今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)諦めかけた心に響く「ことば」へ込めた想いは今も

今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)諦めかけた心に響く「ことば」へ込めた想いは今も

夜の帳が早くなり、ぐっと冷え込んできた年末。

自宅でほっこりとする時間が長くなるこのシーズン、そんな人たちへ向けて各出版社さんからは続々と新刊が本屋さんに送り出されています。

魅力的な新刊がずらりと並ぶ書棚から手に取った、今年の本屋大賞で最終選考にノミネートされた「桜風堂ものがたり」(PHP研究所)の著者、村山早紀さんが15年以上前に連作されていた作品を文庫として収蔵した一冊をご紹介します。

今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)のご紹介です。

著者の村山早紀さんは、wiki等でご覧頂ければ判りますように、児童文学からキャリアをスタートされた方。本屋大賞への入選で、その名前や作品が多く紹介されるようになりましたが、一般向けの作品群の中で最も良く知られているであろう「コンビニたそがれ堂」(ポプラ社)シリーズ以前は、児童文学に主軸を置かれて執筆活動をされていました(コンビニたそがれ堂も、著名なアニメーター、名倉靖博さん装丁による初版は児童向けです)。

今回文庫に収蔵された作品も、原著は岩崎書店から児童文学のシリーズとして刊行されたもので、初回の刊行は2001年と今から16年前。その後も刊行を続けて2005年に完結したシリーズに、今回新たなエピソードを追加して一冊に収めたものです。

著者が児童文学者として最も充実していたとあとがきで述べている時代の作品。各版元さんも積極的に推される、所謂「癒し系」と評される現在の著者の作品群から入った方(私も)にはちょっと異色に感じられる作品かもしれません。

比較的ハードな作品も多い徳間文庫としては異例ともいえる、児童文学特有の綴りで主人公である「はるひ」の一人称で語られる冒頭。この手の文体が苦手な方には、字面を追っているだけでこそばゆくなってしまうかもしれませんが、そこは暫し堪えて読み進めて頂きたいところです(章を追うごとに徐々に大人びた口語体に変わっていくのは、著者の意図なのか、その後の執筆活動の影響なのかは判りかねますが、途中に挿入された描き下ろしのエピソードは、ちょっと「おとな」ですね)。

小学校4年生に上がる春に風早の街に引っ越してきた主人公である「はるひ」と、その街にある公園の桜に宿る小さな神様である「アカネヒメ」との出会いから始まる物語は、神様と人外の者たちが見える少女の交流から物語を拓いていくという、児童文学らしい、著者が得意とするファンタジー色が一際に強い作品ですが、暫く読んでいくとある点に気が付くはずです。

著者が描く物語の世界に共通の旋律。それは児童文学がベースであっても、大人の読者に向けた作品であっても不変であるという事。

一見すると可愛らしいファンタジーに見える作品ですが、綴られる全ての物語には共通したテーマが見えてきます。それは、著者の多くの作品で見られる「魔法」であったり、「特別な能力」や、たとえ神様の「奇跡」であっても、その力自身が全てを解決してくれることは決してなく、あくまでも物語の駆動力、ストーリーに添えられる「シーン」に過ぎません。更には、その力は、主人公を始め登場する人々が抱える、「諦め」や「滞った想い」を辿り、向き合った先に初めて導き出され、描き出される点でしょうか。

想いを抱え続けるのは主人公である「はるひ」や家族、登場する人々(登場人物たちのバックボーンは、他の作品をお読みの方であれば、おやっと思われるでしょうか)、神様である「アカネヒメ」も例外ではありません。そして、著者が物語に添える魔法や登場する「人々」は、その想いを解き放つためのエッセンスとして描かれますが、著者が描きたいと願っているのは、その前段階、想いに応えてあげる「ことば」で伝える事への、飽くなき希求のように思えます。

ちょっとした寂しさと好奇心の先に出逢った、「アカネヒメ」に諭されて物語の輪を動かし始める「はるひ」。道端でチョークで絵を描くパフォーマンスを続けながら絵描きへの夢を追う「青空」さんと、友達とけんかをしてしまった「はるひ」は、お互い同士の抱えている思いを分かち合う事で、物語全体を覆う想いが動き始める。小さな神様である「アカメヒメ」の本当の寂しさを知った「はるひ」は、偶然の力を借りて、その想いに応えようと動き出す。

