秋色に輝く森の中へ(野辺山から川上村)2018.10.22~28

10月も終盤戦になって、漸く天候が安定してきた先週。

すっきりと晴れ渡った朝。

甲斐駒を望む圃場も晩秋の装いです(2018.10.22)。

初冠雪の便りが寄せられた南アルプスの山々。

少し暖かくなった雨上がりの朝、色付く山並みの上空に雲が舞い上がります(2018.10.24)。

麓近くの山裾まで赤銅色に染まり始めた朝の八ヶ岳。

八ヶ岳山麓の紅葉も終盤戦、山里の紅葉が始まります(2018.10.25)。

雨上がりの日曜日の朝。

ひんやりとして乾いた風が吹き抜ける野辺山の牧草地の向こうに延びる、八ヶ岳の山並み。

落葉松色に染まる山裾を纏う姿を望めるのもこのシーズンだけです。

雲一つない青空と、すっかり葉を落とした主峰、赤岳の山頂部。そして落葉松色に染まる山裾、乾いた牧草地の緑。秋のグラデーション。

11月に入ると降雪もある野辺山の高原地帯。

最後の収穫を待つ高原野菜の畑越しに秋色深まる八ヶ岳を。

高原地帯をぐるっと廻って千曲川沿いに降りた先に伸びる小海線。

高原地帯を進むように思われる小海線ですが、野辺山を越えると一気に谷筋へ。佐久広瀬駅の付近では紅葉する木々に囲まれた溪谷に添って進みます。

山裾に落葉松林を纏う男山。

今年の落葉松の黄葉は少し遅れ気味、猛暑の影響が此処にも見えているようです。

男山の懐、峠越えの道へと入っていきます。

まだ浅い落葉松の黄葉から光が差し込む明るい林冠。

標高を上げていくと、森の中は鮮やかな黄色に彩られていきます。

明るい落葉松林の中、落葉樹たちも彩に染まります。

森全体が黄金色に染まる昼下がり。

黄金色の光が差し込む。静かな峠越えの路。

峠が迫って来ると、木々が密集してきます。

カーブを曲がった先に広がる、黄金色のステージ。

頭上から降り注ぐ眩しい光に森全体が照らし出されます。

黄金色に染まる舞台の正面で、精一杯羽を伸ばす幼樹。金色の妖精が羽ばたく秋の昼下がり。

峠へと延びる、黄金色に彩られる道筋。

落葉樹たちの紅葉を通して映る日射し。

華やかな午後の森の中。誰に観られるためでもなく、次の春を迎える為、秋の眩しい日射しを受けて精いっぱい輝きます。

まだ緑が残る浅い落葉松の黄葉をバックに。

静かな森の中、彩に心弾ませる昼下がりのひと時。

峠を越えて、御所平の集落の中へ。

ここは千曲川の源流域。川沿いの鮮やかに色付いた山裾をバックに鳶が高く広がる秋の空を舞っていました。

振り返って、御所平側から男山を。西日を浴びて色付く広葉樹たちと、まだ色付き始めの落葉松のコントラスト。

ざっくりと山肌が落ち込んだ赤顔山。

天狗山の山裾は落葉松の黄葉で染め上げられています。

信州峠へ向けて標高を再び上げていくと、色付く山々をバックに収穫が進む高原野菜畑を通り過ぎます。

もう一段標高の高い、信州峠直下の畑は既に今年の収穫が終わったようです。

傾き始めた西日に照らされる落葉松に覆われた山々が落葉を始めるのはもうすぐ。山里はそろそろ冬支度が始まる頃を迎えました。

 

 

広告
長雨から暑い秋晴れへ(2018.9.14~17)

長雨から暑い秋晴れへ(2018.9.14~17)

台風が過ぎ去った後、急激に冷え込み雨が降り続けた八ヶ岳南麓。

明け方には気温が15℃を下回り、ひんやりと冷え込んで真っ白な雲に包まれる朝。秋晴れの中で登熟を待ちたい圃場でも、早めに刈り入れが進んでいます(2018.9.14)。

