今月の読本『平安京はいらなかった』(桃崎有一郎 吉川弘文館)プライドをかなぐり捨てた「張りぼての首都」が演じる未来

今月の読本『平安京はいらなかった』(桃崎有一郎 吉川弘文館)プライドをかなぐり捨てた「張りぼての首都」が演じる未来

海外から到着した大使が最初に向かう儀式。その人物を大使として認めてもらうために、本国から与えられた信任状を着任した国家の元首に手渡して、自らを大使として承認してもらう事。このような手続きは意外な事に、時代を越えて、洋の東西を問わず似たような形式が用いられれるようです。

そして、現在の日本に於いては、東京駅に差し向けられた迎えの車両に乗って皇居に向かうのですが、この際に新任の大使には二つの選択肢が用意されます。車による送迎と、何ともクラシカルな馬車による送迎。

世界的にも珍しい、馬車による大使の送迎を行うルートとなる東京駅から皇居までの道路。馬車が通過する際には交通規制もされているため、その広々とした空間を粛々と馬車が進むシーンをTV等でもご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、接受国、特に王国を名乗る立憲君主政体を採る国にとっては君主の威信が試されるシーン。もちろん奉呈する側となる大使にも自国の威信がかかっている事に変わりはありません。

そんなドライでスピードが問われる世界とは隔絶したような外交官の交換が行われるのは決まって首都たる場所。現在の東京が首都かどうかはさておき(この話を始めると、京都の方に睨まれるので)、歴史的には長きに渡って京都、その前身であった平安京がその役割と務めてきたことになります。今回ご紹介するのは、そんな外交の舞台となる平安京のからくりからの脱却と再生産こそが京都の街を生んだという刺激的な論考を引っ提げての一冊です。

今月の読本、何時も新刊を楽しみにしている、吉川弘文館さんの歴史文化ライブラリーより、夏休みになって漸く入手が出来た『平安京はいらなかった』(桃崎有一郎)のご紹介です(地方の悲しさ、最近、更に入手難に陥っています)。

まず、著者の略歴から本書の興味深い立ち位置が伺えます。鍋島武士の気風を語る佐賀に由来を持ち、東京に生まれ、東京の大学で文学を修めて中世史の研究に踏み出した著者の奉職先は京都の立命館大学(現在は東京の大学に在籍されています)。全くのアウターがその際に務めた京都学の講義ノートから再構成された本書は、これまでであれば京都に思い入れの深い著者の方が連なる京都学の論考や著作とは、同じ結論でも全く異なる立ち位置から描いていきます。

描かれるストーリーについては、ある程度日本史にご興味のある方なら充分に把握されている内容かと思います。多くの先行する研究者の検討内容を引用する形(著者自身は中世史の研究者ですから当然として)で進める古代王朝の宮城が固定化されていく段階の先に構築された平安京。著者は藤原京から長岡京までの期間に摂津職が維持されていた事から、難波宮が継続的に必要とされた点に触れて、所謂大陸からの律令制の仮借自体が軍事的緊張の切迫感からもたらされた物であり、その目的を果たすための大和周辺に根拠を張る豪族たちの集住と、外交的威信道具としての接受機能の統合を、長岡京を反面教師として最終的には平安京への集約と水路を用いた大阪湾への接続によって成立させようとしたと見做していきます。

奈良盆地から離れ、海路との接続を確保する事で地理的な決着を付けた平安京。では、外交の威信道具としての首都、平安京はどうだったのでしょうか。既に多くの先行する研究者が指摘するように、平安京は未完であった点については議論の余地はないようですが、著者は更に一歩踏み込んだ理解を示していきます。それは余りにも巨大な朱雀大路の幅と、大路に向けてひたすらに築地塀が続く異様な外観、門しかなかった羅生門(羅城であるべきだが、正面以外にろくな壁すらない)。そこで行われた儀式の最後の名残ともいえる祇園祭の山鉾が、狭く格子に組まれた今の京都の街路で、その通行場所だけ広がる情景を見た時、著者の中で一気にイメージが再構成されていきます。もはや来るはずもない大陸からの外交使節に見せ付け、同じように大陸から採り入れた官僚組織、儀式体系を執り行う場所を作り上げることすら出来ずに終わった、律令制という、小さな国土には不相応なロジックを体系的に見せるための、張りぼての巨大劇場、首都の残骸。

何だか、某国を思い出してしまいますが、著者はその証明として、様々な議論のある平安京の完成スケールの検討を改めて行い、特に右京については殆ど手つかずのままであった点を再度明確にしていきます。古代王朝が生み出した数々の巨大建築や土木施設の掉尾を飾る平安京にして、結果的にはその理想に国力が全く追い付いていなかったことを、長安城との比較や、当時の東北への軍事的侵攻と撤退との対比から示していきます。

此処で著者の視点がユニークなのが、未完成のまま目的を喪失し、利用効率も低いこの首都、平安京がどのように変わっていったのかを、都市構造自体の変化で示すと共に、為政者たちの行動から、本音を引き出そうとする点です。あくまでも朱雀大路の規模を維持しようとする一方で、右京の再開発を放棄して、その門の礎石を自らの寺院へ転用しようとする道長。右京の開発が進まない中で、初期の段階から北へと領域を広げる内裏(土御門の読み解き、初めて知りました。関東人なので、この辺がダメダメです)。北東から鴨川沿いに再開発が進む左京と、進出する治天。左京を中心に上下に再構築される街区と、其処から距離を置いて展開した職人街。平安京の利用形態の変化と、幾度も炎上する内裏にその都度修復するも戻ろうとしない歴代天皇の動きを重ねて、律令国家から王朝国家への質的変遷を見出そうとしてきます。そこには、摂関を始め、当時の為政者たちが外交的負担から解き放たれて(放棄して)内向きに向かって縮小再生産を行ったとする見方に対してさらに強烈な、中央集権的な律令制などは大陸の王朝に対して1/10程の規模、国力しかないこの島国には全くオーバースペックであり、元々その程度の行政規模しかなかったのだという、辛口な見解を示していきます。いきなり大胆に斬り込んできますが、この辺りの時代になると著者の専門分野に近づいていく時代となるため、その筆致は切れ味が鋭くなっていきます。更には、財政としても(箱モノや遠征をしなければ)破たんしておらず、受領による収奪が維持されていた間は、その収受先たる行政機関は形骸化しても、それに代わる受領による貢納と荘園からの収納機能が働いており、財政運営上の問題はあまり顕著ではなかったと見做していきます。その証拠として、その後の巨大な法勝寺九重塔の建築と一連の白河殿の再開発を指摘し、律令制から、よりコンパクトで機動的な王家の家長たる治天が、摂関の補助を受けながら主宰する王朝国家への脱却を図ったモニュメントだとしていきます。そして、このストーリーの延長に位置する信西による大内裏の再構築。そこには、既に天皇の居住空間としての内裏の意義は喪失しており(それでも最初に構築されたのは、信西の理想主義がそうさせたのでしょうか)、その再築範囲を検証した結果、あくまでも天皇の視点と、朱雀門から見上げる者にとっての視点、すなわち、対外的な視点を失ってもなお残存していく、天皇制というシステム再確認の舞台劇たる大嘗祭を行うためだけの舞台道具が揃えられたに過ぎないと看破していきます(ここで、大極殿より先に大垣が築かれた事に対する解釈を「廃墟と工事現場の目隠し」と一刀両断で斬り伏せてしまいます)。