二人から始まった物語は、風早の街に暮らす人々をも巻き込みながら、お互いに伝えられない想いを「ことば」へと変えていきます。若かりし頃に取り残された演出家と女優のすれ違う想い、それを十字架のように背負い続ける娘は、残された想いの力を背に受けて、前へと歩き出す。そして再び、「アカネヒメ」と「はるひ」はお互いの想いを「ことば」に込めて。

第二節「夢見る木馬」で著者は夢が破れそうになった登場人物に、こんな風に語らせます。

<引用ここから>

「世界にはきれいなものがたくさんある。それを、その美しさに気づかない人たちに教えてあげていたら、いつかみんな、世界には壊してはいけないものがたくさんあるんだって、気づかないだろうか?

<引用ここまで>

語りかける事で心が開き、秘めた想いが紡ぎ出され、言葉へと昇華する時、詩編を伴いながら、物語は終わりの時を告げていきます。「ことば」に込めたふたりの想いは、時を越えて、また。

その後に生み出された著者の多くの作品に共通するメッセージとストーリーエッセンスがそっと包み込まれた小さな作品たち。児童文学時代からの著者のファンの方であれば、懐かしさを込めて、一般書から入られた方であれば、その作品の魅力を辿る一ページとして、寒い夜をほんの少し温めてくれるものがたりの中へ。

 

広告
今月の読本「竜宮ホテル 水仙の夢」(村山早紀 徳間文庫)寄り添うその想いは静かに満ちていく

今月の読本「竜宮ホテル 水仙の夢」(村山早紀 徳間文庫)寄り添うその想いは静かに満ちていく

ホームの八ヶ岳南麓を暫く離れている間、大好きな本が無い生活を続けていると活字欠乏症(あ、その間も英文タイプ文面は嫌だという程読まされるのですが)が頭をもたげてきます。

それでも時間に余裕ができると、スマホでちょっと長めの記事などをひたすら読み続けて欠乏症の解消を図るのですが、やっぱり紙の本をゆっくりとめくらないと満たされない。本と活字と向き合うという心地よさが何よりも自分にとって必要なことを痛感する日々を送っていたのでした。そして、久しぶりに南麓に帰ってくると、次の出国までの間にひたすら本屋さんで本を買い込んでいる自分がいました、失った何かを埋めるが如く。

そんなタイミングで、本屋さんの書棚から鷲掴みにして手に取った(ごめんなさい)今回の一冊は、本好きの方(活字偏執性な私は除外)にも深く愛されている作家さんの最新作からご紹介です。

竜宮ホテル 水仙の夢竜宮ホテル 水仙の夢」(村山早紀 徳間文庫)です。

著者の一連の作品群「風早の街」を舞台にしたシリーズの第3巻。前の2巻は主人公である響呼をメインに置いたストーリーを軸に、竜宮ホテルに集う登場人物それぞれの物語が展開されていきますが、インターミッション的な第3巻目は少々様相が異なってきます。

冒頭から、前作「魔法の夜」のエピローグに続くような、ひなぎくのモノローグから始まり、全4話で構成されるそれぞれの物語を貫くような一貫したストーリーは用意されていません。むしろ、これまでの2巻で語られてきた伏線を回収するようなストーリーと、少々唐突的に差し込まれたサイドストーリーが語られていきます。

その辺りの事情はあとがきをご覧頂ければと思いますが、一見、繋がりが無いように見える個々のストーリーに対して、主人公の響呼の描かれ方はシリーズの3巻目としての明白な位置づけがなされているように思えます。

1巻目では自分の力に怯え、自らを恨み、心の殻に閉じこもりがちな響呼が、竜宮ホテルのメンバーと触れ合うことで、少しずつ心を開いていく。自らの居場所、自分を慕ってくれる存在を得ていく。2巻目ではまだぎこちないところを見せながらも、自分を慕ってくれるひなぎくの姉として、そして自らの力と向き合う事で、今度は自らの心、触れ合いを求めていく人々の想いに応えていく。そして3巻目である本書は、自らの心からもう一歩踏み出して、自分の事を親しく思ってくれる人の心に寄り添っていく姿を描いていきます。

