穏やかな初冬の午後に、奥蓼科・御射鹿池(2017.12.3)

少し風が強めながらも穏やかな天候が続く12月初めの週末。

取り立てて予定が無い午後、FMの受信状態の良くなる(杖突峠が中継局)八ヶ岳の西麓へ向けて車を走らせつつ山下達郎のラジオ特番→サンソン聴きながら、ふらりといつもの場所に立ち寄ります。

午後の優しい日差しを受ける、奥蓼科、御射鹿池。

普通、意気込んで来る場所なのかもしれませんが、殆ど地元のような場所なので…。

冬場になると、お天気が良くても湖畔を歩く観光客の方もほんの数人。華やかさは無いですが、静かで穏やかな、一年で一番良いシーズンかもしれません。

温泉由来ともいわれる、酸性の強い水が生み出す湖面の色は、酸性を好む苔の活動が低下するこの時期にはエメラルドグリーンに染まります。

御射鹿池の名物である、湖面への木々の映り込みは薄くなりますが、すっかり落葉した落葉松の木々とのコントラストも、また素敵なシーンです。

深い緑に染まる湖面に、湖畔の落葉松を添えて。

12月に入ると山の日暮れは早く、3時を前にして既に湖面は暗く沈み始めています。

本格的な冬が到来する前の、暖かな午後の一ページ。

 

広告

台風一過、初冠雪、そしてまた台風(2017.10.23~28)

超大型の台風が通過した今週の始め。山に囲まれたこの地では、強い雨が降った以外は大した影響もなく、台風が過ぎ去った後には青空が望めました。

台風の残していった強い風が吹く朝。

空へと巻き上げながら、大きな弧を描く雲が山並を渡ります。水に浸かった圃場が激しい雨が降り続いたことを教えてくれます(2017/10/23)。

そして、冷たい雨が降り続いた翌日の朝。周囲の山々は雪化粧を纏いました。

少し早い冬の到来を告げる、甲斐駒の初冠雪。

振り向くと、八ヶ岳の頂上も白く冠雪しています。

朝靄の中、少し車を西に走らせると、諏訪の盆地は雲海の中。

一気に標高を上げて美濃戸口近くまで上がって来ると、漸く雲海を抜け出しました。

遥か遠く、南アルプスの山並みが諏訪の盆地に落ち込む更に向こう側に、白く冠雪した木曾の山々が望めます。

雲海の向こう、塩嶺越しに望む、北アルプスの山々。

こちらも真っ白に雪化粧をしています。これから半年余り続く、長い冬の間に眺めつづける景色を少し先取りです。

雲海を抜けると、冠雪した八ヶ岳の山々を望む事が出来ました。

北八ヶ岳の蓼科山と横岳。

紅葉する木々の向こうに望む、冠雪した天狗岳。

朝の眩しい日差しをいっぱいに受けて呼吸する、主峰、赤岳。

麓に降りてくると、雲海はすっかり晴れて、雪渓を戴き、落葉松色に染まる山裾を曳く八ヶ岳が望む事が出来ました(2017/10/26)。

そして、再び台風の襲来が予報される中、少し暖かい雨が降る週末。

山の上はすっかり次の季節に移り変わった事を実感させる、雪渓が育ち始めた、南アルプス、鳳凰三山。

小雨模様の中、雲間から望む甲斐駒も、深い雪渓を刻み始めています。

天候が悪いので山に入る事も叶わず。何時もの場所へ。今日も霧に包まれています。

小雨が降る中、深い彩に変わり始めた奥蓼科、御射鹿池。沢山の観光客の皆様がお越しになっています。

湖畔を次々に流れていく霧。

紅葉する木々を白く覆っていきます。

霧が通り過ぎると、鮮やかな深い彩の紅葉の森が水辺の向こうに広がります。

本降りの雨が湖面を叩くようになってきた午後、これから再び台風の到来を迎える八ヶ岳の山中は、静かに秋の深まりを濃くしていきます。

霧の湖畔(2017.10.21)

