シーズン最後の朝に、鼎談桜(2018.4.22)

足早に過ぎていく八ヶ岳西麓の桜のシーズンもそろそろ終わり。

シーズン最後の朝に少し早起きして。

圃場に水が張られると、冬の間お休みだった圃場も目を覚まし始めます。

先週雪が降った甲斐駒の雪渓も、再び痩せてきました。

季節は桜の春から新緑のシーズンへ。

広告
駆け足で過ぎ去っていく春の夕暮れに。鼎談桜(2018.4.15~21)

駆け足で過ぎ去っていく春の夕暮れに。鼎談桜(2018.4.15~21)

初夏を思わせる、急激に暖かくなる日が続くかと思うと、いきなり冷え込んで驚く今年の春。

八ヶ岳山麓の桜達も、ちょっと戸惑いながら、春を迎える装いを見せてくれているようです。

雪渓が雪雲から覗く甲斐駒をバックに、夕暮れの鼎談桜。

まだ少し冷たい風が吹く中、界隈では一番遅く花を開かせるこの木は、硬い蕾のまま(2018.4.15)。

朝の街角。桜の木の向こうに、甲斐駒が顔を覗かせ始めました。

日々行き交う通勤路も、瑞々しい山の頂きと花咲く桜があるだけで心軽やかになる朝(諏訪郡富士見町信濃境、高森2018.4.16)。

暖かな日が続くかと思うと、突如として冷たく冷え込んだ日がやって来るのが春。

冷たい雨が止んだ夕暮れ、コバルトの空に、二日目の月が金星と共に沈んでいきます(2018.4.18)

再び雪化粧をした八ヶ岳。この時期では珍しく、南麓寄りまで白く染まっています。

遅れて咲き出した圃場の脇に並ぶ桜達のバックには、白く染まった朝の南アルプスの山々(2018.4.19)。

暖かさを通り過ごして、初夏のような日差しとなった週末の夕暮れ。

何時もより2週間ほど早く、鼎談桜も花を咲かせ始めました。

広がる南アルプスに寄り添う鼎談桜。

春霞の夕暮れ、地元の方が綺麗に整備されている芝生の広場の向こうに佇む、鼎談桜。

夕暮れの長い陽射しが、甲斐駒を染め始める頃。

風もなく穏やかな、ゆっくりとした春の夕暮れ。三本の桜の木が語り合う様に幹を伸ばす姿から、地元の写真家の方が名付けられたそうです。

ほのかに甲斐駒と鳳凰三山の雪渓も桃色に染まる夕暮れ。

雲一つない、霞んだ春の空が広がります。

暮れていく日差しに、ちょっと後ろ髪を引かれながら。今年も山里に春の訪れを告げてくれた桜達も、間もなく見頃を終えようとしています。

日没を迎えた、圃場。乾いた田圃に水が引かれはじめると、季節は春から初夏へ。

山里の季節は、いつもの年より更に足早に次のシーズンへと歩みを進めていきます。

 

駆け足でやって来た桜前線もちょっと足踏み(2018.4.4~8)

例年にないスピードで駆け上がって来る今年の桜前線。

でも、4月もまだ一週目。本来であれば、連日雪山を眺めつつストーブを付けて過ごす日々だった筈です。

週末になって、ちょっと寄り戻し気味の春の足音。

綺麗な青空となった朝、甲斐駒の雪渓を望む高台の城跡に咲く枝垂桜は満開を迎えました。

4月も始めなのに、気温が10℃以上あるという、ちょっと考えられないほど暖かな朝。

満開の桜の向こう、少し霞んだ空の下に、まだ雪をたっぷりと残す甲斐駒を望んで(2018.4.4)。

暖かい代わりに綺麗に晴れた空になかなか恵まれない今年の春。

強い風が吹く中、霞んだ青空に掛かる雲が漸く切れて顔を覗かせた八ヶ岳をバックに、今年も神田の大糸桜が花を咲かせてくれました。

雲が多めの空の下で、満開を迎えた神田の大糸桜。

遥か江戸時代から、護る物も無い吹きっ晒しの圃場に独り立つ老木。普段は防風ネットに覆われていますが、この時期だけネットが一部取り外されて、痛々しくも懸命に春の訪れを伝える姿を見せてくれます(2018.4.6)。

