暖かな、暖かな新春(2020.1.1~12)

年の瀬を越えて新しい年を迎えた八ヶ岳山麓。

移り行く日々は新年であろうとも何ら変わることはないのですが、一年で最も日の短い時期を越えていくと、日差しが徐々に長くなっていくのを実感します。

日差しは長くなっても寒さが一番厳しくなるのは年を明けてからの筈なのですが、今年はどうもそのようにはいかない様子です。

凛とした空気に包まれる元旦の朝。涼やかな青空の下に伸びる、雪渓戴く甲斐駒と南アルプスの山々。

昨年よりは少し雪が残る、南麓側の八ヶ岳。

それでも年末に降った雪はあっという間に解けてしまい、少々寂しい山容となっています(2020.1.1)

緩やかに暮れていく夕暮れの空。

南の空はほんのりと赤く染まっています。

厳冬期は湿度が低く、夕暮れの空も波長が短い黄色から碧へと染まることが多いのですが、暖かなこの冬は早春のような赤みを帯びた空が多いようです(2020.1.2)

さっと雪が降った後の午後。少し足を延ばして蓼科山が望める山懐まで進むと、新雪に染まる北八ヶ岳の山々が見えてきます。

気温が暖かいためでしょうか、午後の日差しを受けて、日当たりの良い圃場では雪が解けていました。

麓のメルヘン街道沿いに広がる圃場の脇、蓼科山と北横岳を望む小さな公園に組まれたどんど焼きとお正月飾り。八ヶ岳へ向けて今年の無病息災と豊作を願うかのようです(2020.1.4)

暖かい日が続きますが、山では時折、雪が舞うようです。

雪雲が去って、美しい青空が広がる朝。新雪を纏う八ヶ岳(2020.1.9)

月が中天まで昇る、風もなく穏やかな冬の深夜。

眩しい月明かりに誘われて、雪渓輝く甲斐駒を愛でに外に出てみました。

シャッターを切る手が凍える事がないほどに暖かな夜更け(2020.1.11)

眩しく暖かな日差しが差し込む冷え込みが緩い日と、どんよりと曇った涼しい日が繰り返す落ち着かない空模様の連休。

夕暮れになって雲が切れてきた西の空を、柔らかな夕日が照らし出しています。

そろそろ1月も中旬、本来であれば乾いた蒼空の下、氷点下10度を下回る日が続く頃合いですが、この冬はどうも様子が違うようです。

年の瀬の点描(2019.12.8~31)

例年になく暖かな年末を迎えたと評される今年ですが、訪れる冬の季節。景色も冬の装いへと移り変わっていきます。

西の空を焦がす夕暮れ。日没の時間はぐっと早くなり、初夏の頃には塩嶺に沈む夕日も、この季節は諏訪盆地の南端、杖突峠へと下っていきます。

ぐっと冷え込む八ヶ岳の山懐。標高1300m超、冬の訪れを告げる八ヶ岳美術館前をメイン会場とする、原村のイルミネーション。

遙か遠くに諏訪の街明かりを望む山腹に連なる、冬の暗闇を照らし出す、ひんやりと涼しげなブルーのイルミネーションが麓のペンション街へと続いていきます(2019.12.8)

日没を過ぎて空の色が徐々に闇へと落ちていく頃。入笠山に連なるスキー場の夜間照明が暗い稜線に浮かび上がります。もうすぐ一年で一番日差しが短くなる頃(2019.12.15)

暖かい年の瀬の日々が続きましたが、それでもカレンダーは最後の1枚。スキー場や観光関係の皆様をやきもきさせていた冷え込みがようやくもたらされた月曜日の朝。雪雲を舞い上げる甲斐駒。

冬景色になった圃場の向こうに広がる、雪化粧をした南アルプスの山並み。

冬のシーズンらしい雪景色は嬉しいはずなのですが、圃場を覆うのはずっしりと湿った重たい雪。県境を越えた辺りでは積雪が20cm近くに達するこの時期にしては珍しい春先のような雪の降り方に、地元の方は首を傾げるばかりです(2019.12.23)

