春の嵐の後、澄んだ青空の下で(2020.4.19)

予報の通り大荒れの天気となった週末土曜日。

夕方になると日差しが戻ってきましたが、八ヶ岳は雲の中。

日没を過ぎて暗くなると、まるで壁のように聳える雲が八ヶ岳の稜線を覆っていきます(2020.4.18)

日曜日の朝。

夜が明けると眩しい日差しが差し込む八ヶ岳南麓。まるで5月の連休を思わせる眩しく暖かな日差しの下、心地よい風が谷戸を吹き抜けていきます。

山では雪になったのでしょうか。眩しい日差しを浴びて、南アルプスの頂上付近は雪渓が輝いています。

眩しい日差しを通して輝く枝垂桜。

標高900m弱に咲く枝垂桜、今年は寒の戻りがあったため長く咲き続けましたが、そろそろ散り始めの時を迎えたようです。

南アルプスの上空は抜けるような青空が広がりますが、八ヶ岳は沸き立つ雲の中。

少し登って、標高1000m台に広がる圃場の脇。遙か南アルプスを望む天空に咲く枝垂桜。

まだ春の嵐の余韻が残る強い風が吹く中、広がる青空の下、たわわに付けた薄紅色の花が揺れています。

山裾を覆っていた雲が切れ始めると、昨晩降ったであろう新雪に彩られる八ヶ岳の雪渓が見えてきました。

地上よりもだいぶ遅い山里の桜は今が満開の頃。

ひんやりとした雪渓に彩られる鳳凰三山をバックに花を咲かせる、葛窪の枝垂桜。

齢200年以上、最早失われて久しい信州と甲州の境にある番跡の脇で、時を経ても尚、咲き誇り続けます。

行き交う車も少ない、例年であれば多くの方々が桜見物に訪れる信濃境、高森の集落。甲斐駒を背景に県道越しに枝を伸ばす桜は今年も満開の頃を迎えています。

静かな高森観音堂。

時折、地元の方が通りかかるばかりですが、例年通りお堂の戸は開かれています。

静かな観音堂を囲む桜の木。昼下がりの眩しい日差しが降り注ぎます。

何時ものお店でお昼ご飯を買って自宅に戻る途中、小さな谷戸の前でふと立ち止まって。

抜けるような青空と甲斐駒の雪渓を暫し望みながら。静かな休日の午後は自宅でのんびりと過ごします。

四月のなごり雪、桜と共に(2020.4.14)

先週来の冷え込みがピークに達したタイミングで訪れた南岸低気圧。

所謂「かみ雪」が降るパターンですが、例年ですと4月も1週目くらいまで。既に夏タイヤに交換した後に降って湧いた大雪の予報に戦々恐々とする週末からの日々。

夜半に霙交じりの雨が屋根をたたく音が響く度に肝を冷やすこの数日でしたが、八ヶ岳の南麓は辛うじて降雪を免れたようです(もう少し標高の高い別荘地帯にお住いの方々は除雪に追われたようです)。

雪雲が去って抜けるような青空が広がる朝。

勤め先まで車で向かう途中、ほんの少し寄り道しながら、ピークを迎えた桜と新雪に覆われた山々のコラボレーションを楽しみます。

氷点下まで下がった冷たい風が吹く中、新雪に覆われる甲斐駒をバックに花を咲かせる、諏訪郡富士見町信濃境、田端の枝垂桜。

南アルプスの稜線もきれいに雪化粧をしています。

雪煙を上げて新雪に染まる八ヶ岳の山裾。

実は山裾が白く染まるのは「かみ雪」の時だけ。冬場の乾いた軽い雪はそのまま地面へと積もっていきますが、春先の重たく湿った雪は山裾を覆う落葉松の枝々にも降り積もり、山裾を白く染め上げていきます。

