今月の読本「漂流の島」(髙橋大輔 草思社)そこは物語と強い想いが剥き出しの現実と交わる場所

今月の読本「漂流の島」(髙橋大輔 草思社)そこは物語と強い想いが剥き出しの現実と交わる場所

伊豆七島と小笠原の間に忽然と浮かび上がる孤島、鳥島。

アホウドリ繁殖の保護活動で有名な島ですが、絶滅のきっかけとなった入植、そして入植者を襲った噴火、新田次郎の小説でも知られている気象観測員の全員避難といった歴史までは比較的知られていると思います。では、それ以前にはどんな歴史があったのでしょうか。

江戸時代の歴史にお詳しい方ならご存知でしょうし、幕末のジョン万次郎の物語を読まれた方もお分かりかと思いますが、黒潮のど真ん中に浮かぶこの絶海の孤島は、太平洋を航行する船乗りたちが、時に漂流者となって辿り着く島でもありました。

歴史的な史料や書籍は相応にありますが、現在の姿を描いた本はアホウドリ関係の書籍にほぼ限定されており、一般の立ち入りも厳しく制限されているこの島の、しかも江戸時代の漂流者達に興味を持った一人の「探検家」が辿った道筋を自ら描く一冊をご紹介します。

IMG_20160528_012331

今月の読本「漂流の島」(髙橋大輔 草思社)です。

まず、このような珍しいテーマの一冊が上梓された事に驚かされると共に、出版までにかなりの紆余曲折があった事をストレートに記されたあとがきを読むと、豊かな出版環境が辛うじて持続している事の大切さを改めて思い起こす所です。著者は「探検家」を称される方で、海外では「ロビンソン・クルーソーのモデルとなった人物の住居跡」を発見した事で知られる人物だそうです(残念ながら私は知りませんでした)。

本書の舞台である鳥島に興味を抱いたのも、その発見と同じルーツを感じたからのようです。今は未知の場所の忘れられてしまった足取り、記憶。探検家として、その足取りを追い求めるのが必然という結論に至った著者は、現状で二つある鳥島への上陸可能性を有するアプローチ、アホウドリの研究者と同行する事、もしくは火山研究者に同行すること、その双方にトライすることで、極めて稀な一般人、それもアホウドリにも火山にも関係ない、一私人(表向きは火山研究者の助手として)としての鳥島への上陸を果たします。

そこは人の上陸すら困難な、依然として植生の回復がままならず、噴火の痕跡が島一面を覆う、剥き出しの自然が牙をむく場所。研究者、そしてその研究を助ける人々が、何時噴火するとも判らない、比較的海が平穏な状態でも接岸は困難で、戻れる日程すらままならないという厳しい状態で島と向き合っている場所(ゴムボードに乗り換えて、既に放棄された昔の着岸場所跡に乗りつける以外、上陸手段はない)。それでもいま保護しなければ後がないアホウドリの保護のため、ここでしか取れない貴重な活動中のデータが得られる火山の研究の為、その後戻りできない現実と向き合う最前線に研究者たちは赴いていきます。

その昔、繰り返し多くの漂流者たちが辿り着いた時の絶望感とは全く異なるかとは思いますが、それでも、明治期のアホウドリの羽毛収奪から噴火による全滅、戦中の守備隊、そして噴火の予兆を前に脱出を迫られた気象観測員たち、更には現在の研究者たちと、この島に至った人々は、ある意味常に切羽詰まった、限界の状況で渡ってきたことが見えてきます。

その中で著者が特に惹かれていく江戸時代の漂流者達。そして彼らが生活したであろう痕跡、洞窟跡へと興味は収斂し、その痕跡を史料から、そして現地で探し求める事になります。既に2度の大きな噴火で江戸時代とは大きく地形が変化し、過去の痕跡は溶岩の下。同行者達、そして関係者からその存在に否定を受ける度に、自らの目で確かめるまでは諦めないと渡島し、戦中の防空壕と謂われた場所に興味を絞り込んだ著者は、鳥島から戻った後もその確証を得るため、そして再度の「探検」を目指した活動を続けます。

その結論は本書をお読みいただきたいと思いますが、諦めきれずに連絡を取った後で著者に送られてきた、巻末に述べられる、最初に鳥島への道を開いてくれたアホウドリ研究者の方が伝えた回答メールに端的に示されていると思います。