年の瀬へ向けて徐々に冷え込む日も増えてきた八ヶ岳山麓の山里。

暖冬の影響もあって、降った雪がすぐに解けて消えてしまう八ヶ岳の南麓側ですが、年も押し迫って漸くの雪化粧となってきました。

冷たく澄んだ空気に包まれる朝、新雪を戴く八ヶ岳の姿。まだ空の青さは浅いですが、それでも冬の訪れを実感させます。

乾いた冬の圃場越しに望む甲斐駒も、しっかりと雪渓に覆われていきます(2919.12.28)

雪雲が西から迫る夕暮れ。

昼間の青空から徐々に夜の帳に落ちる深い碧へと移り変わる中で。西麓から望む八ヶ岳はすっかり冬の装いとなっています(2019.12.29)

朝から降り始めた雪が雨へと変わった午後。圃場を覆っていた雪は解け、重たく空を覆う雲が切れると、南アルプスの山裾が見え始めます。

やがて、日没を迎えて雲海の向こうに、雪化粧した入笠山の山裾と、スキー場の夜間照明が浮かび上がります。暖かな晦日の夕暮れ(2019.12.30)

雨が上がった大晦日の明け方。

濃い霧が立ち込め、雲海に覆われた釜無川の谷筋から八ヶ岳の裾野へと登っていくと、雲海の上には再び雪化粧をした甲斐駒と鳳凰三山の山並みが見えてきました。

日の出の時刻を過ぎて朝日が雲海に差し込む暖かな大晦日の朝。

気温が10℃を上回る、信じられないような暖かさとなった大晦日ですが、寒気が流れ込んできた午後になると八ヶ岳颪が吹き始め、山々は再び雲に覆われてきました。

西の空へと日が沈んだ後、急激に冷え込む中、僅かに残る夕日が高い空の雲を染めていきます。

一巡した干支が再び子年に戻る夜。

年を重ねる毎に年々早くなっていく過ぎ去る日々を思い起こしつつ。どうか暖かくして良い年の瀬をお過ごしください。

急ぎ足で訪れた初冬の彩(2019.11.20~12.1)

お天気が安定して暖かな日が続いた11月の八ヶ岳南麓。しかしながらカレンダーはもうすぐ最後の1枚。これまでゆっくりとした足取りで進んでいた季節は、急に冬の訪れを告げています。

穏やかに晴れ渡った朝。

雪渓が薄くなる甲斐駒の裾野を、深い飴色になった落葉松の黄葉が染めていきます。

銀杏の黄葉と甲斐駒例年であれば11月の始めには色付く銀杏の黄葉も、2週間近く遅い彩となりました(2019.12.20)

紅葉と冠雪する甲斐駒これまで良いお天気の続いていた八ヶ岳南麓ですが、冬の始まりを告げる曇り空が続く中で、真冬並みの氷点下5℃を下回るまでに急激に冷え込んだ朝。南アルプスの山並は真っ白な雪化粧となりました。

まだ紅葉が残る谷戸の圃場の向こう、雪煙を上げる雲が晴れていきます。

中腹が帯のように白くなった八ヶ岳。

どうやら雪というより、山を覆った雲が残した霧が木々に凍り付く霧氷が降ったようです。

紅葉と冠雪する甲斐駒211月とは思えない白さとなった甲斐駒と南アルプスの山並。

遥か南の鳳凰三山まで白くなっています。

冬空と落葉松の黄葉ゆっくりとした秋の足跡を残す、黄葉する落葉松並木。

冠雪する甲斐駒と落葉松の黄葉落葉松の黄葉越しに冠雪する甲斐駒を。

ゆっくりとした足取りの秋から急に冬を迎えた朝に(2019.11.29)