南アルプスの山並み、更に北側の入笠山方面は朝日を浴びて真っ白に輝いています。春先の雪はちょっと困りものですが、この時期だけの美しく染まる白銀の稜線。

寒の戻りで花を咲かせ続ける、北杜市小淵沢町、神田の大糸桜。八ヶ岳の裾野は東側まで雪で白く染まっています。

抜けるような雪晴れの青空の下、満開の花を咲かせる枝垂桜。

雪に染まる南アルプスの上空から下弦の月がゆっくりと沈んでいきます。

新雪に覆われる南アルプスの山裾へと続く、北杜市長坂町、蕪の桜並木。

雪煙を上げて新雪に染まる甲斐駒の山裾を彩る桜並木。滅多に見る事が出来ない貴重なコラボレーションです。

麓近くの山裾まで新雪に染まる南アルプスと、少し葉が交るようになってきた標高760mの桜並木。

これでシーズン最後となるはずのなごり雪が去っていくと、八ヶ岳山麓の桜前線は標高1000mを超える高原地帯へと昇っていきます。

桜咲く静かな八ヶ岳山麓、春の日々(2020.4.5~11)

例年になく早い訪れとなった春の陽気ですが、4月に入ると寒の戻り。

日中は日差しも眩しく春心地ですが、朝晩はまだまだ冷え込む八ヶ岳山麓です。

さっと雪交じりの雨が降った朝。

午後になって青空が広がる八ヶ岳の麓、例年より1週間ほど早く咲き始めたコブシの花を追うようにほころび始める、信濃境、田端の枝垂桜。

雨上がりの夕暮れ。

透き通る西の空、ビニールハウスを照らし出すオレンジ色の夕日がゆっくりと沈んでいきます。既に午後6時を過ぎていますが、四月の日暮れは長く、春分迄は南アルプスに沈んでいた夕日も塩嶺の更に向こう、木曽の山々の先へと沈んでいきます(2020.4.5)

少し早く帰宅する夕暮れ。

18時半を回っても僅かに明るさが残る西の空に浮かぶ八ヶ岳のシルエットと咲き始めた桜の木(2020.4.6)

少し冷え込んで空の霞が取れた朝。

集落沿いの道端に咲く桜も満開を迎えました(2020.4.8)

寒の戻りが続く四月上旬。

氷点下まで下がった朝、雪渓を戴く甲斐駒を望む集落の高台で甲斐駒を見上げるように咲き誇る桜(2020.4.9)

春霞の朝。

旧道に連なる集落へと続く道筋で満開を迎えた蕪の桜並木。

雲が多く、まだ冷え込む朝。桜並木の更に向こう、春霞の中に八ヶ岳の雪渓が顔を覗かせています。

雪渓を抱く南アルプス、鳳凰三山を遠くに望む牧草地沿いに連なる桜並木。春の日差しが戻り、輝きだす桜の木。

桜のシーズンになると、朝から多くの方が行き交う場所ですが、今日はひっそり。時折、道筋の奥にあるゴルフ場へと向かう車が通過するだけです(2020.4.10)

少し涼しい快晴の朝を迎えた週末土曜日。

空模様は徐々に下り坂、春霞の下で輝く甲斐駒の雪渓の上空には雲が広がり始めました。

行き交う車の驚くほどの少なさに暫し呆然としながら、買い出しのために車を走らせる途中で。

雪渓を僅かに残す八ヶ岳の懐。燕が飛び交う青空の下、小さな谷戸の高台で咲き始めた信濃境、田端の枝垂桜。

まだ咲き始めですが、青空の下、満開の頃合いには見られない桃色に染まる印象的な色合いを見せてくれます。

俗に三色に染まると称される桜の木。

後背のコブシの花は散り始めていますが、八ヶ岳側で咲くもう一本の桜の木はまだ咲き始め。それぞれのコントラストが浮かび上がります。

春の日差しの中、谷戸の奥尻に当たる高台にで寄り添うように花を咲かせるそれぞれの木々。

枝垂桜の下に潜り込むと、鮮やかな桃色に染まる枝垂桜の枝の向こうに甲斐駒の雪渓が望めます。

春の日差しを浴びて桃色に染まる枝垂桜の枝々。

江戸の終わり頃からこの地で花を咲かせ続けていると伝わる古木。

周囲に点在する古い枝垂桜たちと同じく濃い桃色に染まる花は、幾百年を経て、今年も同じ場所で、時を重ねながら花を咲かせてくれています。

八ヶ岳の方から湧き上がる雲が少しずつ空を覆い始める静かな午後。

夕暮れに向けて崩れ始めた空模様。明日の晩には再びの降雪予報が出る中、足早に自宅へと戻ります。

少し歩みのペースを緩めた今年の春。山里に佇む桜の木々は、今年も山麓の集落をゆっくりと巡りながら春の訪れを告げていくようです。

春色の八ヶ岳山麓、夕暮れに田端の枝垂桜を(2019.4.16~20)

