暑くなった新緑の日々(2019.5.22~25)

5月も終盤、初夏の心地の中、各地で田植えが進む八ヶ岳山麓ですが、昼と夜の寒暖が大きな今年、週末には真夏日寸前まで気温が上がるようになってきました。

雨上がりの朝、雲が取れはじめた南アルプスの山並みを映す圃場。緑が眩しくなってきました。

雲が晴れた夕暮れ、西の空に残る霞を焦がす残照が圃場を照らしています(2019.5.22)

暑くなった金曜日の昼下がり。

すっかりと緑が濃くなった桜並木の向こうに、雪渓が薄くなった甲斐駒が顔を覗かせています。

新緑の山裾を纏う甲斐駒。

強い日射しを浴びて雪渓と新緑がコントラストが眩しく輝きます(2019.5.24)

土曜日になって更に暑くなってきた昼下がり。

緑濃くなる麦たちも、眩しい日射しを受けて輝きます。

暑さに追い立てられるように高原へ。

野辺山の牧草地は心地よい風が吹いていますが、既に25℃を越えて夏日になっています。

牧草地帯を移動していくとヤマナシの木でしょうか、満開の花を咲かせています。

雪渓が薄くなってきた八ヶ岳東麓。標高1400mを越える山裾の落葉松林も新緑に染まり始めています。

牧草地帯を進んでいくと落葉松林が目の前に広がり始めます。

新緑の落葉松の向こうに頭を覗かせる八ヶ岳。

まだ若い落葉松の新緑たち。

落葉松林の脇を流れる沢。渓畔林も軽やかな新緑に染まり始めています。

沢筋を越えて再び牧草地帯へ。

落葉松林が連なる先に午後に日差しを浴びる八ヶ岳。

牧草地の隣に広がる高原野菜の畑はこれからの耕作シーズンに向けた準備の最中。真っ白なビニールの帯が雲一つない空の下に広がります。

眩しい日射しの下、ちょっと暑くなった午後の高原ですが、心地よい風が牧草地を吹き抜けていきます。

麓に降りる途中、緑濃くなる落葉松林で覆われる谷筋。

何時もより更に太陽の眩しさを感じさせる、暑くなった5月最後の週末の午後。

明日は更に暑くなる予報です。

 

 

広告

身近な彩を探して(2016.10.16)

好天が続いたこの週末。

せっかくのお天気、家の片づけをする前に少し外に出て、彩を探してみます。

観音平から秋の富士山自宅から10分ほど車を走らせて、標高1600mの観音平へ。

山を覆う落葉松の黄葉は、この標高まで上がっても緑がまだまだ交る、緑茶色。

ちょっと拍子抜けしながら、雲海の向こうに浮かぶ富士山を眺めます。

ツタウルシ1そうはいっても、既に十月も中旬。色付きを深めるツタウルシが、彩の秋に入っている事を教えてくれます。

ツタウルシ2まだ緑を残す落葉松に絡み込みながら、鮮やかな彩を魅せる、ツタウルシの紅葉。

ツタウルシ3朝日を受けるツタウルシ。光が透き通って、まるでステンドクラスのようです。

秋色浅い東沢大橋少し東に移動して、清里の東沢大橋へ。

少しずつですが、彩を見せはじめています。

八ヶ岳横断道路はクラッシックカーの走行会(例の有名なやつです)に参加する車が、西の富士見高原に向けてひっきりなしに通っていきます。

野辺山の紅葉2少し脇道に入って、野辺山の某所へ。

既に落葉が始まっているのですが、色付きはあまりよくありません。

野辺山の紅葉1昼下がりの陽射しが差し込む林の中に入ると、漸く秋らしい彩に巡り合う事が出来ました。赤蕎麦と八ヶ岳うっすらと雲が掛かり、穏やかな日差しの朝から、昼過ぎになると急に風が強くなり、空の様子は一転。眩しい日差しが降り注ぐ、雲一つない青空が広がりました。

八ヶ岳を遠望する赤蕎麦の畑では、遅咲きの蕎麦の花が一面に広がります。

昼下がりの牧草地より八ヶ岳遠望秋とはちょっと思えないほどに光あふれる昼下がりになった日曜日。

それでも、刈り取られた牧草地の色合いからは、秋の深まりを感じさせます。

午後になると急速に天気が悪化してきた八ヶ岳の南麓。今夜は雨になりそうです。