謝をしつつ。

 

 

落葉松色に染まる野辺山と川上村(2017.11.3)

秋も深まる11月。

10月の天気がウソみたいに晴れ渡った11月最初の連休。

山里の紅葉はもう終盤、シーズンの終わりを告げる落葉松を眺めに、八ヶ岳の東麓へ向かいます。

枯草が目立つ牧草地の先に望む八ヶ岳。

山裾をピークを迎えた落葉松の黄葉が飾ります。

シーズン最後の収穫を待つ高原野菜が広がる圃場の先に、落葉松林と八ヶ岳を望みます。

振り返ると綺麗に整備された圃場が広がる先に、全山が落葉松に覆われた山が正面に見えてきます。さあ、あの山の懐へと進んでいきましょう。

びっしりと落葉松色に染まる山並み。南牧村から長野県の南東端、川上村へと入っていきます。

谷底に点在する小さな集落、佐久広瀬。

千曲川沿いの山並みも落葉松色に染まります。

山の頂上から河原の岸辺まで、びっしりと落葉松に包まれています。

野辺山の圃場から遠望した山、男山の山裾までやって来ました。

山の頂上部は既に落葉、麓から繋がる山裾は見事な落葉松色に染まっています。

更に歩みを進めて、男山の懐の中へ。午後の陽射しを浴びて、落葉松林が輝き出します。

輝く落葉松。

午後の陽射しを浴びる落葉松の密集林は琥珀色に輝きます。

男山を越えて谷筋に入ると、再び千曲川に出逢います。

上流には落葉松にびっしりと覆われた秩父の山並みを望ます。

今越えてきた男山の裏側を、川上村の御所平側から。見事な紅葉を魅せる山並み。

谷筋を再び登って、信州峠の入口まで上がっていきます。

標高が上がって来ると、落葉松の木々も葉を落とし始めています。

周囲の山々も落葉松色に染まります。

信州峠側から望む、川上村の山々。

再び谷筋に降りて山並みを足元から望みます。赤顔山

天狗山。既に葉を落とした山頂部と、山裾の落葉松色のコントラストが、秋晴れの下に映えます。

川上村の中心部から遠望する八ヶ岳。

ほんの僅かに移動しただけで、普段と全く違う姿を見せてくれます。

再び八ヶ岳の裾野の上に戻ってきました。

西日を浴びる男山に向かって、落葉松林が伸びていきます。

すっかり早くなってきた夕暮れ。西日に染まる落葉松は鮮やかさを増していきます。

野辺山の電波望遠鏡の周囲も落葉松色に染まっています。高い秋の空には東に向けて雲が流れていきます。

 クリアーな秋晴れの夕方。

釣瓶落としの秋の夕暮れは足早に去っていきます。

久しぶりの良いお天気を満喫できた一日。今暫く、秋を満喫できそうです。

暑い立秋の午後(みずがき湖から信州峠へ)2016.8.7

立秋を迎えた週末。

本格的な夏らしい暑さとなる一方、漸く夕立からも解放されて、ここ数日は安定した天気が続いています。

ちょっと所用のため、韮崎に降りてみると、気温は34℃から36℃と、うだるような暑さ。早々に茅ヶ岳側に逃げ込んでみると、今度はひまわり畑へ向かわれる観光客の皆さんの大渋滞に巻き込まれて、ほうほうの体で逃げながら、更に北上してみます。

夏空のみずがき湖厚く広がる夏の雲の合間から光が差し込む、みずがき湖。

流石に、此処まで来ると観光客の方もまばらに。

それでも、名物のソフトクリームを片手に湖畔を散歩する方がちらほらと見受けられます。ここまで上がってきても気温28℃。谷に囲まれた湖畔は風もなく、かなり蒸し暑くなっていました。

夏の雲間に瑞牆山更に北上を続けると、右手に瑞牆山の威容が望めるようになります。

雲が多めながら、特徴的な山肌がはっきりと望む事が出来ます。所々に緑が見えているのが夏の瑞牆山らしい装い。

信州峠から川上村の高原野菜畑1ぐいぐいと峠道を上り詰めていくと、甲州から信州へと繋がる信州峠を越えていきます。

峠付近を覆う落葉松林を抜けていくと、視界は一気に開けて、一面に高原野菜の畑が広がります。

空も晴れ渡り、これまでの景色と一変する、別天地。川上村に入っていきます。

信州峠の高原野菜畑2川上村の高原野菜作りは夏場の今がピーク。

目の前に広がる広大な山裾に苗が植えつけられています。

気温は27℃とそれほど低くはありませんが、谷筋から吹き抜けていく涼しい風は、はっきりと高原に戻ってきたことを教えてくれます。

信州峠の高原野菜畑3青空の下に広がる、高原野菜の緑。

峠から村内に下っていく道には、トラクターがひっきりなしに行き交います。

僅かな夏のシーズンの陽射しを精いっぱい使って、夏野菜が育っていきます。

ひまわりと夕暮れ盛夏らしい、情熱的な夕暮れの空。

短い高原の夏は、今がピーク。夜になって虫の音が響き始めるお盆に入ると、日が暮れると急激に涼しくなっていきます。

 

唯、夏空(2015.8.2)

猛暑の日々。

地上に比べれば過ごしやすいとはいえ、流石に日差しは厳しく、太陽の眩しさは標高が高い分むしろ強いかもしれません。

夕立前の空そして、夕暮れになると連日訪れる夕立タイム。

時に瞬停を引き起こす、厄介な存在ですが、そのあと一気に気温が下がり夜が過ごしやすくなるのもまた事実。昨日のようにあまりに降り過ぎると、列車の運休や雹害といった災害を引き起こしてしまうのも困ったものです。