その上で、現在の京都に繋がる、王朝国家衰亡の原因を、武家の伸張、特に知行国主制によって、受領による収奪機構を武家に徐々に割り与えた事による絶対的な収納不足と、地頭の設置による領家への武士の進出による荘園利得の収奪、最終的には承久の乱によって決定的に自己統制力を失墜させた王朝国家から武家への、都たる京都における主役の交代であると観ていきます。

古代国家が在りもしなかった、来る事もない相手(渤海は逆に想定外と)への威信を賭けて築いた巨大な劇場の重い負担を取り去ったまでは良かったのですが、自らの制御力を失ったことで、肝心な駆動力や舞台装置までも失うことになった中世の京都。再建されなくなった大内裏と、馬場や戦場とされてしまった内野。代わりに登場した武家政権で最初に京都における頂点に立った足利義満が築いたのが奇しくも法勝寺九重塔を上回る七重塔であった事を(それも北山に再築まで)指摘した上で、彼に与えられた現在の御所の規模が、その残された儀礼の舞台装置として漸く適正な規模に収まった(南北朝分断時代には半町だった規模を一町分にまで広げてもらったと)と冷淡に語る、中世史の研究者たる著者。

そして、大内裏の場所を維持する間、例え住むべき主が内裏を放り出して居心地の良い里内裏に住まう間も決して止めなかった、「首都たる儀礼空間の舞台、朱雀大路」を維持しようとするスタンス。例え住む人々に占拠され、築地塀には穴を空けられ、牧場や農地に変えられようとも維持しようとした、古代王朝最後の意地たる、横幅だけで一般国道25車線分にも渡る巨大街路の本質こそが、劇場都市たる古代宮城にもう一つ添えられた、アジアの小中華としての形式だけを仮借した内に本質的に備え続けた、祭祀としての空間。

既にその祭祀を催した主が立ち去った現在。その街路を率先して破壊したのちの住民たちによって今も受け継がれている、京都を代表するお祭りである祇園祭や巡行ルートに、しっかりとその街並みと古代王朝が残していった祭祀の片鱗が伝えられている事を暗示していきます。その上で、劇場都市としての平安京、京都の生命力は今も保ちづけていると締められてしまうと、もはや皮肉にすら見えてきます。

首都としての役割、存在の変遷を考える際に非常に興味深い論考に溢れれる一冊は、同じような成立要件を現代に用いたキャンベラやブラジリアの姿を想起する際にも極めて示唆を与える一方、昨今両方面から盛んに論じられる京都、奈良への恒久的な皇族の滞在施設を熱望される論調(院庁ですかい…)に対しても、その成立過程や「首都」の存在理由に対する議論を語りかける一冊。

かなり刺激的な筆致なため(どうしても気になってしまうのですが、私と同年代や、より若い著者の年代に位置する日本史研究者が書かれる一般向け著書には、往々にして「刺激的な議論と、持論を述べる前に先行の研究者に対して異を唱える事が必定(本書は異なりますが、研究史論に拘る点も)」という、変な拘りのようなものが行間から感じられるのです)、読者を選ぶ要素が大きいかもしれませんが、枠組みに囚われない議論を楽しいと感じられる方には、京都をテーマとした通史としても楽しく読む事が出来る一冊。本シリーズらしい、歴史研究としての視点を踏まえた、好奇心を呼ぶ新しいテーマを切り開いていく着目点は、多くの研究者の皆様の活躍によって、まだまだ広がっていくようです。

 

広告
今月の読本「列島を翔ける平安武士」(野口実 吉川弘文館)遥か九州から武士の勃興を眺める時、その世界は京・東国を飛び出し列島を駆ける

今月の読本「列島を翔ける平安武士」(野口実 吉川弘文館)遥か九州から武士の勃興を眺める時、その世界は京・東国を飛び出し列島を駆ける

何時も新刊を楽しみにしている吉川弘文館さんの「歴史文化ライブラリー」3月の新刊は、これまで多数の中世武士、特に東国の武士たちを扱った一連の研究と著作で知られる野口実先生の最新作からご紹介します。

今月の読本「列島を翔ける平安武士」(野口実 吉川弘文館)です。

まず、あとがきに目を通すと、著者の中における本書の微妙な立ち位置が言及されています。一度は完成した原稿が暫く日の目を見なかった事、最終的に著者の奉職先であった京都女子大学を退任された後の上梓となった事、更にはその記述には著者の研究者、教員としての生活に於ける様々な想いが込められている事。

既に著者の作品を読まれた事がある方であれば、その感触は判ると思います。千葉に生まれ、房総平氏の研究でも知られる著者のスタンスが、同時期の研究者の著作と比べると極めてニュートラルな立場を採っていた点に気が付かれるはずです。既に過去のものになりつつありますが、草深い東国の開拓農民から勃興してきた野蛮で無学な武力が、軟弱な京の公家社会を刷新して、新たな大地たる東国、鎌倉に清冽たる新政体「幕府」を築き、中世の幕が上がるという、私が学生時代には依然として通用した視点に対して、明確にそれを正す方向での著作を上梓され続けた点です。但し、このような点を採り上げると、ではやはり京都に拠点を置かれているから、所謂体制論的な立場なのですかと問い返されそうなのですが、そのような体制論であったり王権論とは一線を画した立場で議論を進める点が、著者の論旨の大きな特徴ではないかと思います。

本書はそのような大きな歴史論(体制論)に固執することなく、出来るだけ史料から読み解ける、実際の登場人物たちの動きからその流れを読み解こうとしていきます。従って、表題と異なり本書を通貫する様なストーリーであったりテーマが明確に設定されている訳ではありません。特に人物を離れて京都七条町の職人集住に関する記述は、全体のテーマから見ると大分かい離が認められますが、著者の提示しようとするストーリーを彩るためにはどうしても必要な内容だったようです。

著者が描こうとするテーマ、それは石井進氏の前述のような体裁の色濃い「辺境としての東国から勃興する」とする歴史展開を乗り越え、下向井龍彦氏の著作(日本の歴史07 武士の成長と院政 講談社学術文庫)にもみられるように、中央から下向し、その貴種性と地方の反乱を鎮圧する為に乱発された勲功賞で得た権能を加える事で、在地との強い絆と利権を築きつつも、引き続き中央での関係を維持しつつ勢力を積み上げていく、武士の姿を描く事にあります。

そこには、草深い無学の輩等ではなく、権門の家使としての側面と、在地における所領管理、いざという時には国衙の兵力や私兵を従えて戦闘に挑むという、極めて実践的な能力が試される、中央での出世には見放されたとしても、実務能力が極めて高い人々が集っていた事が判ります(本書の冒頭で描かれる藤原保昌のような簒奪者や、為朝のような正に暴れん坊ももちろん居ますが)。そして、本書で著者が最も描きたかった点。これまでの「東国」中心の武士研究に対して、前述の視点を相対化させる行為。東国の武士研究でも中核に位置した著者自身が、本書の成立に至るまでの20年近くに渡って取り組みを続けた模索の結果としての、九州、特に島津荘の成立と拡大における武士の動きと貿易の痕跡を現地で研究を続ける研究者と交流を図る事で、東国と京都という二元的な視点、又は、大宰府-京/福原-平泉という公家文化に対抗する東国、鎌倉の武家という対峙系とは異なる、より普遍的な武士の成長に対する視点を導き出すことです。

著者はこの視点を実証する為に、敢えて自らの長い研究テーマでもあり、如何にも東国武士の代表である千葉常胤を採り上げ、源平合戦における源範頼を支えながら転戦した九州における戦歴とその転戦地に設定された地頭職の成立、更には京都に戻った後の治安活動や、鎌倉に居を構え全国に広がった所領を管理する都市型領主となった後の千葉氏の活動を通して、名字の地たる在地にしがみ付く東国武士というステレオタイプを明確に否定していきます。

