厳冬の朝に、神が渡る湖上の道筋(諏訪湖の御神渡)2018.2.9

厳冬の朝に、神が渡る湖上の道筋(諏訪湖の御神渡)2018.2.9

厳冬と雪が繰り返される今年の八ヶ岳山麓の冬シーズン。

月曜日の5日には、諏訪の皆様が待ち焦がれた御神渡の拝観式が八釼神社の氏子の皆様が氷上に居並ぶ中、無事に執り行われ、諏訪湖の湖面を渡る氷の道が正式に御神渡と認定されました(この記録は、後ほど諏訪大社に報告され、更に気象庁と宮内庁へと報告があげられる事になっています)。

冷え込みが続いたために、一度凍った諏訪湖の湖面は容易には溶けることも無く、日々成長を続ける御神渡の氷の道。平日にもかかわらず、続々と湖畔に訪れる皆様をちょっと羨ましく思いながら、山懐に近い、こちら八ヶ岳南麓も厳冬の日々が続いています。

再び夜半にサラサラの粉雪が舞った火曜日の朝。

甲斐駒と周囲の山々も雪雲に覆われています。

朝8時を過ぎて、雪雲が離れつつある南アルプス、鳳凰三山。

雪煙を上げながら離れていく雪雲を眺める、節分を過ぎても厳冬の日々が続きます。

そして、週末の悪天候と気温の上昇が伝えられる中、やはりどうしても見ておきたいという欲望には勝てず、金曜日の朝に諏訪湖へと足を向けます。

諏訪湖の西岸、湊小学校前の船溜まり近くには、沖へと向けて伸びていく氷の道がくっきりと表れていました。

沖合を下諏訪方面へと延びていく氷の道。

船溜まりから伸びた氷の道は、沖合でもう一本の氷の道に繋がっています。

近づいていくと、八ヶ岳をバックに、昇りはじめた朝日を受けて、氷の道が輝いています。

湖畔の岸辺に降りてみます。

氷の道が岸辺へと寄り添うように伸びてきていました。

霧ヶ峰をバックに岸辺から沖合へとうねるように伸びる、氷の道。

道の先は、対岸の諏訪大社下社がある、赤砂崎へと繋がっていました。

肌が切れるほどに冷たい、気温-10℃を記録した午前7時過ぎの諏訪湖畔。

厳冬期に訪れた、冬の奇跡ともいうべき景色に、訪れていた多くの方が魅入っていました。

日が昇ってきて、氷の道が浮かび上がって見えて来る頃、御来光を目当てに訪れていた皆さんが徐々に帰られる中、少し静かになった湖畔から、南八ヶ岳の峰々を望んで。

厳冬を待ちわびた先で、再び見る事が出来た、素敵な冬の朝の一ページとして(あ、このあと車を飛ばしてぎりぎりでの出社となったのは言うまでもありません…というか、地元の皆様も「朝活」ご苦労様です)。

暖かな3連休最初の土曜日、夕方から「かみ雪」が降りしきる中、湖に浮かび上がった氷の道はどうなっているでしょうか。

注記:

本来の御神渡はこちらのリンクの図にありますように、上社側の渋崎から、今回ご覧頂いた氷の道の先に繋がって下社側の赤砂崎に弧を描く様に繋がる事となっており、写真で掲載している部分は「本当の意味での」御神渡ではない事をご承知おきください。

神事としての御神渡や諏訪大社の特殊神事にご興味のある方は、非常に有名な八ヶ岳原人さんのサイトをご参照願います(今回の写真も掲載されています)。

 

広告
Frozen days2(全面結氷を迎えた諏訪湖)2018.1.28

Frozen days2(全面結氷を迎えた諏訪湖)2018.1.28

朝から薄曇りとなった日曜日。

前日に再び全面結氷となったとのニュースを聞いて、夕飯の買い出しの序に諏訪湖まで足を延ばしてみました。

諏訪湖を一望できる立石公園。

足元の湖面は完全に凍結していました。

ニュースを聞きつけて訪れた多くの皆様が、口々に「凄いね」と声を上げていました。街中にある、これだけ大きな湖が全面結氷すると、何度観ても流石にインパクトは大きいです。

