今月の読本「イワナとヤマメ」(今西錦司 平凡社ライブラリー)フィールド分類学の金字塔はフラットに追及するエッセイとして

今月の読本「イワナとヤマメ」(今西錦司 平凡社ライブラリー)フィールド分類学の金字塔はフラットに追及するエッセイとして

一昨年の秋だったでしょうか、平凡社ライブラリーさんがSNSを通じて募集していた復刊アンケート。

最近は何やらBLやちょっとキワモノ系(腐ですかぁ…)の作品推しのようですが、バブル前後の一時期、このシリーズは自然科学に関する多くの作品を取り揃えていました。

当時は本屋さんというより釣具屋さんの書籍コーナーで見かけた懐かしい作品を推させて頂いたところ、復刊リストに載せて頂けた一冊。

昨年の復刊以来、出歩く先で本屋さんの前を通りかかる度に飛び込んでは探し続けても見つける事が出来ず。マイナーな復刊作品は全国チェーンの本屋さんでも地方支店には廻って来る事はないようで(本屋さんで注文せいというのはごもっともなのですが…)、結局ネット通販経由で買うことになってしまった、復刊一年後に漸く読む事が出来た一冊のご紹介です。

今回は「イワナとヤマメ」(今西錦司 平凡社ライブラリー)をご紹介します。

本書の著者である今西錦司先生は既に故人ですが、釣り人や淡水生物学の分野では極めて有名な方。後に日本モンキーセンターを設立され、日本における霊長類学の基礎を築かれるという多彩な経歴を持つ研究者です。元来は水生昆虫の研究者だったのですが、金字塔ともいうべき成果は、本職の分野だけではなく、その水生昆虫を餌とした渓流の魚たちの分類でも打ち立てたもの。更に述べれば、その論考は論文としてではなく、学会誌以外の雑誌などで発表され、学会側が追認せざるを得なくなったという、当時としても破天荒ともいえるアプローチと壮挙。現在の釣り師やアングラーをはじめ、写真家や収集家といった学術的な資質、経歴とは別次元の立場でも、フィールドで活躍されている方が学術的な成果に寄与出来る事を他分野の研究者として実地を以て示された、フィールド生物学の先駆となった事例を示した内容で綴られる一冊です。

本書は、その代表的な論考である「イワナとヤマメ」および「イワナ属-その日本における分布」の2編と、その論考を纏めるに当たって、広く全国をそれこそ網の目のように釣り歩いた登山家にして渓流釣り師としての視点で語るエッセイに、戦前を含めて、釣りに纏わる数点の小作品をまとめた一冊。戦前の1930年代から主著を含めて最も新しいものでも1960年代末の作品と少々古いのですが、そのような感じを全く受けない、研究者の方の著作らしい、平明な筆致で貫かれています。

地方によって呼び名が異なり、河川毎に、更には降海や本流、湖への回遊によって形態や模様も変化に富むイワナ、ヤマメ。現在のような遺伝子分析による分類学が未成熟な段階における、形態や生息環境に基づく分類が主であった当時。学会でも百家争鳴状態にあったその分類に対して、魚類は本職ではないが、山を歩き渓流を跋渉する事を生業としてきた、水生昆虫の研究者であった著者は、その後に覚えた玄人肌の釣技を駆使しつつ、当時はまだ豊かに残っていた(1960年代前半、著者は既に憂いの言葉を述べているが)各地の渓流を、地元の協力者や著者の研究に興味を持った研究者の協力を得ながら事細かに探索していきます。その結果、各地でそれぞれに呼ばれていたイワナ属たちのすべてが一つの属に集約される事を明確化し、遺伝子分類学が発達した現在でも、著者が提唱した分類定義(水温による棲み分けという考え方を含めて)が依然として利用され続けています(ヤマメの方については少し議論を先走りすぎたようですが)。

ここで著者の筆致に特徴的なのが、所謂釣り師や自然愛護家によって書かれた著作にみられる、自然への畏敬に満ちた、渓と魚たちへの哀歓を込めた詩情にも似た想いを綴る内容に対して、研究者らしく極めてドライに綴っていく点です。現地での行動やその釣果、最も注目していた彼らの形態や模様を、自らの検証と真正面から照らし合わせていく。他の研究者たちのこれまでの報告内容への厳しい指摘、詳述される自らの結論への揺ぎ無い想いを積み上げていく過程。その冷静な筆致は、終章として掲載された、若くして山で命を落とした芦峅寺の案内人へ送る哀別の辞においても崩れることはありません。

本書に釣り師が書かれた釣魚礼賛といった内容をご期待される方には、正直にいってお勧めできないのですが、もう少し視点を広げて、彼らの生活する場と、その多様な形態への不思議さを追求していく、自然科学の研究者としての矜持とその足取りを綴った一冊として位置付けるのであれば、これほど快活に、雄弁に物語る作品はありません。