そして、九州の南端に構えられた島津荘を中心とした、摂関家の金城湯地となった南九州。この島津荘を始め肥後、南九州を席巻した為朝の所業を荒唐無稽と一刀両断することはせず、それ以前から下向していた薩摩平氏(平安武士という言葉と併せて本書で初めて出てくる呼称でしょうか)達による、東国と同じような騒乱が生じていた事を紹介していきます。結果として、それらの鎮圧を担った勢力が、東国同様にその後の武士として勃興していく事は論を待たないかと思います。列島の南北で勃発した反乱とその鎮圧。大宰府を舞台にした刀伊の入寇。これらの鎮圧に伴いもたらされる勲功による栄爵を纏っての在地への定着、国衙官職を含む利権化の流れは東国だけに限定して起きたわけではない事を遥か南九州の事例を示す事で明確化していきます。

在地化と足並みを揃えるかのように肥大化する南九州の荘園群。その成立以前に遡って、王朝国家内での摂関家の勢力推移を重ねる事で、時代が下がるにつれて極めて重要な収益源、貿易拠点として成長していったことが示されていきます。当時の交易品として極めて重要であった火薬の原料となる硫黄が取れるこの地が、大宰府、神崎荘と並ぶ海外、特に南洋貿易の拠点であった事を発掘成果から明らかにし、南洋特有の檳榔、螺鈿がこの地から京、そして平泉に至ったと考えられると述べていきます。勿論、平泉からはその代わりに、知られているように馬、黄金、そして海獣や毛皮や猛禽類の羽など武具として、交易資金として必要な物資が送られる訳ですが、ここで著者は東国における近年増えてきた中世期の遺跡発掘事例や、前述の千葉常胤が滞納していた貢納を一度に納めた際に積み上げた膨大な量の金を以て、これらの平泉文化に付随する王朝国家的な文化が東国やその交易路をスルーしてピンポイントに平泉に花開いたという、王朝国家の一種理想郷を平泉に見出し、東国、武家の文化的な低さを殊更に指摘する視点に対して明確に否定を示し、その交易路においても、同程度の文化的な浸透があったはずだとの認識を示していきます。

その上で、京を情報や文物ネットワークの交差点と見做し、京を起点に全国に向けて下向し、代を重ねつつも、色々な事情を以て武士としてこの地を行き交う事となった人々のネットワークの動き、悪い言い方をすれば欲望の離散集合の頂点に源平合戦があったと見做していきます。

京都で奉職し、第一線を退いた直後で上梓することとなった本書は、東国武士の研究者としての一方の史観と、自らが在する地におけるもう一方の史論に対する双方の疑念を九州の地に視点を置く事で、ネットワークという新たなテーマ設定によって相対化、より普遍的な視点を見出すことを目指した一冊。冒頭で述べたように各章ごとに別々の登場人物が語られるため、小テーマを集めたやや散漫な印象を受ける部分もありますが、昨今の地理学を組み合わせた繋がる歴史著述に対して、これまで培ってきた豊富な研究成果より具体的な視点を与える著述は実に楽しく、史論で語られる著述では欠落することが著しい発掘成果による史料補完への言及と併せて、中世の入口となるこの時代の著述がこれから更に発展していく事に期待を持たせる一冊です。

第一線の教壇から下る事で、今後は研究、著述により一層の注力を図る事が出来るであろう著者の更なる一冊に期待しながら。

<おまけ>

本書に関連する書籍を、本ページよりご紹介します。

今月の読本「頼朝と街道」(木村茂光 吉川弘文館)頼朝と一緒に中世東国史の起点を探す往来へ

今月の読本「頼朝と街道」(木村茂光 吉川弘文館)頼朝と一緒に中世東国史の起点を探す往来へ

最近の日本史に関する新刊のテーマを眺めていると、旅程や街道、文書を含めた往来の記録から時代背景を描き出そうという新しい切り口が見えてきます。

豊富な史料が残る近世、そして室町・戦国期に関しては、既に多くの書籍が登場していますが、時代を遡って中世から古代にかけても、徐々にそのようなテーマを掲げた本が増えてきたように思えます。

その中で、これはと思った一冊。以前にご紹介しております「動乱の東国史2 東国武士団と鎌倉幕府」に高い評価を与え、直接の影響を受けたと著者が述べられる一冊が上梓されました。

動乱の東国史2東国武士と鎌倉幕府と頼朝と街道今月の読本、吉川弘文館の歴史文化ライブラリー新刊から「頼朝と街道」をご紹介します。

ところで、本書にご興味のある方であれば、何故、平貞盛が将門に追われた際に千曲川を経てわざわざ山深い信濃を抜けて京に逃げ帰ったか疑問に思われたことはないでしょうか。そして、将門が新皇を名乗ったのが、関東でも外れに位置する下野の国府であった点を不思議に思われる事はないでしょうか。更には、木曽義仲がなぜその名前の如く、京に上る最短ルートである木曾から美濃に抜けるルートを取らずに日本海に出たのか、ちょっと変だと思われたかと思います。

そして、大蔵合戦から源平争乱期にかけて、更には鎌倉時代に入っても、全国の軍事力を掌握した筈の幕府内で、常に東国が南北に緊張関係を孕んでいたか疑問に感じる事があるかと思います。その行方が足利家と新田家を次の時代、南北朝期に飛躍させる源泉となった事にきっと着目されている筈です。

更には、東国に鎌倉府が成立し、京との二元政治体制になった後、鎌倉公方が権力を誇示しようと動く際に出陣する先が、何時も決まって府中であった点に東国史のファンの方なら必ず気が付かれているかと思います。

中世の始まりからのその終焉となる戦国期の入口まで。東国の政治状況の動向を俯瞰してくと、本書で述べられている点が全て当てはまっていく事になります。それは街道という名の人の往来を示すもの。

古代王朝が成立させたとされる、道幅も広く規格化された大道ではなく、現在の関東地方の交通ルートにも深く刻まれた、中世以降の往来の道筋を観ていくと、東国の歴史動向そのものが見えてきます。

本書ではまず、東山道から奥州へ抜けるメインルートであった、上野、下野を抜けていく街道筋に拠った将門とその一門の、奥州の権益の象徴であった累代の鎮守府将軍の地位が残した利益の継承を巡って争い始めた事が、中世を通じて続く東国の争いの原点であったと見做していきます。

古代王朝から続く東山道をベースにした街道を軸に勢力を張った藤原氏やその後に拠った源氏一門と、それ以前の段階で徐々に南下を始めた秩父党を始めとした平家の血筋たちは武蔵へ広く進出することになります。更には奥州での戦役を通じて後の嫡流となる源氏は南関東に地盤を持つようになりますが、この時点ではあくまでも主たるルートは東山道にあったとしています。

一度は失った南関東の地盤。頼朝の再起により房総半島を経て再び拠点となる鎌倉を目指す訳ですが、ここで既に平家に服従するようになっていた秩父党と武蔵の武士たちとの緊張関係が生じていた事が指摘されます。武蔵は既に抑えられていたため、頼朝としても街道から外れた地である、鎌倉に拠点を置かざるを得なかった事が見いだされていきます(但し、この見解には初期鎌倉の街路が東西方向に伸びている点を同じように指摘しながら、逆にその道を抜けて房総へ通じる海路こそが主たる交通路だったとする意見がある事も指摘しておかなければなりません)。