紅色の八ヶ岳一気に冷え込むシーズンへと入った八ヶ岳山麓。

夕暮れになるとほんのりと紅色に染まる雪渓を望めるシーズンとなってきました(2019.11.30)

初冬の御射鹿池1寒さが少し和らいだ日曜日。

穏やかな日差しを受ける午後の奥蓼科、御射鹿池。

周囲の落葉松林はすっかりと葉を落としています。

初冬の御射鹿池3上流からの水の流れが少なくなり、とろんと緩やかに揺れる湖面には、葉を落とした落葉松の木々が映り込んでいきます。

初冬の空と白樺まだ初冬の柔らかな空の色の下、すっかりと葉を落とした白樺の木々。

初冬の御射鹿池2シーズンオフとなって静かな湖畔。

緩やかな湖面に映り込む落葉松の木々。雪と氷に湖面が閉ざされる前に訪れる穏やかな時間。

日暮れの早くなる12月。山を下ると既に傾きかけた西日を浴びる八ヶ岳の山並。

夕暮れの日射し暫くすると、落葉松林の向こうにゆっくりと夕日が沈んでいきます。

夕暮れに染まる八ヶ岳夕日を浴びて輝く八ヶ岳の雪渓。

夕暮れに空を焦がす雲振り返ると西の空に延びる雲が夕日に赤々と焦がされています。

駆け足で訪れた初冬の彩は西の空へと移っていきます。

夕暮れに沈む月夕日に染まる南アルプスへと沈んでいく、4番目の月。

少し暖かい夕暮れですが、日が沈むと気温は0℃近くに。季節は巡り、しっかりと冬がやって来た八ヶ岳山麓です。

 

 

落葉松色に染まる八ヶ岳西麓の一日(2019.11.8~9)

例年よりかなり遅い秋の足取り。

11月に入って漸く秋らしい穏やかな空模様が終日続く様になってきました。

少し暖かくなった夜明け前の空。

空がゆっくり明るくなり始める頃、風が吹き始め、雲が尾を曳いていきます。

うっすらと赤みを帯びる、日の出前の甲斐駒と麓の山並み。

11月になってぐっと遅くなった夜明けを迎えた東の空。

風に流された雲が、ほんのりと桃色に染まります。

朝焼けとなった朝、山裾を赤く染め始める甲斐駒。

日の出から10分ほど経った後、甲斐駒の山肌を覆う落葉松の黄葉を赤々と染める朝焼け。

早朝の急な出勤途中、日が昇り始めるほんの僅かな時間に(2019.11.8)

良いお天気が続く土曜日の昼下がり。

西へと廻り始めた日射しで赤銅色に染まる、落葉松に覆われる八ヶ岳の裾野。

八ヶ岳山中でも落葉松の密度が非常に高い西麓の西岳と網笠山周辺。

びっしりと山肌を埋める落葉松の木々が黄葉に染まります。

午後の日射しをいっぱいに浴びる立場川沿いの落葉松林。

やはり例年よりかなり遅めの黄葉、まだ緑を残す木が多く見られます。

日当たりのよい道路沿いの高台に並ぶ落葉松達は綺麗な黄葉を魅せてくれます。

一気に標高を上げて1400m程の八ヶ岳牧場裏側へ。

高い空、まだ緑を湛える牧草地沿いに落葉松並木が続きます。

眩しい西日に浮かび上がる甲斐駒のシルエットと黄金色の光を通す落葉松の黄葉。

既に晩秋11月ですが、白樺も僅かに黄葉する葉を残しています。

高く広がる秋空の下、色付く落葉松の黄葉を眺めながら八ヶ岳の山腹を進んでいきます。

黄葉する落葉松林を中腹まで一気に突き抜けている防火帯越しに望む八ヶ岳。

八ヶ岳を象徴するかのような秋の色です。

山腹を西へと進む中、振り返ると落葉松達が傾きかけた西日に照らされて輝き始めます。

再び西麓まで戻ると、夕日を浴びてオレンジ色に染まる落葉松林を望む事が出来ます。

柔らかな夕暮れの空の下、圃場に並ぶ稲わら越しにゆっくりと暮れていく夕空の移り変わりを暫し眺めながら。

秋らしい良いお天気が続く今週は明日も快晴の予報。

実に8月以来とも云われている週末両日の好天の中、八ヶ岳山麓を包み込む落葉松達の黄葉はもう暫く続きそうです。

初冠雪から深まる秋色を追って(2019.10.23~27)

