今月の読本「灯台はそそる」(不動まゆう 光文社新書)魅せられてしまった著者が未来に伝えたい、光の路への想い

今月の読本「灯台はそそる」(不動まゆう 光文社新書)魅せられてしまった著者が未来に伝えたい、光の路への想い

既に飽和状態にある毎月刊行される新書シリーズたち。凝った表題や意表を突くテーマだけでは魅力が伝えきれないと考えてでしょうか、書棚に並んだ際の統一性から装丁だけはほぼ固定されてきた新書に於いて、昨今では特殊装丁を施して並ぶ例が散見されるようになってきました。

何処の新書だろうかと首を捻りつつも、確かにインパクトと伝えたいと願うイメージは伝わるなと、手に取った珍しいテーマの一冊。

今月の読本「灯台はそそる」(不動まゆう 光文社新書)のご紹介です。

敢えて帯を外して写真を撮っていますが、版元さんの所謂、何々女子と付ければ、男のマニアックな世界に乗り込んだ華として持て囃されるだろうという下心すら感じる帯にちょっと懸念を持ちながら手に取って読んだ訳ですが、カラーで掲載された巻頭の美しい数々の灯台の写真の後に控える前半戦に関しては、残念ながら懸念通りの内容となっています。

その筋では極めて有名な”灯台女子”を名乗られる灯台をテーマにしたフリーペーパーを主宰されている著者が、一般の読者向けに執筆した灯台ガイドブック。一般向けを指向されていますので、船舶、海洋関係のある程度の知識を有されている方であれば、冒頭から述べられる灯台への偏愛(マニアックポイント)や、灯台に関する基礎知識はそれほど珍しいものではないでしょうし、昨今のネット環境の普及を考えれば、他のリソースからでも充分に入手できる内容かと思います。また、世界の灯台巡りについても、雑誌に掲載されるような紀行文のスタイルで述べられますので、本書を読まなければ絶対に知り得ないという内容ではないかもしれません(むしろ、著者のファンの方に向けた旅行エッセイになっているようにも思えます)。

著者の溢れる灯台愛の熱量に当てられながら、やはり新書だから薄味なのかなと、ちょっと残念な気持ちで読み進めていたのですが、その思いは4章に入ると大きく変化します。

著者が活動のベースに置いているフリーペーパーの取材も含めての内容だと思われますが、普段あまり語られる事のない、灯台守の皆さんへのインタビュー(しかも彼らが勤務した灯台に改めて同行を願い出て一緒に訪ねる)。僅か40ページ程ですが、実際にその職務に就いた方でしか語れない、貴重な勤務当時の内容が綴られていきます。かなり前のめりで、one wayなその筆致は懸念を抱かせる程の没入感ですが、それだけ話されていた内容を真摯に伝えたいという想いがこもったもの。今や忘れ去られたその職に対する、改めて顕彰をしたいという強い願いが感じられます。

そして、現在も運用されている灯台に対する世界的な風当たり。GPSや補完衛星によってmm単位の位置情報すら伝える事が出来るこの世界に於いて、前時代的な陸地から光を放って船を誘うという行為自体が、ノスタルジーで非効率的である事は否定する事は出来ませんし、実際に年々灯台の数は減少を辿っています。更には、灯台自体の建築技術、漆黒の海を照らし出す光源も駆動系も、フレネルがフランスでそのシステム化を手掛け始めた時から大きく進化を遂げています。より安全な航海を願う以上、技術の進歩は必然であり、役割を終えた設備、技術は静かに後進に道を明け渡す事になります。

そのような潮流に対して、本職が学芸員でもある著者が訴える、残していれば後世の人に選択肢を与える事が出来るという願い。前のめりで語られるその論旨をどう捉えるかは読まれた方へ委ねられますが、産業遺産特有の維持限界、その限界点が低い日本の産業界への、すこし異なったアプローチを伴った提言が語られていると理解したいところです。

マニアックなお話はさておき、その海辺に佇む孤高の姿に心を奪われた著者の筆致に乗って、その姿が与えられた時代の息吹を波の音と潮風と共に感じながら、少しノスタルジックな海辺の旅に出てみるのは如何でしょうか。

 

広告