何百年もの間、ひたすらその想いに寄り添い続けた人と語り合う中で、その憎しみの邂逅に触れていく。自分の想いの支えとその結末をそっと受け止める。人の想いの強さ、苦しさをそっと傍らで聞き届ける。そして、大切な人のどうしようもないやるせなさをじっと見つめ、側に居てあげる。彼女がずっと否定してきた、でも本当は欲しかった、彼女が竜宮ホテルで、風早の街で出会った人々との絆が深まる中で、物語も降りしきる雪が降り積もり、一面を白く覆い包むように少しずつ深まっていくようです。そこには表紙に描かれた絵のように、冒頭のモノローグと終章のモノローグでフォントを使い分けているように、響呼に寄り添うひなぎくの成長も描かれていきます。まだちょっと勇み足もあるようですが、今度は自分が誰かの為に寄り添えるようにと願いながら、その願いの先にある想いにも触れながら。

そして、今回はサイドストーリーらしく、前2作と比べると著者自身が執筆中に抱いていたであろう想いがよりいっそう濃くストーリーの中に描き出されているようです。

著者にとって最も身近な場所である、海に浮かぶ空港と白いレースのベールをかぶったご婦人が日曜日になると行き交う坂の街、その坂の上にある椿の木に寄り添う小さな本屋さんへの愛しい想い。著者が大好きなデジタルガジェットを生み出す光速の奔流の中で、「魔法」を操り、生み出す人々への畏敬と葛藤への想い。流れ来る人々、彼らを迎え入れる人々がお互いに抱く、複雑で時には残酷な想い。そして最後まで伏せられていた、前後で交錯していくストーリーが無ければ読むのを少々躊躇ってしまう想いの結末を織り込みながらも、「陰の気が集まり、静かに休らう場所」、竜宮ホテルに集う登場人物たちそれぞれの想いは昇華しつつ、ほんの少し寄り添うという言葉の意味を変えながら、ストーリーは4巻目となる次のステージへと進んでいくようです。

読まれた方の心にその想いが響く時、その魔法使いたちが集い、彩なす物語は、きっとあなたの中にある「魔法」そのものでもあるはずだから。

竜宮ホテルシリーズ本編第三話「見えない魔法」へのオマージュとして。その世界が最も輝いていた時、世界で初めてサービス開始に漕ぎ着けた3G携帯電話の実用第一号モデルを一緒に(第一期試験サービスのモニター故に所有している、試験後に回収された端末の代替として頂いたN2001、もう時効だと思うので)。登場人物のシチュエーションと自分の直近の事情の余りの近似性に素直に驚きつつ、もしかしたら、ほんの少しその想いに寄り添えたかもしれないという勝手な妄想を重ねて。

<おまけ>

 

今月の読本「魔法の夜 竜宮ホテル」(村山早紀 徳間文庫)今度は私が伝えてあげる

今月の読本「魔法の夜 竜宮ホテル」(村山早紀 徳間文庫)今度は私が伝えてあげる

New!(2016.2.15):竜宮ホテルシーズの最新刊「竜宮ホテル 水仙の夢」が刊行さました。

こちらにちょこっと紹介も書いています。

 

<本文此処から>

年末から続けていた村山早紀さんの著作シリーズも最後の一冊。

先に纏めのページを上げてしまいましたが、単巻としての感想も残しておこうかなと。

2011年に刊行された「竜宮ホテル」の続編。実際には2013年に徳間文庫に再収蔵された同作の続編として刊行された「魔法の夜 竜宮ホテル」のご紹介です。

竜宮ホテルシリーズ2冊本作は、クリスマスに関わる短編二編とエピローグが収められていて、一応、各編ごとに楽しむこともできるようになっていますが、やはりここは前作「竜宮ホテル」を読まれた後でご覧いただければと思います。

前作は、著者のシリーズ作品ではお馴染みの「風早の街」に建つ、竜宮ホテルの住人の一人となった主人公で小説家の響呼が、ホテルに住む不思議な住人との触れ合いを通して、自分自身の存在を見出していくお話となっています。

