11月の八ヶ岳ブルー(2016.11.20~24)

穏やかな天候が続いた晩秋から、いきなりの冬模様となった先週。

p1090196例年行われる、原村の「星空のイルミネーション」メイン会場となる、八ヶ岳美術館前のイルミネーションが今年も点灯しました。期間は1/9まで(撮影:11/20)

img20161124081011いよいよ冬本番だなぁ、などと呑気に構えていたら、いきなりの降雪。

もちろん、山の中をへろへろと走り回っている事が多いため、11月の始めにはスタッドレスを履いていたのですが、11月中にここまで降る事は初めて。今シーズン初めての吹雪く中、ちょっと腰が引けながら運転しています。

p109020511月とは思えない、鮮やかな雪を被った姿を見せた八ヶ岳。

まだまだ浅い蒼色とはいえ、この時期に八ヶ岳ブルーが望めるとはと、驚きながらの一枚。

p1090207まだ木々に色が残るところが如何にも11月という、雪景色。まだ雪雲が残る甲斐駒を望む空。

p1090208気温が上がってきて眩しい日差しが降り注ぐ、昼下がり。

気温2℃と、この時期にしてはかなり冷え込んでいますが、日差しを受けてまだ秋の温もりを蓄えている大地が大きく呼吸をすると、山裾には美しい霞が帯を曳きます。

季節外れとなった雪に少々驚きながらも、そろそろ冬の空を紺碧に染め上げる、八ヶ岳ブルーの季節がやって来そうです。

 

 

広告

雪を戴く季節(2016.11.1~3)

11月に入って急に秋が深まってきた八ヶ岳南麓。

p1080937前夜の冷え込んだ雨にもしやと思いながら、昼下がりに職場を抜け出して撮影した一枚。

今年も雪を戴くシーズンがやって来ました。暖かな秋とは言っても平年とほぼ同じ時期に迎えた甲斐駒の初冠雪。季節は確実に初冬に向けて移り続けています。

p1080938翌朝、再び雪雲が掛かって頂上付近が見えない甲斐駒と、ぐっと深みを増した南アルプスの山並み。

刈り入れの終わった圃場が足元に広がります。

p1080947夜半にさっと雨が降った後、山は本格的な降雪を迎えたようです。

夕方になって夕日に染まる八ヶ岳を正面に望む圃場。刈り入れの終わった稲藁が並んでいるのが、まだ秋の名残を感じさせます。

p1080942夕日に染まる、今シーズン初めて雪を戴く八ヶ岳のパノラマ。5時を前にして、どっぷりと日暮れを迎えました。

p1080951a夏至の頃には諏訪湖の向こう、塩嶺に沈む夕日も、このシーズンになると入笠山と杖突峠の境辺りに沈んでいきます。陽射しが無くなると急に冷え込んでくる夕暮れ。山里の秋もそろそろ終わりを迎えそうです。

枝垂桜の開花を迎えた八ヶ岳南麓にもいよいよ春が(2015.4.2)

咲き始めた城山公園の枝垂桜と甲斐駒1標高800mの八ヶ岳南麓。

地上より2週間ばかり遅いのですが、いよいよ春の訪れを告げる桜の開花が始まりました。

開花を始めた城山公園の枝垂桜と甲斐駒2こちらは甲斐駒を向こうに望む、北杜市小淵沢町の城山公園。

ソメイヨシノはまだ開花していませんが、一足早く枝垂桜が開花を始めました。

今週末から来週にかけて、標高を徐々に上げながら、ほかの桜たちも開花を迎える事でしょう。

 

7月の台風一過の朝

7月にしては超大型と呼ばれた台風も、列島に近づくころには勢力も弱まり、局地的な被害の発生に留まったようです(報道等では台風の上陸を殊更強調して取材し、かなり無理な現地レポートを行うことが恒例となっていますが、今回の被害同様、台風の前駆、特に東側に掛かる部分での降雨が被害を生むケースが非常に多く、上陸時よりはるか前の降雨に関する情報提供に注力して欲しいと常に感じております)。

八ヶ岳の南麓も、前日の夕刻に一際盛大に夕立が降った以外、大した被害もなくほっとしているところです。

そして、台風一過の朝はクリアーな空が望める日。出勤途中で撮影した写真を何枚か(全てLumia1020で撮影です)。

WP_20140711_08_08_45_Pro7月の緑の水田越しに富士山が望めます。この時期には珍しく、クリアーな富士山が望めるのも台風一過のちょっぴり素敵なお届け物。

WP_20140711_08_17_34_Pro水田越しに、南アルプスの山々もクリアーに望む事が出来ます。空の雲はもう、夏の装いです。

WP_20140711_08_10_15_Pro夏空の下、雲を纏う甲斐駒と鳳凰三山。台風が届けてくれた緑眩しい夏の装いを見せ始めた八ヶ岳南麓も、地上より少し涼しいですが、暑い夏のシーズンを迎えたようです。

 

快晴の空の下、黄金色広がる(諏訪郡富士見町先達)

台風が過ぎ去った八ヶ岳南麓。すっかり秋らしい、乾いて、そしてひんやりとした風が山から吹くようになりました。

蕎麦の花は水に浸かって多くが倒れてしまいましたが、稲の方はそれほど倒伏することはなかったようでちょっと安堵しました。

稲穂の群れと快晴の甲斐駒1と、いうわけで漸く快晴の朝の空の下で、稲穂の群れを撮ることが出来ました【クリックでフルサイズ】。

すっきりと晴れ上がった甲斐駒をバックに眼下に広がる圃場の稲穂の群れが谷筋に沿って広がっていきます。

稲穂の群れと快晴の甲斐駒2田圃の稲穂ももう、しっかり実が入ったようです【クリックでフルサイズ】。

甲斐駒の上の方は少しずつ枯れた秋の色になりつつあります。標高の高いここ八ヶ岳の麓にも駆け足で秋がやってきます。

稲穂の群れと快晴の八ヶ岳八ヶ岳をバックに朝日をいっぱいに浴びた圃場の稲穂を【クリックでフルサイズ】。

農家の方のお話ですと、台風の影響もあって刈り入れはちょっと遅れ気味。来週くらいになりそうとの事でした。

実りの秋を迎えた八ヶ岳南麓の清々しい朝の一コマでした。