レタス畑と八ヶ岳

小海線が終日運休になるほどの大雨の後、一夜明けると再び眩しい日差しの夏空。

八ヶ岳を望む、一面に広がる高原野菜の上にも燦々と日差しが降り注ぎます(南牧村野辺山)。

沸き立つ雲と高原野菜の畑

今日も東の空には入道雲が沸き立っています。

夏の高原らしい一コマ。

P1040844a2

牧場の緑と夏空のコントラストが眩しいです。

信州峠から川上村を望んで

信州峠から川上村へ下る道沿い。

道の両脇は高原野菜で埋め尽くされています。

農作業を行うトラクターと出荷を急ぐ大型トラックがひっきりなしに通過していきます(川上村原)。

沸き立つ雲とレタス畑

暑く、乾いた風が吹き抜ける、峠に繋がる斜面から望む、夏空と入道雲、そして高原野菜の広がる景色。

(Lumix GMC-GM5 + LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/1300,f8.0,ISO200,-0.3EV,RAW現像)

周囲には、アミューズメント施設も、小奇麗なショップもないけれど、この風景こそ高原の夏。

高原の暑さのピークは、例年であればお盆の頃までとあと僅か。今暫くの夏の日差しを存分に感じて。

 

 

少し早い落葉松の黄葉を眺めに八ヶ岳東麓へ(川上村の佐久広瀬と男山を)

10月も最終盤。信州の各地では紅葉のピークを迎えています。紅葉のピークが過ぎると、信州の山々にはもう一つの秋の彩、落葉松の黄葉がやって来ます。

標高1000mを超える八ヶ岳の東麓は既に落葉松の黄葉も見頃。少し先取りして、野辺山方面から落葉松の黄葉を追って。

【各画像をクリックして頂くと、フルサイズでご覧いただけます】

野辺山から望む黄葉の八ヶ岳1野辺山の高原地帯に広がる牧草地から、八ヶ岳を望みます。

山裾は落葉松の黄葉で、すっかり色付いてきました。

野辺山から望む黄葉の八ヶ岳2編笠山と権現岳をアップで。

麓のサンメドーズスキー場も綺麗に黄葉が広がっています。

スキー場付近の八ヶ岳横断道路では、恒例の八ヶ岳ロードレースが開催中。

開催前にアップを行うランナーの方が、路上に溢れかえっていました。

野辺山から望む黄葉の八ヶ岳3主峰赤岳と、横岳を。

裾野の落葉松が美しい赤銅色を見せています。

標高の高い場所は、既に葉が落ち、山の地肌が見えるようになってきました。

野辺山の落葉松黄葉芝生の先に広がる、落葉松林。

この時期の野辺山界隈では、お天気さえ良ければどこでもこのような落葉松の黄葉を眺める事が出来ます。

佐久広瀬駅から望む男山野辺山から市場坂を下ってちょっと脇に入り込むと、川上村へ。

小さな峠を越えた先で、いきなり視界が開けてきます。遠くには、特徴的な男山の切り立った山容が遠望できます。

佐久広瀬駅と男山車を降りて、小道を千曲川の河原まで下ると、小海線のレールと、小さなプラットフォームが見えてきます。

秘境駅で名高い、佐久広瀬駅です。

千曲川の河原の向こうに、男山が聳えています。

佐久広瀬駅から望む男山2佐久広瀬駅前から望む、男山の紅葉。

佐久広瀬駅から望む渓谷の紅葉小海線は八ヶ岳の裾野を走る高原ラインといったイメージが強いのですが、市場坂の急坂を避けて川上村の中心部を廻りこんだ小海線は、佐久広瀬の付近から千曲川沿いの渓谷を抜けていきます。

渓谷沿いには綺麗な紅葉が広がっています。

佐久広瀬から望む黄葉する山並み周囲の山々も紅葉の真っ盛り。

色とりどりの装いを見せます。

川平から望む男山1佐久広瀬の駅から少し歩くと、川沿いに開けた場所にある小さな集落、川平集落に到着します。

隣の広瀬の集落が、まるで山裾にしがみつくように寄り添っているのに対して、こちらの川平集落は千曲川の瀬の部分。川沿いには水田も見る事が出来ます。

集落の正面から、黄葉した落葉松を従えた男山の威容に見下ろされます。

川平から望む男山2紅葉のピークを迎えた、男山の威容を。

川上村・埋沢大橋から望む天狗岳と男山男山をぐるっと廻りこんで、川上村の中心部へ。

村を見下ろす埋沢大橋から、綺麗に黄葉した男山と天狗岳のコンビを眺める事が出来ます。

川上村・埋沢大橋から望む男山の紅葉裏側から望む、男山の紅葉。

川上村から望む黄葉の女山1男山もあれば、もちろん女山もあります。

山裾にびっしりと黄葉する落葉松林を従える女山。

川上村から望む黄葉の女山こちらは優しい山並みが、懐深く広がる女山。

川上大橋から望む黄葉する男山川上大橋から望む男山の山並み。

遥か彼方まで、落葉松の黄葉が広がります。

川上大橋から望む渓谷の紅葉川上大橋の上流側を覗くと、川筋に伸びる日差しを浴びた紅葉が輝いています。

落葉松の黄葉と高原野菜遠く広がる落葉松林を望む高原野菜の畑。晴天のように見えますが、山の天気は変わりやすいもの。この時既に八ヶ岳は雲の中。

30分もすると、辺りはどんよりとした曇り空になってしまいました。

冬を迎えるまでの最後のひと時。落葉松の黄葉が終わればもう冬間近。この野菜が収穫される頃には、早くも八ヶ岳は雪化粧を始める事でしょう。