強い雨が繰り返し降る、秋空には程遠い日々が続く八ヶ岳南麓。

そんな中で初冠雪を迎えた先週、いよいよ山里の秋も終盤戦に入って来たようです。

雨上がりに初冠雪を迎えた周囲の山々。

秋晴れとなった翌朝、甲斐駒の頂上には昨日降った雪が僅かに残っています。

甲斐駒より南側の鳳凰三山も北の斜面が白く雪に染まっています。

白い頭をひょこっと見せているのは、南アルプスの主峰、北岳。八ヶ岳南麓側からですと、ほんのちょっと頭が見えるだけですが、雪で真っ白になっています。

南麓側はすっかり雪が融けてしまった八ヶ岳。

山裾を下る落葉松の黄葉も随分と標高が下がってきました。

刈り入れの終わった圃場から望む南アルプスの山並。

雨が上がって抜けるような秋空の下、紅葉を前に少し景色が寂しくなる頃(2019.10.23)

週末になっても安定しない空模様が続く中、昼近くになって漸く雲が晴れて来た日曜日、八ヶ岳西麓へと車を走らせます。

高速道路も開通し、遠方からの多くの観光客の方々でにぎわう、奥蓼科・御射鹿池。

湖畔の紅葉もそろそろ終盤、背景に映り込む落葉松の黄葉も大分進んできました。

午後の日射しを浴びて輝く、御射鹿池の紅葉。

西日が差し込んでくると落葉松の黄葉が一層輝き出します。

四季を通じて様々な色合いを魅せる御射鹿池、一番大好きなシーンです。

御射鹿池の周囲を包む落葉松の黄葉。

綺麗に貼られた芝生の法面からご察し頂きたいと思いますが、この池は自然湖ではなく農業用ため池。奥蓼科の渓谷沿いに点々と湧く温泉とも関連する、PH3.7とも云われる強酸性の冷たい水(上流はずばり「冷山」、分流されている川の名前も「渋川」)を滞留させて温めるために作られた池。湖面の美しさもその酸性の水に適応したコケ類によるものです。

奥蓼科の山深くに築かれた人工の美、一年を通じて多く方を魅了します。

時折訪れる晴れ間と入れ替わるように降る通り雨。

湖畔を離れて山中の遊歩道を歩くと、周囲の木々も深まる秋色に染まっています。

泣き出した空の下で艶やかな色を魅せる紅葉の紅葉。

雨雲に追い立てられるように山を下り、八ヶ岳西麓を南へと下っていくと再びの青空。

山裾の落葉松林もそろそろ色付き始めています。

夕日を受けて輝くモミジの紅葉と、まだ緑を湛える銀杏の木。

里の秋が幕を下ろすのはまだもう少し先、今年の秋はゆっくりと進んでいます。

すっかり早くなった雨上がりの冷たい風が吹く夕暮れ。

朝晩はもう気温が1桁まで下がる10月末の八ヶ岳南麓、今夜も冷え込みそうです。

台風一過、まだ浅い秋色の静かな八千穂高原で(2019.10.13)