春の積雪に驚かされた先週。

再び春めいてきた八ヶ岳山麓、いよいよ桜のシーズン到来です。

鮮やかな雪渓を戴く甲斐駒を望む朝の桜並木(2019.4.16)

八ヶ岳を望む火の見櫓の脇で。春の日射しで八ヶ岳の雪渓はすっかり痩せてしまいました。

民家の脇に立つ満開の桜の木と鳳凰三山。穏やかな春爛漫の朝(2019.4.18)

穏やかな週末の夕暮れ。

いっぱいの花を付けた信濃境、田端の枝垂桜。

色濃く染まる田端の枝垂桜。

そろそろ農作業が始まる圃場を足元に見て。

青空の下に浮かぶ薄紅色。

江戸時代後期からこの地で花を咲かせ続けると云われる枝垂桜。今年もたくさんの花を付けています。

夕暮れの日射しを受けて、春霞に沈む甲斐駒を望んで。

夕日を浴びる田端の枝垂桜。

三色に染まると称される2本の桜とコブシの木が同時に花を咲かせる時。

夕暮れを迎えた田端の枝垂桜。

時折吹く風に枝垂桜の枝がゆっくりと揺れています。

夕暮れの八ヶ岳西麓。周囲の桜も次々と花を咲かせています(田端森新田の鼎談桜は他の桜より1~2週間開花は遅く、まだ蕾ですので、あしからず)。

穏やかな週末、ゆっくりと夕暮れが迫ってきます。

4月も後半となって、はるか北へと移った夕暮れの日射し。圃場を照らしながらゆっくりと沈んでいきます。

残照が空を照らし出す穏やかな夕暮れ。標高1000mを越える八ヶ岳の山懐も春の心地になってきました。

静かな日曜日の朝、雲が広がる前に。2019.4.21

桜色の夕暮れに、枝垂桜(2019.4.13)

思わぬ大雪に驚かされた今週。

落ち着かない天気が続きますが、再び晴れ渡った土曜日の午後。

尾を曳く雲が伸びる南アルプスの上空。

今週降った雪がまだ山々にたっぷりと残っています。

八ヶ岳南麓側の桜は開花しましたが、標高900mを越える県境を越えた西麓側の桜の開花はまだもう少し先。

午後の日射しを浴びる紅色の蕾をいっぱいに付けた田端の枝垂桜。

2本の桜とコブシの木が同じ場所に植えられるこの場所。

三色に染まると称される木々ですが、一番早く咲き出すのはコブシの花。既に桜の蕾の上で花を開かせています。

今週の雪で山麓近くまで残雪が残る南アルプス。

傾き始めた日差しを浴びて、桜の花はゆっくりと開花の時を待っています。

八ヶ岳南麓側に戻ると桜の花はいよいよ見頃に。

うっすらと紅色に染まる南アルプスをバックに満開の花を咲かせる枝垂桜。

夕暮れを迎えて観光客の皆様もお帰りになり静かになった神田の大糸桜。重ね続けた幾年月、今年も花を咲かせ始めました。

古の人々が農耕の無事を願って植えたとする、その季節の始まりを告げる枝垂れ桜の開花。うっすらと桜色に染まる空の下で、今年もこの姿を望めたことに感謝をしながら。

すっかり長くなった夕暮れの空の下、暫く桜の木の前で佇んでいると、目の前を観光列車、四季島が通り過ぎていきました。

桜咲き始める、穏やかな春の夕暮れ。明日は再び午後から荒れ模様の天気になるようです。