寒気が流れ込み、強烈な風が吹き付ける週末の夕暮れ。

雪雲の下、再び雪化粧を施した甲斐駒をバックに、何時もよりかなり早く咲き始めた3色に染まる田端の枝垂桜。

咲き始めで一番濃い色を湛える、田端の枝垂桜。後ろに控えるのが3色に染まる彩を添える、コブシの花です。今年はコブシの開花が少し早かったようです。

既に開花が進む、夕暮れ迫る高森観音堂の枝垂桜。昨年よりも1週間以上早く、周囲の枝垂桜達はほぼ満開を迎えています。

夕暮れの圃場。寒気の押し出しによって八ヶ岳上空には北の空から次々と雲が這い上がっていきます。

入笠山に沈む夕日に覆い被さるかのように北の空から伸びていく雪雲。

高く、高く広がる夕暮れの空が、冬の名残を伝えてくれます(2018.4.7)。

寒気に包まれた日曜日。

雪雲が流れ、小雪が舞う八ヶ岳をバックに今年も開花を迎えた、葛窪地籍の枝垂桜。

雪雲に覆われながらも、時折日差しが差し込む中。昼下がりの田端の枝垂桜。

目まぐるしく雲が流れていく中、山裾を覗かせた八ヶ岳をバックに、開花が始まった田端の枝垂桜。

吹き下ろす寒気を受ける八ヶ岳側の枝にたわわに付けた枝垂桜の蕾は、まだ開花が始まったばかり。週末の寒さで開花のペースもスローダウンです。

雪雲に覆われる南アルプスの合間から眩しい午後の陽射しを受ける枝枝は、いっぱいに花びらを開かせています。

八ヶ岳を覆っていた雲が晴れた瞬間の一枚。冷え込む青空の下、満開前で色濃く染まる田端の枝垂桜。

撮影を続けているうちに、風はどんどん強くなり、空は一面に雪雲に覆われていきます。

気温6℃にもかかわらず、桜の花びらと共に風花が舞う春の午後。

すっかり雪渓も痩せて、春めいた姿を見せていた八ヶ岳も再び雪化粧。

雪をちらつかせながら、正面の西岳、編笠山を越えて南へと雪雲が延びていきます。

再びストーブに火を入れる程に冷え込む寒気を連れてきた、吹き荒れる春の嵐。

開花を迎えた桜にとっては酷な天気となってしまいましたが、駆け足で一気に登ってきた桜前線もちょっと一休み。

寒暖を繰り返しながら、春の歩みは再び山裾を登っていきます。

浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

春分を過ぎて、里は春爛漫を迎えたようですが、ここ八ヶ岳南麓はまだ冬景色の中。

それでも、昼間の気温は10℃を越えるようになって、徐々に春らしい雰囲気になってきました。

コートを家に置いて出掛ける週末の午後。

まだ牧草地には雪が残る、標高1300mの八ヶ岳農業実践大学校。

真っ白に染まる八ヶ岳の主峰、赤岳をバックに、牛たちは元気いっぱいです(こちらに気が付いて、餌くれコールの叫びと共に、追い詰められる私…)。

少し雲が多めな週末の午後。

それでも、陽射しが八ヶ岳の上に入ると、雪渓が輝き出します。

浅い青空が覗く、雲が多めな空。

春らしい暖かさに包まれます。

5時を廻って日が暮れはじめると、空は徐々に色付き始めていきます。

すっかり山裾の雪が減った、富士見の街中から望む八ヶ岳。

遠くに望む仙丈ケ岳の雪渓も、ほのかな春色に色付き始めます。

八ヶ岳の南麓側に廻り込んでいくと、山裾は雲に覆われています。

まるで初夏を思わせるような沸き立つ雲が西日に照らされる夕暮れ。季節は確実に春へと歩みを進めています。

夕暮れの柔らかな空色に浮かび上がる南アルプスの山々。

圃場は耕耘がなされて、少しずつ春を迎える準備が進んでいます。

柔らかに色付く空と甲斐駒の雪渓。

複雑な雪渓が浮かび上がる鳳凰三山。陽射しの向きが山筋と揃うこのシーズンだけは、雪渓が桃色の夕日に染められます。

春分を越えてぐっと遅くなった、まだ浅い春の夕暮れに。

春分の雪(2018.3.21~23)

春分の雪(2018.3.21~23)

お休みになると何故か雪が多く降るという不思議な事象に巡り合う、ここ数年。

3月下旬のお休みとなった春分の日。前日からの予報通り、朝から本格的な春の雪(信州では「かみ雪」と呼びます)となった八ヶ岳南麓です。

伊那に講演会を聴きに行こうと考えていた祝日の朝。

雪の中で行くのはきついなぁと思いながら、高速道路の状況をチェックしていると、悪い予感は当たるようで、チェーン規制の直後に通行止めに。これでは下道で行ったところで帰るのが無理なので、諦めて雪かきを始めた昼下がり。

深夜から降り続いた重たく湿った雪は、がっちりと車のルーフに圧し掛かっていました。

雪かきが終わったところで、気を取り直して少し雪上ドライブを等と呑気に構えて路上に出てみると、ちょっと大変なことに。真っ白な雪に覆われた圃場と、圧雪と湿った雪で轍がぐちゃぐちゃになった路面。更には吹き付ける強烈な風に煽られて車は右へ左へと振り回されながらの冷や汗もののドライブに(なので、この先の写真はスマホで車内から撮影です)。

車窓の向こうに広がる、吹き荒れる吹雪に沈む谷筋。

山間部に入っていくと轍は深く、直結4WDモードが自慢のSX4でもハンドルを維持するのに困難が伴う程です(こんな天候でもハイエースの皆様は意にも介さずかっ飛んでいきます)。