台風の接近が伝えられる週末。

お天気が悪い日々が続く中ですが、山の紅葉は着実に進んでいます。

久しぶりに晴れた朝、雲が漸く晴れた八ヶ岳は色付きが一気に濃くなり、晩秋の装いに移ろってきました(10/18)。

小雨が混じる中、何時もの場所へ。

彩がピークを迎えた、奥蓼科、御射鹿池。既に白樺は落葉に入っています。

風もなく、少し蒸すくらいに暖かい昼下がり。

湖面に紅葉が映り込んでいます。

周囲の落葉松の色あいもぐっと濃くなってきました(ここだけトリミング済み)。

湖面に映る紅葉の彩。

湖畔には、駐車場の整備効果でしょうか、今までに経験したことが無い程の多くの方が、お越しになっています。大型車駐車場からバスが溢れて、路上にバスが数珠繋ぎになる驚きの風景。ちょっとしたアミューズメントパークの様相。

正午を過ぎると、山頂から低く垂れこめていた雲が、池の周りまで下ってきました。霧に包まれる湖面。

あっという間に湖面一杯に霧が立ち込めてきます。紅葉する木々が霧の向こうに沈んでいきます。

ミルクポッドの中に沈む御射鹿池。幻想的な湖畔は、台風の余波を受けた雨模様に移り変わっていきました。

霧に沈む秋色(2017.10.15)

好天だった日々から一転、週末にかけて天候が崩れてしまいました。

秋雨前線の影響と云われていますが、既に外は深まる秋の景色。

刻々と彩を変える秋の景色を求めて、降りしきる雨の中、再び山へと足を向けます。

すっかり色付いてい来た小海の白樺林。こんな天候ですが、登山客の方を乗せた白駒池に登っていくシャトルバスが、目の前を通り過ぎていきました。

山から霧が下ってきた八千穂レイク。

この時期、ピークを迎えた紅葉を愛でつつ竿を振る釣り人が集まる湖畔も、今日はひっそりと静まり返っています。

湖畔に広がる白樺林もすっかり色が濃くなってきました。

雨の白樺林の中、しっとりとした赤い葉を魅せる紅葉。

白樺林の中を覗き込むと、雨に濡れた紅葉が彩を増しています。

ピークを迎えた白樺の紅葉。モミジの赤い紅葉がアクセントを与えてくれます。

撮影を続けていると、白樺林にも徐々に霧が降りてきました。

霧に沈み始める白樺林。

昼下がりの時間にも拘わらず、霧で真っ白に染められた白樺林は薄暗くなってきます。

霧に溶け込む紅葉した白樺の木。

冷たい雨が降りしきる白樺林は、霧の中に静かに沈んでいきます。

八千穂高原を更に登って麦草峠を越える頃には気温は5℃、地上とは全く違う世界が広がっています。

八ヶ岳を東側から西側に抜けて、何時もの場所。山から繰り返し霧が降りてくる、午後の奥蓼科、御射鹿池へ。

湖畔の彩も深くなってきました。

白樺の紅葉は今がピーク、そろそろ落葉松の色付きが始める頃です。

撮影している間にも、霧が山から迫ってきます。

湖畔の彩も、一週間前と比べると深みを増してきています。

霧に包まれる御射鹿池。今日もたくさんの観光客の方がお見えになっていました。

天気予報では、あまり優れない空模様が続く予報となっている今週。

霧と雨の中で秋の彩を探しながら。

 

暖かな秋の朝に、奥蓼科(2017.10.9)