時折、強い雨が降る連休土曜日の夕暮れ時。

雨雲が切れ始めた南アルプスを望む圃場を埋める、浅い実りの色に染まる稲穂の漣(2018.9.15)。

漸く雨雲が過ぎた後、晴れ上がった眩しい陽射しが差し込んだ連休最終日。塩川を挟んで段丘の上から甲斐駒を望む、登熟を待つ明野の圃場。

汗が流れる程に暑くなった昼下がり。

夏空と秋の高い雲が交じり合う八ヶ岳の空。

実りの色に染まる圃場は刈り入れの時を迎えています。

再び猛暑の晩夏(2018.8.23~26)

再び猛暑の晩夏(2018.8.23~26)

台風が再びやって来た先週。

一度は秋の涼しさとなった八ヶ岳南麓ですが、台風が過ぎ去った後は猛暑が戻って来たようです。

台風の接近で、雲が山並みに集まりつつある朝。

台風の接近を感じさせる風に揺れる、例年より早く色付き始めた稲穂の群れ(2018.8.23)。

台風が過ぎ去った後、再び暑くなり始めた高原。

漸く30℃を切り始めた夕暮れの圃場。西日を浴びる満開の蕎麦畑。

圃場には暑い風が吹き続けますが、高い空はもう晩夏から秋へと向かっている事を教えてくれます。

西の空に沈んでいく夕日。

透明な空に秋の雲が広がります。

 

猛暑の後で(2018.8.9~17)

猛暑の後で(2018.8.9~17)

例年にない猛暑が続くこの夏。

このまま夏が留まり続けるのではないかと思ってしまいますが、季節の足取は駆け足で進んでいくようです。

雨上がり。すっかり夏の装いの甲斐駒を望む朝の圃場。

深くなる山の緑と、稲穂の軽やかな緑のコントラスト。

八ヶ岳を望む圃場の稲穂はもう頭を垂れ始めています。

例年より1週間以上も早い稲の生育。季節の移り変わりが前倒しになっているかのようです(2018.8.9)。

釜口水門から望む、沸き立つ夏の入道雲。

熱波が続き水門の閉じられた諏訪湖。じっとりと暑く、どんよりと淀んだ湖面に空の色が映し出されていきます(2018.8.11)。

涼しい風の吹く朝の圃場。

八ヶ岳の東側には早くも雲が沸いてきています。

圃場を埋める秋蕎麦の芽はぐんぐんと伸びていきます。

朝も8時を過ぎると沸き立つ雲に覆われる南アルプスの山並み。

八ヶ岳から吹き下ろす風と高く広がる空が、高原に一足早く晩夏の訪れを教えてくれます(2018.8.13)。

お盆を迎えて天候が崩れ始めた八ヶ岳界隈。

西側に廻り込んだ美ヶ原の麓、眼下に塩尻の街並みを望む圃場では既に稲穂が重たく頭を垂れ始めています。

山から吹き下ろす冷たい風が吹く午後、山々は雨雲に覆われていきます。

昨日の喧騒が嘘の様に静まり返った、低い雨雲に覆われる諏訪湖。

時折、冷たい雨が強く降ってきます。

夕暮れの圃場。立ち昇る雲が繰り返し山並みを乗り越えていきます。

日没前に既に20℃を下回るひんやりとした夕暮れを迎えたお盆休み。夜になると秋の虫の声が響き渡り、次の季節の訪れを伝えてくれます(2018.8.16)。

そして、ひんやりと冷え込んだ風が吹く、コスモスの花が誘う晩夏へ。

八ヶ岳山麓は早くも夏本番(2018.7.11~14)