2013年の再収蔵時に追加された短編では、すっかり竜宮ホテルの住人の一人として馴染んでいる響呼と同居する、彼女を慕う妖怪の少女、ひなぎくの物語がモノローグとして語られていきますが、本作はこの追加短編を受ける形で、クリスマスシーズンをテーマにした物語が綴られています。本作でも、ひなぎく、そして響呼のモノローグが交差しながら物語は進んでいきます。

今回のゲストは元サーカスのピエロにして魔術師の佐伯老人と、ホテルのコーヒーハウスのアルバイトでもあり、ストリートミュージシャンでもある愛理ですが、二人に心を寄せる新しい登場人物や、響呼を竜宮ホテルに住むように誘った張本人でもある寅彦のお話も出てきます。

前作では、自分自身の居場所に不安を持ちながら、他人と接することが少なかった響呼ですが、本作ではまだまだ頼りないところを見せながらも、ひなぎくやゲストたちを見守る側の立場としての役割も演じていきます。

自分の能力に懐疑的て、自らを否定するように、自分の能力も否定してきた響呼が、自ら進んでその能力を発揮しようと動き出します。その目的は、自分の為ではなく、自分を必要としてくれる、自分を想ってくれる大切な人の為に。

本作はファンタジーなので、想ってくれている人が「人」であるとは限りませんが、それでも寄り添い、支え合う人がいることの大切さに改めて光を当てていきます。

そうしていくことで、響呼自身だけではなく、物語に登場してくるゲストたちの想いも少しずつ解き放たれていきます(登場人物の背景などに、同時期に書き下ろされた「ルリユール」の影響も見られますよね)。

逃げないこと、一瞬を大事にすること、時には演じ続けることで誰かの想いに応えること、それでも伝えたい気持ちを伝える事。

まだ、本当の意味で自らを解き放てたわけではない響呼を更に促すように、ちょっと厳しめな著者はこう語らせます

「知らないこと、気付かないことも罪だから」

響呼がもつもう一つの力「本を書く」は著者のものでもあります。物語のエピローグで、その想いをこう述べていきます(長文引用すみません)

—引用ここから—

人間は、魔法を使えないかもしれない。けれどきっと、ささやかな願いや、美しい祈りを未来に伝えて行くことは出来る。

遠い時の果てで、私たちの祈りは、未来の誰かを寒さから救い、その涙を乾かし、ふたたび微笑みを取り戻すための力になれるのかも知れない。

言葉は、傷を覆う薬になり、凍える体をふんわりと包む、優しい羽毛になるのかも知れない。

わたしの残したささやかな物語を、遠い未来の荒廃した日本で、日比木くんが喜び、その心の支えにしたように。

(言葉は、宇宙に残る・・・・・・)

だからわたしたちは祈る。そっと空に、星に願い事を託すのだ。

空を見上げて。星が灯るように輝く、この地上から。

街—わたしたちが生きる、大切なこの場所から。

—引用ここまで—

クリスマスをテーマにした作品らしい、想いの伝え方ですが、一方で著者がシリーズとして書き続けている「風早の街」への想いの一端をもここで伝えてくれています。

大切な場所、大切な人と一緒に。

<おまけ>

今月の読本「竜宮ホテル」(村山早紀 徳間文庫)貴方がそこに居る意味

今月の読本「竜宮ホテル」(村山早紀 徳間文庫)貴方がそこに居る意味

年々老いてくる両親の顔を見る度に心が痛み、姪たちの成長が眩しく感じられる、久しぶりの帰郷。

どんなに遠く離れて住んでいても、普段は完全に忘れようとしていても、会ってしまえば、家族である事は容易く切り離せるものではないと痛感してしまう年末年始。

普段はなるべく考えないようにしている、「家族の繋がり」などを再認識する為に年末年始があるのだろうか等と自問自答しながら手に取った今回の本。

前回ご紹介した「ルリユール」の著者である村山早紀さんが、私とは全く異なる20~30代前半の女性層をターゲットに執筆された文庫作品が、版元を改めて、より一般的な読者向けとして収蔵された一冊「竜宮ホテル」(徳間文庫)です。