大きな台風が過ぎ去った翌朝。

山々に囲まれた八ヶ岳南麓でも強い風が吹き、雨が多く降りました。

交通の便以外、幸いにして生活に支障をきたす様な事は起きなかった今回。眩しいほどの日射しが戻ってきた八ヶ岳の山裾へと車を走らせます。

抜けるような青空が広がる南アルプスの上空。

刈り入れられていなかった圃場の稲穂は多くが倒伏してしまったようです。

今年は暖かいのでしょうか、はざ掛けされた圃場越しに望む甲斐駒の山裾はまだ緑に覆われています。

標高を上げて、八ヶ岳を望む清里、東沢大橋(通称、赤い橋)まで登ってきましたが、まだ紅葉はまばら。

都県境で鉄道も高速道路も寸断されているためでしょうか、連休にも拘らず、周辺を走る車はほとんど見かけません。

台風が過ぎ去ってすっきりと晴れ上がった、野辺山の野菜畑から望む八ヶ岳の山並み。

まだ緑に包まれる牧草地、台風が残した強い風が吹き抜けていきます。

遠くに望む八ヶ岳の山裾。

少しずつですが、秋色に変わり始めています。

もう少し山裾の奥へと進んでみます。

まだ通行止めの箇所が残るためでしょうか、人影のない午後の八千穂高原、八千穂レイク。

本来であれば今日は紅葉祭りで、例年ですと多くの方がいらっしゃる筈なのですが、周囲の各施設は全てお休み。時折、麦草峠へと上がっていく車が通り過ぎていくだけです。

八千穂高原の白樺林。黄葉はちょうど見ごろを迎えています。

白樺林を抜けて遊歩道に入っていきますが、木々の紅葉はまだ始まったばかり。

それでも、所々で色付き始めた紅葉を眺めながら、誰もいない遊歩道をゆっくりと歩いていきます。

遊歩道を抜けると再び白樺林へ。

高い秋の空に雲が広がり始めました。

隣の落葉松林へ足を進めます。まだ黄葉は始まったばかり、軽やかな琥珀色に染まる落葉松の幼樹たち。

色付き始めた落葉松林の上にも雲が広がり始めてきました。

八ヶ岳の山懐へと傾き始めた西日を浴びて輝き出す紅葉する木々。

晴れ渡っていた空は、八ヶ岳から下って来た曇に覆われてきました。

西日を浴びる八千穂レイク。

周囲に広がる広葉樹たち、今週末頃には色付くでしょうか。

落葉松の黄葉はまだしばらく先になりそうです。

麦草峠の入口、レストハウスふるさとから望む落葉松林と浅間山。

南から雲が押し迫ってきています。

茅野市側が路盤損傷で通行止めとなっている麦草峠から折り返して再び戻ると霧が降りてきた八ヶ岳東麓。連休最終日の明日は天気が崩れる予報です。

実りの秋色から次の季節へ(2019.9.19~30)

実りの秋色から次の季節へ(2019.9.19~30)

山里の秋を象徴する黄金色に染まる稲穂。

9月も終わりになって来るとそろそろ刈り入れの時を迎えます。

刈り入れを前に実りの色に染まる圃場で。

雨上がり、空に広がる雲の漣と稲穂の渚(2019.9.19)

雨雲に沈む山の圃場。

刈り入れが済んだ圃場の稲藁もしっとりと雨に濡れています。

霧に沈む夕暮れ前の圃場で。

雨に濡れた稲穂の黄金色が一際、鮮やかになる時。

晴れ間が戻ってきた朝の圃場。

稲穂の渚の向こう、雲に覆われていた南アルプスの山裾はまだ緑に覆われています(2019.9.25)

稲穂の輝きが増すと共に八ヶ岳の緑は徐々に色褪せますが、今度は赤銅色の落葉松の黄葉に染まる山の彩へと移っていきます(2019.9.27)

雨上がりの朝、高い秋の青空に雲が巻く下で、はぜ掛けが進む圃場を望んで。

集落沿いの圃場で稲刈りが進む頃、秋の例祭を控えた天神社の提灯が灯されるとシーズンも終盤。

季節は10月、今度は山から里へ秋を迎えに行くシーズンがやってきます。