鳥島探訪までの道程、その後の結末について自らの想いをストレートに克明に述べられた記録。一方で、著者の原体験でもある、物語としての「ロビンソン漂流記」への想いを現実に結びつけた、探検への想いそのままに、明治以降、そして戦後も何作にも渡って描かれた漂流者の物語と自らの探検への想いを重ねて、漂流者達の記録と自らの渡島経験を照らし合わせ、想いを募らせる程、探検の意義を語るほど、その筆致はリアルに描かれた鳥島の現実から徐々に離れていってしまいます。

絶望の中で希望を持ち続け、一人孤独に、時に仲間と共にその道筋を切り開き、戻る事が叶わなかった人々の思いを抱いて帰還を果たした漂流者達の道程に、少し嬉しそうに、まるでみずからの探検家としての想いを載せるように描かれる漂流者達の物語。帰還した後に歴史の中に忘れられていく漂流者達のように、あるいは今の探検家としての存在のように、着地点を得られないまま、その物語は著者の溢れる想いとは裏腹に、波間へゆっくりと沈んでいくかのようです。

著者が想い、奇しくも足を踏み入れた場所、そこは今でも剥き出しの現実と向き合い続ける場所。探検という名の物語の一ページとして語るには、未だ余りにも生々しい場所なのかもしれません。

貴重な鳥島探訪記として、鳥島の歴史ガイダンスとして、そして特異な切り口で描かれる江戸時代の漂流者の物語として、あるいは探検家の発露としての物語として。その道筋の先は大洋から打ち寄せる波濤のように四散してしまったようですが、想いを綴る物語は今もその島に寄り添っているようです。

版元さんの紹介記事はこちらで読む事が出来ます。

本書の巻末で語られる、著者が一縷の望みを繋ぐかのようなタイミングで取材協力を申し出ていた、NHKのドキュメンタリー制作スタッフ。その企画が著者の手を離れた後に完成した番組が今年の7月に放映されました。

著者との関わりについては一切述べられていないとの事ですし、番組をご覧になった方に伺った限りでは、上陸後は殆どアホウドリの事しか述べられなかったとの事。

こちらにありますように、JAMSTECが番組制作協力を行っていますが、「漂流」する事を追体験することと、「漂流生活」を遺跡、探検として扱う事を完全に分ける事で番組を成立させたようです。

著者はこの番組に対して、別段のコメントを残されていないようですが、本書をお読みになった方は、どのように感じられたでしょうか(2016.8.27追記)

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

今月の読本(特別編)「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編 ヤマケイ新書)山岳図書専門出版社の良心に裏付けられた、あの時何が起きたかの手掛かりとしての一冊

ドキュメント御嶽山大噴火ヤマケイ新書51024-YS009。

シリーズで刊行される出版物には、大体通し番号が付けられますが、この非常に若い番号にも拘わらず、表題にある様な大きなテーマをシリーズ開始僅か2ヶ月目で手掛け、刊行に漕ぎ着けた版元様並びに編集スタッフに、まずは敬意を表する次第です。

そして、山岳関連図書出版のエキスパートとして、山の文化を活字と写真を以て伝える使命を社是とする出版社として、このようなテーマを速やかに扱って頂けた事を素直に嬉しく思っています。SNSの登場によって、情報が今まで以上にライブ感とスピードを競うようになり、その結果、僅かの時間で情報が消費され、忘れ去られる中にあって、情報、そして人々の記憶が風化する前に生の言葉を活字として記録に残して頂けた事は、今後起きるであろう類似の事例の為にも、極めて貴重な実録となるはずです。

ヤマケイ新書の第2回配本として緊急出版された「ドキュメント御嶽山大噴火」(山と渓谷社編)です。

本書は緊急出版のため、その過半がインタビュー形式の文章で綴られています。また、信州大学の研究陣より寄せられた科学的考察と題される寄稿文(火山噴火、防災、高層気象)も、その時間的制約から実質的には既存の知見に基づく、テレビ等でおなじみの識者へのインタビューを採録したような形に近い書式を採っています(その中でも、今回の噴火が防災上予想されていた範囲であった点はきちんと理解すべきですし、前兆現象が把握されていた中で今回のような被害が防げなかった防災学、減災の限界を直視させられます)。

それだけに、本書は読書を楽しむものでも、読むことによって知的好奇心を満たすための本でもありません。

前述のように、情報と記憶が風化する前に、当事者たちの声を採録し、それを記録することを最優先とした実録と考えたい一冊です。従って、インタビューのフォーマットはほぼ全て揃えられており、遭遇者の心境や現在の境遇を綴る事よりも、実際に起きた事の時系列性や当時の装備、登山経験といった遭遇者のバックボーン、そして避難や救助の状況描写に力点を置いている点からも、極めて記録性を重視した内容となっているといえます。