正面向かって左側、諏訪大社、上社がある渋崎側をアップで。沖に向かって筋が伸びています。

立石公園の正面反対側、岡谷市湊の周辺です。

御神渡の候補になるでしょうか、沖に向けてカーブをしながら筋が伸びています。

正面右側の岡谷市川岸から、諏訪湖唯一の流出河川となる天竜川の源流点、釜口方向を望みます。

川の流れがあるために凍結しにくいのですが、今日は綺麗に凍り付いています。

そして、立石公園の手前右側、諏訪大社の下社がある、下諏訪町赤砂方向です。

こちら側の湖面は白く凍結しています。それでは、山を下りて湖畔に行ってみましょう。

下諏訪町赤砂から、上社のある渋崎方向を望みます。

お天気が良ければ、正面に富士山が望める場所ですが、午後になってお天気がさらに悪くなってきました。

波打つ事のない、凍りついた湖面が沖に向かって静かに広がっています。

諏訪湖を囲う山並みを氷上に映す、岡谷側から湖面を望みます。

葦原に打ち寄せられた水が、そのままに凍り付いています。

 

立石公園の反対側、岡谷市湊に来ました。

山の上から見えた、沖合に延びる氷の筋が幾重にも折り重なっています。

湖畔に立つと、時折ピシピシという、氷がせめぎ合う音が響いています。

暫くすると、西の塩嶺から雪雲が迫ってきて、一面雪雲に覆われてきました。

この後、遠くに白く霞む霧ヶ峰を望む湖畔は、あっという間に吹雪になってしまいました。

地元の方々が願って止まなかった今シーズン2度目の諏訪湖の全面結氷。

吹雪のような雪が降り、今夜までは引き続き寒さが続くとの気象情報の中、果たして神様が湖面を渡ると言い伝えられる、御神渡への道は今週、開かれるでしょうか。

 

雪晴れの八ヶ岳山麓(御神渡りは駄目だったけど)

先週の後半から天気が安定しない日々が続き、土曜日には地吹雪となってしまった、八ヶ岳南麓。

ようやく晴れ渡った日曜日。22日に発表があった御神渡りを見物に諏訪方面にお出かけです。

八ヶ岳牧場からの眺め

まずは、ちょっと寄り道して昼下がりの八ヶ岳牧場から【クリックでフルサイズ】。

美しい青空が拡がる。心地よい寒さの中、シャッターを切る。

静かな八ヶ岳横断道路

八ヶ岳横断道路は休日にも関わらず車はとても少ない。昼下がり、気持ちよく晴れ渡った空の下に雪が映える【クリックでフルサイズ】。

雪雲をかぶる八ヶ岳

山を下りて、富士見側へ。

山の上では綺麗に見えた八ヶ岳も山の下では雲の向こう【クリックでフルサイズ】。

雪原から眺める入笠山

ちょっと気分を変えて、西側を望む【クリックでフルサイズ】。

真っ青な空の下、雪原一杯に冬の日差しが降り注ぐ。風も弱く、ちょっとだけ暖かい午後(でも氷点下だったりします…)。

雪の富士見高原から望む富士山

無理矢理富士山なんか撮ってみたりします【クリックでフルサイズ】。

54mm(換算108mm)で長野から富士山撮影なんで、現実的じゃないですよね。

雪晴れの蓼科山と北八ヶ岳

富士見を後にして、茅野側に移動。

綺麗に雪化粧した北八ヶ岳達【クリックでフルサイズ】。

蓼科山と金曜日の夜にNHK(首都圏スペシャル)で赤井さんが登られていた北橫岳を望んで。

空は冬らしい、高く、高く伸びていくコバルトブルー。

結氷した諏訪湖からの眺め

そして、目的地の諏訪湖へ。

湖畔には観光客の皆さんが一杯。ちょっと足下の悪い湖畔遊歩道を歩きつつ、思い思いに厳冬の諏訪湖を楽しまれている様子。

八ヶ岳の麓はちょっと雲が出ていたが、湖畔まで来れば再び抜けるような厳冬の青空。観光客の皆さんが余り近寄らない、岡谷側より山梨側を望む【クリックでフルサイズ】。

ほのかに色づく結氷した諏訪湖と八ヶ岳

夕暮れを迎えた諏訪湖湖畔より、八ヶ岳連峰を【クリックでフルサイズ】。

湖畔も山もほのかに染まり始めている。

肝心の御神渡りは残念ながら雪の影響もあり溶けてしまって見られませんでした(渋崎の辺りは完全に溶けていてさながら「明けの海」状態)。

2012年の御神渡りちょっと、悔しいので昨年の写真でお茶を濁してみます…

昨年の結氷した諏訪湖の写真です。

雪が降らないと、このように透明感溢れる湖面が拝めるのですが、今年は妙に雪が多いですね。また今週冷え込むそうですので美しい結氷が見られるかもしれませんね。

 

<おまけ>

下諏訪から撮影した結氷した諏訪湖です。

富士山が映っているのですが判るでしょうか?

山の写真を撮るときに心理的影響って本当に効きますよね(もっとUpでって…)凍結した諏訪湖から富士山を