初秋を思わせるほどに少し暑くなった連休二日目。

随分遅くに床に就いたのですが、暖かさに目が覚めた早朝。

お休みなので二度寝もいいのですが、折角だからと、夜明けを前に車を西に走らせます。

日の出直前に到着した、奥蓼科、御射鹿池。

霧が降りてきて、朝露に濡れた遊歩道を歩くと、静かな湖面に映る紅葉した木々が見えてきます。

連休で昼間は連日大賑わいの筈ですが、流石に日の出前ともなると多少は観光客方も少なく(その代わり、三脚の放列が並ぶのですが)、静かに眺める事が出来ます。

周囲の木々は既に紅葉に入っていますが、まだ中盤戦。落葉松の黄葉は緑を残す一方、黄色い白樺と赤いツタウルシはまだ鮮やかな色を保っています。湖畔が一番彩に溢れる頃合いです。

朝霧の中に彩を増しつつある、御射鹿池の紅葉。

昨年から湖畔に降りる事が出来なくなった御射鹿池。

今年からは、広々と綺麗に整備された駐車場から繋がる、湖岸の遊歩道から静かな湖面を眺める事になります。

時刻は6時。霧が晴れて、湖面にも光が差し込み始めました。

周囲の落葉松はまだまだ色付き始め。御射鹿池の紅葉は晩秋の10月末頃まで彩を変えながら楽しむ事が出来ます。

日が昇って来たので、湖畔を離れてひっそりと谷筋に降りていく道を歩いていくと、朝露にしっとりと濡れた紅葉する木々が連なっています。

紅葉が始まった周囲の山々に挟まれるように、谷筋に滝が見えてきます。

僅かに硫黄の香りだだよう、明治温泉の裏庭。

日射しが差し込み始めた、おしどり隠しの滝の周囲も紅葉が始まっています。

周囲には流れ落ちる滝の音だけが響く、ゆったりと暖かな秋の朝を迎えました。

山を下ると、日がすっかりと昇って眩しい日差しの朝を迎えました。

刈り入れの終わった田圃に「わらの立て」が連なる谷筋の圃場。陽射しを受けて周囲の森は朝の吐息を始めています。

拍子抜けするほどに暖かな秋の朝。今日も行楽日和になりそうです。

 

梅雨空は彩を変えながら(2017.6.18~7.5)

少雨、空梅雨と言われながらも、6月も中盤に入ると空模様はどんより、そして強い雨が降る日も。今年も梅雨空がやって来ました。

お天気が優れないので、どうしても撮影に出る足が遠のくのですが、それでも日々を過ごす僅かなタイミングで素晴らしい色合いが望めるのが八ヶ岳山麓の素敵なところ。そんな日々のカットからご紹介。

どんよりとした早朝、何時もの奥蓼科、御射鹿池の周りには、陽射しを待ちわびる多くの観光客の方が訪れていました。ひんやりとした緑が移り込む湖面を眺めるのもまた、心地よいひと時。

一雨ごとに緑が濃くなる御射鹿池周囲の落葉松。梅雨が明ける頃にはぐっと濃い、夏の緑に移り変わっていきます(2017.6.18)。

雨上がりの朝、梅雨らしいウエットな青空には巻雲が高く巻いています。

今年も早々と夏蕎麦の花が満開を迎えていました(2017.6.20)。

一年で一番日射しが長く降り注ぐ夏至。その翌日の夕暮れは7時になっても稜線を黄金色に染めています。夏を迎え入れる夕暮れです(2017.6.22)。

梅雨とは思えないほどに晴れ上がった朝、すっかり雪渓が細くなった甲斐駒を望む圃場の麦は黄金色に染まります。収穫を待ちわびる喜びの色(2017.6.23)。

梅雨空は複雑な雲を空に描いていきます。雨上がりの空に広がる高いうろこ雲と、八ヶ岳を吹き抜ける西からの風が雲を沸かせています。雨をいっぱいに受けた緑の苗はぐんぐんと伸びていきます(2017.6.23)。

朝まで降り続いた雨が止んだ後、ひんやりとした霧が流れ込む雑木林に陽射しが差し込んでくると、うっすらとした緑のカクテルが出来上がります。梅雨の合間に現れる一瞬のシーン(2017.6.30)。