その上で、多くの遭遇者が「もっとしてあげられる事があった筈」と心境を述べていた事に配慮したのでしょうか、巻末には特別編として災害リスク心理学を専門とする研究者による「サバイバーズ・ギルト」という、聞きなれない言葉を用いた、所謂「生き残り」に対する後悔の念を持たれる方に対する、心理学的な配慮に関する見解が述べられていきます。

本書は、普通の新書本の新刊とは一線を画す一冊。同時に発売された今月号の「山と渓谷」の特集記事と併せて、山岳を愛好するすべての方々への、山に登るという事の極めて危険な一側面を改めて知って頂く事と共に、辛くも生還された方々の貴重な声を正しく記録しておくことを目指した本。あの日、あの時に起きた事を正確に理解し、次に山を目指す人々へ語り継ぐために。

<参考として>

本書の前に刊行されたもう一冊の緊急出版物である「緊急報道写真集2014.9.27 御嶽山噴火」と、数少ない火山としての御嶽山を単独で扱った書籍、今回の噴火に際して迅速な再版が行われた「御嶽山 静かなる活火山」(木股文昭著)。いずれも地元の信濃毎日新聞社刊も併せてご覧頂ければと思います(写真は2010年の初版本で、書店で確認したところ、再販本とは帯と掲載写真が異なっています)。

御嶽山関連書籍

今月の読本(特別編)「御嶽山 静かなる活火山」(木股文昭 信濃毎日新聞社)緊急再版のご案内

今月の読本(特別編)「御嶽山 静かなる活火山」(木股文昭 信濃毎日新聞社)緊急再版のご案内

既に版元在庫なしとなっていた、元:名古屋大学地震火山・防災研究センター教授で、現:東濃地震科学研究所の副首席主任研究員である、木股文昭氏の著作である「御嶽山 静かなる活火山」(信濃毎日新聞社)が急遽再版されることになりました。

信毎のホームページをご覧頂ければと思いますが、11月には各地の書店に入荷すると思われいます。

<信濃毎日新聞社オンラインショップの紹介文追記より>

※2014年9月の噴火を受けた緊急増刷版ですが、本の内容は2010年6月刊行のものです。ただし、帯を新装し、グラビアには2014年の噴火写真、また、巻頭に著者の言葉を追加しました。

—引用ここまで—

(著者は、現在欠品中で緊急増刷中の「緊急報道写真集 2014.9.27 御嶽山噴火」にも寄稿されています)

御嶽山を単独で扱った数少ない書籍の再版実現。このような事故の発生を受けての再版とは大変残念ではありますが、ご興味のある方は、是非ご一読頂きたいと思います。

御嶽山 静かなる活火山

(上記の写真は、私が所蔵する初版本です)

本書が刊行されたのは2010年の6月。まだ東日本大震災も発生しておらず、噴火に関する記述は2007年の噴火自体を直接確認できなかったこと、最後の地震に関する記述は宮城県内陸地震と、その後激変してしまった状況と大きくかい離している部分も見受けられます。

読み手である私自身も、最初に読んだときには、書かれている内容自体に対して、自身の切迫感もなかったこともあり、あまりピンとくるところが無かったのが実感です。むしろ、繰り返し述べられる苦言に、やや食傷気味だったと事を覚えています。

しかしながら、現在の御嶽山で発生している状況について、改めて本書を読みなおしてみると、現在議論となっているほぼすべて点に対してカバーしている事に驚かされます。

まず、研究レベルの話としては、御嶽山自体の活動実態が、実質的に1979年の噴火以降、僅か30年ほどのデータしかないため、全く以て活動の予測が困難であることが挙げられています。更に、地中のマグマの動きが極めて特異であり、他の活火山でのモデルを適用することが難しいこと、また火山活動がマグマとの直接の関係が示唆されるにも関わらず、これまでの噴火ではマグマ起因の噴出物が無いという複雑さを有するため、当時としても火山活動のモデルを構築することが難しかったことが判ります。