後世、武家の象徴として崇められる事になるイメージと全く異なる、軍事的な輝かしい戦果をほとんど持たない、引きこもり頼朝。鎌倉にどかっと腰を落ち着かせていたように見える頼朝は、実は度々軍を発し、巻狩りを繰り返しながら、自らも忙しく広範に広がる坂東の平野を行き来し、箱根を越えて威勢を示し、そして平泉攻めで見せた象徴的な示威行動を繰り返すことで、軍事的な勝利ではなく、連れ従う軍事力の大きさによる威圧によって圧伏していった事を示していきます(某研究者の方が、やくざの首魁に擬する様子、そのままですね)。著者はその度に、彼が通った道筋「街道」が軍事道路として整備されていったと指摘します。

自らの権力基盤を確立し、後顧の憂いを払った上で、いよいよ上洛を果たす段になって、頼朝はそれまでの古代王朝から引き継がれた東山道を経由したルートではなく、敢えて自らの新たな拠点である鎌倉に繋がる、東海道を経て西上することになります。歴代の源氏の拠点であった美濃、青墓の関ヶ原を前にして、東山道と東海道が交わる点であるという絶対的な地理的優位性と、その終着点として北に延びる道筋の先にある膨大な資源を擁する奥州、平泉。南に延びる新たな道筋の終点に整えられつつある武家の新たな本拠たる鎌倉。京をもう一方の支点として、東国へ向けて長く伸びる街道という名の軍事、経済ルートを完全に掌握した頼朝の自信が伺えます。これに本書では語られませんが、鎌倉期の最後まで関東御分国として維持される越後を加える事で、京を扇の要にして東国の街道を軸とした三方向の末端を確実に抑えていた事がはっきりします。

更に著者は、その後の東国史を決定付ける要素を政権を掌握した後の頼朝の動きから見出していきます。徹底的な警戒を崩さない、源平争乱期以前から東山道に拠った御家人たちへの態度。彼らはその後、室町時代の東国における、分裂した勢力の双方に対して自在に加担するもう一方のキープレーヤーとして力を誇示していきます。一方、その先の西に繋がるルートには源氏の一門を配することで、古来からの往来ルートの確保を目指しますが、その結果が室町期から戦国期における甲信地域の武士たちの在地性がやや低い、京の幕府と鎌倉との間で揺れ動く複雑な動向を生み出すことになります。

そして、旧来の街道を貫くように北へ伸びる「鎌倉街道」の先に広がる、本拠である鎌倉に隣り合う武蔵。秩父党の流れを汲み、広く分立する御家人たちを如何に懐柔して自らの味方として抱き込もうとする、遅れてやって来た、狭い鎌倉以外に地盤となる地を持たない頼朝とその後継者たちの不断の努力は、遥かに時を経た鎌倉府に参集した武士たちの代弁者、首班を期待された鎌倉公方、関東管領たちの動きすらも規定することになります。

最終的に最後の鎌倉公方である足利成氏が、伝統的な北関東への入口であり歴代の鎌倉公方が出陣した府中を経て、古河に動座することによって鎌倉府が消滅するまでの実に長い間、東国の動向を規定した鎌倉という存在と、それ以前から広大な坂東を縦横に結びつけてきた道筋を追いかけると、中世を横断した東国史の根底を鮮やかに描けることを実証した本書。

そのベースが、昨今大きな進展を見せている地域史、郷土史の研究成果の蓄積からもたらされた点に強い印象を受けながら、歴史を描き込む方法にまた新たな視点が生まれつつある事を嬉しく思いながら読んだ次第です。

まだまだ、東国の歴史はもっと、もっと面白くなる。

「頼朝と街道」と類書たち<おまけ>

本書に近いテーマを掲げた書籍のご紹介も

今月の読本「近代日本の就職難物語」(町田祐一 吉川弘文館)「高等遊民」を生み出した社会制度としての大学と学制への視点

今月の読本「近代日本の就職難物語」(町田祐一 吉川弘文館)「高等遊民」を生み出した社会制度としての大学と学制への視点

何時も新刊を楽しみにしている吉川弘文館さんの「歴史文化ライブラリー」。

気に入った内容の新刊が出るときには、発売早々に調達に奔走するのですが(田舎なので色々と)、積読中の書籍を読み終えてから漸く手に入れた今回。事前の刊行案内から興味津々だったので、取り急ぎ読み始めてみると、昨今のあらゆる状況が見事に反映されてるその内容に引き込まれて一気に読んでしまった次第。今回は、そんな近代史から現在を見通す様な視点に溢れる興味深い一冊のご紹介です。

近代日本の就職難物語今月の読本「近代日本の就職難物語」(町田祐一 吉川弘文館)です。

本書は著者の博士論文に繋がる著作である、同社から以前に刊行された「近代日本と「高等遊民」」(版元絶版)を下敷きに、主に高等教育を受けた学生たちの就職問題をピックアップして取り上げた一冊。内容自体は戦前の大学教育修了者と就職活動という近代史に基づく著述を採っていますが、その筆致には著者の現職(大学教養課程の助教)における大学生の就職活動に対する所感が色濃く反映されています。

副題にもある「高等遊民」というある種の魅惑を含むような言葉の意味通りの、高学歴を誇りながら定職にも就かず、社会から一線を引いて茫洋として生きていく世捨て人達を扱ったような本にも見えますが、そんなものは一握り、しかも資力を許す余程初期の学生に限られるとしていきます(夏目漱石の著作に多く現れてきますね)。自らの意志で「高等遊民」を目指した極僅かな特異者ではなく、そうならざるを得なかった事情を読み解いていくのが本書の狙い。普通に考えれば、経済状況の変遷に基づく就職難発生と緩和の趨勢が繰り広げられると思われますが、著者は更にもう一段上の視点を見出していきます。

近代日本に於いて制定された高等教育の「学制」そのものの発祥とその変遷。

さまざまな大学が創設の理念であったり、学生に求める資質であったりという建学側の理想があるのは尤もですが、著者が着目する点は社会的要請とそれに基づく「社会制度」としての学制と、その制度を経て社会に出ていく学生たちのマッチングにおいて生じる問題。

そもそも帝国大学を創設した最大の眼目は、高等官吏の養成であった事は良く知られている事です。官吏養成機関、更には官吏養成者を養成し、下級の教育機関が必要とする人材を送り出すための機関としての帝国大学の卒業生に求められる進路は、もちろん官職や教職へ就く事だった筈です。校数や定員、更には下級学校との配置を含めて需要と供給のマッチングが取られた、政府へ人材を送り出すためのシステムとしての学制。しかしながら私学を含む専門学校が大学へと制度変更され、社会に近代的な企業が勃興してくると、本来の制度設計と異なる状況が生まれてくることになります。

家族や地域、その他多くの期待を受けて、全国から集まってくる俊英たちの受け皿としての高等教育機関、大学。近代社会の発展と日本の工業化の進展により、それらの専門分野を有する学生は官吏だけでなく企業側の需要も伸びて来る事で、送り出す側の大学学部と企業、政府機関それぞれが足並みを揃えて、好景気の時には抜け駆けしてでも優秀な人材の確保を求めていきます。一方で官吏、教員の充足を当初の設置目的とした学科では、供給が需要を常に上回る傾向が続く一方、既存の権益の延長による学科、定員増設の機会において、素よりあったそれらの学科の定員も同様に増やされる事により、更なる供給過多の状態が生み出された事を、当時の政治状況を俯瞰しながら指摘してきます。

つい最近でも大きな問題となった法科偏重による著しい弊害の発生、そして文系学科の就職困難の事情。これらが既に大学制度創設当時から内包していた事に驚かされると共に、昨今議論となっている大学の「専門学校化」と戦前の就職事情への対処を重ねると、既に戦前から議論が続いていて、当時において原因までも明確に把握されていた事を指摘する著者の筆致に戦慄すら覚えます。