余りにも早い梅雨明けから、大雨の日々を越えて、連日の猛暑がやって来た7月中旬。

既に気温は30℃を越え、真夏の盛りを迎えたかのようです。

八ヶ岳を望む朝の蕎麦畑。

刈り入れ直前まで伸びた蕎麦の向こうに裾野を伸ばす八ヶ岳へ向けて、雲が打ち寄せていきます。

こちらは今が伸び盛り、花を咲かせ始めた蕎麦畑の向こうに、雲を抱く夏の甲斐駒。

気温が高く湿度も高いこのシーズン、朝8時頃になると山は雲に覆われ始めます(2018.7.11)。

夜露が降りた朝。雲が湧き始めた八ヶ岳の上空には複雑な雲が尾を曳いています。

圃場の稲穂もぐんぐん伸びて、もうそろそろ花を咲かせる頃(2018.7.13)。

朝から快晴となった連休最初の土曜日。

緑の圃場の向こうに広がる眩しい夏空の昼下がり。

午後になると山並みから雲が湧き始めますが、この程度では可愛らしいくらい、麓では雷雨までには至りません。

空を包み込むように広がる夏の雲。

標高1200mの抜けるような夏空。気温は30℃近くまで上がっていますが、開け放たれた古民家の軒を抜ける風には清々しさがあります。

緑の圃場の向こうに広がる八ヶ岳を覆う雲たち。

真夏の八ヶ岳山麓らしいシーンが広がります。

瑞々しい緑が眩しい高原のセルリー畑。伸びやかな霧ヶ峰の稜線上に、ぽっかりと夏の雲が浮かんでいます。

八ヶ岳のから伸びる雲。夏の雲は見る角度と日差しによって刻々と姿を変えていきます。

日射しが西に傾き始めると、山から湧き出した雲は徐々に里へと下っていきます。

日射しはまだ厳しくとも、少し凌ぎ易くなってきます。

空一面が茜色に染まる夏の夕暮れ。

陽炎のように揺らめく、山の端の雲を染める夕日。

日射しがどっぷりと山の向こうに沈んで漸く涼しくなり始めた圃場。西の空も帳が降り始めます。30℃を越える事が珍しい山里なのですが、今年はいきなりの高温に。暫くは暑い日々が続くようです。

早い梅雨明けの後(2018.6.30~7.8)

早い梅雨明けの後(2018.6.30~7.8)

例年にない、6月中の梅雨明けが発表された今年。

でも、空模様は今一歩安定しないようです。

空を覆う雲から僅かに夕暮れの光が差し込む夕暮れ。

最後に田植えが行われた圃場に夕暮れの雲が映っています(2018.6.30)。

雨が上がった朝。

清々しい青空。7月らしい空と、緑の圃場が広がります(2018.7.2)。

30℃に迫るような暑さが訪れた後、急激に悪化する天候。

激しい雨が降る中、遠くに開いた雲の扉、でも再び視界を遮るほどの雨が降り始めてきました(2018.7.4)。

降り続く雨が漸く止んだ日曜日の夕暮れ。

八ヶ岳を望む東の空は鱗状に雲が切れ始め、ほのかに染まりはじめました。

目の前の圃場に植えられたトウモロコシ。雨を受けてぐんぐんと背を伸ばしていきます。

びっしりと雲に覆われた西の空。

夕日が零れだす雲の先から、光が差し込み始めます。

空と雲の間を貫く様に伸びる、夕日の帯。

やがて、雲の切れ間から顔を見せた夕日が最後の輝きを残して、空の向こうに下っていきます。

激しい天候の変化に翻弄された、7月最初の一週間。今週は再び光溢れる夏の日々が戻って来るでしょうか。

 

 

梅雨の合間、夏至の頃に(2018.6.19~24)

季節は梅雨の真っ只中。

でも、今年は少し気温が低めで推移しているようです。

肌寒い雨の日が続く中、日射しを求めて。

雨上がりの朝。

僅かに残るばかりとなった甲斐駒の雪渓が圃場の水面に映ります(2018.6.19)。

夏至の夕暮れ。

茜色の雲が西の空を染めていきます。

夕闇に沈む甲斐駒と南アルプスの山並み。

彩なす雲の羽衣を纏って(2018.6.21)。

再び強い雨が降った土曜日。

夕暮れになると、八ヶ岳の向こう側、西の方から青空が覗き始めました(2018.6.23)。

朝になると雲が晴れてきた八ヶ岳西麓。

長く尾を曳く雲が山並から離れていきます。

陽射しが戻ってきた奥蓼科、御射鹿池。

緑が最も眩しい夏至を挟んだこの季節。梅雨の合間、雨上がりのワンシーン。