更に、噴火モデルを検証するにも、火山活動を詳細に把握するためにも必要となる、最後の頼みの綱である地震計による観測も、気象庁の地震計は僅か1か所(これは現在も同じ)。実際の観測には、大学や県が設置する観測機器にも頼らざるを得ないこという厳しい現実(さらに言えば、2007年の噴火の際にも、長野県が管理する山頂の地震計は使う事が出来ず、今回も停止していたという、同じ問題を抱えてしまった)。特に標高3000mを超える独立峰である御嶽山の場合、モニタリングカメラもかなり長距離から狙わなければならず、常に噴煙を確認できないというジレンマも抱えています。

以上のような観測体制上、データ蓄積上にも課題を抱えながらも実施に移された、警戒レベルの導入について、活動実態の把握が不足しているために、その後の観測の充実が既に求められていましたが、実際には前述のように2007年の小規模噴火や、その後の大震災による見直しも間に合わず、今回の結果となってしまいました。

そのような中でも、これまでの知見で山頂付近で噴火活動が起これば、噴火による生活への影響はほとんどないが、火砕流や土石流が大きな被害をもたらす可能性が実際に把握されており、実際に噴火活動に伴う警戒レベルに応じた対応により、今回の噴火規模(現時点で)では一般生活への影響はほぼ出ておらず、地元への被害は最小限度に留まっています(現在では、観光面での風評被害や他の活火山におけるリスクマネージメントの方が大きくクローズアップされています)。

この点は、1979年の噴火の時と同じく、今回の噴火でも不幸にして登山中の方が撮影された多くの写真や動画が噴火の様子を把握する第一次情報と なってしまったことからも明らかなように、集中型の観測体制における機動力の弱さを露呈してしまった感があります。この機動力の違いに対して、本書の刊行 当時には地元測候所の閉鎖を疑問視していますが、それから4年を経てSNSが大きく普及した現在では、気象庁や関係機関による情報発表の前にSNSで噴火 の情報や登山者による直接の投稿写真が配信されるという、更なるかい離が生じる結果となっています。

本書では、このような後手に回っている観測、監視、情報共有化への対応策として、2007年の噴火事例や、当時活発な噴火活動を起こしていた浅間山の例を取り上げて、ネットによる火山情報の共有化にまで踏み込んだ提起を行っており、その先進性には驚かされるばかりです。

この度の再販を機会に多くの方が本書を手に取られ、研究の最先端に就かれていた方の火山噴火、防災に対する想いを少しでも知る機会が増えることを願ってやみません。

御嶽山噴火緊急写真集

木曽馬の里のシンボルと御嶽山再び、のんびりと木曽駒達と戯れる、穏やかな日々が戻って来る事を願いながら(開田高原、木曽駒の里より御嶽山を遠望。2014年5月)。

<本ページ内の関連リンク>

ブルーバックス「Q&A 火山噴火」全文無料配信のおしらせ

New!(2015.9.12):長らく絶版となっていました本書が、9月に第2版として内容を改めて復刊することになりました。復刊に当たって、講談社のサイト「現代ビジネス」に改訂版の一部内容が6日間連続で連載されています。

ご興味のある方、初版が入手できず入手をご希望されていた方は、是非ご覧頂ければと思います。

発売開始はは9/21の予定です。

—本文此処から—

既に各所に情報が流れておりますが、この度の御嶽山噴火に伴って、要望が急増していたであろう、絶版中の日本火山学会の編纂によるブルーバックス「Q&A火山噴火」が期間限定で全文公開されることになりました(フォーマットはPDFです)。

以下に講談社によるリリース文を掲載します。

—引用ここから—

今回の御嶽山噴火で、改めて自然の脅威を思い知らされ、活動中の火山への監視体制の強化の見直しが求められています。
一方、趣味としての登山の普及など、山々と親しむ機会の増えている現状を考えると、私たち1人1人が、火山に関する最低限の知識をもつことも重要だと思います。

ブルーバックスでは、2001年に刊行し、現在は品切れとなっている『Q&A 火山噴火』を、編者である日本火山学会の賛同を得て、「はじめに」から第9章までの全10ファイルに分けて全文無料配信します(11月30日までの期間限定配信です)。
御嶽山については、第2章および第4章に若干の記述がありますので、ご参照ください。

今回の噴火で犠牲になられた方々に衷心から哀悼の意を捧げます。

ブルーバックス出版部

Q&A 火山噴火—引用ここまで—-

お読みになったことが無い方は、この機会に是非ご一読いただければと思います。

公開リンク先(画像をクリックして頂くとジャンプします)

http://bluebacks.kodansha.co.jp/bsupport/kazan.html