当初から社会への入口としての制度設計の意味合いを持たされていた日本の学制。好況期にはそれでも需要が供給を上回る為に問題点が浮上しづらいのですが、一度不況期に入ると経済活動を生命線とする企業は敏感に人員計画を見直す必要が生じるため、まずはその入り口である高等教育を受けた人々の受け入れを絞り込む事になります。不安定な就職状況に陥った際に効力を発揮するもの、それこそが閨閥であり人脈、所謂伝手と縁故の力が背後に浮き上がって来る事になります。近代的な高等教育と制度設計を設けたとしても、やはり最後は人と人の関係が最も重要。状況が厳しくなれば尚更です。

では、そのような伝手を辿れない学生たちを支援するのが大学の就職課や就職あっせんを行う機関。強力な就職指導や産業界とのコネクションのチャンネルを積極的に開拓していく大学の就職担当部署の成立と、時にはコネで押し込めたり、就職に関して殊の外強い教授が学生に人気が出るのは今も昔も何ら変わらないようです。では、それらの救いの手も功を奏しない場合はどうなるのでしょうか。

本書は現在の事情にはほとんど言及しませんが、読まれた方が予想される通りのシナリオを勧められることになります。起業、地方就職、そして挫折を現すことになる帰郷…。周囲の期待を浴びつつ、不断の努力を払い、漸くの想いで手に入れた階段の先に観た絶望的な現実。ここまでの著述であれば、ああそうやって現実に絶望した学生たちの成れの果てとして「高等遊民」が生まれたのですねと、早合点してしまいそうですが、さに非ず。

確かに望まぬ職に就く事を潔しとせず、「避難所」として大学院に籍を置き、状況の改善をじっと待ちながら研鑽を続け本望を遂げる人。時には怠惰に流されつつも、文筆等の分野に活路を見出す方もいたようですが、現在と違いそのような恵まれた境遇を踏めた方はほんの僅か。著者の着目点は更にもう一段別の側面へと進んでいきます。そもそも将来的に政府の一員として国家運営に資する人物を養成するのが日本の高等教育の起源。その能力と資質を持ちながら、社会に組み込まれる余地を失った人々が向かう先は何処でしょうか。そう、彼らが社会を不安定化させる事を危惧する指摘が早くも日露戦争後の不況期には現れていた事を見出していきます。

繰り返し述べるように、著者は本文中で何ら現在の事情を指摘するところはありませんが、この着眼点が過去の話でななく、今、目の前に現実として現れているという点は、もはや改めて指摘するまでもない筈です(日本のみならず)。

その上で、大学自体も社会を構成する一員として決して遊離したものではなく、その入り口として(ここでは新卒偏重主義の議論はしませんが)の役割と、それを制度として担保する「学制」というロジック。その枠組を経る事でしか社会に出る事を許されない、現代の日本の学生たちに対して、大学というシステムが何を成せるのか、近代史の史実を読み解きながら研究者として思いを巡らす著者の想い。

丁寧な筆致のうちに、経済状態回復のみを当てにしてその手当をおろそかにし続ければ、社会不安の種を播く結果となってしまうという想いすら織り込んで、実際に学生を社会に送り出す立場として、歴史学から指摘する本書。

時に研究成果やテーマとかい離して、社会的な問題点を指弾し、それを顕現させるかのように研究史観を掘り下げ続ける著述に残念な想いをする事がある中で、決してそのような指摘を無理にせずとも、自らの所属する社会性に立脚しながらも、歴史的な事象から現代に通じる課題を読み解く事が出来る事を見せてくれた本書の筆致に深く感心した次第です。

良くも悪くも、近代化の特質とその中で連綿と続いてきたと著者が述べる、大学と社会の関係。その関係が社会への入口として今も機能している以上、採用する側の工夫や大学自体の努力と共に、志望する学生が入学する前の段階から、その先をしっかり見据えられる「学制」が求められているのかもしれません。

「高等遊民」は決して求め、求められて、生じるものではない筈なのですから。

<おまけ>

本ページでご紹介している関連する書籍を。

今月の読本「タネをまく縄文人」(小畑弘己 吉川弘文館)最新分析手法が語りかける、拘りのない考古学への誘い

今月の読本「タネをまく縄文人」(小畑弘己 吉川弘文館)最新分析手法が語りかける、拘りのない考古学への誘い

日本で最大の縄文遺跡の集積地、ここ八ヶ岳山麓に居住していると、縄文遺跡は極めて身近なものです。

そして、周囲には多くの縄文ファン、古代史に興味のある方が住まわれています。

溢れるばかりに存在する遺跡に出土物、それらを綺麗に収蔵、展示している自治体ごとに存在する考古館。収蔵される発掘成果の多くが古代史への扉を開くカギとして貴重な品の数々なのですが、展示物に付される説明を読んでいるとどうしても解せない点が出て来ます。

縄文時代にも拘らず農耕への道筋、特に稲作との関連性をしきりに模索する点(and否定する点)、そして古代史の展示や資料を眺めていると不思議に思えてくるのは、発掘成果から徐々に乖離して研究者の方々の持論と思想がないまぜに語られる文化論。史料との直接的な関係性を観たいと思う私にとって古代史がどうしても好きになれない点でもあるのですが、そのような疑問にストレートに答えてくれる一冊が登場しました。

縄文遺跡のメッカ、中部高地から遥かに離れた南九州を研究のベースに置かれる著者による、最新の知見と研究手法をふんだんに盛り込んだ一冊です。

タネをまく縄文人

何時も新刊を楽しみにしている吉川弘文館の歴史文化ライブラリー最新刊より「タネをまく縄文人」(小畑弘己)のご紹介です。

本書の表題を見ると、一部の方は「何だ、また縄文農耕論の本か」と思われるでしょうが、表紙のイラストを良くご覧ください。収穫しているの物は何でしょうか、米ではありません。縄文農耕論が辿っていくパターンに従って観た場合でも、麦でも、雑穀でも、エゴマでも、ソバでもありません。もちろん照葉樹森林文化論で出てくるイモ類でもありません。その絵に描かれているイメージは豆の莢。著者の提案する新しい縄文農耕のカギとなるのは、これまでの稲作文化との相対や前身性の議論から離れた新しいアプローチによる提案。そして、提案に至るキーパーツたちを捉えるきっかけとなった分析方法を本書は詳しく述べていきます。

本書は大きく分けて4つのパートに分かれています。縄文農耕の作物としての豆(ダイズ、アズキ類)への着目。そしてこれらをエサとしたであろうコクゾウムシと豆類の生育の関係。避けては通れない稲の移入と縄文期の歴史的展開の話(ここは最大公約的な結論ですが、大陸の出土物との関連性で述べる点は注目で)。最後にこれらを導き出す手法となった、レプリカ法から繋がる圧痕法の解説とそれに続く新しい分析手法の紹介。

著者は史学科に属していますが、所謂考古学者とはちょっと毛色の違った経歴をお持ちのようです。参考文献に豊富に掲載される英文、韓文、漢文の引用論文。X線CTや軟X線スキャナ、光学3Dカメラの解説に圧痕法使用樹脂の解説。そして、極めて細密なダイズの寸法評価やコクゾウムシの形態分析。文学博士の称号をお持ちですが、どちらかというと分析屋さんに近い系統の仕事のされ方をしています。