竜宮ホテルターゲット年代の女性が喜ぶというより、むしろあっち系の男子が喜んでしまいそうな意匠の表紙(色遣いなどはきっちり女性向けなんですけど…猫耳しっぽですね)にちょっと驚かされながら、すわ恋愛物かと言えば差に非ず、著者お得意のファンタジーを下敷きにした大人のお伽噺が繰り広げられます。

では、お伽噺なのだからどんなシナリオが展開でも許されるのかと言いますと、そこは著者の矜持が為せる業。シナリオの奥底には他の作品と同じ旋律が流れています。

主人公にも登場人物にも著者特有の決まり事が当て嵌められています。心に幾ばくかの苦しみを抱えている事、それでも誠意のある事、他者の為に在りたいと願う事、信じる事…。近親者との微妙な関係や、物語に通底する死の影等が更に積み重なれていきます。

そんな登場人物たちが抱えている困難に僅かばかりの光を当て、「魔法」でも良いでしょう、「妖術」かもしません、「SF」という調味料を使う場合もあります、「奇跡」という単語を用いる場合もあります。どのような手法にせよ、人の力が及ばない何かによって苦しみの想いをほんの少しだけ癒していく…。

著者が一貫して用いている表現手法。つまり、著作を通じて普遍的に述べたいと願っている根底に通じる想いがそこにあります(私自身は「赦し」ではないかと思っています)。

今回の作品では、大戦によって崩壊しかかって再建途上のホテルが舞台。ホテルが存在する街はお約束の場所ですが、主人公たちの心象描写として用いられる程度、殆どがホテルや部屋の中、カフェなどの閉じられた空間で物語が進んでいきます。代わりに、書き下ろしの番外編を含めて回想シーンに出て来る山野や見知らぬ国の物語には著者の本分でもある児童文学者としてのファンタジー性が色濃く反映されています。

冒頭から、再建途上で居住も認めている竜宮ホテルに逗留することになる事情までの導入部はちょっと長め。その間に回想を繰り返すことで、家族、周囲に対する自己否定の想いを積み重ねていきます。まるで自分を責め立てていくように、私の存在が不幸を呼ぶものだと問い詰めさせていきます。その想いが行き着く先には、最後の「避難場所」たる居住していたビルの崩壊。否応無に物語の舞台に引き出されていきます(いや、誘われていきます)。

そんな自己否定の想いを解きほぐしていくために用意された舞台である竜宮ホテル。主人公である女性作家を舞台にいざなってくれるのは、若い編集者とその父であるホテルオーナー、そして彼女にある事を伝えるためにやって来た妖怪の少女(表紙絵ですね)。

彼ら(彼女ら)は彼女の存在する本当の意味を諭していきます。決して存在しなくていいなんてことはない、あなたの存在がどれだけの人の心を動かしてるのかを彼女に対して伝えていきます。

本作中では竜宮ホテルが再建途上であるように、彼女の心の鎖も未だ解き放たれている訳ではありません。しかしながら、竜宮ホテルに集う不思議な人々の力を借りながら、少しずつ否定し続けてきた想いを昇華していきます。

過去の自分を、今を生きている自分を、未来の自分を、そして誰かを否定してしまった自分を。

頼る事は恥じゃないんだよ。所詮は頼りあって生きていくものなのだから…。

彼女を想う周囲の気持ちを、彼女がちゃんと受け止めることができるようになった時、舞台である竜宮ホテルも再建が叶うとき。不思議な住人達も彼女も竜宮ホテルからいなくなっている筈です。本当の居場所を得て、ひとりひとり次のステップへと進んでいく。

ホテルとは、次の1ページをめくるための、ほんのひと時の休息場所なのですから。

<おまけ>

  • 研究生活から社会人へと進んでいた頃、研究室や会社に泊まりっ放しになるのは日常茶飯事。一旦社外に出れば現場の近くのホテルでビザが切れるまで粘り続ける日々を送っていた私にとって、本作の舞台やシチュエーションはちょっと美し過ぎるにせよ(いや非常に美しい)、今や懐かしさで語れる思い出の琴線に触れる一瞬でした
  • 本作には12月に続編となる「竜宮ホテル 魔法の夜」が刊行されています。物語の続きに興味がおありの方は是非
  • 本ページでご紹介している村山早紀さんの著作についてはこちらにて