また、現在の淡水生物の研究において、分析技術の進化や社会的道義性の延長とも捉えられる生態系サービスといった考え方がそれをもたらしたのでしょうか、時に悩みこんでしまうことがある点について、著者は極めて合理的に述べていきます。曰く、水系を跨いで別亜種が紛れ込むのは、聞き取りを行えば分かるように以前から人がその魚たちを渓を跨いで放流しているからであり、生息の減少については、釣り人の自制とともに、人工養殖技術の確立とその放流による回遊の解明、人工養殖による増殖を図ることを考えるべきである、と。その内容は、種の多様性と環境を時に無垢の宝石のように、介入する事を時に破壊と断じる現在の風潮をもってすれば、暴論とも見做されるような見解かもしれません。しかしながら、後の文化人類学者として片鱗が見受けられる、人が山々を跋渉し、生活していく事を至極当然とした著者の視線はそのようには捉えないようです。そこには、生物学の研究者としての現実を踏まえた、更には著者のそれまでの歩みが明瞭に刻まれているようです。

その印象を伝える、後半に纏められた三編の海外における釣行記。戦前の大興安嶺での探検における食料調達の為の釣行と、戦後に調査のために訪れたカラコルムにおける釣行を綴ったエッセイなのですが、その筆致には現在では多分描き得ない視点で綴られます。

遥かヒマラヤの懐までに自分たちの生活スタイルを持ち込み、放流され、丸々と太ったブラウントラウトを釣りに向かう、既に植民地としての立場ではなくなったにも拘わらず、召使のごとく地元の人を使いながら悠然と釣行に訪れる英国紳士親子。その一行に加わり、さもありなんという様子で描く著者。大興安嶺を往く探検行でも、現地の人々を使役している事が明白に判るにも著述にも拘わらず、それを意識することなく綴り、ロシア人の駄馬使いが使う目新しいスプーンでの釣りを一緒になって興じる姿を描く、なんともフラットな描写。

グローバリゼーションと地域への回帰が双方で論じられ、遺伝子分類学が急速な発展を遂げる中では余りにも古典に類する内容かもしれませんが、それでも強く惹かれる透徹した視点と筆致に魅せられながら。

戦前の京都学派の雰囲気が漂う、卑屈さや狭隘さを感じさせない(釣技や釣果については、釣り人の性故か、ちょっとした屈折感はありますが)往年の大研究者が自らのフィールドの周辺で見つけた好奇心への探求する想いに触れる一冊です。

 

広告
今月の読本「ウナギの保全生態学」(海部健三 共立出版)生物学が社会学へと繋ぐ、生態系サービスという名の架け橋は

今月の読本「ウナギの保全生態学」(海部健三 共立出版)生物学が社会学へと繋ぐ、生態系サービスという名の架け橋は

今年もこのシーズンがやって来ました。

近頃では年間を通して話題に上る事もありますが、やはりピークは盛夏のひと時。庶民の贅沢、夏の滋養の源としてもてはやされたのは既に昔、今や自然環境保護のシンボルに掲げられるようになったその魚が、一時に大量に流通する土用の鰻のシーズンです。

食として、漁獲や養殖として、更には生態の神秘について昨今色々と語られていますが、本書はその先へのアプローチを求めて上梓された一冊のようです。

ウナギの保全生態学今月の読本、「ウナギの保全生態学」(海部健三 共立出版)のご紹介です。

この耳慣れない「保全生態学」という言葉。はじめににもあるように、分量の割には決して安価とは言えない、しかも版元さん故もあって専門書のコーナーに置かれるであろう本書を手に取られる方にとっては、本書の1,2章で述べられる、ウナギの生態や巷間で喧伝される事柄については既にご承知かと思います。ウナギの生態と生息環境についての問題点、そして経済活動上の問題や課題をコンパクトに判りやすくまとめていますので、これらの問題点について理解するための取っ掛りとしても充分有用な一冊です(お値段が許せば)。

その上で本書のキーワードとなる保全生態学という言葉、昨今随分増えてきた、何でも詰め込めば良いと言わんばかりの表記に時に首を傾げてしまう、大学の新たな学科名の一形態にも思えてしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

表紙にわざわざコーディネーターとして名前を連ねられている、著者の研究上の指導者である鷲谷いづみ氏が寄稿した巻末辞をご覧頂ければそのアプローチが判るかと思います。生物学がそのフィールドを広げて、広くその生息環境、更には生息環境に関与する社会的な構成にまで議論を広げていくために用いられる、幅広い領域をカバーする名称としての保全生態学。その象徴として、資源的にも有用かつ貴重であり、海と川を行き交い、魚類としては極めて長命を誇るこの奇妙な魚が最も相応しいと感じた著者の想いが述べられていきます。