ある意味発掘や思索を専門とする考古学者とは別のアプローチによる、分析重視の出土物調査の集積。その結果は、土器や土偶等の発掘物の精緻な分類や比較文化論による文化的な側面を重視した時代構成を描く、次に来る弥生時代との峻別や先進性を訴求せんが為に、その痕跡をひたすら追い求めて袋小路に入っていく多くの古代史の研究成果に対するアンチテーゼ的な結論を導き出していきます。その為でしょうか、著者の筆致には考古学者の方へのやるせなさや研究の停滞への想いを隠さず、時に判断を促さんと欲する突き放す様な描写すら見せます。

所々に傍観者的な雰囲気を漂わせる、分析屋さんのちょっと悪いパターンを行間に垣間見る感もありますが、その指摘には興味深い内容がぎっしりと詰まっています。

発掘された土器の表面に残る圧痕をシリコーン系の樹脂で型を取って、電子顕微鏡で観察するという、当時の形態をそのまま取り出す事が可能な手法であるレプリカ法、その後継手法として陽刻としての3次元形状を捉える事を目的とした圧痕法。従来の考古学的手法による種子類の抽出を行っていた著者が新たに取り組んだ手法を用いた膨大な分析結果を俯瞰していくと、これまで着目されなかったマメ類、それも在来種と思われる種子が土器に多数の圧痕として残っている事が確認されていきます。そして、分析結果の中に、本来であれば穀物類をエサとする筈のコクゾウムシの圧痕を見出していきます。マメ類の圧痕は関東や中部高地から西へ向けて、そしてコクゾウムシの圧痕は稲作が遥かに遅れて伝わったとされる薩南諸島で出土した縄文期の土器からも見出されていきます。この結果は従来的な縄文時代の推移を学んだ者にとっては驚きの結果。狩猟採集の縄文文化は半島から来た稲作文化に追いやられて南北の端に追いやられた。穀物を主食とする害虫であるコクゾウムシなどの発生は、穀物生産=稲作文化の伝播と並行して起こったという認識を根本から見直さなくてはならない事を痛感させられます。更には栽培植物化による種子の大型化と、種子の中で幼虫が育つ必要があるコクゾウムシのサイズ変化(むしろ小型化する)からの考察として、縄文期に食されていたものが穀類(≒稲)ではなく、クリやマメ類であったであろうという点にまで議論を押し広げていきます。

この議論は、八ヶ岳西麓に住んでいる者にとっては非常に大事な話。所謂藤森縄文農耕論が唱える先駆的な農耕の先には常に「稲作=水田」が付いて廻っていました。その結果、お隣の阿久遺跡の発掘に於いては、農耕、即ち水田に類する痕跡を求めて、台地上からはるか下に流れる川の付近まで発掘調査を行ったが、水路に相当するものは最後まで発見できなかったとのお話を、発掘40周年を迎えた今年の記念講演で当時の担当者の方から伺ったことを思い出しました。

ステレオタイプかもしれませんが、何としてでも文化的に弥生時代の先駆が縄文であった事の痕跡を探すことに躍起になる縄文文化。その度に稲作のない縄文の農耕は農耕とはいえず、縄文の後進性と大陸文化=先進文化の受容というスキームで臨む弥生文化。更には、それらに輪をかけるように展開されるxx文化論的な物証論からやや逸脱する、精神論的な部分も垣間見れる議論。更には考古学者の全てが目を伏せて逃げ出したくなる、解消されないあの事件のトラウマ…。

これら部外者には俄かに判りかねる魑魅魍魎的な古代史の議論に対して、分析屋さんらしい切り口、そして海外からの視点を重ねながら、文化ではなく、発掘史料が語りかけてくる結論に対して真摯であろうとする著者の姿勢。

土器の表面という限られたポイントからすべてが把握できる訳がない点は充分に承知している。更に、なぜ土器の表面にそれほどまでにマメ類やコクゾウムシの痕跡が残っているのか想像は出来るのだが、物証から確証には至れない(ここで、前 長野県考古学会の会長でもある会田進氏の「やればいくらでも種実圧痕が出てくるので、もはやマメはあって当然のことと思っています」という発言を拾っている点に、著者の想いが帰結していると思います)。それでも他の分析手法に対して、当時の形態を確実に保存しているという明らかなメリットを前面に掲げて分析結果を積み重ね、議論の深まりを模索する著者の姿勢には大いに賛同したくなるところです。

全国各地に数多ある縄文遺跡とその発掘成果。著者の言葉を借りれば「第二の発掘を待つ宇宙の星の数にも等しい土器たち」が各地の博物館や収蔵庫に眠っています。著者が一人でその全てを調査することはもちろん不可能でしょうが、そこにはまだまだ新しい発見が眠っているはず。より多彩な分析方法を駆使して、これまでの研究分野の枠組みを外してほんの少し見つめ直せば、縄文の研究分野はもっと広がり、もっと楽しいものになると実感させられた一冊です。

井戸尻考古館の炭化麦出土品全ての議論の起点である、植物性炭化物出土品の数々(藤森縄文農耕論のゆりかごでもある、諏訪郡富士見町信濃境の井戸尻考古館にて)

 

<おまけ>

本書とほぼ同じタイミングで刊行された、縄文時代を扱った一冊「つくられた縄文時代」(山田康弘 新潮選書)をセットで。こちらの本も従来の縄文時代感を是正することを狙った内容ですが、正直に言って上手くいっていないように思われます。1,2章の戦前、戦後の考古学への認識と、それに対する歴史教育分野での行政の介入部分は後付け的で、内容も考察不足ないしは、引用と帰結が余りにも大振り(モースとシーボルトの件以外は「考古学とポピュラー・カルチャー」(櫻井準也 同成社)を読まれた方が良いかと)、5章は本論とはあまり関係のない、著者の持論展開であり(こちらは同じ歴史文化ライブラリーの「老人と子供の考古学」の焼き直しである事を明言しています)、実質的には3章で述べられる、著者の奉職先である民博の展示入れ替えに際しての考察である、時間軸と空間軸に於ける縄文時代の枠組みの是正の部分だけが本題です。

タネをまく縄文人と、つくられた縄文時代

<おまけの2>

本ページより関連書籍、テーマのご紹介

今月の読本「新田一族の中世」(田中大喜 吉川弘文館)地域史と時代史が交差する、武家の棟梁へと昇華した義国流清和源氏たちを歴史物語から汲み取って

今月の読本「新田一族の中世」(田中大喜 吉川弘文館)地域史と時代史が交差する、武家の棟梁へと昇華した義国流清和源氏たちを歴史物語から汲み取って

やはり8月は夏休みがあるためでしょうか、面白そうな新刊が各社から続々と登場。ついつい買い込んでしまった本達を読んであげる時間を確保するのも苦しくなる(そしてお財布も)月末を迎えています。

それでもお天気が悪い日々が続くので、多少読む時間を注ぎ込めるうちに読み切った、なかなかに楽しい一冊をご紹介です。

今月の読本、いつも楽しみにしている吉川弘文館さんの歴史文化ライブラリー新刊より「新田一族の中世」(田中大喜)のご紹介です。

新田一族の中世この表題をご覧になって、おやっと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

シリーズを追われている方、中世史にご興味のある方なら、最近刊行された一冊に「三浦一族の中世」(高橋秀樹)という、同じような時代背景で、同じようなテーマーを掲げた一冊があった事に気が付くかと思います。続けて出された版元さんの意図は判りかねますし、一見すると一族を入れ替えただけで似たような内容で綴られているようにも思えますが、さにあらず。同じ東国の名門武家を扱っていますが、前書と対照的と言っていいほどの違いを見せています。そして、その叙述の違いが歴史研究者としての著者のスタンスと、本書の特徴を更に際立させます。