強い雨が過ぎ去った夕暮れ、雲と霧が次々と目の前を過ぎていく圃場の上空に僅かに開いた雲間から、うっすらとフレアが差し込んできました。天使が舞い降りる刻。この後、気まぐれな天使達にきりきり舞いにされる事に(絶好のチャンスを逃して落ち込む2017.7.1)

梅雨の合間に広がった青空。夏のそれとは異なり、雨上がりで何処までも高く澄み切った雲間の紺碧が心を捉えて離しません。一番大好きな藍(2017.7.2)。

再び強い雨が降った後、南アルプスの上空には複雑に尾を曳く雲が次々と流れていきます。雲間から覗く、その上に広がる青空は既に夏の色です(2017.7.3)。

台風一過の朝。巻雲がたなびく高い空は夏の色を湛えています。圃場の苗はすっかり伸びて、もう空の色を映す事はありません。

夕暮れ、少し早く仕事場を出ると、遠くに望む八ヶ岳を駆け上る雲が夕日に色付いていました。立沢の圃場の脇に車を止めて、暫し夕空に付き合ってみます。

午後7時を過ぎて夕日が西に沈んだ頃、圃場を染める空の色は刻々と変わっていきます。

入笠山から北に向かって長く長く筋雲が伸びていきます。

夕日が西の空の向こうに落ちると、華やかな夕暮れのショーが始まりました。

圃場を染める夕日と茜の空。

空を焦がす茜色。シャッターを切る間にも、どんどんと色を変えていきます。

日射しが雲の向こうに去っていくと、周囲もぐっと暗くなっていきます。

どっぷりと日が暮れた午後7時20分。長いようで短い梅雨の夕暮れに催されたショーは幕を下ろします。梅雨もそろそろ終盤ですが、空模様を気にしながらの日々はもう暫く続きそうです(2017.7.5)。

 

 

新緑の八千穂高原と咲き始めたトウゴクミツバツツジ(2017.5.21)

晴天に恵まれた週末。

少し暑すぎるんじゃないのとのお話もありますが、恵みの日射しをたっぷり受けて、山は新緑に包まれます。

午後の陽射しを浴びる牧草地の向こうに裾野を広げる八ヶ岳。

今年は雪をたっぷりと残しています。昼を迎えて、気温25度と季節が一つ先に進んでしまったかのような夏日になった野辺山。八ヶ岳の上空にはうっすらと雲が湧き始めています。

海ノ口別荘地のエントランスも初夏の装い。落葉松もすっかり緑が濃くなってきました。

東にぐるっと廻り込んで、八千穂高原へ。八千穂レイクの周囲も新緑に包まれています。

駐車場の周りでは、トウゴクミツバツツジが早くも花を開き始めています。

まだ咲き始めのトウゴクミツバツツジ。周囲の木々も漸く花芽が付き始めた状態で、例の「高原の女王」はまだ蕾も硬いまま。月末頃には花を開き始めるはずです。

 

白樺も新緑の葉を広げつつあります。

足元にはゼンマイでしょうか。高原はまだまだ春を過ぎた辺り。

足元にはもうひとつ、可愛らしい落葉松の幼木。雪にも、冬の寒さにも負けず、少しずつ背を伸ばしていきます。

東の空には沸き立つ入道雲。風は初夏の心地です。

午後の陽射しをいっぱいに浴びる白樺林。八千穂高原の大好きなシーン。

緑の小路が林の中を縦横に抜ける八千穂高原。気に入った小路を見つけては、ゆっくりを歩んでいきます。

白樺の林に繋がる落葉松林の新緑に暫し浸りながら歩く、午後。

大きく育った入道雲が迫る空。この後、麦草峠を越えると暫しの通り雨となりました。

雨の上がった奥蓼科、御射鹿池。

新緑の若葉に包まれた夕暮れに、水鏡が浮かび上がります。少し先走り気味の空模様を追うように、季節は新緑から梅雨へと進んでいきます。