轍すら均されて真っ白な吹雪の中に沈む立沢大橋。

春の雪には桜や梅の花とのコラボレーションといったロマンチックな雰囲気もありますが、一方では烈風と重たい降雪が一気に襲ってくる、春の嵐そのままの手荒い一面も持ち合わせています。

荒れた祝日二日後、漸く天候が回復した週末金曜日の朝。

風も収まり、穏やかな日差しの下、再び雪原となった圃場の向こうには全山に雪を纏った南アルプスの山並みが青空の下に浮かび上がりました。

もう厳冬期ではない、稜線を越えていく浅い水色の空が、春の訪れをはっきりと教えてくれます。

柔らかな3月の青空と、雪を戴く八ヶ岳のコラボレーション。

重く湿った3月の雪は、冬の名残を惜しむように、八ヶ岳を白く染め上げていきます。

雲が晴れた甲斐駒。浅い青と純白の山稜が織りなす柔らかな朝の色。

眩しい春の陽射しが空高くから降り注ぐ頃、圃場の雪はすっかりと融けて、季節は再び春への足取を進めていきます。

都心では既にお花見のシーズン、里から訪れる春を待ちわびながら、冬の名残に思いを馳せる八ヶ岳南麓の週末です。

 

 

春を待つ空の色(2018.3.6~10)

厳冬の季節から徐々に離れていく3月。

連日激しく移り変わる天候が、春の訪れが近い事を知らせてくれます。

激しい雨の降った翌朝。

雲海が伸びる南アルプスの空は雨に洗われ、鮮やかな青空が広がります。

既に畔には火が入り、春を迎える準備が着々と進んでいます。

厳冬期の深い青が、徐々に褪せていく頃(2018.3.6)

夜半にさっと降った雪が積もった週末。

暖かな3月の雪は、日差しを浴びるとあっという間に溶けてしまいます。

午後になって雪雲が晴れた鳳凰三山。

強い風に煽られて甲斐駒から離れていく雪雲。

山頂にはまだたっぷりと雪渓を湛えています。

刻一刻と姿を変えていく雲を眺めながら。

雪雲が去って綺麗に晴れ渡った夕暮れの空。

真冬の夕暮れは日没と共に足早に暗くなっていきますが、春の空はじっくりと色を変えながら暮れていきます。

遠くに望む山々には雲海が広がっています。

塩嶺越しに雲海が望める場所へ移動します。

ゆるゆるとオレンジ色に染まる夕暮れの空。真冬の夕暮れとは違った穏やかな日没です。

振り返って望む、色が褪せていく八ヶ岳の空。

朝に降った雪がすっかり融け、日が落ちでコバルト色に染まる空の下に広がる八ヶ岳の雪渓も大分痩せてきました。

そして、夜の帳が降りる頃。

春の訪れを待つ標高1000mを越える八ヶ岳の山麓はまだ寒く、日没を過ぎると氷点下近くへと急激に冷え込んできます。

少しずつ春の足音が感じられる空の色を追いながら。

 

立春の午後に(2018.2.4)

厳冬の満月と月食の夜を越えて、5年ぶりの御神渡確認の知らせに歓喜湧く諏訪の皆様がちょっと羨ましかったりするこの週末。

日曜日、季節の移り変わりを知らせる立春を迎えました。

昼下がりの長坂、清春白樺美術館前。

輝く雪渓を戴き厳然と眼前に佇む威容。厳冬期の昼下がりに、この場所から望む甲斐駒は、他を圧倒する威厳を放っています。

気温5℃と標高800m近いこの場所にしては暖かな、立春の名に相応しい眩しい日差し溢れる午後。

凍結した溜池越しに望む八ヶ岳も、先週の降雪で再び白さを取り戻しています。

麓に降りて用事を済ませて再び戻ってくると、陽射しをたっぷりと浴びていた甲斐駒は、再び雪雲の中に。

穏やかだった昼下がりと打って変わって、冷たい風が吹き抜け、気温は0℃程まで下がってきました。

今年の冬は、本当に風が吹く日が多いです。

天候が悪くなる前にと、夕飯の食材を調達するために、峠を越えて諏訪湖側に降ります。

普段は静かで、ランニングをする方がちらほらと見受けられる程度の湖畔には、驚くほど多くの方々が訪れています。

日没を迎える頃、正面の雪渓を戴く美ヶ原は、うっすらと夕日に染まり始めています。

雪雲に覆われた塩嶺の向こうから、柔らかな夕日が凍った湖面を照らしています。

そろそろ日没。

湖面を這うように進む氷の裂け目の先に、夕日に染まる美ヶ原を望みます。

流石にこの時間になると湖畔を歩かれる方もまばらに。

湖面を伝う冷たい風を受けながらも、暫し、移りゆく空の色を眺めつづけていました。

陽射しがぐっと長くなってきましたが、まだ厳冬の只中にある諏訪湖。明日の朝、氏子の皆様がこの5年間、願って止まなかった御神渡の拝観式を迎えます。