「三浦一族の中世」は通史あっての個別史であるという著者の強い想いに従って、在地での活躍、鎌倉幕府での位置づけの著述を差し置いてでも、京を中心にした鎌倉前期、中期における三浦一族の活動を通史の一端として描くことに注力していきます。一方、本書は新田一族に拘らない著述という点では前述の書籍と同じなのですが、通史(この場合は、太平記等のその時代を代表する歴史著述)自体が、描かれた歴史物語、すなわちこれらの著述には必ず著述者の描かんとする意図が含まれているという大前提に基づき、その描かれた著述(歴史物語)から一族の歴史の実像を読み解いていこうとします。

新田一族の中世と三浦一族の中世大きな歴史物語の流れの中に添えられる、個別の歴史というアプローチと、大きな歴史物語を動かす駆動力としての、個別の歴史をその中から読み下していこうとう、正反対のアプローチの違いをまずは読み比べてみると面白いかもしれません。

大きな歴史の流れの中から個別の歴史を読み解いていく本書。そのためには、正確にその交差するポイントを拾い込んでいく下地が必要となります。本書では、大きな歴史物語と繋ぐこととなる新田一族の在地での活動についても、多くのページを割いて検証していきます。

義国流清和源氏の在地への定着と名字の地への分派、繁栄を描く前半。そこには以前ご紹介した「動乱の東国史2・東国武士団と鎌倉幕府」で惜しくも欠落していた、北関東における武士の交流や、浅間山の噴火と復興に重ねた開発の様子が丁寧に描かれていきます。地域史の中で活動する義国流源氏の一門と、より早く在地化した在地領主との血縁や寄進、私領の荘園化。京との関わり合いを描きながら、どのような形でそれが在地に定着していったのかを、新田荘をはじめ、北関東に多く残る史跡、そしてこの手の本では珍しい、中世の発掘成果を解説しつつ(用水と荘園開発に関わる資本、技術としての京との関係性を指摘する点は注目)、当時の状況を俯瞰していく筆致は、文献資料に飽き足らない、著者の旺盛な研究心が伺えます。

旧東山道と鎌倉から越後に通ずる要路を扼する新田荘界隈。そして、石材の産出地を押さえていた事による豊富な財力を誇ったとする義国流清和源氏一門。なぜ新田本宗家(著者は他の一門と識別する為にこの表現を用います)だけが、鎌倉中期の歴史の中からすっぽりと抜けてしまったのか、その理由をいち早く頼朝、そして鎌倉幕府、北条家の傘下に入った事により御家人筆頭の地位を着実に固めつつあった足利本宗家に対して、新田本宗家の方は頼朝への帰参が遅れた事が最後まで響き、武家の名門として敬意は払われつつも、任官もままならず、地位的には一御家人に留まった点から検証していきます。そこには、新田一門内でも、より早く足利本宗家との関係を重視した山名、そして足利本宗家の後押しにより受領の地位を得た世良田家との確執の末に自由出家という、自ら没落へのトリガーを引いてしまった、悲しい本宗家のあり方を指摘していきます(この自由出家という言葉、足利家でもその後出て来ますし、尊氏については、それこそ事あるごとに出家すると言い出す訳ですから、義国流清和源氏のお家芸かもしれません)。

新田一族の中世関連書籍1

世良田、岩松両一門をして、総領としての地位を語られるほどに没落していた新田本宗家。著者の指摘では足利一門として庇護される地位にまで没落してたとされる新田義貞の代(それでも長楽寺への寄進所領の多さから、社会的地位は没落していたが、財政的に零落していたとの判断は早計だと指摘しています、そして本宗家としての求心力回復に努めていたとも)。なぜそのような義貞が表舞台に立つことが出来たのでしょうか。

本書の描くもう一つのテーマ、それは清和源氏嫡流としての新田家の復活に繋がる理由を追う事。その前段階として、元寇による危機を打破する為に北条家によって起こされた、宮将軍の一時的な源氏将軍化による、御家人への求心力回復活動があるとします。源氏将軍に奉仕する清和源氏筆頭としての足利本宗家の地位を北条家が認めた事で、図らずも足利家の地位が向上、それは源氏将軍、そして宮将軍の次の地位を担える立場は北条家ではなく、清和源氏の一門である事が自明となった点に帰着するとの認識を示していきます。

この著者の認識に従って鎌倉幕府滅亡、そしてその後の混乱への経緯を紐解いていくと、面白い結果に結びつくことになります。北条家の戦費取り立てにあい、やむを得ず挙兵に至ったと述べられる義貞挙兵の理由も、清和源氏筆頭で総領でもある尊氏の(当時は高氏)指示による、足利一門を賭しての決起。既に官職を帯び、三河を拠点に、西国を押さえに掛かる足利本宗家の尊氏に対して、無位無官ながら、同じく本宗家としての伝統を有し、敬意を払われていた新田氏の当主として、北関東に広く一族のネットワークを有する源氏一門、御家人を束ねる役割を担わされた新田本宗家の義貞。鎌倉陥落とという、見事にその役割を果たした義貞の力量もあって、急速に御家人たちに対する求心力を高めていったと指摘します。その根底にあるのが、清和源氏こそが武門の棟梁を占めるという、前述の伝説の再生成であったと見做していきます。

そして、建武新政後のわずかな期間で後醍醐と決裂する尊氏と、それを追討する義貞。ここで著者は、足利一門扱いに過ぎなかった新田氏が歴史の表舞台に引き出された理由を、太平記成立の過程から読み解いていこうとします。お互いに協調はすれども反目する理由がなかった尊氏と、義貞。後醍醐に反旗を翻したことで朝敵となった尊氏に対して、追討する義貞を花園院の院宣によって同じように朝敵に擬したことで、朝敵同士の争い、即ち足利一門同士の私戦から公戦へとの転換があったことを認めていきます。公戦の形式を整えるためのスケープゴートとしての朝敵、新田義貞。そのイメージはその後に語られる忠臣、新田義貞のイメージとは大きくかけ離れていますが、尊氏、そして室町幕府の正当性を語る太平記の著者にとっては必要だった手段。実際に湊川での敗戦後、それまでの君意を汲み取って徹底抗戦を唱える義貞は逆に後醍醐に遠ざけられる一方、恒良親王を伴って北陸へ落ちていきます。著者はその行動に対して、旧来からある賊軍とされないための配慮ではなく、「忠臣」である事を辞めと表現し、後醍醐と決別して、次の玉を握った上で抗戦を続けたと提起していきます。

表面的には公戦を唄いながら、実際には足利一門の闘争に終始する清和源氏の両宗家。建武新政とその後の混乱の中で位階を引き上げていく尊氏と、鎌倉陥落と、その後の尊氏追討の功績によって急速に位階を挙げていく義貞。戦乱の中、二人の源氏が戦いあう事で清和源氏の地位はどんどん上昇し、それに伴う自らの動員力の源泉、軍勢催促や見返りとしての軍忠状発行、そして安堵や仕置きといった権限を集積していきます。

戦いの中で積み上げられていった、両宗家の軍事的な地位と付随する権能。その行き着く結果としての尊氏の将軍就任。その流れは、主従制を規範として棟梁を仰ぎつつ結集を図るという、武家社会特有の結集核、求心力の成長の筋道そのものを観る様な思いを持たせます。そして、残された多くの史料が、その流れに連なろうとする御家人、武士にとって、繋がりに結びつくことを如何に重視していたかを改めて示していきます。歴史物語の中で描かれる新田一族の浮沈と、結集核としての棟梁の資格。結果的に新田本宗家は滅亡の道を歩むわけですが、その中で培ってきた物語、伝説は長く生き残り、その後の徳川江戸幕府成立の歴史的継承、義国流清和源氏、新田一族世良田氏という筋書きを再び蘇らせる下地になることになります。