アリストテレスを持ち出すまでもなく、このようなアプローチを突き詰めていくと最後は哲学に行き着くのは、もはや必然ではありますが、保全生態学はまだもう数歩手前、生物学がそのフィールドを研究室の水槽やフィールドでの調査活動からもう一歩進んで、社会的な価値やインパクトを与える事が出来るのかという道程を模索しているようにも思えます。その中で著者が用いるのが「生態系サービス」という聴き慣れない言葉。環境、経済に対して影響する区分を表を用いてその構成要素を示していますが、ちょっと首を傾げてしまうかもしれません。

人文社会学へのアプローチとして生物学側から提示された枠組み(フレームワーク)なのだと思いますし、その範疇が広く社会全般をカバーしている事はよく判ります。また、その象徴として声なきウナギを掲げる点は理念としては理解できます。一方で、主にサービスの受益者として、その枠組みの観察者として登場する生物学に対して、同じフィールドを経済活動として実際にサービスを供与すべき側に立つであろう水産学から見たとすれば、その捉え方はちょっと外的目線かつ、社会活動的側面が強く出ている気もします(これは理学と工学の分野でも同じことが言われています)。

そのような感覚を最も強く感じたのが、少ないページ数(本文140頁、参考文献を除けば130頁弱)の中で1割を費やして述べる、漁業法第127条(義務放流)に言及する部分。生態学の研究者の方々の多くが、漁獲制限を含む経済的な側面を指摘して(更には水産学に対して)統計的な資源量の調査の不備を指摘される度に引っ掛かる点でもあるのですが、一方で職漁者(特に内水面)にとっては、農業従事者が農地を所有し、里山を入会として管理しているのと同様に、職漁の場もまた同じであるという点が欠落しているように思えるのです。占有面である農場や圃場に対して公害抑止の観点で議論が求められる場合はありますが、それ以外の農耕や収穫に対して第三者の議論が持ち込まれる事はあまりないかと思います(本書では圃場整備による流路の固定化について言及していますが)。一方で、水面に対して完全な占有所有権を設定できず、川や海などが多くの場合、共用すべき空間、資源として認識されているが故に、一方的な漁獲が許されず、持続可能性が求められるが故にこのような条文が用意されており、逆に言えば、職漁者にとっては自らの漁獲の補償の範囲内の責任を有するに過ぎないとも捉えられます(減反やTPPのお話は別としたいですが、ことウナギに関しては、当事者から見れは同じように映る点があるのかもしれません)。

農業者にとっては自らの収穫や自らが所属する社会性の範疇における責任を有するのに対して、職漁者だけが自らの漁獲に対する弁済と規制のみならず、遥かに広範囲な責任を、自らが所属する社会性の外に対してまで負わなければいけないのであれば、その生物学からのアプローチは少々厳しすぎるようにも見受けられます。このような着目点において、職漁者自らが自然遡上を促したり、漁獲削減を含む活動を起こす例も既に出てきており、海洋水産物に関しては行政によるより強力な、資源調査や補償を含む禁漁等の資源回復策が試みられています(その活動には水産学系だけではなく、生物学系の研究者の方が多数協力されているのも事実です)。

その中で、著者が自然の生態を遡る事は既に困難になっていると評するように、コンクリート固めの養殖池然と化してしまった各地の湖沼や河川に於いてこれらの実現を図るためにどうすればよいのか。著者は保全生態学が望むテーマに則り、持続可能な社会の追及を標榜し、市民、そして国際的なステークスホルダーによる協業や意思の集約といったスケールの大きな議論に進む事を望んでいるようですが、その中に河川の水産資源を日々の生業として生きている方々の影があまり見えてこない点に、幾ばくかの違和感を感じながら。

その一生の多くの時間を淡水の影響を受ける水域で過ごすことが求められるが故に、極めて馴染み深い魚種故に環境変化の象徴として捉えられるようになりつつあるウナギ。一方で研究者にとっては、そのヌルヌルとした体のように捉える事を容易に許さず、分らないことだらけ故に、もしかしたら細分化の極限に行こうとする生態学的、分類学的な研究の狭路から、生物学の研究者自らが抜け出すための道筋を描き出そうとしている一冊なのかもしれません。

夕暮れの諏訪湖とシジミの放流実験看板時に「養殖池」とも揶揄される諏訪湖で実施されている、人工砂洲でのヤマトシジミの放流実験湖畔にて。

シジミを始め、江戸時代以降、繰り返し続けられてきた、各地から移植された魚介類によって漁撈が成り立っている諏訪湖。同じく移植されてきたワカサギの採卵事業は、今や日本中の湖沼におけるワカサギ供給の中核を担うようになっています。

この湖にも以前はウナギが遡上しており、対岸の岡谷市は今でもウナギを始め淡水漁獲物料理を名物としていますが、ウナギは完全に養殖頼り。それでも、職漁者や養殖業者が、これらのサイクルの最先端にある事で成り立っている事実を忘れないために。

<おまけ>

本ページでご紹介している関連する書籍を。