大きな物語の中に組み込まれた一族の活躍を語り起こしていくことで、大きな物語の駆動力の源泉を解き明かしていこうという本書。巻末にあるように、それは単に一族の歴史を読み解く事だけではなく、物語として描かれる時代背景を改めて見直して、その中に織り込まれた想いを読み解き直す事を繰り返すことで、導き出されていくのかもしれません。

<おまけ>

本ページでご紹介している、本書に関連する書籍を。

新田一族の中世関連書籍2

今月の読本「将門伝説の歴史」(樋口州男 吉川弘文館)今も其処に鎮座する、怨霊に込められた変わらぬ想いを

今月の読本「将門伝説の歴史」(樋口州男 吉川弘文館)今も其処に鎮座する、怨霊に込められた変わらぬ想いを

東京は大手町。オフィス街のど真ん中に、周囲から切り離されたような一角があります。

皆様ご存知、平将門の首塚。

正確には古墳の跡らしいのですが、今も語られる祟りの数々と共に怨霊、平将門の伝説は形を変えながらも1000年の時を越えて脈々と関東の地に息づいています。

平将門の首塚位置Google mapで示す、将門の首塚。

でも、平将門の伝説を少しでもご存知の方なら、何故彼が活躍し、そして敗れた下総や常陸ではなく、やや離れた江戸の地にこの首塚が存在することに少しおかしな感じを受けられれるのではないでしょうか(都から首が此処まで飛んできて、力尽きたという伝説を以てしても)。

そして、歴史上唯一の逆賊と呼ばれ、その死後、数々の怨霊伝説を生み出す一方、神田明神の祭神として江戸っ子たちに厚く祀られ、こうして今も大手町の片隅に鎮座し続けるという、大きなギャップを抱える将門の位置づけ。

そんな疑問に対して、丁寧に答えてくれる本が登場しました。

将門伝説の歴史今月の吉川弘文館の歴史文化ライブラリー新刊から「将門伝説の歴史」(樋口州男)のご紹介です。

本書の著者は所謂在野の研究家と呼ばれる系統に近い経歴を有される方で、本書の内容も、著者の前職である都立高校教員時代に始められた公開講座における講演内容からスタートしたことが、あとがきに書かれています。東日本に豊富に残る将門の伝承、伝説。特に著者が教鞭を執られた東京から千葉にかけては、1000年を経てもなお、濃厚にこれらの伝承が伝えられ続けており、多くの記録や伝承に触れられる機会に恵まれていたようです。

その中で、著者は史実に近いであろうと見做される将門記をベースに置いて、その記述と交差する物語の中から虚構と伝承を拾い出していきます。

本書は大きく分けて4つのパートに分かれていて、それぞれの関連性はやや希薄な部分もありますのでばらばらに読む事も可能ですが、伝承の変化を追いかけるという意味では、つまみ食いで読むより、出来れば冒頭から読み始めた方が良いかと思います。

冒頭の将門記で描かれる承平天慶の乱の経緯、将門記の成立過程の検証とその記述から、既に著者のある想いが込められている事が判ります。中央から遠く離れ、対北方戦線の兵站基地としての役割を長く担わされてきた東国。所謂王朝国家体制の確立期に達した時点で、その兵站基地としての役割は、王朝国家から送り込まれる受領による収奪の地へと変わり、その受領と争う軍事貴族崩れの土着勢力も、また王朝国家からの脱落者たちであったはずです。

中央からもたらされる災厄に対して敢然と立ち向かう(ように見える)姿勢を取って各地の紛争を制圧、時には調停し、最後には国衙すらを制圧することで、東国の人民を代表する政権の分離、権限の分割を図ろうと画策した(と、考えられる)将門。彼自身も王家の末裔であり、紛争の相手もいずれも同じような出自を持っていたので、決して彼だけが英雄視される必然性はなかったのかもしれません。

それでも彼の活躍が、その後長く長く語り継がれる理由を著者は見出していきます。新皇宣下の際に象徴的に語られる、菅原道真と八幡神との結びつき。この結び付きに伝説のスタートがあると見做していきます。そこには、当時の東国の受領層における菅家出身者がこの伝承を生み出すのに関わったであろうと述べていきます。そして八幡神への信仰は、源氏がその祭神を求めた結果、そのまま長く続く武家の崇敬へと繋がります。

では、なぜ江戸の地なのか。一般的に考えれば当地を押さえていた江戸氏と、千葉氏、そして秩父党との関わり合いを述べていく事になりますが、著者はその中で後の時宗、遊行二世である他阿弥陀仏(真教上人)が残した真筆との関わり合いから、船運に関わる人々や遠く伊予を本拠地とする河野氏との関連性を示唆していきます。このスケール感の先には、きっと藤原純友との関係も語られるかと思いましたが…、それは流石に飛躍が過ぎたようです(河野氏との関わり合い自体も否定的な見解があるとの事)。

ここで更に、本書のハイライトでもある「なぜ、将門が怨霊となって祀られることになったのか」を著者の自説を交えて語っていきます。その論旨は是非本書をお手に取って読んで頂ければと思いますが、そこには著者の想いと共に、時に数多くの神々を祀る趣旨の一端が垣間見えるようです。

怨霊としての位置付けが定まった将門。その先に語られる時代は、泰平の世の江戸時代から風雲急を告げる幕末へと移っていきます。読物として語られる将門伝説。前太平記や京伝の読本の部分は全体の構成から少し離れた、文芸に織り込まれた将門伝説が語られていきます。そして、戯作者としては京伝の弟子でもある馬琴による、将門伝説に対する将門記を用いた検討を読むと、厳密な校訂者としても知られた馬琴のその性格と共に、読本作者としては強力なライバルでもあった京伝への強い対抗意識が見えて来るようです。更には佐倉惣五郎との結び付きから語られる将門伝説には、その伝説の背景に脈々と伝えられる民衆に寄り添い、権力者に立ち向かうという英雄像が、混乱期を迎えた幕末の世情に見事に受け入れられていったことを(もう片方の思惑も込めて)示していきます。

そして時代は明治維新。怨霊としての将門が立ち向かってきた、逆賊と呼ぶ相手が自らの真正面に乗り込んできて対峙するという新しい時代を迎えた時に、伝説は新たな展開を見せるようになります。

その中で、著者は多くのページを割いて、織田完之の特異な将門雪冤活動を述べる事に注力していきますが、むしろその著述に惹かれるのは、江戸、そして東京に住む人々の中にしっかりと根を下ろし、そしてどのように時代が移り変わろうとも、人々が入れ替わろうとも「自分たちがお祀りするもの」としてこの地に根付いた将門、そしてその根底に深く息づく想いを投影しながら語る点。事あるごとに怨霊としての力を振りかざし、そして信仰の対象から外されてもなお、外から連れてきた祭神よりも篤い崇敬を受け続け、遂には祭神としての地位すらも取り戻すというそれは、伝説の力が秘めた、もう一つの歴史物語。

大きな歴史物語が語られる中で、時として忘れがちになってしまう、歴史とは言い難いかもしれない伝承や伝説、そして怨霊物語。そのような物語の中にしっかりと息づく想いを汲み取っていこうという本書は、歴史はその時代の解釈に合わせて描かれ続け、その都度に書き直されていくという厳然たる事実と、その背後に重ねられた想いを見出していく事への事例を示してくれる一冊かもしれません。

将門伝説歴史と類書たち<おまけ>

本ページでご紹介している、関係する書籍を。